このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめジョブ

 
 

ジョブ概要 | おすすめジョブ | ジョブ一覧

各種ジョブ詳細Class.I / Class.II / Class.III / Class.IV / EXTRA. / EXTRA.II



ジョブ関連のページ

ページ解説
このページ(おすすめジョブ)初心者向けに全体を通してどのジョブをとったら良いか書いてあります。
ジョブ概要ジョブ性能の詳細です。もっと細かく知りたい場合は見てみると良いでしょう
クラス1〜3,EX気亮茲衒初級者向け。Class.I〜Class.靴泙任里箸蠅燭ぅ献腑屬紡个靴董△匹譴鮗茲辰討い韻个茲い分かります。ジョブの系統図もあります。
クラス4,EX.IIの取り方中級者向け。複雑な手順を簡単に解説しています。
ジョブごとのDA率、TA率ジョブのマスクデータです。実は強いジョブというのも見つかるかもしれません。

文章が長すぎて読む気になれない、という人へ

Class.IIIジョブのダークフェンサーを取得してください。

fd.png

ダークフェンサー以外のジョブは欲しいEXアビリティのために取得する程度で構いません。
以降の文章は、いろいろ分かってきてから改めて目を通せば大丈夫です。
ダークフェンサー取得に必要な前提ジョブは以下の5つです。

Class.I  ナイト
Class.I  プリースト
Class.II フォートレス
Class.I  エンハンサー
Class.II アルカナソード

ジョブ取得の原則

  • 原則的にClass上位の物は下位の物より強い。
  • Class.IやIIの職をすべてマスターしてからClass.III職に行くのではなく、なりたいClass.III職を決めてそれを目指して必要な職のみを取っていくことを推奨。
  • ジョブを獲得することで下記のメリットがあるので、得意武器がRしかなかったとしても取得することを推奨。
    • そのジョブのアビリティを他ジョブで使用できる (EXアビリティ)
    • ジョブレベルを20にすることで他ジョブでもボーナスが少しだけ入る (マスターボーナス)
  • 序盤はJPがすぐに足りなくなる。積極的にイベントに参加して報酬のJPを獲得しよう。
    • ショップ>ムーン交換から、3種のムーンをJPに交換すると序盤がスムーズに進む(ただし、ゴールドムーンは貴重品なのでよく考えよう)。
  • こちらに掲載されているジョブを全て取得した後は、マスターボーナスやEXアビリティ、見た目などから自分の好みで取得して良い。
  • マスターボーナスの効果量が大きめなので、時間がかかっても最終的にはEXも含め全習得すべし。主人公の戦闘力が大きく変わる。
    • 最終的にはすべて取得することになるので、取得の順番を間違えても悔やむことはない。序盤のプレイ効率がほんの少しだけ鈍る程度にすぎない。

最優先で取得を目指すジョブ

Classジョブ解説
Class.IIIダークフェンサーまずは最優先でコレを目指す。
3つのアビリティ全てからサポートアビリティに至るまで非常に強力なものばかりが揃っています。ソロ、マルチ両方で活躍します。
戦力が整うまでの当分の間は「主人公のジョブはダークフェンサーが基本で他のジョブはダークフェンサーのEXアビリティのために獲得する」という考え方でもいいくらいです。
ダークフェンサーを使用するためにはメイン武器として剣か短剣が必須です。6属性全てについて剣か短剣のどちらかは確保しておきましょう。
強み敵にデバフをかけること、即ち敵を弱体化させることに特化しています。
得意とするのは敵の攻撃の妨害で、素の状態では手も足も出ず戦闘不能に追い込まれてしまう格上のボスをソロで攻略できるようにする。
特に、敵の特殊技を遅延させる「ディレイII」と「グラビティ」の2つのアビリティが非常に強力です。
このゲームは「強敵が特殊技を使用するよりも先に、どうにかしてモードゲージを削りきってBREAKさせる」という勝負になることが多いため、特殊技を遅らせることは極めて重要です。
この役割をこなせる仲間キャラは、SSRや限定キャラを含めても数少なく、しかもいずれもダークフェンサーの能力には及びません。
なので多くの場合は主人公がダークフェンサーとなってその役割を担わなければならないのです。
もうひとつのアビリティである「ミゼラブルミスト」も、敵の攻撃力と防御力の両方を低下させ、しかも複数の敵すべてに効くという汎用性が高い物です。

これはExアビリティとして他のジョブでも使用可能なので、ダークフェンサー以外のジョブをメインにしたいと思っているプレイヤーも、
先にダークフェンサーを育ててミゼラブルミストを取得しておくべきでしょう。
さらにサポートアビリティの「(自分の)弱体効果成功確率UP」「(自分の)アビリティの使用ターンを1ターン短縮」も極めて有用です。
古戦場で入手可能な天星器「四天刃」は任意の属性に変更可能で、
パーティ全体の連続攻撃確率を引き上げる極めて優秀な奥義効果を持つため、
「四天刃」を用意できればデバフによる安定感と連続攻撃による火力の両立をはかることができます。
上位ジョブの「カオスルーダー」共々長くお世話になるジョブになることでしょう。
弱み相性問題といってしまえばそれまでですが、たとえば四大天司などを筆頭とした基本的なデバフが無効な相手に対して強みが活きません。
グラビティを発動するタイミングが難しく、下手をすると他の参戦者の妨害になるので、適応力が最も求められます。
また火力ジョブであり、即死クラスの攻撃を行ってくる敵には遅延こそできますが、火力が足りない状態では無力です。
事前にカットやかばう効果を持つキャラを揃えることができるかが勝負です。
マルチバトルにおいて、高い弱体成功率と重要性の高いミスト、グラビを持っているダクフェは
ダクフェ以外のジョブにとって助かるものの、ダクフェで戦う人にとって恩恵が薄くなりがち。
安定性を重視してダクフェで戦いたい場面も当然あるため、役割や利点が被ってしまう点が悩ましいところです。

また、基礎連続攻撃確率が他のジョブに比べて低く、ダメージを出しにくい所も痛いところ。
これは奥義ゲージが一番早く溜まってほしい主人公自身の奥義ゲージの溜まりが非常に遅いということでもあり、
奥義の回転率が悪いうえにあまり撃つことが出来ません。結果的に、格下相手なら他のジョブの方が討伐速度が上がることもあります。
ちなみにこの点は将来的に天星器「四天刃」やEXアビリティ「他心陣」などを積むことで克服できます。
Class.IIIホーリーセイバー次に目指すジョブ。上記の四大天司等、ダークフェンサーが有効でない場面で活躍する。マルチバトル向けのジョブ。
また、初心者にはまだ先の話かもしれませんが、高難易度のHLマルチバトルではホーリーセイバー(もしくは上位職のスパルタ)が極めて需要になってきます。
強み1ターンだけ、参戦者全員の受けるあらゆるダメージ(無属性ダメージを除く)を70%軽減する「ファランクスII」と、
あらゆる単体攻撃とランダム多段攻撃を自ら受ける(全体攻撃には自分への50%カット効果のみ)「かばう」のアビリティを持つ、守りの要です。
このゲームのほとんどの敵は「時々ダメージの大きい攻撃『特殊技』や『特殊行動』を行う」「そのタイミングは事前にわかる」という性質があるため、
それらに「ファランクスII」を合わせることで、戦闘不能・全滅の危険性を大幅に減らすことができます。
他に防御系のキャラ(カタリナ (SR)など)がパーティ入りしていればそちらに任せてもいいのですが、
あらゆる局面・あらゆる属性で起用できるホーリーセイバーの方がずっと汎用性が高く、防御能力も上です。
残りひとつの固定アビリティである「ドライブバーストIII」は、敵オーバードライブ時に5倍ダメージを与える攻撃アビリティであり、
オーバードライブした敵を素早くBREAKさせるために有用です。
非オーバードライブ時でも3倍ダメージと高めなので、中々オーバードライブしない敵やそもそもゲージがない敵にも狙いましょう。
最も攻撃寄りな使い方として、敵オーバードライブ中に「ファランクスII」→「ドライブバーストIII」と連続使用する手もあります。
「ドライブバーストIII」の高い攻撃力にサポートアビリティ「イージスブーン」の攻撃力UP効果が乗って、大きなダメージを叩き出します。
ヴァルキュリアが習得するEXアビリティ「デュアルインパルスIII」をセットして槍をメイン装備すると、
参戦者全体を徹底的に支援する強力なジョブとして活躍できます。
また、ダークフェンサーが持つ「ミゼラブルミスト」をEXアビリティにセットすることで、被弾をさらに下げつつ火力を増強させることができます。
主にソロの格下相手に使われる戦法で、火力が揃っているならばこれだけで倒せます。
ダークフェンサーが「特殊技を使わせないようにするジョブ、使われる頻度を減らすジョブ」であるのに対して、
このホーリーセイバーは「特殊技や特殊行動を喰らってもダメージを軽減するジョブ」です。
主人公がダメージを受けるので倒されやすい印象がありますが、ジョブボーナスとサポートアビリティ、2種の防御アビリティのお蔭でかなりタフです。
どちらが良いかは状況次第なので、一方でうまくいかない場合はもう一方で挑んでみましょう。
ダークフェンサーと異なり、マルチにおけるジョブ被りがあまり気にならない点も嬉しいです。
「ファランクス」をスタンプやチャットで連携してターンをズラし発動し続けることで鉄壁の防御が出来るでしょう。
弱みダークフェンサーでそもそも特殊技を撃たせない方が楽な場面が多々あります。特殊技のペースが速い相手は少々苦手です。
ダークフェンサー同様、連続攻撃確率が他のジョブに比べて低く、ダメージを出しにくいです。
(メイン武器に槍を装備して、後述の「デュアルインパルスIII」をEXアビリティに設定することで克服できますが)
他の参戦者(ユーザー)と協力しなければ真価を発揮できない所が弱みであり、将来的な強みになります。

序盤に取得しておきたいジョブ

主に上記ジョブ取得の条件となっています。

Classジョブ解説
Class.Iプリースト全体HP回復のアビリティ「ヒールオール」を持ちます。
ゲームを始めたばかりの頃は回復手段が不足がちなので、このジョブにしておくと進行が格段に楽になります。
また、クレリックの「クリアオール」は特定のボス戦で活躍します。
加えて、後述するビショップになるためにはこの系列のジョブを経る必要があります。
セレスト・マグナ戦においては上位ジョブであるビショップではなくクレリックを採用する人もいます。
Class.IIクレリック
Class.Iナイト上述のダークフェンサーホーリーセイバーの取得にはフォートレスが前提条件なので、最序盤に必ず取得することになります。
また、ダメージ軽減アビリティ「ファランクス」はボス戦において大きな効果を発揮するため、プリースト同様に進行の安定に貢献するジョブです。
Class.IIフォートレス
Class.Iファイター奥義の即発動とPT全体の攻撃力アップバフにより高い瞬間火力が出せます。
回復手段・防御手段を持つキャラクターが揃っていれば、主人公はアタッカーに転じる余裕が出来るはずなので、その場合に有効です。
また、敵の防御力を下げる「アーマーブレイク」は効果が大きくミゼラブルミストとも共存するため、ダークフェンサーを始め様々なジョブのEXアビリティとして長く活躍します。
Class.IIウォーリア
Class.IIソーサラーソーサラー自身のジョブ性能はそこまででもないですが、Lv15で習得する「ブラインド」が非常に強力です。
これをダークフェンサーにExアビリティとして装備させると、弱体成功率UPとあいまって高確率でボス敵を暗闇状態に追いやり、結果としてパーティの被害が大きく軽減されます。

バトルに慣れてきたら取得したいジョブ

最優先ジョブをさらに強化することが出来るものが主です。また早く敵を倒したり進行を有利にするジョブも。

Classジョブ解説
Class.IIIサイドワインダーアビリティで大ダメージを与えるジョブです。
マグナ編成が一切普及していなかった昔はMVPゲッターとして活躍していましたが、残念ながら今のグラブルのマルチバトルでは主人公のアビリティ攻撃程度では足りません。
特筆すべきはLv5で習得する「アローレインIII」。複数ザコを一掃する全体攻撃であり、強敵ボスに対してはダメージを与えつつ攻撃ダウン大の効果も与えられるという、1つで2度も3度も美味しい優秀アビリティです。
攻撃ダウン効果はミゼラブルミストと共存するためダークフェンサーに装備させるEXアビリティとしても優れており、ぜひ早期に取得しておきたいところです。
役割・EXアビリティ「アローレイン」
・武勲の輝き稼ぎ
・単体超火力技対策
強み「ライトウェイトII」からの「キルストリーク」で大ダメージを与えることができるので、速度が問われるマルチバトルで初級者が貢献度を稼ぐのにうってつけのジョブです。完全回避であることも強みで、ホーリーセイバーの「かばう」と組み合わせることでコロッサス・マグナなどのダークフェンサーで弱めても受けられない単体超火力技を防ぐことが出来ます。
中級者向けにはなりますが、リミットアビリティの「チェンジ」を使うことで主人公を下げて5番目のキャラを出すことが出来ます。これにより、武勲のレアリティボーナスを稼ぐことで、マグナ編成の完成が早くなります。
弱みダメージアビリティは上限に到達するようになると一気に有用性が落ちます。また、長期戦にも向きません。
取得JPが500と通常の上級職より高く、他のClassIIIより必要な経験値が多くて成長スピードが遅いため、アローレイン靴気┝萋世靴燭薀献腑Lv上げは後回しでも問題ありません。
このジョブもかなり連続攻撃確率が低いです。
Class.IIIホークアイアイテムドロップ率を向上させる「トレジャーハント(トレハン)」能力が特徴のジョブです。マルチバトルでは同時に戦っている人にもトレハンの効果が及ぶので、自分が弱くてもトレハンをかけているだけで喜んでもらえます。
具体的にはレベル9で全くかかってない場合の1.5倍のドロップ率となります。
コンテニューしてでもトレハンを積んだ方が良い状況は滅多にありませんが、四象の試練など挑戦に実質数百APかかるクエストに限り、ダークフェンサーEXトレハンでコンテニューが推奨されることもあります。
役割・EXアビリティ「トレジャーハント」
・アイテム集め
強み固有アビリティとして、トレジャーハント効果を3回連続で発生させる「トレジャーハントIII」を備えます。このゲームは突き詰めて考えると「敵を倒して素材やレアアイテムを集める」というところに行き着くため、それに長けたジョブには独自の優位性があります。
攻撃能力としては、ブレイク中の敵に対して攻撃力が大幅に上がる「ブレイクアサシンII(ブレアサ)」が特徴です。これは特殊なバフでダメージを大きくする上で重要です。
素の連続攻撃確率が高く、奥義の回転率が高いので、強力な奥義効果を持つ武器と相性が良いです。
上級者の間では奥義そのものを加速できる古戦場武器の四天刃を装備してブレアサ連続攻撃を連発するホークアイ、いわゆる「四天ベレー」が最強ジョブの一つでした。
現在でもリミットアビリティ「ブレイクキープ」を活用してブレイク時間を延長し、特殊技を封じる戦法は非常に有効です。
弱みトレハン以外は攻撃的な性能なため、格上相手に挑むには分が悪いです。真価を発揮するのは周回出来る程度の強さの相手でしょう。ダークフェンサーに比べて、かかる時間が1.5倍になってはあまり意味が無いと言えるでしょう。
また、トレハンはLv9で打ち止めであり、最後まで入ってしまうとアビリティが1枠無駄になってしまいます。故にマルチで数人は居てくれると嬉しいけど、沢山いても意味のないジョブと言えるでしょう。
ブレイクアサシンもモードゲージを持たない敵には意味が無く、こちらもアビリティが1枠無駄になることがあり、使いどころに注意する必要があります。
勘違いしやすいですが、ドロップ率アップがかかるのはランダムでドロップする箱だけであり、確定で落ちる箱から確率で出現する場合は有効ではないので注意してください。
Class.IIIビショップ回復に特化したジョブです。基本的にはマルチバトルでの協力プレイ向きのジョブになります。
役割・EXアビリティ「ディスペル」
・シュヴァリエ・マグナ確定流し
強みLv5で覚えるExアビリティ「ディスペル」が極めて重要です。恒常ボスやイベントボスなどにも、ディスペルが役に立つ敵がしばしば出現します。特に、恒常ボス戦「シュヴァリエ・マグナ」においてディスペルは必須となっています。
他には強力な部類の蘇生アビリティを備えており、主人公以外で火力が出せる中級者以上なら強敵とのソロバトルで活用したり、攻撃が集中してしまう事故対策として起用できます。
ホーリーセイバー同様に、ヴァルキュリアが習得するEXアビリティ「デュアルインパルスIII」をセットして槍をメイン装備すると、強力な戦闘ジョブにもなります。
弱み中盤以降は回復量が心もとないです。防いだり撃たせないことの方が有効なことも多いです。
また、状態異常を用いる「セレスト・マグナ」などが相手の時には「クリアオール」を持つクレリックの方が有効なこともあります。
支援職なので、攻撃性能は低いです。
EXTRA忍者共闘クエストを進めることで取得できる特別ジョブの一つです。共闘は挑むクエスト名を毎回明記しておけば上級者が協力してくれるので、実は取得も運用もさほど難しくありません。
様々な効果を使い分けることができる「忍術」という固有アビリティを持っており万能な戦い方が可能です。
ClassIVを取得するまでは、格下を最速クラスで屠ることが可能です。
役割・格下の瞬殺
強み連続攻撃確率が高いため、見た目以上に火力が出るジョブです。
アビリティ「忍術」による幅広い戦い方が可能なことです。
自身の攻撃能力も高い上に、敵の防御を下げる能力がウォーリア(アーマーブレイク)よりも高く、キャラが揃っていなくても火力を出すことができるため、相手の攻撃を受けても余裕な場合は是非活用したいです。
最も扱いやすいExtraジョブなので、Class.靴亮舁廛献腑屬鮗萋世圭えた後は忍者を目指すことも一つの手段です。
麻痺を付与できることも強みで、相手の行動を封殺している間に好きなだけ行動できます。
弱み万能と言えば聞こえはいいですが、特化しているジョブを使い分けた方が強い場合が多いです。独自仕様が多く理解にも少しハードルが存在します。
格下を高速で屠る役割は、いずれClassIVのベルセルク、エリュシオンへと移っていきます。そのため、取得が遅くなると使う機会がほとんど無いかもしれません。

中級者以上で強力なジョブ/有用なEXアビリティやマスターボーナスが得られるジョブ

ジョブ自体は弱いけど特典がおいしいジョブや、最優先ジョブに勝るけど運用ハードルが高いジョブです。

Classジョブ解説
Class.IIIスーパースター格上相手に有効という意味ならダークフェンサーにも勝る強力なジョブです。
ただし、真の力を発揮するためにはメイン武器に楽器を装備する必要があり、楽器を持っていない属性では運用出来ない点が厳しいです。
Class.IVを除けば最強、あるいはダークフェンサーと双璧と評する人もいる、愛用者の多いジョブです。
役割・アタッカー兼デバッファー
強み「ソウルピルファー」は敵の弱体耐性を下げ、結果的にデバフの命中率を向上させます。
複数のデバフを入れることで、相手に行動させたり攻撃を当てさせずに完封といった戦い方が可能です。
マルチにおいても有効で、誰か一人入れておくだけで討伐が安定するジョブと言えるでしょう。
また味方全員のダブルアタック確率をUPする「ソング・オブ・グランデ」で、パーティ全体の与ダメージ能力を飛躍的に伸ばします。
EXアビリティに「チャームボイスII」を装備すると、敵を高確率で魅了できるため味方のダメージ軽減にも貢献します。
(ソウルピルファーや九界琴との相乗効果もあり)

古戦場で入手可能な天星器「九界琴」は任意の属性に変更可能で、全体回復とデバフ成功率を引き上げる奥義効果を持つため非常に強力です。
このジョブを活用する場合、最優先で取ると良いでしょう。
弱み短剣もメイン装備できますが、ほぼ全てのアビリティがメイン楽器装備でないと大きくその性能を落とすため運用は厳しくなります。
そして楽器は入手手段が少ないことが初心者には厳しいです。
また基礎的な実力がある程度高くないと、ダークフェンサーやホーリーセイバーのほうが安定して戦えるということになりがちです。
Class.IIIウェポンマスター通常攻撃と奥義が強力なジョブです。
マスターボーナスの攻撃力3%アップが優秀なため、余裕ができたら早めに取得しておくと良いでしょう。
役割・マスターボーナス
・マルチバトルでの高火力と参戦者へのバフ付与
強み攻撃力だけでなくダブルアタック確率も高いという特徴があります。
レイジ系列は3ターン(アヴェンジャー装備なら4ターン)で効果がなくなるため、マルチバトルにおいては複数名必要とされています。
ウェポンバーストと合わせて奥義を連発することが可能であり、奥義効果が強力な剣や斧を入手できた場合、非常に強力なジョブに成り得ます。
例えば七星剣を持つことで、カーバンクル無しで破局を耐えきることが容易になります。
ソロ運用よりもマルチで真価を発揮するジョブです。
リミットアビリティも攻撃力を増強するものが揃っています。
弱みレイジ靴覆匹了藩僂砲茲觴己強化に長ける分、敵の弱体化が苦手です。
アーマーブレイクを自前で所持している分、ソロバトルに関しては下位職であるウォーリアの方が使いやすい場合もあります。
ちなみにレイジIIIは更なる上位ジョブによってレイジIVがかかっていると意味がありません。
Class.IIIヴァルキュリアEX設定可のアビリティ「デュアルインパルスIII」を習得します。
これさえあれば、ホーリーセイバーやビショップなどの槍をメイン装備できるジョブが強力なメインアタッカー兼攻撃バッファーに化けます。
役割・EXアビリティ「デュアルインパルスIII」
強みトップクラスのトリプルアタック率を誇ります。支援型の槍とデバフ型の斧が特徴です。
低いランクでもレゾナンスサージで高いアビリティダメージを叩き出します。
奥義効果の強力な黄龍槍などを入手できた場合はデュアルインパルスと合わせて高い支援能力を誇ります。
ラーズグリーズで奥義ゲージを増やしつつ、敵のOVERDRIVEゲージを減らせるのもミソです。
斧であっても単体で確定TAが出るため、奥義効果の強い武器と合わせて強烈な攻撃を撃て、
遅れがちな主人公の足を早めることができます。
弱み ダメージアビリティ型のジョブであるため、頭打ちになりやすいのが欠点です。
所持する斧デバフも連続攻撃率ダウンとブレイク時間延長のみであるため、
斧主体だと火力を伸ばしづらく、最低でも三寅斧クラス(奥義効果は敵の防御ダウン)の斧が必要です。
EXTRAアルケミストEX設定可の全体HP回復アビリティ「メディク」を習得します。
これがあれば、主人公がどのジョブを選択していても回復役を担わせることができるので、パーティ編成やジョブ選択の自由度が飛躍的に向上します。
役割・EXアビリティ「メディク」
強みルームでマルチバトルの連戦を行う際などに、複数のアルケミストが参加して開幕奥義ゲージ100%を実現できます。
これにより討伐に要する時間を短縮できます。
弱み上記の使用法を除けばメディクが本体です。
メディクとマスターボーナスを取得したら、もうこのジョブになる機会はないかも知れません。
EXTRA奥義ゲージの最大値が通常の2倍である「200」まで上昇するという特徴を持ったジョブです。
ジョブボーナスによるLV20時の攻撃上昇値が3000と高く、刀装備時に連撃率が高いという特長があります。
攻撃力+5%という全ジョブ中最大のマスターボーナスを持っているため、取得できるならとりあえずマスターしておけという薦め方をよくされます。
役割・マスターボーナス
強みオーバーチェインにより1ターンで大きなダメージをを出すことができる。
弱み刀と弓という数が少ない武器がないと戦えません。
奥義ゲージ上限200という特徴を持つものの、奥義加速がそれほど優れているわけではないため活かしきれない場面が多々あります。
EXTRA賢者EX設定可のアビリティ「他心陣」を習得します。
これは主人公のHPを半分にして奥義ゲージを上昇させます。
四天刃や灼滅天の刃鎌をメイン装備した上で、(可能なら1ターン目に)奥義を使用して、
奥義効果の「連続攻撃確率UP」を発動させるという強力な戦法が使用可能になります。
また、マスターボーナスの「通常攻撃時奥義ゲージ上昇+1」が非常に強力です。
認知度は低いですが、実は性能も高く上手く使いこなせれば驚きを与えることでしょう。
役割・EXアビリティ「他心陣」
・長期戦
・マスターボーナス
強み通常攻撃が常に全体攻撃になるという特性を持つので、一撃で敵を倒せるなら最速クラスの周回が可能なジョブです。
さらに宝箱ドロップ率アップ効果を持つセプティアンバーナーを装備できるので、弱い敵を倒して素材集めをする際に最適と言われています。
(エンジェルヘイローなど)

また戦闘面においても、「天眼陣」によって防御+80%など極めて強力なバフをかけることが可能です。
これにより、最上位ジョブであるClassIVを差し置いて使われる程に、強固さと安定感を誇ります。
弱みSSR攻刃杖の入手手段はわりと限られます。火力を出したい場合、メイン武器探しに苦労するかもしれません。
ターン開始時にバフ演出が入るため、マルチバトルではそこまで速度を出せません。
EXTRAドラムマスター奥義に重点を置いたジョブです。
取得条件も共闘に入る必要が無い点も初心者にとっては嬉しいです。
更にマスターボーナスのTA率+1%が非常に強力で、ダークフェンサーやホーリーセイバーはTA率が非常に低い為1%とは言え侮れません。
役割・マスターボーナス
・アサルトタイム中の奥義ワンパン周回(島Hめぐりなど)
強みトリプルアタック率がなんと9割を超えています。
奥義効果の強い楽器を持って、奥義を連発することが可能です。
味方に奥義ゲージを分配して足並みを揃えさせ、ダメージ強化されたフルチェインバーストを叩き込む戦法も強力です。
奥義ダメージ・チェインバーストダメージの上限を上げられるため、このジョブでのみ開幕フルチェインで
倒しきれるようになる可能性もあります。
弱み高いトリプルアタック率と引き換えに攻撃力が大きく下がっているので、ドラムマスター自身の通常攻撃ダメージは並以下です。
3アビのデバフ能力はあまりあてにならないと言われています(現在検証中)。
また、メインに楽器しか装備出来ない以上、スーパースターよりも運用難易度が高いと言えるでしょう。
EXTRAアサシン暗器という特別な消費アイテムを用いて強力な効果を発動するジョブです。
暗器は使い捨てで準備も大変なため常用はほぼ不可能ですが、
「この敵にはこのデバフをかけたいのに、他のジョブやキャラでは不可能だ」という時に活用できます。
またマスターボーナスはダブルアタック率上昇+1%というとても強力なものであり、これだけのために習得する価値があります。
役割・マスターボーナス
強みあらかじめ暗器を用意しておけば、とても多彩な特殊効果を使いこなすことができ、
その中には石化や麻痺などの強力で希少なデバフも含まれています。
アサシンブレード(通常攻撃追加効果)+キリングダガーによりオーバードライブやブレイク中ずっと大ダメージを出し続けることができる。
弱み準備が大変すぎるのが最大の問題。周回用には全く適しません。

新しい戦い方が出来るようになるジョブ

癖が強いですが、これらにしか出来ないことのあるジョブです。
必須な場面はかなり限られるが、あると周回が楽になる等やれることが増えて楽しいです。

Classジョブ解説
EXTRA剣聖装備する剣or刀でアビリティが変わる特殊なジョブです。装備次第で他にないアビリティを使うことが出来るため、ランクを引き上げたり高速周回に使われるジョブです。
役割・ランク上げ
強み装備次第で何でも出来ます。「剣神解放 効果一覧」「剣聖の具体的運用」を見てください。
「無垢白刃」「ディスペアー」「釘バット」などの武器を用いると敵の防御力を無視したダメージが与えられるので、そのために起用されるケースが多いです。
俗に言う「スラ爆」、「トーチ爆」への参加資格のひとつでもあります。
弱み有用な効果を持つ剣や刀を集める必要があります。
究極の「何でも屋」であり、他のキャラやジョブの役割を部分的に肩代わりできますが、ほとんどの場合、本職にはかないません。
EXTRAガンスリンガー銃に色々な「バレット」を装填して、自分好みにカスタマイズして戦うテクニカルジョブです。
独自仕様の塊のロマンジョブです。準備がかなり大変ですが、完成した時の火力は目を見張るものがあります。
マスターボーナスは回避率+1%という変わったもので、意外な活躍を見せることもあります。
役割・マスターボーナス
・主人公のみだが非常に高い攻撃力
強みバレットの効果により、上級者でなくともダメージ上限に達してしまうほど高いダメージが出せます。
準備が大変な都合上、一属性だけを育てることになりがちですが、複数属性を育てるのが面倒だという人にはむしろ向いているジョブだとも言えます。
また黒麒麟のようにスキルが無効にされる戦いでは特に活躍できます。
弱み6属性分すべての銃に十分なバレットを用意するのは手間がかかりすぎます。
(バレットは戦闘ごとの使い捨てではありませんが、銃から取り外そうとすると消えてしまうのが難点です)。
また、十分な性能を引き出すには、ジョブ専用武器の属性変更後ネブカドネザルがほぼ必須と言っても過言ではありません。
このため特定の属性だけで戦うガンスリンガーもいますが、現在のグラブルでは有利属性以外に耐性を持つ敵も出現しており、何でも1属性で挑むプレイスタイルは難しくなっています。
EXTRAダンサー連撃と回避に重点を置いたジョブ。四天刃メインでの運用が強力。
役割・マスターボーナス
・アタッカー
強みテクニカルではあるが、TA5連発や強制チェインバーストなど他ジョブでできない不可能なことができるようになる
弱みアビリティのCTが長い
EXTRAメカニック「パーツ」をはめ込んで能力をカスタマイズ、様々な能力を発揮するジョブ。
攻略まとめ/メカニックの具体的運用も参照。
強み色々なことができるが、主に多用されるのは「無属性全体大ダメージ(上限約64万)」と「全員の奥義ゲージを即座に100%にする」の2通り。
これらを1ターン目から実行できることが強みである。
弱めの敵を瞬殺したり、アサルトタイム以外でも開幕フルチェインバーストが可能になったりと、特に高速周回に向いているジョブである。
なおガンスリンガーと異なり、一度作成したパーツは付けなおしても消失しない。
弱みジョブ取得条件に、メインクエスト63章のクリアが含まれている。
パーツの素材として「銀天の輝き」「バハムートの紫電角」など初心者には入手困難なものも要求される。
長期戦や強敵戦なら、他のジョブのほうが向いている場合が多い。

さらなる上位ジョブ -Class.IV(クラス4)/Extra.II(エクストラ2)-

ここにまとめてある通り、これらのジョブの取得方法は今までの下位ジョブを取る方式では無くなっています。
Rank101以上になれないと絶対に取得不能ですが、準備不足だとそこから時間がかかってしまいます。

Class.IV(クラス4)のジョブは、基本的には同系統のClass.IIIジョブの上位互換です。
Extra.II(エクストラ2)のジョブは、基本的には同系統のExtraジョブの上位互換です。

  • Class.IV(クラス4)
    Class.IIIにできることは、大体は余裕を持ってこなせます。加えてアビリティの付替えでそれ以外のこともできます。
    したがってClass.IVジョブを取得すると、その系統のClass.IIIジョブを使用する機会は基本的に無くなります。
    Class.IVの取得予定が近い人は、IIIにあまりリミットボーナスを振りすぎないようにしましょう。
    (ただし一部のClass.IVジョブは、完全な上位互換ではないものもあります)
  • Extra.II(エクストラ2)
    Class系同様、ExtraIよりも強く、その役割以上の事ができます。大まかな強さはClass.IVと同等です。
    その尖った性能ゆえ余裕なく手一杯だったExIとは違い、役割に余白も出て戦い方の幅が広がるようになりました。
    しかし、取得の難易度は単純に見てClass系よりも難しく、人によっては優先順位を絞らなくてはなりません。
    どれを取りたいか、取る予定なのか順位を決めておき、実装に備えて指定武器を属性変更終了まで仕上げておきましょう。

取得方法と基本的な考え方

これらのジョブを取得するにあたってもっとも手間がかかるのは、ジョブ専用武器を属性変更段階まで強化することです。

Class.IVの場合は、どれかひとつのジョブ専用武器の属性変更段階を達成できたならそれ以降は比較的簡単に全てのClass.IVジョブの取得条件を満たせるので、
取得の順番を深刻に悩む必要は全くありません。
どれから優先して取るか頭を悩ませるよりも、すみやかに全部取るのが正解です。
(マスターボーナスという要素もあるので、取れるジョブを敢えて取らないことにメリットはありません)

対して、Extra.IIの場合は対応するジョブ専用武器を各ジョブ取得時に属性変更段階まで強化する必要があります。

どのジョブを優先して取るべきか?〜Class.IV編〜

Class.IVジョブに何を求めるのか?

どうしても優先度に悩んでしまうようなら、2通りの考え方があります。

  • Class.IIIまでと比較して、できることを増やしてくれるジョブを取る。
  • 使用頻度の高いジョブを取る。

前者の考え方をするなら、Class.IIIまでには無かった有用なリミットアビリティを習得するスパルタやセージやウォーロック、
あるいは全く性質の違うジョブになってしまうハウンドドッグを取得すべきでしょう。
アビリティの性能が別物レベルにまで向上するベルセルクやレスラーもいいでしょう。
後者の考え方に立つなら、Class.IIIの時点で既に強かったのがそのまま強化されている、カオスルーダーやエリュシオンを取得すべきでしょう。
各人の考え方次第であり、持っているキャラにも左右されるので、唯一の正解はありません。

それ以外の考え方としては「Class.IVジョブを取るためのClass.IVジョブを取る」という考え方もあります。
栄誉稼ぎの出来るウォーロックを取得し、ジョブの証をかき集めるのも良いでしょう。

メイン武器に四天刃か槍を装備可能なジョブは強い

以下の2点はClass.IVジョブ取得優先度に大きく影響します。

  • 全属性の四天刃や槍を持っているか否か
  • 開幕から他心陣で奥義ゲージを70%増やせるHP11,668が確保できているか否か

Class.IVジョブはEXアビリティの枠に余裕があるため、常に「他心陣」を入れることができます。
つまり、メイン武器で四天刃が装備可能なジョブは初ターンから奥義効果の全体連続攻撃バフが使用可能ということであり、連撃バフ持ちとして最低限の強さが保証されています。
また、四天刃の奥義効果は奥義枠のため、ほとんどのアビリティ効果と重ね掛けが可能な点からも評価が高いです。
特にウォーロックは開幕から他心陣で四天刃奥義ができないと真価を発揮できないジョブです。
四天刃には劣りますが、メイン武器に槍を装備できるジョブもデュアルインパルスIIIで奥義加速役として活躍できます。

どのジョブを優先して取るべきか?〜Extra.II編〜

現在、随時実装中。

元々ジョブは全体的に、以下の傾向で扱われる。

  • アタッカーとして強い
  • 「スパルタ→ファランクス」「セージ→ヒールオール」「エリュシオン→ソウルピルファー」のようなマルチ必須級1アビ・実質専用アビがある
  • 「DPTのいるアーカルムの転世→ハウンドドッグ」「高防御→賢者」のようにソロ性能が高い
  • 「メカニック→1キル」、「義賊→トレハン」、「剣聖→高速周回」などの独自性

一方でEX系はマルチ必須級というアビ持ちはほぼいない。(強いて言うなら、忍者系とアサシン系のデバフは強力)
つまりマルチではほぼアタッカー役を担うため、火力の出せる(出せそうな)ジョブを優先して取っていこう。

参考資料

Class.IVジョブ獲得者数(公式データ)

2017年8月2日「夏だ!海だ!グラブルだ!SP」で発表された、Class.IVジョブ獲得状況

+ ←ここをクリック

各Class.IVジョブの評価

ジョブ欄のリンクからジョブ詳細ページへ飛ぶことができます。
性能、アビリティ構成について詳しくはそちらを参照してください。

Classジョブ解説
Class.IVベルセルク主人公単独で防デバフを下限の50%まで入れることができる。
Class.IV初登場時は強力な防デバフでもてはやされていたが、全体DATAバフと防デバフを併せ持つエリュシオンの登場後は下火に。
オメガウェポン実装後はオメガ剣との相性の良さから再注目された。
取得基準・優先度など欲しくなったら取得する程度で良い。
マスターボーナスが攻撃力2%、HP1%と優秀なため、優先度の高いジョブを取得した後なら早めに取りたいところ。
「六道・灼滅天の刃鎌」やオメガスウォードをメイン武器に装備したベルセルクは非常に強力なため、それらを所持している場合は優先度が上がる。
強み主人公単独で防デバフを下限の50%まで入れることができる。
ファイター系共通のウェポンバーストが強力で、MVPを争う超短期戦が得意。メイン武器の奥義効果を即座に発動可能。
高い基礎DA率・圧倒的な攻撃力ジョブボーナス・高HP・高いバフ性能による、主人公単体の高HP・高火力。
サブオメガ剣とメイン六道・灼滅天の刃鎌で効果量の高い連撃サポートが可能。
弱み弱体命中率に優れるわけではないため、デバフの信頼度に欠ける。
連撃up系のメイン武器の作成難易度が高め。
Class.IVスパルタかばう、ドライブバーストを外せるようになったホーリーセイバー。
特に使い道が少ないドライブバーストを外し、アビリティの自由度が高くなった為、実質ホーリーセイバーの上位互換。
ファランクスはもちろん、スロウ効果を持つシールドワイアのおかげで6人HLでは事故率が低い最安定ジョブとして初心者に勧められることが多い。
取得基準・優先度などホーリーセイバーでも70%カットは変わらないのでファランクス役は全うできるが、Exアビリティが1つしか持てないという不自由さが解消される点が非常に大きい。
6人HLでスパルタ役をやりたいなら最優先で取得したい。
逆に言えば、6人HLにさほど頻繁に参加しないのであれば優先度は低く、当然だが他の参加者に任せるなら不要である。
強みスロウ効果を持つシールドワイアが攻防共に強力。
アビリティ枠の自由度が高いため、常に槍デュアルインパルスによる加速役も兼任できる。
弱みデュアルで補えるものの、基礎連続攻撃確率は低め。地力が高くないと攻撃も冴えない。
6人HLなど強敵攻略用のジョブであり、日常的に使う事はあまりない。
Class.IVセージディスペル、リヴァイヴを外せるようになったビショップ。
今まではクレリックでしかできなかったクリアオール+EXアビリティ(デュアルやベールなど)の共存が可能になった点が大きい。
リミットアビリティでほぼ互換性があるディスペル・シージを持つため、ビショップの純粋な上位互換として運用できる。
取得基準・優先度など汎用性の低いビショップのEXアビリティを外せたり、低い連続攻撃確率をデュアルで補えるなど強化の幅が大きい。
マウントを入れつつ汎用性の高いEXアビリティが使用可能な点が大きい。マウントキャラが揃っていないなら最優先で取得したい。
6人HLでのヒール役として参戦者への回復量を増やすことも重要となってくるのでとにかく優先したい。
強みマウント、クリア×2を自由に入れ替えることができるため対デバフ性能が高い。
ビショップのベールを含め、優秀なリミットアビリティを多数持つためアビリティ枠の自由度が特に高い。
ヒールオールの回復量が多く、ダークフェンサーで攻略できないソロクエスト挑戦にも使える。
弱みデュアルで補えるものの、基礎連続攻撃確率が全Class.IVで最下位。
アビリティ構成など考えると主人公単体の攻撃性能はClass.IV最弱の一角。
Class.IVウォーロックハーミットの上位と聞くとアビリティアタッカーのように見えるが、流行りの運用方法はその真逆である通常攻撃強化型のバッファー。
ブラックヘイズでダークフェンサー互換+ブラインのデバフが可能、他心陣とチョーク、単体相手でもチェイサーで通常攻撃にも追加ダメージと、イメージとしては殴り性能を強化したダークフェンサーといったところか。
主人公の最大HPと四天刃さえ確保できれば、ソロ・マルチともに非常に高い適正を持つ万能アタッカー/バッファー/デバッファーになる。
取得基準・優先度など運用するためには属性変更四天刃(光属性に限り四天刃・真)がほぼ必須だが、ダークフェンサーから武器含め移行しやすい点、様々なクエストでも使える汎用性から優先して取得したい。
リミットアビリティのブラックヘイズとチェイサーが単純に強力なので、より攻撃的なダークフェンサーを求めるなら四天刃が揃っていなくても取得を考えても良い。
強みエーテルブラストとブラックヘイズ、チェイサーによりアタッカー・デバッファー・バッファーを高水準で一人でこなすソロ周回性能の高さ。
他のジョブを寄せ付けない圧倒的な対複数敵性能から来る、マルチバトルでの貢献度稼ぎ能力。
チョーク、チェイサーの2つによるパーティ全体に及ぶ通常攻撃の性能強化、及び仲間のブレアサや反骨などの減衰に到達するような火力をさらに高められる支援能力。
四天刃を持ち他心陣とチェイサーで運用するだけでも殲滅力が目に見えて上がる、お手軽周回向けジョブでもある。
弱み基礎連続攻撃確率がカオスルーダーにさえ劣るので、四天刃と他心陣を持ってHP11,668以上を確保できないとスロースタートになってしまう。
四天刃ジョブ全般に言えることだが、特に通常攻撃強化に特化したウォーロックは強みを活かせなくなる。
またデバッファーとしてみれば、弱体成功率やスキル構成でダークフェンサーやカオスルーダーには劣る(元々がデバフ特化のジョブではない)
6人HLでは他のジョブの方が各役割に適しているので出番は基本的に無い。ウォーロックに限った事ではないが…。
Class.IV義賊連撃の信頼度があまり高くないデッドリーエイムを抜けるようになり、ブレアサにクリティカルがついたホークアイ。
トレハンII~IVの3種を積んでトレハン特化にしてもよし、トレハンを外して火力特化にしてもよし。
四天刃の加速とブレアサを併用できるというだけで強いという点もホークアイと同じ。
トレハンをリミットアビリティと換装できるのでセージやカオスルーダーと同様に純粋な上位互換として運用できる。
取得基準・優先度など6人HL等で使いたいなら取得する程度。
そもそもホークアイをあまり使用していないなら優先度は落ちる。運用に四天刃は必須である。
強み他心陣とデュアルが共存できるので、ブレアサでの最大約300万の瞬間火力を狙いやすい。
比較的優秀なリミットアビリティを持つためアビリティ枠の自由度が高く、ブレイクキープによる長期戦が得意。
四天刃装備可能ジョブの中での基礎連続攻撃確率が第一位。
四天刃ジョブの中で唯一のバランスタイプで、コスモス武器があればさらに連続攻撃確率を底上げすることも可能。
弱みホークアイと比較してあまり劇的な変化が無い。
相手をブレイクさせるまでは基本的に何もできないジョブであり、仲間キャラやマルチバトルの他の参加者の力が不可欠である。
Class.IVカオスルーダー完成された鉄板ジョブ、ダークフェンサーのほぼ上位互換。
ダークフェンサーと比較するとデバフ成功率が5%上昇する点やアンプレディクトによる追加デバフが主な強化点。
ダークフェンサーの頃は恩恵が少なかった使用間隔短縮のサポアビを2枠に増えたEX枠でより有効に活用できるため、デバフ職以外の運用も可能で拡張性が高い。
取得基準・優先度など・アビリティ面ではダークフェンサーから劇的な変化は無い。性能面では弱体成功率が5%上昇(20%→25%)。
・単純にダークフェンサーの上位互換であるため、Class.IIIの時点でダークフェンサーを多用している人は取得するとより快適になる。
・弱体耐性の高いHLマルチなどのために弱体成功率を少しでも上げたい場合やマスターボーナスの弱体成功率upが欲しい場合、グラビティが不要という場合に取得すると良い。
強み元が強いダークフェンサーの上位互換なので当然カオスルーダーも同様に強い。
Lvアップボーナスとマスターボーナスを合わせるとダークフェンサーより5%高い弱体成功率を持つ。
2枠に増えたEXアビリティ枠のおかげでグラビティが不要な際の自由度が高い。
アンプレディクトのランダムデバフには累積耐性が別枠の麻痺・恐怖を含むため、何度も試行できる長期戦では非常に強力。
ダークフェンサーと同様に四天刃が無くても十分強いジョブなので、誰もが安心して取得できる。
EX枠の自由度が高く、他心陣を入れやすい。
サブオメガ剣とメイン四天刃で効果量の高い連撃サポートが可能。
弱みダークフェンサーのころから低かった基礎連続攻撃確率は未だに低いままなので、四天刃やオメガ剣によるフォローができるまでは火力面で難点としてのしかかる。
アンプレディクトのランダムデバフが参戦者や仲間キャラと噛み合わない場合も考えられる。
(魅了や暗闇によりリミテッドロゼッタの被弾が阻害される事などが事前に分かっていて、ミスト+グラビ+EXアビリティの構成を使いたい場合はダークフェンサーを使えばよい)
短期戦や格下相手へのメリットが薄い。
攻防DOWNを始めとするいくつかのデバフを無効、または非常に強い弱体耐性を持つ敵には強みを活かせない。
Class.IVレスラー独特のリミットアビリティを持つジョブ。
ターン経過無しでパーティ全体が通常攻撃を行える「ツープラトン」や、自身にテンションを付与する「ファイティングスピリット」が有名。
奥義効果でパーティ全体にカウンターを付与できる六崩拳を装備することで攻防一体の戦いができる。
高難易度戦やソロ周回の高速化には最適のジョブ。
取得基準・優先度など欲しくなったら取得する程度で良い。
背水編成が完成していて高速周回性能を求める場合は優先度が上がる。
強み最大で別枠2倍のテンションバフによる高い攻撃性能。
六崩拳奥義による高い防御性能。
全Class.IV中トップの基礎連続攻撃率を誇る。
ツープラトンによって1ターンキルを狙いやすく、面倒な特殊行動を持つ敵相手の周回効率を格段に上げることができる。
弱みリミットアビリティのCTが特に長い。
被ダメージで効果が解除されるファイティングスピリットや被ダメージを無効にする六崩拳奥義のカウンター効果と、被ダメージを条件としてカウンターを行う1アビが噛み合っていない。
長期戦で強みを活かすためには装備や仲間キャラなどに非常に高いレベルが求められる。短期戦だとさらに要求戦力が上がる。
Class.IVハウンドドッグトワイライトゾーンやジャミングによる仲間・参戦者支援が特徴。
チェンジを発展させたタクティクスコマンドにより、他属性キャラを使った特殊な編成も可能とする強みを持ち、マルチ支援以外にもソロ周回高速化などに用いられる。
各々の目指すプレイスタイルによって、大きく評価が分かれるジョブと言える。
取得基準・優先度など欲しくなったら取得する程度で良い。
(レイショナルショット実装後)アーカルムの転世 難易度EXTREMEに挑むなら取得しておきたい。
強みアーカルムの転世においてレアリティ制限を受けないアビリティアタッカーとして優秀。
マルチバトルでユニークな全体支援が可能。
タクティクスコマンドを使った、他ジョブでは真似のできない他属性キャラを織り込んだ編成や、それによるソロ周回の高速化。
チャフリリースなどアビ火力を活かした、黒麒麟・黄龍戦における貢献度稼ぎ能力の高さ。
バランスタイプなので、コスモス武器があれば低い連続攻撃確率を底上げすることが可能。
弱みトワイライトゾーンは光と闇で効果が無い。
強力なメイン武器が存在しない。
基礎連続攻撃確率が低い。
Class.IVエリュシオン連続攻撃確率バフとデバフというスーパースターの強みをそのまま強化したジョブ。
スーパースターの上位互換として使用可能。
TA率も大幅アップするようになったアビスや、サポアビによる味方全体のデバフ命中率アップと、とにかく強力。
また、Class.IVではベルセルクのみが可能だった主人公単体での防御下限化が可能という強みも持つ。
得基準・優先度などスーパースター同様、マルチでの火力もソロでのデバフもなんでもこなせる万能ジョブ。
楽器があれば最優先で取得したい。
強み四天刃の奥義効果以上の連撃率を誇るDATAバフ。
パーティ全体に及ぶ弱体成功率UP効果のサポアビ。
弱体成功率UPバフを持つ九界琴をメイン武器として装備可能。
主人公単独で防デバフを下限の50%まで入れることができる(アマブレ+デッド)。
高い攻撃性能を維持、敵の弱体耐性DOWN、強めの魅了付与を一人でこなせ、6人HLでは重要な一角を担う。
弱み楽器が必須。運用上SSRである必要はないが、楽器はそもそも武器の種類が少ないので見落としやすいポイント。スキル効果も奥義効果も有用な楽器となると、入手しやすいものは古戦場武器の九界琴しかない。
アビスの効果時間外の基礎連続攻撃確率は多少低いため、足並みが揃いにくいこともある。
アビリティで強化する必要があるため、MVPを争う超短期戦には不向き。
Class.IVアプサラスヴァルキュリアと同様にメイン武器の種類によって様々なアビリティ効果を使うことができるジョブ。
槍/斧の両方の効果が使用できるようになる「湧水の羽衣」のおかげでヴァルキュリアとは比べ物にならないくらい自由度が増している。
特に水鳥の歌詠(槍)の参戦者全体クリティカルバフが強力。
取得基準・優先度など欲しくなったら取得する程度で良い。
独特な参戦者バフを持つので仲間内でマルチバトルを楽しむ時などに。
強み唯一の参戦者全員に及ぶクリティカルバフを持つ。
味方全体への奥義ゲージ提供、多少の背水支援、主人公の火力を最大で2倍まで強化するエインフェリアルなど独自の支援が可能。
「六道・灼滅天の刃鎌」とデュアルインパルスの槍効果が共存可能。
槍装備時の攻撃回数期待値が全Class.IV中2位。
黄龍槍の奥義効果を最も連打しやすく、デュアルインパルスと合わせて全参加者への支援が可能。
弱みクリティカルバフは非有利参戦者にとってやや恩恵が薄い。(同時に奥義ゲージ上昇量アップが付くので無意味ではない)
リミットアビリティのCTが比較的長め。
湧水の羽衣が使えない時はやれることが減る。
使いこなすためには各属性の槍と斧を用意する必要がある。
バフで参戦者を支援しながら戦うことになるため、MVP狙いには向かない。

※編集者様へ:過不足ありましたら、追記・修正等ご自由に行って下さい。

コメントフォーム


ミラーサーバーでは書き込みはできません。書き込みをするには、このリンクを押してマスターサーバーに移動してください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑ランク100から120くらいの強化途上でのハウンドドッグはすごく有用だと思う。敵全体に一人で攻防ダウン下限かつ強力な全体攻撃はとても役に立つ。そのランク帯の時って通常攻撃にDATA盛っても正直あんまり伸びないし。 -- {5/VpgYwpyMk} 2018-05-07 (月) 02:50:49
  • クラス4優先度は今はスパルタ・カオルだけでいいかもな。なんだかんだ3の上位互換だしソロでもHLでも大活躍。 エリュやウォロは装備が無いと取る意味ないし、装備が揃う頃にはメカニックやダンサー、黒猫しか使わないわってなる。 -- {iJJzaf.oY4w} 2018-05-25 (金) 21:14:14
  • アプサラス見た目すごい好きなのに酷評されてて草…草… -- {LYD68iF1CTk} 2018-06-09 (土) 07:04:21
  • 序盤ならレイダーかな。早い上限解放が必要だしね。 -- {rvYJ9oXSukk} 2018-06-13 (水) 08:52:02
  • エリュは個人的に凄まじくお世話になったから推奨したいんだが、クラス犬鬚箸訌阿北ね茲鮓据えての楽器集めがネックなんだよな。古戦場やイベント等々で優秀な楽器が手に入る時期に始めた人は優先してもいいんだが… -- {8L916Hn16HQ} 2018-06-13 (水) 09:08:03
  • カオルとウォロならカオルの方がええんじゃろか -- {JXlr.9aMhFQ} 2018-09-22 (土) 19:05:50
  • ソロ→カオル MVP狙い→ウォロ(四天刃他心陣できるなら) -- {Zc5a/UaMfEQ} 2018-09-23 (日) 02:00:29
  • ダクフェにLB振りまくってるとLvMAXしただけではカオルのほうが弱いまである。ウォーロックはハーミットとは別物だしソロEX~MANIACでも雑魚をアビワンパンしてボスにチェイサー+ブラックヘイズとかできマルチでも貢献度やLBを稼ぎやすい。クラス犬魯▲喙茲襪里砲LB必須なのでスパルタエリュウォロのLBアビ全部覚えるまではカオルはいらないと思う。 -- {h82U5ZfSdPg} 2018-09-23 (日) 15:05:26
  • 義賊からトレハンが抜けてしまう -- {JXlr.9aMhFQ} 2018-09-25 (火) 19:51:48
  • 手持ちキャラに左右されずに四天刃握りながらマウント積めるようになったし義賊はそこそこ優先度上がった気がする -- {mE3Jd3Ig26E} 2018-10-22 (月) 19:39:12

TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-28 (火) 05:21:25