このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョブ概要 | おすすめジョブ | ジョブ一覧

各種ジョブ詳細Class.I / Class.II / Class.III / Class.IV / EXTRA / EXTRAII

このページでは、エクストラII(EXTRAII)ジョブのデータを一覧表示しております。
ジョブ評価欄は、執筆したユーザー様の主観が含まれますので、
あくまでジョブを決める上での「参考」としてください。



凡例

赤色攻撃
緑色回復
青色敵にステータス効果を付与
黄色味方にステータス効果を付与
EXEXアビリティ

EXTRAII

エクストラジョブの上位版。
習得には

  • メインクエスト63章のクリア
  • 特定のエクストラジョブLvを20に上げる
  • 特定武器の属性変更をする

必要がある。
該当のジョブ専用武器を属性変更まで強化するためにジョブの証が40個(レプリカ交換から始めるなら41個)必要であり、ジョブの解放自体にも20個必要なため、ゼロからだと60個も必要になる点がネック。
確実に入手できる証は栄誉の輝き交換が30/月、ローズクリスタル交換が10/月と一か月で40個までなので、事前準備をしていない場合は1か月先送りにするか共闘のランダムドロップを根気強く粘るしかない。
取得は計画的に。
EXIIの追加と同時にジョブ専用武器の5凸も実装されている。かなり相性が良いため属性変更先は大いに悩みたいところ。オススメ属性変更先も参考に。

Class.IVを取得していないプレイヤー(ジョブ専用武器の属性変更をまだ行っていないプレイヤー)は、EXIIのジョブ専用武器の属性変更が完了すればClass.IVの取得条件も同時に達成できる。
お得なのでぜひともこちらの武器を優先して作成したい。

Class.IVと同じく、メインとなるアビリティ以外がフリーアビリティとして自由に着脱できる枠になっているのが最大の特徴。
EXII固有の特徴として、前提となるEXIジョブの一部の固有アビリティを「ベースアビリティ」としてセットできるようになっている。
制限はEXアビリティ、リミットアビリティ、ベースアビリティそれぞれ1種類につき最大2個までとなる。

剣豪

  • 「剣豪」取得に必要な称号について
    メインクエスト63章クリアでアマルティアのアマルティア島居住区に発生するフリークエスト「誰が為に剣は在る」をクリアすることで手に入ります。
    クエストを挑戦するには、侍のジョブLvを20まで上げ、英雄武器「天叢雲剣」を属性変更まで強化する必要があります。
画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
220301_kt_0_01.png220301_kt_1_01.png刀/弓攻撃Lv1 攻撃力+1000
Lv5 HP+1000
Lv10 攻撃力+1000
Lv15 通常攻撃時奥義ゲージ上昇+1
Lv20 攻撃力+1000
メイン武器が刀の時、メイン武器の攻撃力UP+3%3000JP
侍の証x20
称号:刀によりて生きる者
sd_220301_kt_0_01.pngsd_220301_kt_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
剣禅一如自分に特殊強化(連続攻撃確率UP)/クリティカル確率UP
◆特殊強化は被ダメージまで効果継続
5ターン3ターン
リミットアビリティ大鷲返しカウンター効果(回避・被ダメージ/2回)6ターン2ターン
無明斬効果中ターン進行時に攻撃行動を3回行う
◆奥義ゲージを40%消費
7ターン1ターン
烈刀一閃敵に自属性ダメージ
自分の奥義性能UP
◆奥義ゲージを60%消費
6ターン3ターン
サポートアビリティ心空奥義ゲージの最大値が増加
雲耀奥義発動時自分に雲耀効果(雲耀Lvに応じて攻撃性能UP/奥義ダメージUP)
ジョブ説明業物を腰に携えし剣客は、戦場に舞う刃となる。攻撃タイプのジョブ。

剣豪の評価・運用

奥義ゲージの最大値が200%まであるの上位ジョブ。侍の正統進化系と言える性能を持つ。
サポートアビリティによって奥義を撃つたびに永続・消去不可の強化効果を得られるのに加えて、奥義ゲージを使ったリミットアビリティも増えた。

  • ◆仕様
    侍と同じく奥義ゲージを200%貯めて撃つと奥義が2連発になる。
    オクトー (SSR)のような奥義ゲージ上昇量UPは無いが、賢者のマスターボーナスと同様の「通常攻撃時奥義ゲージ上昇+1」がジョブLvボーナスで得られる。
    ただしこれだけでは奥義ゲージ回収効率に大きな影響はない。
    1アビが特殊強化に変更され、奥義を撃つたびに攻撃UP(通常攻刃枠)・連続攻撃確率UP・奥義ダメージUPを得る「雲耀」効果が発動するサポートアビリティが新たに追加された。
  • ◆メイン武器の選定
    刀・弓ともに種類が乏しく、メイン武器向けの奥義効果を持つものは限定される。
    また奥義ゲージの回収率も自前のサポートアビリティやジョブボーナスだけでは大して良くはないため、剣豪のリミットアビリティも扱いづらくなってしまう。
    そのため合った武器を使用しない場合はアタッカーとしてはさほど見どころの無いジョブとなってしまうので、じっくり吟味したい。
    基本的には、武器スキルや奥義効果に奥義ゲージ上昇率UPや奥義ゲージUPを持つ「天叢雲剣」「無銘金重」「八命切(最終段階)」等が扱いやすい。
  • 「無銘金重」
    剣豪の英雄武器。メイン装備時に奥義ゲージ上昇率+50%という破格の武器スキル効果を得られるため、
    奥義ゲージを多く調達することで真価を発揮できる剣豪を運用するのであればなるべくこれを装備したい。
    奥義効果で味方全体の奥義ゲージが+10%される(通常の+10%とあわせて+20%になる。自身には15%還元される)。
    追加スキルでは魔獄のエンブレムが筆頭候補。奥義効果に奥義ゲージ上昇率UP(30%/奥義発動ターン含め3ターン)が追加される。
    主人公の奥義発動で他のメンバーの奥義ゲージが23%以上増えるため、味方全体の奥義回転率をさらに上げられる。
    さらには(主人公を含めて)奥義ゲージ最大値が200%のキャラが奥義ゲージを大量に確保しやすくなり、より活用しやすくなる。
    また、風属性のカルメリーナの奥義効果の全体幻影付与など、有用な奥義効果の発動頻度を上げる目的で扱っても優秀。
  • 「八命切(最終段階)」
    奥義効果に「自分の奥義ゲージ+30%」と「アビリティの使用間隔短縮」を持つ。
    羅喉阿修羅陣やアニラなどの奥義ゲージ上昇率UPと組み合わせることで奥義を何度も撃てばこの効果が連発され、その気になれば1人フルチェインが出来る程。
    アビリティの使用間隔短縮も無明斬やデュアルインパルスとの併用、単発でも相性が抜群の組み合わせとなる。
    問題は八命切をオクトー (SSR)のためにエレメント化する可能性が高く、メイン用となると無銘金重より遥かに重いコストがかかる。
  • 「二王弓」
    奥義効果に「味方全体の通常攻撃を全体化」する効果を持ち、複数の敵を相手にする時に役立つ。
    二王弓を使えるジョブが他はハウンドドッグしかなく、あちらは連撃率が低くて奥義頻度が高くない。
    剣豪は剣禅一如バフ効果で連撃率が良いため、常時全体化目的ならこちらの方に軍配が上がる(被弾から守る工夫は必要)。
    ただし、通常攻撃全体化が確実に発動する最終段階を目指すならば制作コストの大きさで八命切といい勝負。
    また、いまのところ有効活用できる恒常コンテンツがティアマト・マグナHLくらいしかいない。
  • 「ラストストームブレイド」
    奥義効果に「味方全体の連続攻撃確率UP」と「自分に幻影効果(1回)」を持つ。
    剣禅一如を維持する型ならば、奥義効果は剣豪を運用するうえで非常に噛み合っている。
    幻影は1アビ使用中の被弾を減らし、おまけに連続攻撃確率も上がるため、たとえ幻影を剥がされても再び奥義で幻影を付与することが容易である。
    ただし前述の無銘金重に比べるとゲージ回収速度は劣るので「風剣豪をやりたいが無銘金重を持っていない(もしくは作る余裕がない)」というプレイヤー向けか。
    無凸でも奥義効果は変わらないため入手のしやすさと運用の目的次第ではメイン武器として一考の余地があると言える。
  • 「イクサバ」
    スツルムの解放武器。最終上限解放で奥義効果に「自分の攻撃大幅UP(1回)」が追加される。
    条件なしの反骨や追い撃ちのような効果で、与ダメージとダメージ上限を大きく上げられるため強力。
    火属性には奥義ゲージ上昇率50%UPの効果を持つ独自強化持ちのアニラも存在するため、最大のネックである奥義ゲージの回収効率も問題が無いのが追い風となる。
    逆に言えば、アニラがいなければ真価を発揮出来ないと言っても過言ではない。
    リミテッドシリーズ武器ゆえの集めにくさも難点の一つ。

その他

  • ◆カツオ剣豪
    召喚石/カツウォヌス (SSR)召喚効果「稀に味方全体の奥義ゲージUP(+200%)」が最終上限解放済みでメイン装備時なら確定発動できることを利用する。
    2連発奥義は奥義ゲージさえ貯まれば1手で出せる最大級の火力なので、1キル圏は広い。
    水属性は当然として、ルリア (SR)を入れればもう片面をシヴァとして同時発動できるため火属性などでも使える。

アビリティ解説

  • 【剣禅一如】
    自分に特殊強化(ダブルアタック確定/トリプルアタック確率+30%、被ダメージで解除)/クリティカル確率UP(発動率50%、倍率+50%)。
    連続攻撃確率UP部分がアビリティ枠ではなく特殊強化枠のため、一部の特殊強化枠バフとは共存できないが、アビリティ枠や奥義効果枠とは共存できる。
    高倍率のクリティカル確率UP部分は被ダメージにかかわらず3ターン持続する。
    クリティカルによる与ダメージの上昇期待値が高いので、トリプルアタック確定の状況や奥義を撃つ時でも使って損にはならない。
    特殊強化の維持を主軸にするか、無明斬等と併用するアビリティとして割り切るかで他のアビリティ構成を変えていきたい。
  • 【大鷲返し】
    カウンター効果(回避・被ダメージ/2回)を得る。
    単体目標の攻撃なら確実に回避しつつカウンターを行う。持続2ターンなのも嬉しい。
    全体攻撃に対しては回避が発動せず、被弾してのカウンターとなる。
    剣禅一如は回避と相性が良い。一方でカウンター回数が少なく使用間隔は長めな為、このアビリティだけで回避を賄うのはやや不安。
  • 【無明斬】
    目玉とも言えるリミットアビリティ。奥義ゲージを40%消費して、ターン進行時に攻撃行動を3回行う。
    (+2回ではないため、他の再行動バフなどと組み合わせた場合、3回行動が優先されて他の再行動効果は発動しない)。
    デュアルインパルスと併用すれば確実にトリプルアタックを繰り出せるので与ダメージ、奥義ゲージ上昇量ともにかなりのもの。
    再使用間隔が7ターンでやや回転が遅い。
  • 【烈刀一閃】
    奥義ゲージを60%消費し、敵に上限約80万の自属性ダメージを与え、3ターン持続の奥義性能UPを自身に付与する。
    バフの詳細は奥義ダメージ100%アップ、奥義ダメージ上限20%アップと強力ではあるが、60%という大きめの奥義ゲージ消費がネック。
  • サポートアビリティ
    • 【心空】
      奥義ゲージの最大値が200%となる。
    • 【雲耀】
      奥義を撃つたびに自分の攻撃性能が強化される。
      雲耀効果は消去不可かつ永続で最大5段階まで強化され、通常攻刃+50%/DA率+15%/TA率+15%/奥義ダメージ+50%と自動で発動する自己バフとして優秀。

アビリティ構成

  • 「基本運用」
    剣禅一如は性能は良いが、主軸として頼りきろうとすると被弾を極力下げなくてはならず、被弾したときのリカバリーをも考えないといけないアビリティ構成になりがち。
    通常攻撃が全体攻撃の敵も増えており、特殊行動を含め全体/多段特殊技によっても容易に被弾してしまう。
    無明斬による攻撃性能を引き上げる為に、剣禅一如は無明斬とセットで発動するものとして割り切るという手法も考えられる。
  • 1枠目
    【無明斬】
    剣豪を使うならば主軸とするべき最優先枠。
    これを生かすための武器と残りのアビリティの組み合わせを考えると良い。
  • 武器「無銘金重(魔獄)」2枠目【デュアルインパルスIII】3枠目自由枠
    無銘金重(魔獄)の効果をフル活用する最低限の組み合わせ。3アビは自由にできるので初速が欲しければ他心陣、デバフが欲しければミゼラブルミストなどを入れられる。
    団サポの銅鑼がかかっているなら最初に奥義ゲージが30%溜まっている状態なので、
    1ターン目は適当に殴る
    2ターン目でデュアルインパルス+無明斬で9回攻撃(ジョブレベルボーナスとマスターボーナスにより1ターン目の通常攻撃がSAでもここで奥義ゲージが194%になる)
    3ターン目で奥義を放つことで無銘金重の奥義効果で奥義ゲージが供給され、2連続奥義が発動
    その後は全員でそれぞれ奥義を撃ち、奥義ゲージを供給する流れが構築できるため、剣禅一如による通常攻撃にほとんど頼らなくて済む。
    長期戦でのゲージ回転率が極めて高くなる。
    土属性なら魔獄効果も合わさり、オクトーとジン(イベントSR版)は奥義ゲージを溢れさせずに互いに奥義奥義で加速させ毎ターン奥義が撃ちやすい。
    ユグドラシル等も奥義で奥義ゲージを自給できるので、アビリティによる消費を含めても回転率が良い。
    風属性ならシエテによる奥義ダメージ/奥義ダメージ上限UPとは当然相性抜群。SRキャラのミリンやサビルバラも奥義ゲージ最大値の高さを活かしやすくなる。
    カルメリーナも奥義効果の全体幻影付与の回転率が上がるため、剣禅一如との相性が良い。
    当然ながら他の属性でも有用な奥義効果持ちと相性が良いので、それを目的にPT面子を考慮してもよい。水属性で言えばヴァジラが活用しやすくなる。
    固定アビリティ枠の剣禅一如に頼り切らずにすむので、剣禅一如はデュアルインパルスのクールタイム中に適当に使っても良い。
    なお、味方からの強化アビリティと剣禅一如のみで十分なトリプルアタック確率を確保できる場合は、デュアルインパルスIIIの枠を別の回復アビリティやデバフに差し替えても似たような運用ができるだろう。
    強敵相手のソロでは主人公にクリアオール等を積みたい場合も多いため、一考に値する。
  • 武器「八命切(最終段階)」2枠目【デュアルインパルスIII】3枠目【羅喉阿修羅陣】
    主人公のみに特化して八命切(最終段階)のアビリティ使用間隔短縮と奥義効果の奥義ゲージ+30%を活用する組み合わせ。
    羅喉阿修羅陣中に奥義1回で奥義ゲージが51%も増加する。
    使い方は無銘金重の場合とほぼ同じだが、アビリティ使用間隔の短縮によって無明斬と羅喉阿修羅陣の回転率が上がることで嵌った時の爆発力は随一。
    羅喉阿修羅陣の代わりにアニラなど奥義ゲージ上昇率UPのアビリティをもつキャラを入れて他心陣を組み込むのもアリ。
    攻防DOWN系のデバッファーの仲間がいるとより良い。なお、奥義ゲージ最大値200%のキャラにこだわらなくてもよい。
  • 武器「ラストストームブレイド、真・普天幻魔など」2枠目【大鷲返し】3枠目【霧散霧消】
    剣禅一如の維持に特化するための組み合わせ。奥義効果による幻影、アビリティによる回避カウンターと分身効果でひたすら回避を狙う。
    継続的な剣禅一如の強化効果によって、デュアルインパルスIIIに頼らず通常攻撃を繰り出す分には十分。
    奥義ゲージ加速させる武器がなかったりするなら比較的剣豪と相性のいいこれ。
    他には敵対心UPやかばう持ちのPT面子がいるならなお良い。風属性ならカルメリーナ、闇属性ならシロウあたりも入れておこう。
    ただし爆発力には欠ける。特殊行動や全体攻撃にも要注意。武器次第では他のジョブを選んだ方がいいような気もしてくる。
  • 武器「二王弓」2枠目【デュアルインパルスIII】3枠目【大鷲返し】
    奥義効果の通常攻撃全体化を生かすとなると対多数を想定しなければいけない。つまり被弾の可能性が高い。
    1.無明斬とデュアルインパルスの全体最大火力
    2.剣禅一如と大鷲返しの継続攻撃&カウンター
    この二つの組み合わせを念頭において使うと良い。
    2の組み合わせの時には他のカウンター持ちのキャラをPTに入れて使うなど被弾せずに維持することも考える。
    あくまで機能するのは奥義後というのを忘れないように。
  • 総評
    ある程度の融通は利くが、基本的には純粋なアタッカー。
    サポートアビリティの雲耀効果も大鷲返しを除く剣豪専用のリミットアビリティもほぼほぼジョブ専用武器の装備が前提としか思えない設計になっており、他のClassEXII以上にジョブ専用武器の属性を考える必要がある。
    無銘金重などジョブに合った武器を用意するつもりがないのであれば、ジョブマスターボーナスも刀メイン装備時にのみ効果を得られるだけで恩恵が薄いので、取得を急ぐ必要はないだろう。
    一方で無銘金重や八命切のように剣豪を活用できる武器とPT構成が用意できるのであれば、その苦労に見合った相当な強さを得ることができるであろう。
    カツオ剣豪のような一芸目的で取得するのもアリ。

ザ・グローリー

  • 「ザ・グローリー」取得に必要な称号について
    メインクエスト63章クリアでアマルティアの秩序の騎空団第四庁舎に発生するフリークエスト「グロウ・グローリー」をクリアすることで手に入ります。
    クエストを挑戦するには剣聖のジョブLvを20まで上げ、英雄武器「アシュケロン」を属性変更まで強化する必要があります。
画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
230301_sw_0_01.png230301_sw_1_01.png剣/刀特殊Lv1 攻撃力+1000
Lv5 HP+1000
Lv10 攻撃力+1000
Lv15 防御力+10%
Lv20 攻撃力+1000
メイン武器が剣の時、メイン武器の攻撃力UP+3%3000JP
剣聖の証x20
称号:栄光帯びし剣の遣い手
sd_230301_sw_0_01.pngsd_230301_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
グロリアス・アーツメイン武器の秘められた力を呼び醒ます8ターン
リミットアビリティエスパーダ敵に装備している剣・刀の数に応じて大ダメージ6ターン
ドゥプレクス自分に自属性追撃効果/自属性攻撃UP
通常攻撃時の剣気消費効果の命中確率UP
8ターン3ターン
コルミロス自分の攻撃性能UP
効果中被ダメージ時に剣気消費効果が発動しない
◆再使用で効果解除
7ターン
サポートアビリティソードマスター剣または刀に秘められた力を引き出す
◆メイン武器に応じてアビリティの効果や通常攻撃の効果が変化
栄光の象徴剣気が付与されている時、攻撃性能UP/ガード効果/敵対心UP
ジョブ説明あまねく刀剣を使いこなし、味方に勝利の栄光をもたらす。特殊タイプのジョブ。

ザ・グローリーの評価・運用

 装備する刀剣に応じてアビリティ効果が変化し、
 「剣気」を消費することでそれらを使用したり攻撃を行う剣聖の特徴はそのままにカスタム性が向上したジョブ。

  • ◆仕様
    メイン武器に応じて、
    「1アビ」、「攻撃時の追加効果」、「被弾時の追加効果」が変化する。
    剣聖から引き続きベースアビリティとして「剣神共鳴」がセット可能であり、こちらも同じく変化する。
  • ◆剣気仕様
    1アビ「グロリアス・アーツ」が剣神解放に該当し、発動することで剣気運用がスタートする。
    発動間隔が短くなったため、以前の剣気補充3アビ「集気」を必ずしもセットする必要は無い。
    コルミロスを発動することで、被弾時効果をOFFにし剣気節約という運用も可能。
  • ◆「リディル」について
    様々な刀剣をメインに装備して欲しいためか、他ジョブに比べるとジョブ専用武器は「無難に強力」止まり
    より強力なミュルグレス等を持っていると使わない可能性があるので属性はしっかり吟味しよう。
    逆に「ジョブ専用武器がない属性で使えない」ということは無く、他EXIIに比べ多くの属性で扱いやすいとも言える。
  • ◆運用
    大きく分けて2パターンの運用になる。
    • 「コルミロス採用型」
      被弾時効果を「全く使わない」もしくは「必要な時に使う」タイプの運用方法。
      剣気の消費が激しい武器などはこちらが便利。
      「集気」が無くても十分な剣気を維持できるため、残り2枠のアビをかなり自由にカスタムできる。
      例えば真・普天幻魔は、幻影のON/OFFを切り替えできるので、HPで通常/全体攻撃が切り替わる敵に対応しやすくなった。
      またオメガブレイドのような、被弾効果がデメリットにもなるタイプの武器も運用しやすくなる。
  • 「コルミロス不採用型」
    被弾時効果が強力なタイプで使いたい運用。
    武器によっては「集気」が必要か。
  • ◆累積バッファー運用
    「グロリアス・アーツ」の間隔が短いことで可能になった運用。
    イクサバ等の「味方全体10ターン累積系バフ」を維持しやすくなった。
    七星剣等の「参戦者全体5ターン累積系バフ」も早回しすれば他人のバフを維持しやすい。
    周囲のDPSによるがマルチで単独で役割を持ったり、複数人で累積を積んだりと応用性も中々。
  • ◆敵対心運用
    刀剣に関係なく可能な変則運用。
    ほぼ常時敵対心UPが出来るためハレゼナ (SSR)ククル (SR)等を被弾から守るために活用できる。
    剣聖と異なり、防御DOWNがガード効果となったため安定性が増した。
    剣聖の新たなLBアビリティ「斬釘截鉄」を採用することで、更に敵対心を上げ、カウンターを行う事もできる。
    特に火のオメガ剣パーティはアオイドス (SSR)ベアトリクス (SSR)水着バージョンなど敵対心UP系で固めることでダメージを分散できて優秀。
  • ◆ソロオート運用
    剣聖の頃からの変則運用の一種。比較的簡単に撃滅戦EXのオート周回が出来る。
    更にコルミロスによって防御効果をOFFも出来るようになった。
    剣気による強化は、非常に長持ちするため、オート周回のバフ・デバフ役として重宝する。
    例えば「木刀」で勝手に麻痺を入れたり、「麒麟剣」でダメージを軽減しつつ奥義効果で防御を下げる、など様々。
  • ◆強み・弱み
    剣聖よりだいぶ扱いやすくなっている。
    性能は刀剣次第とは言え、取得できる段階なら強力なものも揃っているはず。
    主人公につく追撃効果で単体火力も高くアタッカーとしての運用も実用レベル。
    ただ、カスタム性が上がったとはいえ、このジョブにしか出来ないことを求めると、
    「コルミロス」「剣神共鳴」等でアビリティが割と固定されがち。
  • 総評
    役割を持てるかどうかは相変わらず刀剣次第だが、剣聖より扱いやすさが増したといえる。
    ジョブ専用武器「リディル」がメイン武器として強力なので、アシュケロンをどの属性にするかは手持ちの武器と照らし合わせて吟味しよう。

    「既存Class.IVに割って入って使えるか?」問題は、火力役やバッファー方向で運用するなら取得したい。
    ミュルグレス等の強力な刀剣があればアタッカーとして十分な火力が出せる。
    七星剣等で累積バッファーとして立ち回っても良い。
    逆に、ディスペアー剣聖等は剣聖で十分となってしまう。

アビリティ解説

  • 【グロリアス・アーツ】
    剣気運用を始める中心となるアビリティ。固有の効果に加え、同時に剣気がMAXまで回復する。
    なお、剣気上限は剣聖同様LBで増やすことが出来る。
  • 【エスパーダ】
    装備している剣・刀の数に応じて敵単体にダメージ
    剣1本につきダメージ倍率が1.5倍程度ずつ伸び、最大で約15倍の自属性ダメージ。減衰値はおよそ116万程度。
    アビリティダメージ上限UPのオメガ武器を運用している場合は、ダメージアビリティとして非常に優秀。
    剣で揃えやすい光や土属性PTで島HARDを周回するのにも使える。
  • 【ドゥプレクス】
    自属性追撃効果/自属性攻撃UP/通常攻撃時の剣気消費効果の成功率10%UP
    追撃効果は30%。刀剣の種類によって付与される通常攻撃時の剣気消費効果による追撃効果とも共存する。
    使用間隔が少々長めなのがネック。
  • 【コルミロス】
    自分の攻撃性能UP/被ダメージ時に剣気消費効果が発動しない
    攻撃性能UPは、攻撃力20%UP/DA率20%UP/クリティカル確率UP(発動率50%/倍率+30%)。効果はどれも永続かつ消去不可。
    アビリティの再使用で解除され、再使用は1ターン後から可能。解除後は7ターンのリキャストが発生する。

アビリティ構成

  • 「コルミロス採用型」
    刀剣次第だが、コルミロス+剣神共鳴を基本に編成していく。
    共鳴効果が重要ではない武器ならば、剣神共鳴をエスパーダやドゥプレクスに変更しよう。
    残る1枠はミゼラブルミストやアーマーブレイクなどの汎用アビを。
  • 「コルミロス不採用型」
    剣気の消費が激しくなるので、集気の優先度は高い。
    また剣神共鳴が「即座に奥義発動」の武器は、奥義ゲージを要求する集気との相性が良いので剣神共鳴も採用したい。
  • 「敵対心運用」
    サポアビとLBアビリティ斬釘截鉄で攻撃を集めてPTを守りつつ、能動的に防御効果を発動させる。
    単に攻撃を集めるだけが目的なら剣気のコントロールはあまり重要ではないため、残り2枠は比較的自由に選択できるのも強み。
  • 「ミュルグレス運用」
    通常攻撃に高倍率の追撃があり、剣神共鳴が反骨。コルミロスデュアルインパルスを併用した追撃つき反骨トリプルアタックは超強力。
    防御効果が発動しすぎると剣気が尽きやすいので、常時コルミロス展開が無難。
  • 「リディル運用」
    PT全体がトリプルアタックを放てる剣神共鳴が強力。追撃や反骨、追い討ちやシヴァ召喚などと併用したい。
    剣気上限が+2され、奥義の使用で剣気が5回復するため、集気やコルミロスを使わずとも剣気が切れる心配がほぼない。
    通常攻撃に強力な追撃があり、ランダムで累積攻撃ダウンor累積防御ダウンor累積弱体耐性ダウンを与えるが、後者の付与率は低くあてにはできない。
    1ターンに1回まで、敵の通常攻撃に確実に回避カウンターを行う剣気消費効果がとても便利。
    しかもこの回避カウンターは全体化した通常攻撃でも発動する(2018/5/15以降、アビリティによる回避カウンターでは発動しなくなった)。
    ドゥプレクスでさらに追撃を上乗せ、コルミロスで攻撃性能アップ(ただし回避カウンターと引き換え)など選択肢は多い。
    他のメンバーにデバフを任せ、コルミロス+ドゥプレクスでとことん自己強化するのもあり。

オススメ刀剣&剣神解放効果

オススメ刀剣はこちらを参照→攻略まとめ/剣聖の具体的運用
全ての効果剣神解放 効果一覧

黒猫道士

  • 「黒猫道士」取得に必要な称号について
    メインクエスト63章クリアで旧王都メフォラシュのメフォラシュ市街(71章)に発生するフリークエスト「老猫の妙技」をクリアすることで手に入ります。
    クエストを挑戦するには、賢者のジョブLvを20まで上げ、英雄武器「カピラヴァストゥ」を属性変更まで強化する必要があります。
画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
250301_wa_0_01.png250301_wa_1_01.png杖/杖特殊Lv1 HP+1000
Lv5 ダブルアタック確率+5%
Lv10 HP+1000
Lv15 トリプルアタック確率+5%
Lv20 HP+1000
メイン武器が杖の時、メイン武器の攻撃力UP+3%3000JP
賢者の証x20
称号:月夜に溶ける黒き術者
sd_250301_wa_0_01.pngsd_250301_wa_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ブラックチャーム味方全体のステータス大幅UP
再使用で解除
◆MPを毎ターン3消費
再使用またはMP0で解除時に自分が3ターン弱体化
2ターン
リミットアビリティテネブラエ敵全体の攻撃性能DOWN/弱体耐性DOWN
◆ブラックチャームか天眼陣中のみ使用可
同効果を解除し再使用間隔3ターン延長
7ターン180秒
ムーンライト自分の奥義ゲージをMPに変換4ターン
スペシャルボム自分の連続攻撃確率UP/クリティカル確率UP
◆MP3消費
8ターン3ターン
サポートアビリティ黒猫ローブブラックチャーム状態でない時、通常攻撃を全体化
MPに応じて自属性追撃効果
自由の極意奥義使用時にMPを全消費して奥義性能UP
◆MPを毎ターン1ずつ回復(最大15)
ジョブ説明闇夜に潜み、魔力を増幅させて放たれる術は敵陣を大いなる混沌へと陥れる。特殊タイプのジョブ。

黒猫道士の評価・運用

 独自リソース「MP」を管理・運用する賢者の上位ジョブ。MPの最大容量が15まで上がった。

  • ◆仕様
    賢者の「天眼陣」に該当する強力なバフ「ブラックチャーム」を持つ。天眼陣よりDA(50%以上)が強化されてTA率UPも付属している。
    一方でMP切れ等による通常解除時のデメリットは長くなっている。
    基本的な仕様は賢者と同じだがMPが15まで上がったため、バフの維持が長くなり管理にも余裕ができた。
    最大MPが上がったので奥義の威力も上がり、奥義を撃った後でもテネブラエ使用で弱体化を回避しながら
    ブラックチャームを解除できるので危険な場面がほとんど無くなりバッファーに加え奥義アタッカーとしての側面が強くなった。
    英雄武器「ルナティックブルーム」を持てばMP回復する機会(特に奥義使用後)も多くなるのでMPにさらなる余裕ができアビリティ変更の視野も広がる。
    なお、ブラックチャームのMP3消費は攻撃開始時であるため、攻撃を押した時点でMPが3以下だとターン終了時に弱体化してしまう。
    逆にターン開始時以外でMP0になるのは問題ない。(但しターン開始前にMPを補充するかテネブラエでの解除が必要)
    弱体化中は攻撃性能が落ちる他、防御50%DOWNが3ターンも続くので、敵の特殊行動を調整できない場面では極力避けたい。

    毎ターン開始時にバフが張りなおされるため、シュヴァリエHLなどのバフ消去対策になる。
  • ◆運用
    • 「ブラックチャーム使用(メイン:ルナティックブルーム)」
      ルナティックブルームのおかげで奥義を撃てる賢者感覚で扱うことができ、奥義の威力も非常に高い。
      サポアビに加え第一スキルでもMPが1回復するので、毎ターンの実質MP消費は1になり、チャームを維持して戦うのは非常に楽。
      奥義効果にMP3回復があるので、奥義後のMPは5になり、チャーム解除に2Tの猶予がある。
      通常攻撃や奥義ゲージ増加をした後にムーンライトでMPを補給すれば、次の奥義に間に合うだけのMPは十分に得られる。
      エンブレムは編成予定のキャラにバフ持ちが多いなら天聖、少ないのであれば英勇が良い。
      どちらを選んでもチャーム維持は十分に可能で、テネブラエの出番は少ない。
      何にせよ編成の自由度は高い。
  • 「ブラックチャーム使用(メイン:ルナティックブルーム以外」
    前者程には自由に動けないものの、安全に奥義を使うチャンスはある。
    奥義を撃つとMPが1になってしまうため、次の様な工夫が必要。
    ・「テネブラエ」を採用して弱体化を回避しつつ解除する
    ・「宿命陣」を使って奥義を撃たない
    ・「他心陣」等で奥義ゲージを足す→「ムーンライト」でMP補充
    何にせよ、どこかでインターバルが必要になってくる。
  • 「ブラックチャーム不使用」
    全体攻撃で雑魚を掃討する、賢者から変わらない使い方が可能。
    更に貯まったMPで奥義時に火力が出るため上位互換として運用できるだろう。
    MPに応じて追撃が付いたため、疑似的なウォーロックのチョーク+チェイサーのようにも使える。
    こちらは、全体化するのはあくまで主人公だけだが、アビリティのカスタム性という利点がある。
    賢者に比べてもカスタム性が高いのは便利だろう。
  • ◆JJ道士運用
    JJ賢者同様、J・J (SR)を生かした運用。ほぼ光限定。
    J・J (SR)の累積バフ+ブラックチャームで弱体耐性が100%となる。
    マウントを持っていない場合や、デバフがやたら多い敵相手に重宝する。
  • ◆オメガ杖について
    ブラックチャーム+オメガ杖により比較的容易にDA以上確定が出来る。
    連撃率の稼ぎにくい属性で役立つ。
  • ◆注意点
    HPが十分な場合、AT時に初手でムーンライト→他心陣で強力な奥義を放つことが出来るが、
    ルナティックブルームの3ターン猶予中に再度ムーンライト(4ターン)が撃てず弱体化する。
    割とやらかす。
    この他、ザ・グローリーなどと違いMPの初期値は0なので、初ターンにブラックチャームを撃つと大抵酷い目にあう。(他心陣があれば別)
    賢者をあまり使ったことない場合は注意が必要。
  • 総評
    奥義威力が高まった点が高評価。
    更に英雄武器「ルナティックブルーム」が相性抜群であり、バッファー兼アタッカーとして有用。
    一番の魅力は受けるダメージをほぼ半減する硬さであり、安定感がある戦いが出来る。
    「既存Class.IVに割って入って使えるか?」という問題だが、全体貢献アビは少ないため原則火力役となる。
    ブラックチャームの連撃率は良く、防御力がかなり高い。
    特に渾身属性では防御力=火力になるため、取得する価値は十分ある。

    賢者の頃からそうだが、バフは基本的にDA率の上昇が大きく一般的マグナとの相性は良い。
    一方DA・TA率が元々非常に高い編成との相性は良くない。極まったゼウス系編成及び、完成度の高い火・闇マグナでの運用はやや微妙か。
    ブラックチャームを制御するアビリティに縛られがちであり、これをどこまで妥協するか。
    ルナティックブルームを持ってMPに余裕を持たせるにしても、必要な属性分作るとなれば相応の時間とコストがかかる。
    それ故に属性変更が悩みの種にもなる。

アビリティ解説

  • 【ブラックチャーム】
    攻撃中のみ攻撃30%(攻刃枠)/防御80%/DA率60%/TA率10%/弱体耐性50%UP
    賢者の「天眼陣」にTA率UPが付いた上位互換、細かい注意点は同じなので賢者の項目も参照。
  • 【テネブラエ】
    敵にデバフを付与しつつ、ブラックチャーム(または天眼陣)再使用で解除した時の弱体化を発生させずに
    ブラックチャーム状態を解除できる。その代わりにブラックチャームのアビリティ使用間隔が3ターン延長する。
    デバフ効果は全体の攻撃(両面)、弱体耐性、DA、TA率をそれぞれ20%低下。
    奥義を撃った直後他、MPが3以下の場面で使用し、長いリキャスト時間中にMPを回復、という運用が基本。
    ブラックチャームを使わない運用でも、瞬間的に使って解除するのも手。しかし攻撃を下げるだけで防御は下げないので
    ミゼラブルミストのような感覚では使えない。
  • 【ムーンライト】
    「宿命陣」と異なりMP必要分しか奥義ゲージを消費せず(「宿命陣」は強制0)、最大で15回復。
    ルナティックブルーム装備時は便利。
    ルナティックブルーム無しではむしろ奥義を撃ちたくない場合もあるので、構成によっては「宿命陣」の方が最適になる。
    但し宿命陣は黒猫道士で使っても最大10しか回復しないので注意。
  • 【スペシャルボム】
    MPを3消費しDA、TA、クリティカル率UP。大幅に強化が入る。使用間隔8ターン。持続は3ターン。
    高い連撃率に30%の確定クリティカルと強力だが、いかんせんMP3の消費と長い使用間隔がネック。
    しかもムーンライトがほぼ必須枠なので奥義発動後に弱体化したくないならテネブラエとの選択を迫られる。
  • サポートアビリティ
    • 【黒猫ローブ】
      「神足陣」同様にブラックチャームがかかっていなければ全体攻撃。かかっていれば単体化。
      これに加えて、MPに比例した自属性の追撃が発生する。最大MP15で75%の追撃ダメージ。
    • 【自由の極意】
      奥義発動時に残MPを全て使って奥義性能UP。ダメージ上限も上がる。毎ターン終了後にMP1回復。
      「開明」と違い、MP0でブラックチャーム解除、弱体化してもMPは回復する。

アビリティ構成

  • 賢者型
    従来通りの賢者での戦法。ブラックチャームを発動しつつ仲間3人で奥義+チェインバースト。時々主人公も奥義発動に混ざる。
    アビリティはムーンライト、テネブラエ、他心陣辺りがセオリー。テネブラエと他心陣はどちらか一つあれば十分。
    賢者と違い奥義を撃っても弱体化を避ける余裕があるがタイミングの制限が絞られがち。
    他心陣はムーンライトとの使用間隔がそれぞれ8、4と相性も良く、チャームを解除しないなら推奨。
    残り1枠にはミゼラブルミストでも入れると良い。仲間キャラでミスト相当のデバフが間に合っているなら他のバフ、デバフを。
  • 疑似侍型
    サポートアビリティの追撃部分と奥義性能UPを集中して使うタイプ。少ないながらジョブLVボーナスでDATA5%も付いている。
    MP15の追撃を維持しつつDATAで畳み掛けて奥義を撃つ侍のような戦法。
    使うアビリティはムーンライトを始め、スペシャルボムのような連続攻撃確率UP系が必要になる。
    ムーンライト以外のアビリティ選択は、仲間キャラの性能やアビリティと相談してお互いにカバーし合おう。
    開幕から数ターンで終わらせるなら他心陣も有効。長期戦はDATAを頻繁に出さなくてはならない都合上無くてもあまり気にならない。
    DATAが出にくいなら二手、三手と武器スキルでの底上げも必要になってくるのが難点。
    ブラックチャームは使わない、または局地的な使用に止める程度。中途半端に使うと追撃効果の強みが無くなるので注意。
  • 「ブラックチャーム使用(メイン:ルナティックブルーム)」
  • 「ブラックチャーム使用(メイン:ルナティックブルーム以外)」
    テネブラエ+アビ

その他

  • 概念的に上位とは言えなさそうなジョブもある。
    例:忍者の上が魔法戦士etc…
    これはCygamesがかつてモバゲーで提供していたゲーム「ナイツオブグローリー」がジョブの元ネタとなっているためである。 →参考
  • 全体的に、Class.IVに比べ取得をそれほど急がなくてよいケースが多い。
    マルチではサポーターやデバッファーとして活躍しにくく、火力が出せないなら他ジョブの方が便利という状況に陥りやすい。
    加えて、マスターボーナスも武器が指定されている上に誤差レベルの上昇量。
  • 例えば剣豪は侍時代のアビリティがEXアビリティとして登録されているがために、Class.IVジョブと同様セット可能なベースアビリティが存在しない。
    そのようなジョブは、Lvを20まで上げないとEXアビリティ2種類と下位のリミットアビリティしかセットできない為、運用するなら早急にジョブをマスターしよう。
  • ↓ページ雛形
+ テンプレ

コメントフォーム


ミラーサーバーでは書き込みはできません。書き込みをするには、このリンクを押してマスターサーバーに移動してください。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 八命切・轟天を剣豪で使うと強いな、アビ短縮と奥義ゲージ上昇30%が嵌る。
    オクトー最終したらなくなるのが悔やまれる。 -- {IUjLE7vgQVg} 2018-05-30 (水) 11:35:14
  • ムーンライト罠過ぎる、回復過剰で仲間の奥義打ちにくくなるだけとか、 -- {BSRY9qZiQ.6} 2018-05-30 (水) 11:46:44
    • 回復過剰ってどういうこった?黒猫の最大MPは15でかつMAXまでの回復に必要量しか奥義ゲージ減らさないからむしろ奥義使いやすくなってるはずだけど -- {7uKPcPKNI/.} 2018-05-30 (水) 13:40:34
  • ブルームじゃないから主人公は奥義なんて打ちたくないんだよというか打ったら積む・・・奥義ゲージあまり出して仲間の奥義打てないターンが1ターンで済んでたものが2ターン3ターンと伸びていく -- {BSRY9qZiQ.6} 2018-05-30 (水) 20:02:58
    • じゃあ宿命陣にしろよ -- {SGVg7Vn480Y} 2018-05-30 (水) 20:09:44
      • したに決まってんだろ -- {BSRY9qZiQ.6} 2018-05-30 (水) 20:26:02
      • 他心陣つめばええやん -- {P23YGWsmRTs} 2018-05-30 (水) 21:27:37
      • 瞑想で全て解決だな解散 -- {INfUXbB6P6o} 2018-06-01 (金) 22:28:59
      • 閉廷! -- {VC79wkd8Bhg} 2018-06-02 (土) 12:08:02
  • ムーンライトやめるだけで済むのに、なぜアビ枠1つつぶす発想になるのか謎 -- {BSRY9qZiQ.6} 2018-06-02 (土) 01:25:55
    • 横レスだがチャーム無し運用だと思ったんじゃね? 黒猫でチャーム使うなら基本ブルームだからな・・・ -- {ax.FGVnS9Is} 2018-06-02 (土) 04:04:20
    • 前提条件の後出しでイキってもしょうがないでしょう -- {hAWmTpDUtGM} 2018-06-02 (土) 12:19:43
  • グランデ相手に剣豪二王弓+闘気+無名斬+他心で開幕全体3回攻撃できるの楽しい 楽しいんだけど多分チョークチェイサーの方が早いのと剣豪なのに弓…?って時々我に帰る -- {A2zIyjqNezo} 2018-06-06 (水) 11:32:21
  • ミニゴブ速報より有難い言葉「黒猫はメインにブルーム、サブにオメガ杖&杖パで輝く」 -- {NFHOGKVpvdg} 2018-06-06 (水) 12:28:23
    • 黒猫はソロ耐久用だけどねw HP少な目な風マグナとか渾パのゼウス(土マグナ)だと中々良い感じ -- {ax.FGVnS9Is} 2018-06-08 (金) 15:19:25
    • 極まった黒猫ゼウスパは別だけどね -- {q4DGJ7xdYaU} 2018-06-12 (火) 01:36:26
  • ガンスリ2はよはよ -- {7rEoKlN1qwo} 2018-06-07 (木) 05:24:08
    • ガンスリ2は特殊弾1発撃つたびに200万ルピ吹っ飛ぶ仕様ですw -- {ax.FGVnS9Is} 2018-06-09 (土) 04:59:36
    • 試したり比較することすらままならないバレットの仕様はテコ入れ欲しいところ。 -- {INfUXbB6P6o} 2018-06-14 (木) 09:25:11
    • ガンスリ好きだから「早く2を」とは思いつつ・・・また、弾作るのがなぁ。いい加減、弾取り外し可能にしてくれんかゃぁ。 -- {mAymtYNcT36} 2018-06-17 (日) 23:41:43
  • 剣豪に鶴丸国永持たせてアルタイル+最終カトルはスロウしまくりで強いと思う -- {xqGMglRa7Js} 2018-06-11 (月) 22:31:15
  • 剣豪ジータは朧村正思い出すデザインだ -- {fKNZ5aQI8tI} 2018-06-14 (木) 22:35:55
  • 剣豪の説明、全然埋まってないね。
    自分で書けば?って言われそうだけど、やっぱ使用感聞いてから色決めして取りたいという -- {g5jy3bBkom.} 2018-06-14 (木) 23:09:00
    • とりあえず大鷲返しとかばうはセットで運用したい。(元チャフリリースでかばうマン) -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-16 (土) 10:06:42
  • 黒猫導師の英訳ネコマンサーなんか。ネクロマンサー系のキャラは結構いるけど、ジョブとしてはちょっと躊躇して折衷した結果なんかな… -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-16 (土) 18:37:52
  • ナイツオブグローリーが元ネタってことは、アサシン上位はソウルバインダーあたりだろう、とか予想出来るけど、
    元ネタに銃ジョブはねえからガンスリ2はどうなるやら -- {BpWK7idvQ2o} 2018-06-16 (土) 19:09:46
    • シャープシューターとか狙撃系のか、特殊作戦群系とかになるんだろうか。SEALsあたりは名前の由来的に使えそうだけど。 -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-17 (日) 19:28:27
      • ガンスリンガーって映画のタイトル由来なのか…なら次はコマンドーとかになるんかな。 -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-17 (日) 19:46:12
      • 一応元ネタの方に、スナイパーはあるんだな。弓だけど。
        アプサラスみたいにジョブじゃないジョブもあるし意外なの来るかもしれん -- {gNfyvv11wv6} 2018-06-17 (日) 22:37:56
    • 銃のスリングベルトとかで普通に聞くけど「スリング」ってそもそもどういう意味ぞ?と調べてみたけど、吊り紐や吊り具。って元の意味から派生して、「肌身離さず携行する」くらいの意味になってるのかな。スリンガーって。 -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-18 (月) 10:19:14
  • 侍の上位なら将軍じゃないのかって話もあるけれど。剣豪だと単純に強くなって一匹狼の流浪人になった感あるけど、将軍だとなんか職域が変わっちゃってる違和感はあるかなって…レンジャーやガンスリがアドミラルあたりになっちゃうような違和感が。
    いやでも一騎空団を束ねる団長としては寧ろそっちで正しいのか…? -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-18 (月) 09:46:30
  • ジョブの上下おかしい、って多分だけどCygamesの思い出補正じゃね? -- {jRojEosJAJs} 2018-06-19 (火) 18:41:12
  • 大鷲返し。コロマグの次元断凌げないのはどうなんだ…バグなのか、無属性攻撃は対象外なのか… -- {u8EJKhCWo1M} 2018-06-20 (水) 13:57:37
    • 剣豪取るまでやっててバフ効果も属性も知らないのはどうなんだ…カウンター(回避)は通常攻撃と通常判定ついた特殊を回数分しか避けれない -- {St8XZ13m1oY} 2018-06-28 (木) 14:23:52
      • 特殊単体攻撃はダメなのね…いろいろ勘違いしてたわ。ありがとうorz -- {u8EJKhCWo1M} 2018-07-18 (水) 14:09:09
  • 剣豪は大鷲無明デュアルで固定になるなぁ。というか烈刀がコストの割に役に立たないって感じるんだけどどうなのか -- {YPuWXupoPiU} 2018-06-28 (木) 16:02:17
    • 地味に3ターン効果時間あるので、3ターン内に60%取り返して二連奥義撃つ目途さえ立てば…という浪漫は感じる。初速は諦めるしかなさそうだけど… -- {u8EJKhCWo1M} 2018-07-18 (水) 14:48:40
  • リディル作んないとグローリー取れないと勘違いしてたわ -- {zDfDZ64HYyI} 2018-07-13 (金) 14:55:22
  • 武器色替えできるようにならないかな
    ホウキを水で作ったんだけどミュルグレス引いたせいでグローリーが分かり易く強くなった -- {ITDyskkUdg2} 2018-07-14 (土) 22:38:45
  • 次は忍者か・・・なんで魔法剣士になるのかよくわからんが、忍術システムはそのままなのかな・・・それはともかく、ガンスリのはまだかいな。 -- {oATb4/Zbdok} 2018-07-16 (月) 02:08:44
    • 常に忍者常用で村正も色変え手前で素材ありの状態で待ってた身としては職業としても忍者の上位のものか和物でやってほしかったなぁ…。侍から剣豪の容姿変更は良かっただけに尚更感じてしまう。まぁ忍者スキン被せるしかないか。 -- {AYGFzO9PQTk} 2018-07-18 (水) 12:25:16
  • 魔法戦士明らかに見た目、剣か短剣なんだがあれ刀なんだろうか。グラブルの魔法は杖か格闘だろうから格闘側はあるんだろうが…… -- {ITDyskkUdg2} 2018-07-16 (月) 08:50:38
    • ギターを斧と呼びフライパンを剣と見るグラブルだぞ?何かそれっぽかったらいいんだよ! -- {5lqZDxq7gXw} 2018-07-16 (月) 08:59:23
    • 武王の鉄剣とか明らかに直剣なのに刀扱いのもあるし、なんというか、ちゃんと斬らないとポッキリ逝っちゃう扱いの難しそうな剣=刀。ちゃんと斬ろうとすればそれなりの練度いるけど素人も素人なりに鈍器としてもそれなりに使える剣=剣。完全に鈍器ですがなにか?=斧 くらいの分類になってる感。ギターが楽器じゃないというか、楽器が完全に琴縛りなのも謎だけど… -- {u8EJKhCWo1M} 2018-07-19 (木) 17:23:01 New
    • 正直見た目や名前の響きで考えると賢者の上位職よね。杖と剣得意でよかったんじゃ… -- {5JWcrhRl6hw} 2018-07-20 (金) 22:27:26 New!
  • 当wikiはユーザー皆様が更新できるサイトです。
    特にジョブは意外な使い方があったり、当然ミスや未更新もあります。見つけましたら追記・修正を御願い致します。

TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-20 (金) 23:49:52