このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョブ概要 | おすすめジョブ | ジョブ一覧

各種ジョブ詳細Class.I / Class.II / Class.III / Class.IV / EXTRA.I / EXTRA.II

このページでは、クラス3(Class.III)ジョブのデータを一覧表示しております。
ジョブ評価欄は、執筆したユーザー様の主観が含まれますので、
あくまでジョブを決める上での「参考」としてください。



凡例

赤色攻撃
緑色回復
青色敵にステータス効果を付与
黄色味方にステータス効果を付与
EXEXアビリティ

Class.III

Rank100以下での最上位ジョブ。
オススメ筆頭の「ダークフェンサー」「ホーリーセイバー」を中心に強力なジョブが複数ある。
最上位とは言え下位ジョブとアビリティ構成が異なるので、状況によって下位ジョブの方が使える場合もある。
上手く使い分けよう。

また、Class.II以下に比べ成長が遅くなっており、序盤に複数育てるのは中々に骨が折れる。
中でも下3つは他の倍以上の経験値を要求するので、やや後回しにしたい。(サイドワインダー、スーパースター、ヴァルキュリアが該当)
筆頭の物を抑えた後、マスターボーナスを狙いでClass.II以下をコンプに走るか、アビリティ狙いで任意のClass.IIIを取りに行くかは悩ましい。

なお、上位であるClass.IVは、ほぼ完全上位互換に近く将来的に使わなくなる。
が、極稀にそうでもないケースがあり、こちらが最適解のことも。
Class.IVで習得できるリミットボーナスアビリティも問題なくセット可能。

ウェポンマスター

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
100201_sw_0_01.png100201_sw_1_01.png剣、斧攻撃Lv1 攻撃力+900
Lv5 攻撃力+900
Lv10 攻撃力+900
Lv15 攻撃力+900
Lv20 攻撃力+900
攻撃力+3%300JP
ウォーリアLv20
クンフーLv20
sd_100201_sw_0_01.pngsd_100201_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ウェポンバーストII自分が即座に奥義発動可能/攻撃UP5ターン1ターン
ランページ EX自分の連続攻撃UP6ターン3ターン
レイジIII EX参戦者の攻撃UP(大)5ターン3ターン
リミットアビリティブレイブソウル自分のHPが多いほど攻撃が大きくUP7ターン3ターン
パワーレイズクリティカル確率UP7ターン3ターン
サポートアビリティアサルトステップダブルアタック確率UP
タフネス最大HPUP
ジョブ説明攻め入ることに徹底して特化し、怒涛の斬撃で敵を圧倒する。攻撃タイプのジョブ。

ウェポンマスターの評価・運用

レベルアップボーナスによる攻撃力プラスが高く、全体強化にも秀でており、攻撃力は全ジョブ中でも最高峰。
素の連続攻撃確率の高さ、ウェポンバースト(通称:ポンバ)により、強力な奥義効果を連発できるのも魅力。
奥義効果の強い武器があるほど強力となるジョブと言えるだろう。

  • ◆長所
    とにかく火力と爆発力が魅力。その火力の高さは編成画面の予測ダメージから既に確認できる。
    格下を屠るのに、かなりの速度を出せるタイプ。
    レイジIIIの強力な全体強化効果に加えウェポンバーストIIの攻撃アップ付与で火力の押し上げができる。
    ファイター系列全般に共通する事だが、パーティの条件次第で3ターンないし初ターンに4チェインを放つことが可能であり、初動に爆発的な動きを発揮する。
    またサポアビにより素の連続攻撃確率も非常に高く、ウェポンバーストによる奥義ゲージの提供も合わせて、チェインを連打しやすい。
    チェインを撃てないまでも、即奥義による奥義効果の利用も可能になる。
    PTやEXアビリティもそれを活かせる、補助できるように調整しよう。
    リミットアビリティのブレイブソウルは主人公のみだがHPが多いほど大きく攻撃力を上げる強力なバフ。
    ストレングスと表示されるものの、他キャラや武器によるストレングスとは異なり独立乗算では無く、通常攻刃加算のバフ。
    ウエポンバーストII、レイジIIIと合わせれば大火力を期待できるだろう。デバフを積む必要性が薄いマルチバトルで選択肢に入る。
  • ◆短所
    敵を弱めたりできないので、格上が相手のソロはキツい。
    アビリティによる高倍率ダメージは無く、アビダメが減衰に達さない段階だと他ジョブの方が強く感じる。
  • ◆ウェポンバーストとメイン武器
    ウェポンバーストは奥義の発動回数を増やす上に、タイミングの調整もしやすい利点を持つ。
    この時点で入手しやすく扱いやすい武器に「七星剣」がある。任意のタイミングで3割カットが可能になり攻防一体となる。
    さらにファランクスと別枠加算なため、カーバンクル等を持っていなくても即死技を切り抜けられる。
    プロトバハムートならば25%に合わせてウェポンバーストを使えるようにしておけばいい。
    入手はかなり大変だが、六道武器真・灼滅天の刃鎌は奥義効果に連続攻撃確率UPを持ち、更に奥義を加速できる。
  • ◆下位ジョブとの使い分け
    ちなみにデバフが必要となるソロバトルでは、敢えてこのジョブの一段階前のウォーリアを採用する場合があることも覚えておきたい。
    ウォーリアならば標準でアーマーブレイクを持っており、EXアビリティにミゼラブルミストを積むことで防御を下限近くまで落とせるためである。
    マルチかソロか、デバフはどれだけ必要か、ということを吟味してから選択していきたい。
    ソロの場合はデバフ(特に代用しづらいミゼラブルミスト)を優先したほうが結果的なダメージは高くなるためこのジョブはどちらかというとマルチの救援向きといえる。

ホーリーセイバー

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
110201_sw_0_01.png110201_sw_1_01.png剣、槍防御Lv1 防御力+4%
Lv5 防御力+4%
Lv10 防御力+4%
Lv15 防御力+4%
Lv20 防御力+4%
防御力+3%300JP
フォートレスLv20
クレリックLv20
sd_110201_sw_0_01.pngsd_110201_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ファランクスII参戦者の被ダメージカット(70%)5ターン1ターン
ドライブバーストIII EXオーバードライブ時の敵に5倍自属性ダメージ6ターン-
かばう EX敵の単体攻撃を味方の代わりに受ける6ターン1ターン
リミットアビリティリフレクション敵からの被ダメージの一部を反射(1回)(カット20%相当)6ターン1ターン
テストゥド自分の防御UP(累積)2ターン5ターン
サポートアビリティ大盾確率で全属性ダメージカット(50%)
イージスブーンかばう使用時全属性ダメージカット(50%)/ファランクスII使用時攻撃UP
ジョブ説明聖なる鎧に加護と勝利を誓い、自らも敵を貫き穿つ。防御タイプのジョブ。

ホーリーセイバーの評価・運用

自分や参戦者を守る防御の要となるジョブ。初心者はダークフェンサーの次にこのジョブを取得しよう。
デバフが通用しない敵、デバフで下げても受けきれない敵に有効。

  • ◆代名詞「ファランクスII」
    参戦者全員のダメージを70%カットするアビリティ。
    ダークフェンサーが敵を弱めるのに対し、こちらは大技を弱める・無効化する。特に、時々重い一撃を放つ敵に有効。

    高難易度で敵の特殊技のダメージを100%カットする使い方が重要となってくる。
    他のカットと加算し、100%にすると受けるダメージは0になる。プロバハの大いなる破局(999999ダメージ)などの即死級技を耐えられるため、マルチにおいて必須級。
    具体的には、召喚石(3凸カーバンクルやアテナなど)や、奥義(七星剣など)を併用する。
    1アビなので使いたければこのジョブを選ぶしかない。
  • ◆長所
    防御タイプで高耐久を誇る。装備できる剣や槍はHPが高いものがやや多いのも特徴。
    ダークフェンサーが使えない状況ではこちらが役立つことも多い。
    また、ダークフェンサーと異なりマルチでのジョブ被りが痛くない。
    むしろ複数人でズラし撃ちすることで、長期的な生存が可能となる。

    ファランクスの際、イージスブーンの効果により参戦者の数で自分に攻撃力アップがつく。5人も居れば目に見えてダメージが上がるだろう。
    ドライブバーストIIIは通常モードの敵に使うと2倍ダメージ、オーバードライブモードの相手なら5倍と奥義並みの威力が出る。
    かばうはファランクスと並んで重要なアビリティ。
    このジョブに限り50%カット効果が付くため、単独でもかなり安全に使用していける。
    ファランクスや3凸カーバンクルとカットは加算され100%カットとなるため、コロッサス・マグナの次元断に代表される「大火力単体技」を封殺できる。
    カット手段としての側面が注目されがちだが、被弾したくないアタッカーを守る、全体回復の前にあえて主人公にダメージを当てる、被弾によるゲージ加速、
    さらには背水発動狙いなど、かなり能動的に使用していける戦術的に有用なアビリティである。

    また、槍が装備できるのも大きな利点。
    ヴァルキュリアのEXアビリティ「デュアルインパルスIII」を積むことで参戦者全体にDATAUP効果を提供して攻撃の支援もでき、総火力UPやそれによる討伐速度向上に大きく貢献する。
    参戦者が限られるHL戦において、重要な役どころを占める上にホリセとビショップだけが可能な独自の強みであるため、単なる防御役として以上に高い需要を誇るジョブ。

    ちなみに最近の古戦場では、受けるダメージを0にすると同時に喰らうはずのデバフも無効に出来る敵が登場しており、カットの有効性が上がっている。
  • ◆短所
    ドライブバーストがやや扱いにくい。
    リキャストが微妙に重かったり、いちいちアビリティを使うよりも殴ったほうが早かったりと、装備が極まってくると撃つ価値が落ちてくる。
    代名詞とも言えるファランクスは、大技を持たない敵には効果が薄い。
    例えばCT1でチマチマ小技を撃ってくるミスラのようなタイプは、ダークフェンサーで遅らせた方が受けるダメージが減ったりする。
    加えてアビリティを封殺されると完全に詰みになるパターンが多いので、マウントなど対策キャラが必須になってくる。
    ダークフェンサー同様、連続攻撃確率が低く、他人に貢献するばかりでMVPは取りにくい系統。
  • ◆高難易度にむけて
    Rank101以上になった直後の、HLマルチ初心者にオススメされているジョブでもある。
    参戦者が一撃で全滅させられる最高難易度の戦いにおいては最重要ジョブと言ってもよい。
    ホーリーセイバーが倒れた時点でクリア不可能となる敵や局面も多い。
    そのため敵の特殊技、特殊行動のトリガー、100%カットする手段についてホーリーセイバーなら必ず把握しておくこと。
  • ◆その他
    リミットアビリティは有用とはいえないので、LBは他に割り振った方が良いだろう。
    リフレクションなどの反射アビリティは少量のカット効果も持つがダメージは期待できない。テストゥドは速度が求められるマルチには不向き、ソロではデバフを充実させた方が良い状況が殆どでどちらも使い勝手が悪い。

ビショップ

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
120201_wa_0_01.png120201_wa_1_01.png杖、槍回復Lv1 回復力+4%
Lv5 回復力+4%
Lv10 回復力+4%
Lv15 回復力+4%
Lv20 回復力+4%
回復力+3%300JP
クレリックLv20
ソーサラーLv20
sd_120201_wa_0_01.pngsd_120201_wa_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ヒールオールII参戦者のHPを回復(中)5ターン-
ディスペル EX敵の強化効果を1つ無効化5ターン-
リヴァイヴ EX味方単体を復活12ターン-
リミットアビリティベール味方全体への弱体効果無効(1回)6ターン-
ホワイトウォール味方全体にバリア効果7ターン3ターン
サポートアビリティ慈悲回復アビリティ効果UP
救済の光リヴァイヴの回復量UP/2ターン短縮/ヒールオールII使用時攻撃力アップ
ジョブ説明比類なき癒しの力は、ついに蘇生すらも可能にする。回復タイプのジョブ。

ビショップの評価・運用

マルチにおいて重要なヒーラー。
加えて重要な「ディスペル」「リヴァイヴ」も持つのでマルチをするなら早く取得したいジョブ。

  • ◆「ディスペル」について
    ディスペルは敵の厄介な強化効果を消去できる。シュヴァリエ・マグナを筆頭に一部の敵には必須となる場合もある大事なアビリティ。
    特に最近は、敵のバフが個別にかかる◇タイプの物があり、持ち込むかどうかが難易度を左右するケースも多々ある。
  • ◆「リヴァイヴ」について
    倒れた味方を蘇生させるアビリティ。リキャストが長く、考えなしに持ち込めるものでは無いが、強力である。
    後述の「ニルヴァーナ」を利用したゾンビ的な戦術や、オーガ(レスラー)でMVPレースをする際の保険、
    Class.IVジョブ・ハウンドドッグの主人公(蘇生役)を後衛に籠らせる戦術など応用性を持つ。
  • ◆長所
    言うまでもなくヒールオールによる全体貢献だろう。ビショップ(セージ)が複数いればパーティを長期間維持できる。
    なおヒールオールの回復量はジョブレベルMAXで味方全員に2400ほど。参戦者には回復量は下がり1200ほどになる。参戦者がアンデッド状態の場合は残念ながら回復はしない。
    また、サポアビにより使ったターンは自分に攻撃アップのバフがかかる。奥義やデュアルインパルスに合わせれば、ヒーラーとは思えないほどの火力を出すことも可能。
    この救済の光バフは参戦人数ではなく、参戦者のジョブ数で効果が上がる。
    またリミットアビリティのベールは待望のマウント系アビリティ。場合によってはこのジョブ1つで回復役の全てを賄ってしまう事も可能。
    槍を装備することが出来るのでEXアビリティに「デュアルインパルスIII」をセットしてのDATAサポートもできる。
    余程強い人達が参戦していない限り一人は欲しいジョブ。ホーリーセイバー同様、居ないと攻略はほぼ不可能のものもあるほど重要な役割を持つ。
    総じて高い継戦能力とそれなりの火力を併せ持ったジョブであり、長期戦でその力を発揮する。
    HLマルチバトルの他、四象イベントのEXTREME+での貢献稼ぎ、シュヴァリエ・マグナ攻略などに有効なジョブである。
  • ◆短所
    ソロでは微妙。回復してる暇があったらさっさと倒した方が安定する、なんてことはよくある。
    また、敵がバフを使わなければディスペルは無意味、見方が落ちるまでリヴァイヴも無意味と、相手によっては2つ分アビが死んでることも。
    ダークフェンサー等で言われているように、他人への貢献や蘇生がメインで、MVPを取りにくい。
  • ◆回復と「渾身・背水」スキルについて
    グラブル内の重要なスキルに「渾身」と「背水」がある。前者はHPが多いほどに・後者は少ないほどに火力が上昇する。
    そのため「HP回復は参戦者の火力上昇にも火力低下にもなる」ことは知っておこう。

    主に水は「フィンブル」による渾身が強いため、回復することで早く討伐できる。
    逆に、風は「ティアマトボルト・マグナ」、闇は「セレストクロー・マグナ」「グラーシーザー」等の背水が強いため、回復するとテロ扱いされることもある。
    特に麻痺をかけて大火力で一気に倒しきることの多い、つよバハでは注意が必要。

    とは言え回復を怠って死んでは元も子もなく、今は様々な属性に渾身スキルが増えつつあるため、つよバハ以外のコンテンツでは気にする必要はほぼ無い。
    ただし低ランクでの渾身スキル入手が難しいことは変わっていないので、低ランクの仲間内では気遣いが出来ると良いかもしれない。
  • ◆下位ジョブとの使い分け
    クレリックの方がデフォルトでクリアオールを持っているので、デバフ+クリアの組み合わせが可能。
    ソロやセレスト相手では、あちらの方が便利な場合も多い。
  • ◆ニルヴァーナについて
    ジョブ専用武器ニルヴァーナは「ヒールオール」を使うと主人公に自動復活効果が付く。
    ベールによる状態異常予防、自動復活効果を駆使して何が何でも生き残りつつ、ヒールオールやクリアオールを振り撒いて参戦者全員の生命線となれる。
    リヴァイヴをセットし、ソフィアのような蘇生キャラを組み合わせることで、ゾンビのように生き残ることもできる。

ハーミット

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
130201_wa_0_01.png130201_wa_1_01.png杖、短剣攻撃Lv1 アビリティダメージ+4%
Lv5 アビリティダメージ+4%
Lv10 アビリティダメージ+4%
Lv15 アビリティダメージ+4%
Lv20 アビリティダメージ+4%
アビリティダメージ+7%300JP
ソーサラーLv20
アルカナソードLv20
sd_130201_wa_0_01.pngsd_130201_wa_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
エーテルブラストII敵全体に3〜4倍自属性ダメージ5ターン-
ヴェノム EX敵に自属性ダメージ/毒効果5ターン180秒
フォーカス EX自分のアビリティダメージUP(1回)
/使用ターン防御DOWN
3ターン-
リミットアビリティバウンス敵の強化/弱体効果の数に応じて大ダメージ7ターン-
チョーク味方全体の通常攻撃を全体化7ターン3ターン
サポートアビリティ精霊の加護アビリティダメージUP
魔力の奔流フォーカスのアビリティダメージUP/ターン短縮
ジョブ説明アビリティを駆使した戦いを極め、強力な呪文で敵を殲滅する。攻撃タイプのジョブ。

ハーミットの評価・運用

アビリティアタッカーであるジョブの一つ。
現在は価値の低いアビリティが多いので優先度はやや低め。

かつては「フォーカス」を取得しサイドワインダーと組み合わせるのが強力な運用だった。
現在はマルチでのダメージアビリティの価値が下がり、アーカルムの転世などソロコンテンツに活躍の場を移した。
その他、チョーク+四天刃による貢献度稼ぎも可能。

  • ◆長所
    構成としては攻撃アビリティ特化で、武器編成とエーテルブラストIIの運用次第で得意属性において高速でクエストを周回することができる。
    エーテルブラストIIは複数の敵に対して全体攻撃、単独の敵には1.5倍と性能が変化する。
    ヴェノムも通常攻撃が通りにくい敵に対して有効なダメージ源となる上に弱体効果を1つ付与すること自体に意味がある場合には重宝する。
    フォーカスは1回ごとに乗算で80%UP、5回まで累積させると最大400%UP。この効果は攻撃アビリティを使用するまで永続する。
    なおエーテルブラストIIのダメージ減衰値は42万付近、バウンスは58万付近。
    フォーカスの重ねがけは減衰に到達しやすいので注意が必要だが、防デバフが十分に入っていない相手や防御力が高い敵、自身の戦力が低い時などは無駄に減衰に入らず、無駄な攻撃が少なくなる。
    リミットアビリティのバウンスはサイドワインダーのキルストリーク亜種。バフの数も含めて威力増加する点が異なる。
  • ◆チョーク+四天刃
    チョークは3ターン通常攻撃が全体化するリミットアビリティ。
    四天刃の奥義と組み合わせ、「全体+連撃」は貢献度を非常に稼ぎやすい構築。
    例えば四象におけるアグニスなどに乱入し貢献度を稼ぐことで、他ジョブと大きく差を付けることができる。
    ただし複数体いる敵には、特定の順番で倒さないと厳しい場合もあり、テロとなりうることにも注意。
    しょうがないことだが上位ジョブ・ウォーロックの「四天刃+他心陣+チョーク+チェイサー」という人気の組み合わせの下位互換に過ぎず、
    こちらの準備が終わったころには敵が一体しか残っていない、なんてことはよくある。
  • ◆短所
    アビリティを撃つ暇があったら攻撃した方が早くダメージが与えられるため、アビリティアタッカー運用はMVPが取りにくい。
    ヴェノムもある程度以上のHPを持つマルチボスに対しては攻撃手段にはならない。
  • ◆アビリティアタッカーの特徴
    「4倍自属性ダメージ」なら通常攻撃4回分のダメージが入る。
    と言われると強そうだが、実際にはダメージ減衰が存在し、この通りになるのは「序盤」「石が片面になり火力の落ちるアーカルムの転世」ぐらい。
    「エーテルブラストII」(上限約42万)を例にとると
    通常攻撃1万→エーテルブラストは約3万〜4万ダメージ
    通常攻撃40万→エーテルブラストは約42万ダメージ
    と、強くなるほどに価値が下がってしまう。
    価値が下がるほどマルチでは「通常攻撃した方が早くね?」となっていく。(→DPS
    逆に、誰かと競うことのないソロコンテンツではターンあたりダメージの方が重要なので、アビリティアタッカーは強力。(→DPT
  • ◆構築
    アビリティアタッカーとしての性格を突き詰めるならExアビリティにはアローレインIIIがお勧め。
    サポートアビリティの影響でフォーカスは2T毎に使用でき、アローレインIIIの減衰値まで上げやすくとても強力。
  • ◆その他
    四天刃運用を考える上では、幻影剥しに必要な全体攻撃を自前で持っている点が短剣職の中で独自の強み。
    セプティアンバーナーの登場で、オリバー無しでもわずかながらドロップUPが狙えるようになった。

ホークアイ

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
140201_kn_0_01.png140201_kn_1_01.png短剣、銃バランスLv1 トレジャーハント成功確率+4%
Lv5 トレジャーハント成功確率+4%
Lv10 トレジャーハント成功確率+4%
Lv15 トレジャーハント成功確率+4%
Lv20 トレジャーハント成功確率+4%
オーバードライブ抑制+3%300JP
レイダーLv20
ウォーリアLv20
sd_140201_kn_0_01.pngsd_140201_kn_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ブレイクアサシンII自分の攻撃大幅UP(敵ブレイク時のみ)5ターン1ターン
トレジャーハントIII EX敵のアイテムドロップ率UP(3回)3ターン-
デッドリーエイム EX自分のトリプルアタック確率UP12ターン4ターン
リミットアビリティブレイクキープ敵のブレイク状態を維持★トレジャーLvに応じて性能上昇6ターン-
フォーススナッチ敵の強化効果を1つ無効化/効果中必ずトリプルアタック6ターン-
サポートアビリティおたから狙いトレジャーハント成功確率UP/トレハンLvが高いほど攻撃UP
ラピッドショットデッドリーエイムのトリプルアタック確率UP/ターン短縮
ジョブ説明刹那の隙間に好機を見出し、トリプルアタックで勝利を掴む。バランスタイプのジョブ。

ホークアイの評価・運用

ブレイクアサシンとトレジャーハントの性能が向上し、デッドリーエイムにより火力、奥義ゲージの増加率が向上した攻撃型ジョブ。ある程度余裕が出てきたら取得したいタイプ。
トレハンを入れつつ、モードゲージ持ちの敵がブレイクした時には大ダメージを狙える瞬間火力に特に秀でたアタッカーである。
また、マルチではブレイクを維持する役割も。

  • ◆長所
    トレハンを入れることでアイテムのドロップ率をMAX1.5倍まで引き上げること。(例外はあるが、周回が終わる速さが約1.5倍になる)→詳細
    加えてシーフ系のジョブはトレハンLvが永続的な攻撃強化バフ扱いになる。
    更にリミットアビリティ「ブレイクキープ」の長さはトレハン依存のため、戦闘そのものを楽にする効果も。

    また「ブレイクアサシンII」をブレイク時に叩き込んだときの破壊力は折り紙付き。
    通常攻撃は4倍、奥義は3倍になり、通常ダメージ上限が116万に、奥義ダメージ上限は168.5万に+50万される。
    奥義に乗せるのはもちろん、ヴァルキュリアのEXアビリティ「デュアルインパルスIII」をEXに積んでTAを確定させる運用が強力無比。
    このブレイクアサシンIIとデュアルIII併用時は4倍撃*3回=12倍攻撃となる。
    目安として、ブレアサ通常攻撃で60万以上出せれば奥義よりもTAを狙うほうがダメージ期待値が高くなる
    そうなるとフルチェインをぶち込んでブレイクを狙いつつ、ブレイクしたらブレアサTA…と狙うことにより更にダメージを稼げる。
    そのほか、リキャストも長すぎず短すぎずなので単純にバフとして使ってもよい。

    リミットアビリティの「ブレイクキープ」は他のブレイク維持効果と重複するので、高難度マルチバトルにおいては優秀なサポーターにもなれる。
  • ◆短所
    相手の攻撃を弱めにくいため、ソロでは格下相手にしか使いにくい。
    マルチバトルの場合では、デバフの付与、ブレイクさせるまでの工程を他のプレイヤーに任せなければならない事も。
    ブレイク状態に持ち込めれば他の攻撃型ジョブと同等の瞬間火力を発揮する。
    ブレイク中に強い反面、ブレイクするまでが長い敵(コロッサス・マグナ等)やブレイクさせる頃には決着が付くような場面、ブレイク時間が極端に短い敵や
    そもそもモードゲージを持たない敵などが相手の場合は実力を発揮しづらい点に注意。
    トレハンもレベル9まで入ってしまえば何の意味もないアビリティとなり、状況と相手によってはアビ二つ分が役立たずということもある。
  • ◆注意点
    トレハンは強力だが、宝箱のドロップ率を上げるだけで、宝箱の中身をよくするわけではない
    確定ドロップ箱の中から抽選だったり、赤箱・青箱には何ら効果が無い。
    目玉と言える素材にトレハンが無意味なケースでは、他ジョブで回転率を上げた方が良いだろう。
  • ◆四天ベレー
    Class.IVが無かった時代のトップクラス編成の一つ。
    古戦場武器の短剣である「四天刃・真」以降を持たせることで、強力なアタッカージョブとして運用できる。
    四天刃・真や属性変更した四天刃には奥義効果に味方全体連続攻撃アップがつく。デッドリーエイムと合わせれば更に信頼性が高くなり、ブレアサTAも十分に狙える。
    四天刃装備可能な中でもシーフ系だけがバランスタイプなのも強み。
    コスモス武器によって連撃率を足すことが出来るため、光や風など他手段で連撃率を足しにくいマグナ編成などで活躍できる。
  • ◆オリバーについて
    ショップ入手可能なジョブ専用武器オリバーは初心者から既に人気である。
    入手時点でトレハンの試行回数を増やす効果が付いており、共闘さえ進めれば入手自体は決して難しくない。
    強化が出来れば「ドロップ率アップ」が付くので、トレハンとの相乗効果で周回数を更に減らすことが出来る。
    便利だが、「何でもオリバー編成で入りトレハンだけ入れて放置」というマナーの悪いプレイは避けること。
    全部に風ホークアイで入ってくるので非常に目立ってしまう。

ダークフェンサー

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
150201_sw_0_01.png150201_sw_1_01.png剣、短剣特殊Lv1 弱体効果成功確率+4%
Lv5 弱体効果成功確率+4%
Lv10 弱体効果成功確率+4%
Lv15 弱体効果成功確率+4%
Lv20 弱体効果成功確率+4%
弱体効果耐性+7%300JP
アルカナソードLv20
フォートレスLv20
sd_150201_sw_0_01.pngsd_150201_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ディレイII敵に自属性ダメージ/スロウ効果5ターン-
ミゼラブルミスト EX敵全体の攻撃DOWN/防御DOWN5ターン180秒
グラビティ EX敵の最大チャージターン増加9ターン180秒
リミットアビリティクイックダウン連続攻撃確率DOWN6ターン180秒
ブラッドソード通常攻撃時の与ダメージに応じて回復9ターン3ターン
サポートアビリティサボタージ弱体効果成功確率UP
ヘイスティアクションアビリティの使用ターンを1ターン短縮
ジョブ説明勝利のために情を捨て、非道の技を変幻自在に使いこなす。特殊タイプのジョブ。

ダークフェンサーの評価・運用

Class.靴虜罵ノ疋献腑屬箸慮討喟執發ぢ減漾初心者はまずこのジョブを取得しよう。
敵の攻撃力を下げ、強力な攻撃を遅らせることにより、少し格上の相手にも勝つことができる。

  • ◆長所
    強力かつ貴重な両面タイプの攻防デバフと2種類の特殊技遅延アビリティを駆使し、敵を大幅に弱体化させながら大技をできるだけ受けぬように立ち回り、パーティの安定性を作り出す。
    また、レベルアップボーナスとサポアビのサボタージにより弱体効果の成功率が他のジョブ以上に優れており、ヘイスティアクションの恩恵によりEXアビリティの回転率もよい。
    ブラインド、アローレインIII、アーマーブレイクなどで敵を更に弱体化させるのが鉄板ともいえる構成。
    他にもレイジやトレハンを積んでみたり等、自分好みのアビリティ構成を考える楽しさがあるだろう。
  • ◆短所
    素の連続攻撃確率が低い。また全体へ貢献するアビリティが多くMVPは取りにくい。
    状態異常耐性が非常に高い敵には無力なこと。特に四大天司は「ミゼラブルミスト」が通用せず苦戦する。
    逆に言えばそれ以外のケースならこのジョブさえあればそうそう後れを取ることはないといえる。
    また連続攻撃確率の低さは真四天刃などの装備、デュアルインパルスIIIなどのEXアビリティでカバーすることもできるので、Class.III内での愛用者は多い。
  • ◆気を付けたい点
    オススメだからと言って、無思考でダークフェンサーを使うのは危険。
    デバフは有利属性を取った時に最も入りやすい。逆に同属性の敵には入りにくく、ダークフェンサーの強みが全く活きない。
    「優良」なのは主にソロであり、マルチではデバフが被るので少数いれば十分。
    初心者にありがちな失敗として「全員ダークフェンサー」がある。古戦場などでこれをやるとかえって非効率である。
    自発者はダークフェンサー・救援は別ジョブ、などとルールを定めるのも良いだろう。

    特に高難易度では一部デバフはタイミングを選んで使う必要がある。
    例えば2回目のデバフが入りにくい敵は、重要なデバフを後半まで取っておきたい。
  • ◆その他
    リミットアビリティのクイックダウンはダブルアタックとトリプルアタック両方の発生率を低下させる。
    ただし効果はSSRキャラが持つものと比べても低めであまりアテにならない。
    通常攻撃が痛い場合はブラインドを使用したい。

    ハイレベルマルチは長期戦ゆえに累積してゆく弱体耐性を考慮したうえで、頭ひとつ抜けた弱体成功率を誇るダークフェンサーを求められる場面もやはり多い。
    どのEXアビリティを持たせるかは吟味したいところである。

    余談だがClass.IVが無かった時代、最も使用している人が多い程の人気だった。(2015年1月・9月と公式の情報公開を2連覇)
  • ◆Class.IV取得後の評価
    その後、上位である「カオスルーダー」が実装された。しかし元が便利なためか、あまり強くならないので取得を後回しにして暫くダークフェンサーを使うプレイヤーも。
    Class.IVの仕様でダークフェンサーと全て同じアビリティ構築は出来ないため、あえて下位のダークフェンサーを使った方が有効な場面もある。
    具体的には、アンプレディクトはミゼラブルミストよりリキャストが1T長いため、ソロ周回では致命的になる場合など。

    2018年7月の風有利古戦場では、カオスルーダーではなくダークフェンサーを使う上級者が散見された。
    比較的ロゼッタ (SSR)が活きやすいボスで、アンプレディクトだとランダムで暗闇が入ってしまうのを嫌ったためである。
    稀なケースではあるが、覚えておきたいところ。

オーガ

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
160201_me_0_01.png160201_me_1_01.png格闘、格闘攻撃Lv1 攻撃力+400 HP+40 ダブルアタック確率+10%
Lv5 攻撃力+400 HP+40
Lv10 攻撃力+400 HP+40 ダブルアタック確率+10%
Lv15 攻撃力+400 HP+40
Lv20 攻撃力+400 HP+40
HP+3%300JP
クンフーLv20
レイダーLv20
sd_160201_me_0_01.pngsd_160201_me_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
カウンターII敵の通常攻撃を回避して反撃(大)/自分の攻撃UP5ターン2ターン
闘気 EX敵に自属性ダメージ/奥義ゲージUP(20%)5ターン-
羅喉阿修羅陣 EX自分の奥義ゲージ上昇量UP8ターン3ターン
リミットアビリティ練気自分の攻撃UP(累積可)2ターン5ターン
一字構え自身に敵対心付与/カウンターが発動しているとき反撃回数UP(2回)7ターン1ターン
サポートアビリティ虎襲の構え攻撃UP
武神の極意羅喉阿修羅陣の奥義ゲージ上昇量UP/ターン短縮
ジョブ説明鬼神の如き連続攻撃と自らの気を高めることで、刹那に奥義を繰り出す。攻撃タイプのジョブ。

オーガの評価・運用

連続攻撃と高威力カウンターで大ダメージを与えつつ、これに伴うゲージ加速ですばやく奥義を繰り出すことに長けたジョブ。
アビポチ不要の段階ならClass.III内最強クラスだがメイン武器を含め上級者向けのため優先度は低い。

素の連続攻撃確率はトップクラスと、アタッカーとして使える。
今日のグラブルにおいて、六崩拳を装備したグラップラー系ジョブは最強クラスのMVPゲッターでもある。

  • ◆長所
    捨身の型がなくなったが、カウンターに攻撃20%アップが付与、反撃ダメージも3.5倍にアップした。
    素の連続攻撃確率もDA60%(基本40%+Lvアップボーナス20%)と群を抜いて高いため、カウンターがうまく刺さる敵との戦いでは高いDPSを発揮する。
    アビリティと合わせて奥義が発動しやすく攻撃力も高い。カウンターとHP+のお陰で生存率もそこそこ。

    素ではターゲット引き付け能力が無いためなかなか有用性を実感しにくいが、リミットアビリティの「一字構え」によってカウンターアタッカー枠として完成する。
    一文字構えは被ターゲット率100%+カウンター回数を3回から5回に増加させる。「かばう」が同時に発動している場合はかばう効果の方が優先されるが、同じ敵対心UP表記でもアンチラ(SSR)の君子万年より優先度が高い。
    ユグドラシル・マグナのような攻撃回数の多い敵に対して、数十万のカウンターを5発全弾叩き込むということも。
  • ◆短所
    得意武器が格闘しかなく、メイン武器に苦戦させられる。スーパースターのような妥協すら許されない。
    強化は基本的に自己のみであり、全体強化系のジョブに劣る場合もある。
  • ◆六崩拳オーガ
    基本的には味方への被弾を減らしつつもアタッカーとして単独で戦う役目になるが、古戦場武器「六崩拳」を装備することで更に化ける。
    そもそも奥義足が速いのに、
    奥義の追加効果が「味方全体へのカウンターを付与」なので、全体加速・全体防御・攻撃強化を兼ね、PTの中核機能を担えるようになる。
    カウンターでゲージ加速→奥義発動→追加効果で味方を守りつつ再びカウンターで加速→奥義…という怒涛の猛攻ループは非常に強力。
    十天衆シスやハレゼナなど、被弾に大きなリスクを伴うアタッカーとの相性も抜群と言える。
    特に六崩拳に防御を任せ、アビポチを減らしつつ、背水を維持する戦術でMVPをガンガン掻っ攫うことが出来た。
    「リヴァイヴ」をセットすることで事故防止も可能。
    最も今は上位ジョブのレスラーに役目を取られてしまってはいる。
    また、おまけ程度だが得意武器が格闘×2となっているため、LBによる得意武器補正を重ねる事ができる。
  • ◆Class.IV取得後の評価
    その後、上位であるClass.IVとしてレスラーが実装された。
    しかし、1アビの反撃条件が変更されたため、完全上位互換ではなく局所的だがこちらの方が最適となるケースがある。そのため、こちらと使い分ける上級者もいる。
    オーガの1アビは「攻撃を回避して反撃を行う」が、特殊行動には対応しない。
    レスラーの1アビは「被ダメージ時に反撃を行う」のでダメージを受けてしまうが、特殊行動にも対応する。

サイドワインダー

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
170201_bw_0_01.png170201_bw_1_01.png弓、銃バランスLv1 攻撃力+200 アビリティダメージ+3%
Lv5 攻撃力+200 アビリティダメージ+3%
Lv10 攻撃力+200 アビリティダメージ+3%
Lv15 攻撃力+200 アビリティダメージ+3%
Lv20 攻撃力+200 アビリティダメージ+3%
弱体効果成功確率+3%500JP
マークスマンLv20
レイダーLv20
sd_170201_bw_0_01.pngsd_170201_bw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ライトウェイトII敵の全ての攻撃を回避/攻撃力UP(特大)/状態異常攻撃回避5ターン1ターン
アローレインIII EX敵全体に自属性ダメージ/攻撃DOWN(大)5ターン180秒
キルストリーク EX敵の弱体効果の数に応じて大ダメージ7ターン-
リミットアビリティスタディエイム敵にスタディエイム(下記参照)を付与/奥義ゲージUP 
効果なしの弱体効果(キルストリーク等のダメージ上昇用アビリティ)
5ターン180秒
チェンジ自分とサブメンバーの一人を入れ替える2ターン
サポートアビリティ精密射撃弱体状態の敵に対して攻撃UP
ターゲッティングキルストリークのダメージUP/ターン短縮
ジョブ説明神速を極め、敵を怯ませた後、圧倒的な破壊力で確実に敵を殲滅する。バランスタイプのジョブ。

サイドワインダーの評価・運用

攻防が高レベルでまとまったアタッカージョブの代表格。
かつてはMVPゲッターとして名を馳せたが、今は「アローレインIII」取得が主目的。ダークフェンサーとこのアビリティが高相性なので、早めに取得しLv5までは上げたい
武勲の稼ぎ稼ぎなどマグナ編成完成に大きく貢献するジョブでもある。

  • ◆「アローレインIII」について
    アローレインIIIは最高峰の攻撃力低下量と優秀な火力を併せ持っており、強敵と対峙する際の安定感を大幅に向上させることができる。
    高威力に加え高い減衰でありながら全体攻撃でもあり、その割に使用間隔も長くはないので他ジョブでも「とりあえず」でEXに選ばれるほど優秀なアビリティ。
    特にダークフェンサーでの運用はサポアビの関係でCTが更に早まり連発しやすく、ダメージ源としても非常に強力。
    攻防ダウンのミゼラブルミストと組み合わせることで、大ダメージを狙いながら攻撃力を下限の50%まで確実に落とすことが可能。
    ダークフェンサーなら攻デバフ効果も決まりやすいので定番の組み合わせとなっている。
    また、HLでも相変わらずアローレインIIIはExアビリティとして重宝されている他、古戦場で高火力タイプの敵も出現。
    昔ながらの「アローレイン+ミゼラブルミスト」は再評価されている。
    ちなみに全体攻撃であるため、雑魚散らしや幻影剥がしとしても優秀。
  • ◆長所
    攻撃力2倍+完全回避のライトウェイトII、全体3倍攻撃+攻デバフ25%のアローレインIII、対象のデバフ数によりダメージ倍率が上昇するキルストリークを持つ。
    強力なジョブではあるがキルストリークの仕様上、特にソロでの運用においてはEXアビリティ(特にミゼラブルミスト)や弱体アビリティを持つキャラクターを揃えてからが本領発揮になる。
    キルストリークは大火力アビの代名詞。
    ターゲットについているデバフの数だけ上昇するので、あまり装備が揃っていない初中級者でも上限の58万ダメージを狙いやすい。
    ライトウェイトIIの攻バフ、ハーミットのEXアビリティであるフォーカスと合わせれば更に強力。
    マルチ救援でデバフを他人任せにできる状態では特にその火力が輝くだろう。
    タイミングと環境さえ整えば、瞬間的に大火力を叩き出せるのがこのジョブの強み。
    また敵の強力な攻撃を完全回避できるため、ホーリーセイバーの「かばう」を装備することで、単体技を完全封殺できる。
    なおフォーカスを使わずともダメージが減衰に到達するようになると、より減衰の高いハードラインをEXに積むことにより
    ライトウェイトII→アローレインIII→キルストリーク→ハードラインとすることで、大ダメージを期待できる。
    とにかく瞬間火力に秀でたジョブと言えるだろう。
  • ◆短所
    プレイヤーの火力が上がり、58万ダメージはもはや低い物となってしまった。(とは言えソロコンテンツでは価値がある)
    また奥義ゲージ足が遅い欠点を持つ。
    ジョブ自体の連続攻撃確率は低いと言われるダークフェンサーを更に下回る。そのためPTの足並みを揃えるのに少々苦労する。
    何故か取得に必要なJPが500と多く(他7つは300)より、序盤に取得するには少しハードルが高いか。
    アビリティアタッカーとしての性質はハーミット同様。
  • ◆武勲の輝き稼ぎ
    リミットアビリティであるチェンジで効率よく武勲の輝きを稼げる。
    チェンジで主人公を下げ、前衛を3人R(SR)としてヨダルラーハ (SSR)の奥義で敵を倒すことでボーナスを大きく得る。
    マグナ編成完成が速くなるので、早めにチェンジを取りたい…が、LBを貯めるのが少し大変。

スーパースター

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
180201_mc_0_01.png180201_mc_1_01.png楽器、短剣特殊Lv1 防御力+3% 弱体効果耐性+3%
Lv5 防御力+3% 弱体効果耐性+3%
Lv10 防御力+3% 弱体効果耐性+3%
Lv15 防御力+3% 弱体効果耐性+3%
Lv20 防御力+3% 弱体効果耐性+3%
防御力+3%500JP
ミンストレルLv20
アルカナソードLv20
sd_180201_mc_0_01.pngsd_180201_mc_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
オーヴァチュアII参戦者の回復効果UP/回復上限UP(累積可) ★楽器装備時に性能UP7ターン3ターン
ソウルピルファー EX敵全体の弱体耐性DOWN/味方全体の弱体耐性UP ★楽器装備時に性能UP5ターン180秒
ソング・オブ・グランデ EX味方全員のダブルアタック確率UP(大) ★楽器装備時に性能UP6ターン3ターン
リミットアビリティひつじのうた敵に睡眠効果/スロウ効果 ★楽器装備時に性能UP6ターン3ターン
トレマーラウンド参戦者の数に応じて味方全体の攻防UP6ターン3ターン
サポートアビリティカンタービレオーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少
アパッショナートソング・オブ・グランデのダブルアタック確率UP
オーヴァチュアII使用時、参戦者の数に応じて味方全体の攻防UP
ジョブ説明多くの人々を虜にする歌声は味方を奮い立たせ、その勝利を確実なものにする。特殊タイプのジョブ。

スーパースターの評価・運用

メイン武器に楽器を装備することでアビリティの効果が大幅に向上する。
楽器さえあればClass.III内最強クラスと言っても過言ではない。ただし、楽器の問題で取得タイミングはやや選ぶ

  • ◆楽器について
    初心者にある勘違いだが、「★楽器装備時」とはメインに1本持てという話である。(楽器染めする意味はない)
    短剣もメイン装備として持つことは可能だが、せっかくのアビリティ効果が下がり本領を発揮できない。
    序盤は運よく楽器が手に入った属性だけでの運用となりがち。
    とは言え、セフィラ武器サイドストーリーなどの追加で、かつてほど入手が厳しいわけでもない。
    古戦場で入手可能な「天星器九界琴」は任意の属性に出来る上に、奥義効果も相性抜群。
    かつては四天刃の次に全属性制覇したい武器とも言われていた程。
  • ◆長所
    「ダークフェンサー」や「ホーリーセイバー」同様の安定感を持ちつつ、大火力を出せることが魅力。

    「ソウルピルファー」は敵には弱体効果の耐性低下を、味方には弱体効果の耐性強化をかける。楽器装備時は性能が大幅アップする性質を持つ。
    敵にデバフが非常に通りやすくなるのは高難度のマルチバトルで重要。また、マスターボーナス、LBの能力強化との併用で極めて高い弱体耐性を得ることができる。
    「ソング・オブ・グランデ」はこのジョブ最大の目玉。ダブルアタック発生率を上昇させる。これも楽器装備時は性能が大幅アップする性質を持つ。
    サポアビのアパッショナートによりオーヴァチュアII使用時、攻・防バフが掛かる。
    これはスーパースター以外の参戦者の数に応じて強化され、大人数のマルチバトルであれば凄まじい効果を得る。
    楽器装備時は凄まじい奥義回転率と火力を味わうことができるので、初心者にはダークフェンサーに次ぐ人気ジョブとなっている。

    下位ミンストレルの「チャームボイス」をEXとしてセットすることで、相手の攻撃回数を減らし攻防一体となる。
    特に、特殊技を魅了で不発にした場合、敵のゲージはリセットされる
    運こそ絡むが、ダークフェンサー以上の防御力となることも。
  • ◆短所
    楽器が無いと全力を発揮できないこと。
    サイドワインダー同様、レベルの上がり方が遅い・JPの必要量が多い。
  • ◆その他
    「キミとボクのミライ」を持っている場合は、このジョブでスキン変更することが可能。かわいい。

    代名詞ソング・オブ・グランデにより攻撃速度に秀でており、マルチバトルでのMVP争いなどにも強い大人気ジョブ。
    マルチだけでなくソロでも強力。ソウルピルファーによって自分はもちろん仲間キャラのデバフも安定して通せるので、ソロでダークフェンサー並の安定感も発揮できる万能っぷり。
    そして弱体化した敵をDAでひたすら殴って奥義ゲージを稼ぎ、ハイボルテージを付与してのフルチェインで大ダメージという展開が可能。

    HL戦のような参戦者の協力が前提となるバトルでも大活躍する。
    楽器ソウルピルファーの弱体耐性DOWNは現状最高の効果量を誇るため、弱体耐性が高い高難度ボスにデバフを通すには必須となっている。
    楽器チャームボイスIIによる強力な行動阻害効果もまた、即死級の攻撃を凌ぐためには非常に重要となる。
    さらには通常バトルから引き続きソング・オブ・グランデを用いてのアタッカー役にもなりうるなど、その重要性は高い。
    このようにマルチ・ソロ・HL戦に至るまであらゆる戦いで活躍できる、最高の万能ジョブだと言えるだろう。

ヴァルキュリア

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
190201_sp_0_01.png190201_sp_1_01.png槍、斧攻撃Lv1 攻撃力+100 ダブルアタック確率+1% トリプルアタック確率+1%
Lv5 攻撃力+100 ダブルアタック確率+1% トリプルアタック確率+1%
Lv10 攻撃力+100 ダブルアタック確率+1% トリプルアタック確率+1%
Lv15 攻撃力+100 ダブルアタック確率+1% トリプルアタック確率+1%
Lv20 攻撃力+100 ダブルアタック確率+1% トリプルアタック確率+1%
HP+3%500JP
ドラグーンLv20
フォートレスLv20
sd_190201_sp_0_01.pngsd_190201_sp_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
リードドライブII敵に自属性ダメージ
槍:ブレイク状態を維持
斧:モードゲージ減少
7ターン-
デュアルインパルスIII EX効果中必ずトリプルアタック
槍:参戦者の連続攻撃確率UP(大)
斧:敵の連続攻撃確率DOWN(大)
5ターン1ターン
レゾナンスサージ EX敵に自属性ダメージ/自分のアビリティダメージUP(累積)5ターン6ターン
リミットアビリティランドグリース敵の防御DOWN5ターン180秒
エインフェリアル毎ターン攻撃力UP ◆被ダメージで解除4ターン-
サポートアビリティヴォリショナル槍装備時に攻撃UP
斧装備時に防御UP
クライシスブロウレゾナンスサージのダメージUP
ジョブ説明敵が力を蓄えた際に見せる一瞬の隙を突き、強烈な一撃を叩きこむ。攻撃タイプのジョブ。

ヴァルキュリアの評価・運用

メイン武器によって扱いが変わる特性は今までどおり。
ジョブ自体はレベルMAXにしなければお世辞にも強いとは言えないが、「デュアルインパルス」が強力なので早めに取得しLv5までは上げたいジョブ。

  • ◆「デュアルインパルス」について
    デュアルインパルスIIIは槍を得意武器に持つと、「参戦者全体の連続攻撃確率を上げる」という非常に強力なものになる。
    特にHLマルチバトルにおいて必須級であるホーリーセイバー/ビショップ(スパルタ/セージ)が槍ジョブであることも高評価。
    基本的には槍で使用するが、確定TAというだけで十分に強力なので
    ダークフェンサーのような奥義足の遅いジョブの補助、ホークアイのブレアサ+TAのコンボなど使い方は様々。
  • ◆長所
    素+ボーナスで連撃率が高い。デュアルインパルスの加速もあって、強力な奥義効果を持った槍との相性は良い。
    また累積されるアビが多く、長期戦になるとそれなりの火力が出る。
    新たにランドグリースやエインフェリアルを取得し、クラス3では唯一の防御を25%下げるデバフか、4ターンで別枠100%という大火力を手に入れられるジョブとなり、他のジョブでは出来ない立ち回りをすることが可能となっている。
  • ◆欠陥
    新たに手に入れたアビリティは、クラス4に合わせたものといっても過言ではない性能であり、ランドグリースはソロだとソシエやアンリエットなどミスト持ちのキャラの存在が必要で、エインフェリアルは壁役のキャラがいないと運用が難しい。
    またリミットアビリティのため20レベルにしないと使えないにも拘わらず、サイドワインダー同様、レベルの上がり方が遅い・JPの必要量が多い。
    何より強力なのは、ジョブの顔とも言える1アビでなく、EXアビの「デュアルインパルス」であり、「デュアルインパルス」を別ジョブで運用した方が無難に強い場合も多い。
  • ◆解説
    基本的に攻撃優位のシステムのため(MVP、累計貢献度など)攻撃UP+ブレイク延長+連続攻撃確率UPが出来る槍がおすすめ。
    ちなみに斧の場合、主人公の足の遅さを解消しつつ、敵のモードゲージを減らし連続攻撃を防ぐ防御寄りの戦い方になる。槍装備よりも使いづらい感は否めないがこのジョブをマスターするまでの間なら特に問題にはならないだろう。

    更に、自分の強化効果の数に応じて効果を増す特性がある。3、4つ程度で上限なので十分に狙っていける。

    レゾナンスサージは二周年アップデートで効果が変更され、「敵CTに応じて大ダメージ」から「アビリティ攻撃力アップ(累積)」となった。
    ダメージ減衰値が高く、もしヴァルキュリアで長期戦に臨むような事があるなら力を発揮できる。
    アビリティ攻撃力アップ(累積)は他の強化効果と被ることもないので、デュアルインパルスの効果増強の足しにもなる。

    エインフェリアルはオーガの練気と違い一回押せば効果が毎ターン自動であがり、しかも1ターン毎の効果上昇量も最大効果量も高い。しかし、一回の被弾でリセットされてしまい、敵の攻撃を防ぐ能力もこのジョブは持たないため、何かしらの介護が必要になる。

    槍装備時のサポートアビリティの効果は通常攻刃5%アップ。

コメントフォーム


ミラーサーバーでは書き込みはできません。書き込みをするには、このリンクを押してマスターサーバーに移動してください。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • オーガの説明が「素の連続攻撃確率もDA60%と群を抜いて高いため、カウンターがうまく刺さる敵との戦いでは他ジョブを寄せ付けないDPSを発揮する。」ってなってるけど60もあるの? -- {lBlfJ1FALxU} 2016-09-25 (日) 23:51:44
  • ↑20%だと思うから修正しとく、流石に素で60%とかヤバすぎるw -- {aQJfQ3PkAZU} 2016-09-27 (火) 03:38:14
  • あれ?検証で60%って結果が出てなかったっけ?多分レベルアップボーナス込だろうけど -- {blWqo9CIlkk} 2016-09-27 (火) 04:24:10
  • サプボなしだとすると60+20(サプ)+1(マスボ)で19%上げたら確定になっちゃうけど、3凸ヴァルナヴァルナでSL15のフェン斧1本入れても高確率でDAしたけどSAが出てた。だから多分基本40のサプボ20で60ってことだと思うぞ。 -- {mH68.XvcTI.} 2016-09-30 (金) 09:56:45
  • ホークの説明欄に現状マルチを支配している〜とあるのは修正していいかも。もうベレーがマルチで無双している状況じゃないし -- {AjAvbqcdYxw} 2016-11-07 (月) 02:28:09
  • 何も考えずにブレイブソウルと他心陣+背水装備を合わせて使ってしまったのだけど、なんか問題なく火力出てた。
    ストレングスと他心陣+背水運用は水と油だろ、って思ってたけど、意外とそうでもないのかも? -- {xpWqwNUq8ZA} 2016-12-20 (火) 00:17:55
  • ハーミットのフォーカスのリキャスト3Tごとに、って文言があるけどフォーカスはサポアビで2Tになってるのでは? -- {b3GDG8Pzdto} 2017-01-06 (金) 10:10:37
  • 初心者なんだがオーガの説明にあるDAのサプボって何?ぐぐってみてもまったくわからん。用語集にもないし略語で調べても出ない、システム的にもそんな頭文字出てこないと補足まったくなく言われても理解できん…… -- {ywKebo93CXE} 2017-01-26 (木) 02:46:21
  • ↑執筆者じゃないから正しいかは分からないけど、おそらくレベルアップボーナスの事かと。 -- {hSmlFGn8WkI} 2017-01-26 (木) 16:23:42
  • スーパースター(女)、マイページとかのグラだとすらっと長細い手足だけど、戦闘中だと割とむちっとした手足になるね…甲乙付け難い。動いてるのを見るとむちっとした手足も魅力的に見える -- {SGcq1Zwirtk} 2018-01-15 (月) 18:48:23
  • 始めて2週間くらいの初心者だけど、スーパースターのお陰でレイドの火力が爆上げできて楽しい!バースト単発100万超とか素殴り30万超とか、ナンジャコリャってなるw -- {qXRmkt418TQ} 2018-03-20 (火) 13:26:06
  • スーパースターの強みの1つって、魅力で特殊技を不発にさせた上で、ゲージはリセットが入ることじゃね? -- {pMp0UiTlUCg} 2018-05-08 (火) 07:28:11
  • 高難易度マルチでビショップでクリアオール無し&ヒールオールばかり使うのは全体の火力下げに貢献してる事に気が付いているのだろうか -- {x0xPA131m.Y} 2018-06-18 (月) 12:00:26
    • ヒルオに関してはもう背水一強じゃないのでそれはない -- {WeeLj13K0.2} 2018-06-18 (月) 12:22:59
  • クラス4やEX2でもクラス3のアビにお世話になりまくるからクラス3も追加実装が欲しい -- {PIMYJKe8IUU} 2018-09-20 (木) 10:56:24
  • ランドグリース片面25%かな -- {ZiMhfo4bBXw} 2018-09-25 (火) 19:13:57
  • エインフェリアル ディスペルされると消去されずに被弾しても消えなくなるっぽい 再使用すると元に戻って被弾で解除される。表記だけなのかは不明 -- {RN8xrBHq4to} 2018-11-06 (火) 01:19:32

TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-28 (日) 12:06:17