このエントリーをはてなブックマークに追加

「メリー・クリスマス!」キャンペーン (R)

季節ボイス集 > クリスマス( SSR | SR | R | その他


+ 関連ページ

 
news_xmas2016_8.png
 

 


 

このページについて

季節ボイス集キャンペーンのレア度別一覧表となります。
当ページは「メリー・クリスマス!」キャンペーン の会話を収集しまとめたページです。
協力して下さる方は、下の各キャラ名の下に直接編集で会話内容を追加するか、コメント欄に書き込んで下さるようお願いします。

期間中、「ルリアノート」や「リスト」などの詳細画面に「イベント会話用のボタン」が表示されます。
イベント会話用のボタンをタップすると、会話シーンが再生されます。

季節ボイスの概要や開催期間については、季節ボイス集のページを参照お願いします。

※当ページには会話内容等のネタバレが含まれていますので苦手な方は閲覧注意です。

台詞一覧

あ行

キャラクター種別台詞
アリステラマイページ
#1「メリークリスマス……」
「別に、何も期待してないから。」
「輪がアレテイ家では、
 聖誕祭に分厚い本を贈るのが
 習わしだったんだ……」
「だから、僕は……
 本以外のプレゼントを知らない。」
「………」
「ねえ、馬鹿なの?わかんないの?」
「はぁ……別に、何も期待してないから。」
#2「えー、(団長)、正気なの?」
「やだなぁ、そんな歳になって。
 まだ赤い老聖人伝説を
 信じてるなんて、いっひひ。」
「赤い老聖人を信じていいのは
 小等部までだよね〜?
 いっひひひひひ……」
「って、ちょっと待って!
 何で? 何でプレゼント持ってんの?」
「え、老聖人からもらった? 嘘だ!!
 そんなの絶対にあり得ない!」
「いや、待てよ……事実として
 君はプレゼントを確保している?」
「これは確かめる必要がありそうだね。
 よし、君、僕に今すぐどこで
 どうやってもらったか教えたまえ。」
「もっとくわしくだよ!
 できるだけ、く・わ・し・く!」
アンナマイページ
#1「あの……えと、その……
 (だ、団長)さん……きょ、今日って
 その……ク、クリスマスだよね?」
「あ、あのね? えっと……
 クリスマスはその……毎年カシマールと
 二人でお祝いしてたんだけど……」
「こ、今年は……(団長)さんと
 一緒にお祝いしたいなぁ、って……
 だ、だめかな?」
#2アンナ
 「きょ、今日は……あの、えと……
  せ、聖夜だから……」
 「えっと、(団長)さん、に……
  お、贈り物……!」
 「最近すごく……さ、寒いでしょ……?
  だ、だから(団長)さんが、
  暖かくなると……い、いいなって思って。」
カシマール
 「ハラヒヤスンジャネーゾ!」
アンナ
 「ボ、ボクが編んだんだけど……
  き、気に入らなかった……かな……?」
 「え? う、嬉しい……!?
  ふ、ふわぁ……!!」
 「ど、どどどどうしよう!?
  ボ、ボクが嬉しくなっちゃった……!!」
#3「あっ……(団長)さん!
 そ、そのハラマキ、
 去年ボクが渡したやつ……!」
「ちゃんと着てくれてるんだ……!」
「とと、とっても嬉しい…………!!」
「あ、あのね……それで今年は……
 そのハラマキに合うように
 ボ、ボウシを編んでみたんだ……!」
「(団長)さんが、も、もっと
 あったかくなりますように……」
「へへ…………!」
アンナ
(水着)
マイページ
#1「あの……えと、その……
 (だ、団長)さん……きょ、今日って
 その……ク、クリスマスだよね?」
「あ、あのね? えっと……
 クリスマスはその……毎年カシマールと
 二人でお祝いしてたんだけど……」
「こ、今年は……(団長)さんと
 一緒にお祝いしたいな、って……
 だ、だめかな?」
※テキスト上の差異
#2(初登場verと同一)
#3
イッパツマイページ
#1「メリークリスマス!
 聖夜の夜にひとり旅……さぞ、
 サンタクロースさん寒いでしょうねぇ。」
「ラーメン食べて温まって欲しいですね!」
#2「メリークリスマス!」
「サンタクロースさんが来る前に、
 ちょいと出かけませんか?」
「寒い時期はラーメンが旨い!
 一杯食べに行くとしましょうよ。」
「もちろん、僕のオゴリです!
 クリスマスプレゼントってことで!」
#3
イッパツ
(水着)
マイページ
(初期版と同一)
ヴァンツァマイページ
#1「メリークリスマス。」
「ふふ、クリスマスにはカローラと
 ケーキを作ったものだ……」
「そうだ、今日はケーキを作ろう。
 お前も食べるだろう?」
#2「この日は……
 嬉しくもあり……
 ……複雑な日だ。」
「なぁ、今日は休暇をくれ。
 団長。」
「ケーキを作ったんだ。
 カローラのために。」
「だから彼女の所へ……
 なに? ついて来るのか?
 ……ふっ。」
「構わないさ。
 ありがとう。
 団長……」
#3
ウィルマイページ
#1「メリークリスマス。」
「今日は特別な日だね。
 キミは誰と過ごすんだい?」
「もちろん僕は、魔物と過ごすよ。
 この日を一緒に祝いたいからね。」
「あ、なんだったらキミも一緒にどう?
 ビィ君も連れてさ、
 素敵な夜に乾杯しようじゃないか。」
#2「神よ、聖き夜に奇跡と祝福を。
 この大空に幸あらんことを……」
「うん?
 あぁ、キミか。
 どうしたんだい、驚いた顔して。」
「ふふ、これでも僕は聖職者だよ。
 特別な夜には祈ったりもするさ。
 ……魔物の平和と幸福を願ってね。」
「えっ?
 人間の分は祈らないのかって?
 やだなぁ、そんなの面倒だよ。」
#3「な、なんてことだ……
 こんな光景を見られるなんて……」
「うん……?
 あぁキミか、何か用かい?
 団の皆で聖夜のパーティーをする?」
「そんなことより、見てごらん……!
 そこで魔物が丸まって眠ってるだろう?
 いわゆる冬眠をしてるみたいなんだよ!」
「あぁ、なんて貴重な姿なんだ……!
 今なら添い寝も出来るじゃないか!」
「キミもどうだい、
 いいアイディアだろう?」
ヴェリトールマイページ
#1「メリークリスマス。」
「何ですか、その顔は……
 ちっとも楽しそうには
 見えないですって?」
「なるほど、そう見えますか。
 これでも随分と胸を踊らせ、
 楽しんでいる方なのですが……」
「右目の涙が頬からこぼれ落ち、
 いっそ雪にでもなれば
 少しは楽しそうに見えますかね。」
「ふふふ……冗談です。
 ええ、冗談を口にするくらいには
 浮かれているのですよ。」
#2「くっ……見ないでくれ。」
「斯様な晴れの席に
私の涙は似合わない……」
「いささか、君の言葉に
甘えすぎてしまったようだね。」
「申し訳ないのだが、
私はこの辺で
退席させてもらおうか。」
「では、私はこれにて……
君の心遣いに、心よりの感謝を。」
「降り続ける真白き雪と
止まぬ涙の果つる先、
そこに春はあるのだろうか。」
「嗚呼、願わくば……
その極地に咲く花一輪を
君とともに愛でたいものだ。」
「私と君の旅路に
幸多からんことを……」
「メリークリスマス。」
ウェルダーマイページ
#1「メリークリスマス!」
「サンタクロースにプレゼントは
 貰ったか?
 俺は当然、貰ったぞ!」
#2「と、都会の聖夜ってのは
 ずいぶんと賑やかなんだな。」
「あっちこっち飾り付けられて
 綺麗なもんだ。」
「いつかジェイドにも見せてやりたい……
 って、そうだ!」
「なぁ、(団長)。
 来年は俺の育った森に、
 聖夜の飾りつけをしに行かないか?」
「あの森はなにしろ広いからな!
 飾り甲斐があるってもんだぜ!」
#3「(団長)、覚えているか?
 去年の今頃、俺が話したこと。」
「俺の育った森で、
 ジェイドに見せるために、
 聖夜の飾りつけをしようって話……」
「ちょっと訂正だ。
 ジェイドも一緒に出来るようになったら、
 お前達に改めて誘わせてほしい。」
「きっと楽しいぜ。
 ビィとルリアとジェイドと……
 うん、最高の聖夜になるだろう。」
「ふっふっふ、楽しみに待っていろ!」
ウェルダー(水着バージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
ウェルダー(クリスマスバージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
エアロバイスマイページ
#1「メリークリスマス。」
「んなっ、クリスマスプレゼントだぁ?」
「んなもん用意してるわきゃねぇだろがっ!」
「ったく、しょうがねぇなぁ……
 ほらよっと、受け取っときやがれぃ!」
「……って、何だこの鉄の塊はってか?」
「決まってんじゃねえか。
 純鉄だよ、純鉄!」
「ったく、おめぇは何も知らねぇんだな。
 ガンガン火にくべてよ、チンチンにして
 不純物をゼロにしたスゲー鉄だぜ。」
「水にも錆びねぇし、酸でも溶けねぇ。」
「いいから黙って受け取っとけ、
 メリークリスマスってんでぃ!」
#2「あいよ、団長!
 メリークリスマスってかぁ?」
「へへ、今年はちゃ〜んと
 用意してんぜ。」
「あらよっと……
 メリークリスマス一丁!」
「って、鉄塊じゃねぇ!
 鋼鉄の聖人像だよ!」
「すげー重ぇだろ?
 すげー固ぇんだぜ?」
「だっはっはっは!
 やっぱ鉄貰うとテンション上がるよな。
 師匠に初めて貰った時を思い出すぜ!」
#3
エシオマイページ
#1「団長、今日、何かあるのか?
 皆、なんだか楽しそうにしてる。」
「……クリスマス?
 エシオ、よくわからない。でも、
 皆が楽しそうだと、エシオも楽しい。」
「団長、エシオに
 クリスマスのこと教えてくれるか?
 わかったら、きっともっと楽しい!」
#2「(団長)が去年、
 聖夜のこと教えてくれた。」
「だから、今年のエシオは
 ちゃんと聖夜の挨拶を知ってる。」
「メリークリスマス!
 (団長)!」
「……これで、あってたか?」
エルメラウラマイページ
#1「メリークリスマス! でっす!」
「団長!パーティのお料理は
 お任せあれ〜〜♪」
#2「むっふっふっふ……
 聖夜のごちそう作りに
 ご指名いただき光栄でっす♪」
「料理人のプライドを賭けてぇぇぇ〜
 皆さんの特別な日を
 サイコーに演出するのでっす!」
「鳥の丸焼き、ローストビーフに
 サラダにケーキ……
 んふふ……腕が鳴るのでっす♪」
#3

か行

キャラクター種別台詞
カイラナマイページ
#1「メリークリスマス!」
「見て! 雪だ〜!
 私初めて見る!」
「アウギュステに雪は降らないし、
 この時期もいつもと変わらず
 波乗りしてた!」
「あはつ♪
 この時期は
 海水がちょっと冷たいからね。」
「あまり人が居なくて
 サーフィンにはいい時期なんだよ♪」
#2「今日は聖夜か〜!
 空気が透き通ってて
 街がキラキラしてる!」
「聖夜が楽しみなのもわかる気がする。
 なんか見てるだけで
 ワクワクしちゃうよね。」
「前は聖夜でも新年でもいつでも
 海に居たからわからなかったけど
 こういう毎日もいいなって思うよ。」
「(団長)のおかげだね〜!
 今夜は一緒に楽しむかーっ♪」
ガラドアマイページ
#1「だっはっはっは!」
「白髭でなくて悪かったなぁ?」
「だが、赤髭のサンタも悪くなかろう。」
#2「だっはっはっは!
 メリークリスマスだぞ、(団長)!」
「一年間ずっとよい子にしてた
 (団長)にゃガラドアサンタからのプレゼントをくれてやるぜ。」
「あ? なんだと?
 子供扱いするんじゃねぇって?」
「だっはっはっは!
 ワシから見れば
 (団長)はまだまだヒヨッ子よ。」
「いいからほれ、黙って取っとけ。
 ガラドア特製、鋼鉄のタワーケーキだ!
 だっはっはっは……」
#3「だっはっはっは!
 鉄臭くて悪かったな、
 今年も来たぜ、ガラドアサンタだぁ!」
「うん? (団長)よ。
 1年よい子にしていたかぁ?」
「おお、そうかそうか!
 だったらガラドアサンタから
 プレゼントをくれてやろう!」
「あ? どうせ鉄だろうってか?」
「だっはっはっは!
 当たりだ。鉄しかねえ。」
「だが、ガラドアがただの鉄を
 寄越すと思ったら大間違いだぜ!」
「叩いて叩いて
 鍛えに鍛えた鉄の生地。」
「十重二十重に折り重ね、
 鉄のクリームでコーティング。」
「だっはっはっは……
 これぞ男の作る鉄ケーキ
 その名もずばり――」
「ほうれ、黙って取っとけ。
 ガラドア特製、鋼鉄ミルフィーユだ!」
カルテイラマイページ
#1「アホやなぁ……」
「クリスマスっちゅうんは、
 商人がモノ売るために
 作った陰謀やで。」
「そんなんに踊らされて楽しい訳……」
「って、何してんねん!
 勝手にウチのガマグチ開けんといてや!」
「……って、手遅れか。
 そや、アンタにプレゼントや。」
「いつも仲良うしてくれてありがとうな。
 何も言わんと受け取ってんか……
 メリークリスマス。」
#2「アホぬかせぇ!
 この時期の商人捕まえて、
 なにパーティー誘ってんねん!」
「ええか? 商人にとっての年の瀬は
 年末商戦真っ只中つーてなぁ、
 一年で一番の書き入れ時なんやで!」
「って、あんたぁ!?
 何ちゅう顔してんねん!?」
「もー、駄々子やないねんから、
 そないな顔したって、うちは……」
「はぁ、かなわんなぁもう……
 あんたのそないな顔見てたら、
 何か悪い気してきたわ……」
#3
カルバマイページ
#1「メリークリスマス!」
「サンタさんって、
 何でも欲しい物くれるんだよね?」
「ってぇー事は……難攻不落、
 罠だらけのアッツイ遺跡のありかが
 載った地図とかくれちゃうの?」 
「あー、楽しみだなぁ、
 むふふ……」
#2「あっ! 団長!
 メリークリスマス!」
「何してるのかって?
 私は飾り付けの代わりに
 罠を仕掛けてるんだよ。」
「いやー、ははは。
 サンタさんもプレゼント配るだけじゃ
 物足りないかと思ってね?」
「私からもお返し? リベンジ?
 しちゃおうかなってね。」
「へへ、もっちろん足がちぎれる
 ようなのは置いとかないよ?
 人形がびろーん、へへ、そんな程度ね。」
「ついでにお礼の手紙も仕掛けて、っと……
 へへへ! 罠のスペシャリストたる
 私の腕の見せ所だぜ!」
#3
ガルママイページ
#1「メリークリスマス。」
「サンタ、という奴が
 プレゼントを配る日らしいな。」
「そいつを仕留めれば、
 プレゼントを総取り出来るわけか……」
#2「ああ……今年もまた、
 聖夜とやらになったのか。」
「浮ついた時は、足元をすくわれやすい。
 せいぜい気を付けることだな。」
「だが…そうやって締まりなく
 笑っていられる幸せには
 感謝するといい。」
#3
クムユ(火属性)マイページ
#1「メリークリスマスです!」
「ふぇ?
 サンタクロースさんが来るから、
 早く寝たら……です?」
「こんにゃろー!
 クムユ、もう子供じゃないですよ!
 んもー!」
#2「あっ! 団長さん!
 今日は聖夜ですよね!
 これ、使ってほしいです!」
「えへへ、クムユ特製のクラッカーです。
 景気づけってやつですね!」
「クムユが初めて火薬を調合したの、
 こいつを作りたかったからなんです。」
「ククル姉ちゃん、聖夜が大好きだから
 喜んでくれるかなって思って……」
「みんなで楽しく過ごす聖夜を、
 ちょっとでも盛り上げられたら
 嬉しいです!」
#3
クムユ(土属性)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3
クルーニマイページ
#1「メリークリスマス。」
「ははは、今日は
 聖夜という日、らしいね。
「僕みたいな奴と一緒に居ていいのかい?」
「……ふふっ、そうか。
 それじゃあ、一緒に過ごそうか。」
#2「ははは、
 君にクリスマスプレゼントがあるんだ。」
「僕如きのプレゼントでもよければ、
 ぜひ、受け取って欲しい。」
「ただ、全部で六個作ってきたんだ。
 だからこのダイスを振って、
 どれが手に入るか、選んで欲しい。」
「ふふっ、
 さぁ、どうぞ。」
#3
クロエマイページ
#1「ぁぁぁ〜幸せにゃぅ☆」
「街はキラキラでァガるしぃ〜
 (団長)達と一緒だしぃ、
 楽しすぎるしチキンは最高かょとゅー」
「はぁ〜明日の朝が楽しみすぎる的なね。
 今年はサンタさんなにくれんだろ?」
「は? クリスマスの日って、寝て
 起きたらプレゼント置ぃてぁるっしょ?
 サンタさん来るじゃん。」
「会ったことなぃケド、クロエさりげ
 良ぃ子だから、毎年もらぇてるょ?」
#2「雪降るしぃ、寒ぃしぃ、人恋しぃしぃ〜
 聖夜に彼ぴぴぃないとかぁ?
 メンブレだゎぁ〜」
「とか思ってたけどぉ?」
「グラサィ人居すぎとゅー
 みんなシングル的なゃっね。わら。」
「(団長)の神集団まぢリスペクト的な
 ゃっだけど、そこら辺は
 さりげ同じ人種で親近感。わら。」
コワフュールマイページ
#1「やっとやっと、
 メリー・クリスマスだね♪」
「えへへ……
 やっぱりわかる〜?
 うん、私、この感じ大好き。」
「だってだって、
 一年で一番、私達庭師が
 頼りにされる季節だもーん♪」
「もうね、大忙しなんだよ?
 村中の、ううん、島中のツリーをね、
 キラキラにするんだから♪」
「それが今年は一本だけ……
 この艇の、たった一本だけに
 なっちゃった……」
「なのに、可笑しいね。
 私、ちっとも
 寂しくないんだよ♪」
「えへへ……
 どうしてなんだろうね〜
 わかる? 団長さん。」
#2「わーいわい♪
 メリークリスマスだよ〜
 (団長)さーん♪」
「ふふふ、おっかし〜い。」
「(団長)さんってば
 何でそんなにソワソワさんなの〜?」
「えー、赤い聖人さん?
 やって来るのが楽しみなの〜?」
「もー、やだ〜
 (団長)さんってば可愛い〜」
「ふふふ……
 ずっと信じてるんだね?」
「きっと、毎年毎年、ちゃんと
 祝ってくれる人がいたから
 (団長)さんは信じられるんだね。」
「私、(団長)さんの
 そういうところ好きだな〜」
「ふふふ、やだも〜
 私まで、ふふ、ふふふ……
 嬉しくなって来ちゃった〜♪」
コーデリアマイページ
#1「団長殿、メリークリスマス。」
「聖夜と言えば、古の聖人が子供達を
 祝福したと言う伝説で有名だが、
 貴君は何歳まで信じていたクチかな。」
「え、私かい?
 私は今も信じているよ。」
「遊撃の任務は過酷でね。
 騙すのは他人だけでなく、
 自分自身も含めてだから。」
「長く続けていると
 本当の私を見失ってしまう。」
「だから、少しでも忘れないよう、
 今日は心から楽しむことにしている。」
「ともに楽しもう、団長殿。」
#2「(団長)殿、
 今日は聖夜だろう?
 そこで、少し相談があってね。」
「サンタクロースに扮して
 子供達にプレゼントを配ろうと
 計画しているのだが……」
「思いの外、数が多すぎてね
 一人では抱えきれない。」
「そこで(団長)殿に
 協力してもらえないかと
 思っていたのだが……」
「何、本当かい?」
「ああ、貴君ならばそう言ってくれると
 信じていたよ。
 本当に助かるよ。協力、感謝する。」
「ふふ……安心し給え。
 貴君へのプレゼントは
 最後にとっておきを贈るつもりだ。」
「それと、このことは団の皆には
 内緒にしておいて欲しいのだ。」
「何せ、子供達に気取られてしまえば
 一巻の終わり、これはそういう
 危険かつ極秘の任務だからね。」
「子供の夢を壊さない為にも
 情報が漏れる危険性は最小限に
 抑えるべきだと思うのだが……」
「うむ、承諾してくれるか。
 賢明な判断だ。」
「では今夜、逢瀬を楽しもう。
 くれぐれも遅刻は厳禁だよ、ふふ……」

さ行

キャラクター種別台詞
ジャスミンマイページ
#1「メリークリスマス!
 今日はとっても幸せな日
 だって聞きました!」
「うふふ、うんうん。そうよね!
 うさぎさんも、りすさんも、
 みんなみんな幸せですって!」
「(団長)さんは?
 今日は幸せですか?」
「あら? あらあら!
 (団長)さん、おててに霜焼けが……」
#2「(団長)さん!
 ほらほら、こっちへ来てください!」
「今日はとっても冷えますから、
 一緒に動物さん達に、
 あたためて貰いましょう〜!」
「……動物さん達、
 いない方がいいですか?
 私と二人だけのほうが……?」
「え、えっと……それは……
 えへへ……私はいいですよ。
 それじゃ……一緒に過ごしましょうか?」
#3「大切な人と一緒に過ごす、大切な日……
 (団長)さん、私と一緒に、
 過ごしてくれるんですか?」
「ふふふ、ありがとうございます。
 でしたら、動物さん達も一緒に
 過ごしてもいいですか?」
「みんなも(団長)さんも、
 私にとって大切な方々ですから♪」
ジョエルマイページ
#1「メリークリスマス。
 サンタクロースさんでも
 空の底にはいけないものかな。」
「それとも、彼なら
 行けるんだろうか……?
 行けるといいな、その方が夢がある。」
#2「……サンタクロースさんのソリは、
 空の底に行けるんだろうか?」
「どうにか頼み込んで、
 空の底に連れて行って
 貰えないものかな……」
「……忙しいから、ダメか。」
「子供の頃、思いつけば良かった。
 プレゼントの代わりに、
 ソリに乗せて下さいと頼めたのに。」
「……あぁ。
 でも、思いつかなくて
 良かった、かな?」
「でないと、団長達と
 旅に出ることもなかったし。
 うん、思いつかなくて良かった。」
#3
スタンマイページ
#1「メリークリスマス!」
「サンタクロースになに頼むか、
 決めたか? 団長?」
「俺は、そうだな……
 勇気が貰えれば、いいんだけど……」
「人から貰っちゃ意味ないもんな!
 まぁ、つまり。まだ決まってないんだ。」
「なぁ、良ければ一緒に考えて、
 今日過ごさないか? 団長。」
#2「どうしたんだ? (団長)。
 そんなに、難しい顔して……」
「あ、わかったぞ!
 サンタクロースに何を頼むか
 悩んでるんだろ?」
「ははっ、その気持ちわかるぞ。
 去年は悩み過ぎて頭痛くなったからな〜」
「でも、今年はもう大丈夫!
 ……え、なんでかって?
 そんなの簡単なことさ!」
「貰えるならなんでもいいです!
 って、頼もうかと思うんだ。」
スフラマールマイページ
#1「メリークリスマス!
 サンタさんから、なーんと!」
「私の書いた参考書
 『トロールでもわかる魔法入門』
 のプレゼントです!」
#2「メリークリスマス団長さん!
 団長さんはサンタさんに
 お願いごと、したのかしら?」
「もちろん先生もしましたよ!
 皆さんが教科書を開くとき、
 楽しいって思えますようにって。」
「ビィ君みたいに、苦手な事があっても
 お勉強を頑張っていれば、いつか
 きっと何かの役に立ちますからね!」
「さて……それでは、
 これからお食事をして、
 その後プレゼントの交換ですよ!」
「もちろん、
 団長さんのぶんも
 用意してますからね!」
#3
ゼヘクマイページ
#1「メリークリスマス。
 クリスマスにはよく体調を崩してな。」
「ほらいるだろ?
 大事な日に限って決まって
 体調を崩す奴が。」
「だがサンタさんは、
 そんな俺のところにちゃあんと
 来てくれていたようだ……」
#2「今夜は聖夜だな、団長
 だが、今日の俺は
 調子がいい様だ。」
「聖夜の奇跡、とでも言うのか
 俺の体内で暴れる魔力が
 不思議と落ち着いている。」
「……聖夜とは
 名ばかりではないのだな。
 良い、プレゼントをもらった。」
「団長、今日は俺がお前の為に
 何かしてやりたい。こんな風に
 動けるのは又とない機会だ。」
「なんでも言ってくれ……
 聖夜の奇跡を、俺の手で
 お前にも感じさせてやる。」
#3
セロニムマイページ
#1「メリークリスマス!」
「ねえねえ、
 ビィくんから
 聞いたんだけどさ!」
「今日は騎空団のみんなで
 パーティーするって
 本当なの?」
「わぁ、本当なんだ!」
「えへへ、やったね。
 ああ、楽しみだなぁ、
 早く夜にならないかなぁ……」
#2「(団長)さん!
 (団長)さん!
 見て見て、すごいの見つけた!」
「ね、すっごく珍しい豊穣の嘆き!」
「へへ〜ん、うらやましい?
 さっきの島で拾って来たんだ。」
「えー、いつものと変わらない?
 そんなことないよ!
 ほら、よく見て、全然違うから!」
「ほらこれ、すごく尖ってるし、
 こっちはまん丸だし、
 これなんて四角っぽいんだよ!」
「むむむ……これってやっぱり、
 伝説の赤い聖人さんの
 プレゼントだったりするのかな?」
「だって聞いたよ、今日は1年で
 1番大きな奇跡が起きる日なんだって。」
「(団長)さんにも訪れるといいね、
 大きな奇跡。」
「もし来なくてもがっかりしないで。
 ボクの豊穣の嘆き、わけたげるから!」
「えへへ、メリークリスマス!
 (団長)さんに幸あれ!」

た行

キャラクター種別台詞
ダエッタマイページ
#1「うぅ、緊張する……
 今夜は団員のみんなで、
 パーティをするんらろ?」
「あちしは友達が少なかったから、
 そういうの経験したことないろ。
 一体、どう振る舞えばいいのか……」
「えっ、ずっと一緒にいてくれる?
 ……あ、ありがとうら!
 なんだか楽しみになってきたろ!」
#2「えへへ♪
 今年のプレゼントは
 (団長)と交換らろ♪」
「あちしからは、じゃーんっ!
 頭にかぶるぬいぐるみらろ♪」
「これ、
 あちしのお気に入りのお店のら!
 すっごく可愛いろ!」
「(団長)も似合ってて可愛いろ!
 じゃあ、オソロイで吠えるろ!
 せーのっ!」
「がうっ!
 がうがうがーう!」
ターニャマイページ
#1「今日は……クリスマス、だな。
 小さい頃……うっすらとだけど、
 父さんと過ごした記憶があるんだ。」
「……家族みんなで過ごして……」
「……団長、その……
 今日は一緒に居てくれないか?
 なんだか、とても、寂しいんだ……」
「……いいのか?
 ……ありがとう。」
#2「団長……今まで、私は……
 こういう祭りごとがどうにも自分には
 ……合わない気がしていたんだ。」
「街を歩く、幸せそうな人を見ていると
 どこか……世界に一人取り残された
 ようなそんな気分にさせられてな……」
「だが今は、その……団長達の
 おかげでその世界のいち員になれた
 ような気がしているよ」
「……ありがとう。
 団長達と過ごす時間は
 ……とても温かいよ。」
#3
ダーントマイページ
#1「なんてことだ……!
 いったい誰が、このような非道を!」
「リベラ殿達に用意した、
 クリスマスの御馳走が食べられたのだ!
 団長、犯人を捜索するぞ!」
「む、リベラ殿?
 お口にクリームがついておられます。
 さ、我が拭いますゆえ、こちらに……」
#2「むぅ………!
 なんたる非道、なんたる不覚……!」
「去年はリベラ殿達に作った御馳走を、
 何者かに食べられてしまったのだが……」
「今年もしてやられた!
 贈り物を全て奪われてしまったのだ!」
「団長、
 なんとしてでも犯人を捕えよう!」
「む、リベラ殿?
 その口に咥えた柔らかクッションは……」
「おお!
 すでに犯人から奪取していたとは……
 なんたる機敏な対応、我も見習わねば!」
#3
デリフォードマイページ
#1「団長殿。相談があるのだが……
 この騎空艇には、子供も多く在籍しているだろう?
 団長殿然り……」
「そこで、私がサンタクロースとやらに
 扮装し、子供たちにプレゼントを
 贈ろうかと思うのだが……」
「……何?
 サンタクロースは本当に居るから、
 おじさんがやる必要はない、と?」
「くっ……! 待て、団長殿!
 二つほど訂正したい事項があるぞ!」
「まず、私はまだお兄さんだ!
 そこをはき違えないでもらいたい。」
「そして、サンタクロースはいな…」
「ふがっ! もごもご、うぐっ!」
「っぷはっ……!
 な、何をするのだ、団長殿……
 はぁ……し、死ぬかと思ったぞ……」
#2「だ、(団長)殿!
 メリー……クリスマス……
 くっ……ぐぬ……!」
「ああ……そうだ。
 見ての通り、
 全身が、筋肉痛でな……」
「実は、本日の晩餐の食材、
 一昨日の狩りで獲ったものでな。
 私も狩りに参加したのだが……」
「その際に、
 張り切りすぎたのか……ぐっ!
 き、筋肉痛に……!」
「子供達の喜ぶ顔が……見たくてな。
 少し、無茶をしたかもしれん。」
「なぁに。気にするな。
 (団長)殿が
 楽しんでくれれば本意なのだ。」
「料理、気に入ってくれたか?
 それならば、
 本当によかった……いたたっ!」
ドロッセルマイページ
#1「今日は聖夜ですの!
 サンタクロースさんが
 いらっしゃるんですの〜!」
「えっ、なんですの団長さん?
 ……そうですの! ドロッセルは
 立派なレディですの!」
「ふぇっ、大人な淑女には
 サンタクロースさんは
 来ない、ですの……?」
「も、勿論ですの!
 当然ですの!
 何おっしゃってるんですの!?」
「レディなドロッセルは
 サンタクロースさんを
 心待ちになんてしてないですの!」
「(あ、あうぅ……プレゼント
 欲しかったですの……)」
#2「あら、(団長)さん。
 メリークリスマスですの!」
「我が家のパーティーほど
 ではありませんが、
 豪華な晩餐ですの!」
「……我が家のパーティーが
 どんなものだったか、ですの?」
「ふふん、いいですの。
 教えて差し上げますの。」
「艇より大きなホールで、
 豪勢な食事をとって……有名な方々も
 たくさんいらっしゃるんですの!」
「それで……夜、家に帰ると、
 大御婆様が、パーティーでの
 お話を聞いてくれて……」
「私、その時間が、
 とっても好きでしたの……」
「…………」
「あ、いえ……
 な、なんでもないですの!
 ナデナデなんて、しなくていいですの!」
「ここの皆さんも本当に暖かい人ばかりで
 (団長)さんには……
 か、感謝していますの。」
「だから、素晴らしい聖夜ですの!」
「……ああもう、頭をナデナデ
 しないでほしいですの〜っ!」

な行

キャラクター種別台詞
ネネマイページ
#1「メリークリスマスや!」
「はあ? プレゼント寄こせやて?
 アンタ、えらい調子ええなぁ。」
「でもなぁ……
 ウチ、ええ加減飽きてん。」
「いつからやろか。
 もらう側から、
 あげる側になってもうたん……」
「あははは…アカンなぁ。
 ついダンナのこと思い出してしまうわ。」
「なあ、でもたまにはええやろ?
 団長はん、
 ウチに、ちょうだいなぁ。」
#2「アンタ、聞いたか?」
「今年の聖夜は中止なんやってな。」
「何言ってんねん!
 回覧板に書いてあったやないか!」
「えらいこっちゃやで〜
 ヤエのプレゼント、キャンセルや。」
「(団長)はんにも、ぎょーさん、
 ええの用意しとったんやけどなぁ〜」
「しゃーないなぁ、もう……
 こればっかは、しゃーなしやでぇ!」
ノルセルマイページ
#1「メリークリスマス。」
「ん? 雪こがすげぇから、
 サンタクロースさんが
 来られるが心配かぁ?」
「大丈夫だぁ、おらの村の雪こは、
 もっとすげけどサンタクロースさんは
 来てくれだから。」
#2「サンタクロースさんさ、
 このさんびぃ何、大変だなや。」
「ソリで来るちゅう話だけんども、
 騎空艇と違って
 ぬぐだまれねからこえーなぁ。」
「おらたづののみがだで
 じっぱりままければと
 思うんだども……」
「忙しいがら、そったら時間は
 ねぇかもしれんねぇ……」
#3

は行

キャラクター種別台詞
パヴィーダマイページ
#1パヴィーダ
「メリークリスマス!」

「クワワッ!
 (メリークリスマス!)」
パヴィーダ
「団長!
 今日はみんなで美味しい料理を食べて、
 温かくして過ごそうよ!」
小鳥
「チチチッ!!
 (そりゃいいなァ!
 ほら、俺達も暖になってやんよ!)」
「チチチー!
 (遠慮しないで、俺達に
 身体くっつけてぬくんでいけ!)」
パヴィーダ
「せ、先輩……
 先輩の体じゃ、小さすぎるよ……」
小鳥
「チチィッ!!
 (アァン!
 ンだとテメェ!)」
パヴィーダ
「い、痛い痛い!
 ごめんなさい〜!」
#2鳥「クワワッ!!
 (パヴィッ! 聖夜だ!
  なんか歌え!!)」
「ええっ……
 さ、流石に急すぎますよ……
 僕、歌ったこと無いし……」
「あっ、団長!
 先輩達が歌を歌えって
 言ってくるんだけど……」
「僕、歌ったこと無くて……
 あの〜よかったら、
 教えて貰うこと、できるかなぁ?」
#3
バクラマイページ
#1「団長殿、
 お尋ねしたき事が御座候。」
「今宵は、聖夜なるものにて候えども、
 是は如何なるものにて候?」
「ぬ、何と!?
 成人の御生誕を祝うものとな……」
「成る程、左様に候わば、
 さぞかし悟り深き知恵者で
 有り候わん。」
「聞けば大の子供好きと申し候由、
 拙僧も大いに見習いて
 精進せねならぬな、はははは……」
#2「(団長)殿、
 メリークリスマスで御座候。」
「今年こそ、伝説の老聖人とやらに
 お会いしたきものにて候。」
「(団長)殿、お願い申し上げ候。」
「何卒、拙僧とともに
 夜明かしをご所望したく候えども
 如何に候わん?」
「左様、今宵こそ
 老聖人とお話ししたく候故
 是非ともお供を……」
バルルガンマイページ
#1「メリークリスマース、ヤーハー!」
「へへ……
 やっぱいいもんだぜ、
 祭ってヤツぁよ。」
「あ?
 浮かれすぎだって?」
「馬鹿野郎!
 浮かれっぷりが
 男っぷりってなもんじゃねぇか。」
「あ?
 言ってる意味が解らねぇって?」
「あははは……
 気にすんな、
 アタイにも解ってねぇから。」
#2「おいおい、(団長)!
 浮かれてる場合じゃねぇだろ!」
「今日は伝説の赤い聖者サンタが
 空から襲ってくるって
 話じゃねえか!」
「いいか、ぬかるなよ!
 気合い入れていくぜ!」
「はあ? 何がって
 そんなの決まってんだろう!」
「サンタ狩りだよ、サンタ狩り!」
「へへへ、プレゼント強奪して
 売りさばいちまおうって寸法よ!
 どうだ、すげー男らしいだろ?」
「ってダメなのかよっ!?」
「ああン? 良い子にしてねぇと
 プレゼントもらえないけど
 それていいのかだって?」
「だ、ダメだ! それは困る!
 アタイにだって欲しいもんは……」
「だああああ!
 中止中止!
 サンタ狩りは中止だぁぁぁぁ!」
バロワマイページ
#1「そうか、聖夜か……
 昔いた軍では、
 聖夜を余計に特別視していたな。」
「なんでも、戦争の真っ最中にも関わらず
 聖夜だけは戦いが起こらなかった、
 という話があってな。」
「以来、聖夜は全力で祝う……
 というのが昔いた軍の掟だった。」
#2「聖夜か……
 思い出すな、あの凄惨な事件のことを。」
「まだ探偵業を始めたばかりの頃の話だ。
 初めて「お前が犯人だ」という台詞を、
 発してみたのだが……」
「その男は犯人ではなかった。
 そもそも俺は依頼されていない事件に、
 首を突っ込んでいたので追い出された。」
「あの夜の空気は、凄惨だったな……」
#3
ファラマイページ
#1「団長、メリークリスマスっす!」
「えへへ……帝国軍にいた頃も、
 先輩とはプレゼント交換してたっす!」
「アタシ、今年は
 団長にも用意したっす!
 ビシッと受け取ってほしいっすよ!」
#2「えへ、えへへへ……」
「え?
 アタシが何を喜んでるのか、
 気になるっすか?」
「えへへ……今日、これから……」
「カタリナ先輩とデートっす!」
「先輩を独り占め……
 もうサイッコーのプレゼントっすよ!
 えへ、えへへへ……」
#3
フィラソピラマイページ
#1「クリスマス……」
「靴下を事前に用意すると、
 赤い服を着た酔狂な人が、
 プレゼントをくれる日らしいね。」
「だけど、不思議なことにそれを
 信じる人もいれば、信じない人もいる。
 何故だろうね?」
「わ、私!?
 そ、それは、その……
 いたら、いいなっとは思うだけで……」
「ふぇっ!?その靴下は、
 どうしたのって……?
 ……ぷ、プレゼント、欲しいもん……」
#2「ねぇ、団長さん。
 雪が降ってるよ。」
「雪……冷たいね。
 でも、この世界が仮に作られたものだとしたら……」
「この冷たさも……
 団長さんのぬくもりも……
 全部ウソなのかな。」
「あは。何でも無いよ。
 今日、空いてるかな?
 一緒に過ごしてくれると……嬉しいな。」
#3
フェザーマイページ
#1「メリークリスマス!」
「今日は赤い服を纏った老人が、
 子供の元に訪れる日と聞いたッ!」
「フッ……強者の匂いがするな……
 是非とも拳を合わせたいものだッ!」
#2「冷えるか!?
 寒いかッ!?
 団長!!」
「ならば、俺が温めよう!
 この拳で……!
 団長の魂を震わせる!」
「魂が震えれば……!
 身体も自ずと暖かくなる!
 そういうものだ! たぶんッ!」
#3
ブリジールマイページ
#1「メリークリスマスです!!
 団長さん!!」
「なにやら本日は赤い服のご老人が、
 プレゼントとやらをくれるのです!」
「自分、自分で言うのも愚かしいですが、
 とってもいい子です!!
 赤い服のご老人プレゼントくれるです?」
「団長さんは、
 とってもいい人ですから、
 絶対もらえるです!」
「一緒にプレゼント貰って、
 今日はとことんはしゃぐです!」
#2「とことんパーティするです!!
 (団長)さん!」
「今日は聖夜!
 みんなで温かいご飯食べて、
 とことん温かく過ごすです!」
「自分、とことんお料理や
 装飾を頑張ったです!
 きっと、満足して頂けるはずです!」
「とことん楽しんでくださいね!
 (団長)さん!」
フレッセルマイページ
#1「メリー・クリスマス!」
「そっか、クリスマスって
 贈り物をする日だったんだね……」
「ごめん。
 ぼく、クリスマスなんて
 してもらったことないから……」
「そうだ、かわりに山のこと、
 いっぱい話してあげるよ!」
「動物でも、お花でも、
 なんでも聞いて!」
#2「え、なんだか眠そうだって?
 うーん……
 やっぱり、わかっちゃうんだ……」
「去年、とっても楽しかったから……
 今年も聖夜が来ると思ったら
 ドキドキして眠れなかったんだ。」
「だってぼく、(団長)さんと
 一緒にお祝いするの大好きだから!」
「うん、大丈夫だよ!
 今年はぼくも、ちゃーんと
 プレゼント用意してるよ!」
「ね、ね、(団長)さん!
 今夜、楽しみにしててね!」
ヘイゼンマイページ
#1「メリークリスマス!」
「今日は良い子に
 プレゼントをあげる日だな!」
「団長、君が良い子ならば、
 プレゼントをあげよう。」
「悪い子なら……拳骨を……
 ふふ、問題ないようだな。
 ほら、プレゼントだ。」
#2「団長。
 今年も一年、いい子にしていたかな?」
「ああ、もちろん、傍で見ていたさ。
 君はいい子だったよ。」
「ちゃんと今年もプレゼントを
 用意しているからね。
 ほら、受け取りなさい。」
#3
ぺトラマイページ
#1「今日はクリスマスですね。
 えっ? 私の力で雪を
 降らせて欲しいんですか?」
「う、上手く行くかわかりませんが、
 他でもない団長さんの
 頼みであれば、挑戦してみます!」
#2「団長さん!
 これを見て下さい。
 先ほど街で配っていました!」
「この足袋に欲しいものを
 書いた紙を入れておけば、次の日の
 朝に手に入れることができるとか。」
「団長さんは
 何て書きますか?
 私は、お母さんて書こうかな……」
「……いいえ。
 やっぱりやめておきます。
 お母さんは自分で探したいですから。」
#3
ヘリヤマイページ
#1「うふふっ……
 静かな聖夜だな、団長殿。」
「ふむ、こういう夜は……
 その、ふたりっきりで、
 キャンドルに火を灯して……」
「剣の打ち込み稽古だな。」
「ふふっ、冗談だ。」
「団長殿には、
 私を騎空団に入れてくれて
 心より感謝している。」
「来年も、その次の年も、
 できればずっと……」
「団長殿とともに、
 この静かな聖夜を
 過ごせることを祈って……」
「メリー・クリスマス。」
#2「とある島では、この聖夜には
 こ、恋人と過ごす、という風習が
 あると聞いたんだが……」
「(団長)殿は、その……
 聖夜に、こ、恋人と過ごしたことは
 あったりするのだろうか……?」
「ああ、そんな邪推をして
 (団長)殿を困らせて、
 何をしているんだ、私は!」
「申し訳ない、(団長)殿!
 今の質問はなかったことに
 してほしい……!」
「くっ……この雑念があるから
 私はまだまだ父のような高みへと
 至れずにいるのだろうな。」
「雑念め……!!
 どこまでも私を
 振り回すというのか……!」
「すまない、(団長)殿!
 この雑念を、払拭するためにも、
 少々あたりを走ってくる!」
ボレミアマイページ
#1「聖夜の団欒……か。
 あぁ、いや、私やサラには
 縁遠いものだったんでな。」
「砂神の巫女や、護衛隊は
 マナウィダンの水害で
 家族を亡くした者から選ばれる。」
「結束は強いが、自然と
 祝い事をするような
 間柄にはならないんだ。」
「……思えば、サラにも
 歴代の砂神の巫女達にも……
 酷なことをしたものだ。」
「……取り戻せる、か。
 ……そうだな、そう願っている。」
#2「……確か、この箱に……」
「ん? (団長)、どうした。
 何か用か?」
「ああ、以前サラが作ってくれた
 松ぼっくりのツリーを
 今年も飾ろうと思ってな。」
「……護衛隊長だった頃は、
 持ち物は
 なるべく増やさない主義だった。」
「不思議なものだな、
 ここに来てからは
 荷物が増える一方だ。」
「いや……おそらく、
 良いことなのだと思う。思いたい。」
「荷物も思い出も、私はもう
 捨てなくて良いんだと……
 そういうことなんだ、きっと。」

ま行

キャラクター種別台詞
マリーマイページ
#1「メリークリスマス!
 サンタクロースってさ、見返りもなく
 プレゼント配るなんて酔狂よね〜。」
「あっ!
 人の良いところは
 君に似てるかも?」
#2「ねえ見た、団長?
 すごいんだから、
 今回の聖夜のディナー!」
「団の料理好きが集まってね、
 腕によりをかけたんだって。」
「テーブルから溢れそうなんだけど、
 食べきれるかな?
 結構団員いるし、案外食べきれちゃう?」
「ん? テンション上がってる?
 そうかな……そうかも。」
「疑ったりしなくていい相手と
 お腹いっぱい楽しく食べて……」
「当たり前、なのかもしれないけど。
 でもそういうの、すごく幸せだなって。
 あはは。」
#3
マリー(水着バージョン)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3

や行

キャラクター種別台詞
ヨダルラーハマイページ
#1「サンタクロースと
 間違われちまったわい!
 きっちっちっち!」
「まったく……
 ニセサンタ呼ばわりされて
 追いかけられたわい!」
#2「メリークリスマス!」
「さてと。他ならぬお前さんがたの
 ためじゃ。たまにゃあ
 ワシも包丁を握ってみるかのう?」
「なに、ワシだって釣りをするばかりが
 能じゃないわい。長い山籠もりで
 料理なんぞ飽きるほど作ったからのう!」
#3「ほぉ……
 騎空団の皆で聖夜の
 パーティをやろうというわけじゃな?」
「ふむふむ、
 そこでプレゼント交換をするんかのう?
 ほぉ、それじゃあやっぱり……」
「わかっとるわい!
 生の魚はダメっちゅーんじゃろ?」
「安心せい!
 こんがり美味しく焼いていくわい。
 きっちっちっち!」

ら行

キャラクター種別台詞
ライアンマイページ
#1「今日は大切な人と過ごす日。
 そう、クリスマスだ……」
「こ、コンロン……
 一緒に過ごせないだなんて、
 俺はなんてダメなお兄ちゃんなんだ……」
「きっと今頃寂しい思いを……
 あ、ああ、あああ……!!」
「団長!!
 俺の故郷へ戻ろう!!
 今すぐ、今すぐに!!」
#2「なぁ、(団長)。
 買い物に付き合ってくれないか?」
「コンロンに
 クリスマスプレゼントを
 買ってやりたいんだ。」
「ふふ、もちろん。
 お前の分も買ってやるぞ。」
「さ、行こうか。
 外は冷えるからな。
 ちゃんと着こむんだぞ。」
#3
ラムレッダマイページ
#1「……メリィ……クリスマ……ス……
 うぅ〜アタマガンガンするにゃ……」
「いまみんなで騒ぐのは、
 ちょっと……キツイにゃ……」
「うぅ……あたしは部屋で寝てるから……
 落ち着いたら、顔出すにゃよ……」
#2「んんぁ……
 ぶどう酒をのみすぎたにゃ……」
「(団長)きゅん……
 いいところにきたにゃ……」
「おねえさんにおみじゅを……
 めぐんで……ほしいにゃあ……」
「ふにゃあ〜
 あ、あたまガンガンするにゃ〜」
「ん……おみじゅ?
 ありがとにゃ……
 んごっんぐっんぐっ……ぷはぁ〜」
「ううぅん……これほんとにおみじゅ?
 おみじゅもおさけのあじがするにゃ〜」
ランドルマイページ
#1「……ああ、お前も聞いたか、
 団長。」
「デカい袋せおった赤づくめのオッサンが
 ガキにプレゼント配って
 回ったらしいな……」
てめぇの拳圧で、
 空飛びながらだ。
「ふざけたヤローだぜ……!
 今夜は、徹夜で張り込むぞ。
 お前も付き合えよ、団長。」
#2「(団長)、去年は完徹空しく
 赤づくめのヤローは、
 俺達の前には現れなかった……」
「だが……俺の枕元にも
 お前の枕元にもなぜか
 プレゼントが置かれていた……」
「これが、どういうことかわかるか……?」
「ハッ……お前には愚問だったな。
 俺にわかって、お前ほどの実力者に
 わからねぇわけもねぇか……」
「俺らが見てる前で、気配を消し……!
 何事もなくプレゼントを
 置いていきやがった!!」
「気配を完全に消してたってことだ……!
 チッ……!
 どこまでもふざけたヤローだぜ……!」
「このまま引くわけにはいかねぇな。」
「なぁ(団長)、今年もまた、
 赤づくめに挑むとしようぜ……!」
リチャードマイページ
#1「ふふ、悪くない聖夜だね、
 団長。こういう夜は
 俺の博打心が妙にくすぐられて困る……」
「そうなんだ、俺はやっぱり、
 キャンドルよりギャンブルなのさ。」
「さあ、団長。
 俺と一つ、賭けをしようじゃないか。」
「そうだな……今夜、伝説の赤い老聖人が
 本当にやってくるかどうか、
 ってのはどうだい?」
「明日起きて、君の枕元にプレゼントが
 あったら、俺の負け。
 そのプレゼントは好きにしていい。」
「ふふ、さあ、わかったら、
 今夜は夜更かしもほどほどにしてゆっくりと休むんだ。」
#2「あぁ、(団長)。
 賑やかで美しい聖夜だね。
 今年も俺の博打心が疼いてしまう……」
「だがまぁ、今夜はやめておこう。
 適当な店で飲み明かすとするか。」
「うん?
 実は信心深いのかって?」
「ははは、まさか!
 どこぞの家の父親に勝ってしまって、
 赤い老聖人が減るのは後味が悪いのさ。」
「(団長)も一杯どうだい?
 もちろんジュースに限るけどね。」
ルナールマイページ
#1「クリスマス?
 ああ、わたしは興味ないわ
 凡俗のイベントじゃない。」
「それよりも新作を描かないと……
 え、次の題材?
 そうね、ちょっと教えてあげる。」
「次はズボラなサンタさんと息子と、
 生真面目な病気の少年の耽美モノよ。
 煙突の中での描写に力を入れてて……」
#2「聖夜、か……
 子供の頃を思い出すわ。
 耽美モノに目覚めた初年度のこと。」
「真面目な人体図鑑を買って貰って、
 「そういう絵」のところを眺めて、
 楽しんでたんだけど……」
「でも両親は誤解して喜んでたの。
 将来は医者か博士か、なんてね?
 ……罪悪感で過呼吸になったわ。」
「はぁ……
 あ、見て、雪が降ってきたわ……」
ルナール(水着バージョン)マイページ
#1初登場verと同一
#2
レオノーラマイページ
#1「メリークリスマスでございやす!
 親分!」
「年の瀬で色々お忙しいたぁ思いやすが、
 お体にはお気をつけくだせえ!」
#2「いやあ、親分達と過ごす
 聖夜ってなぁ格別でやすねぇ。」
「親分に拾われる前はアタイら
 野良やってたから、聖夜なんてのは
 寒いばかりでごさいやした。」
「それが今、こうしてごちそう囲んでプレゼントの交換たぁ、
 涙のひとつもこぼれちまいやす!」
「くぅ〜! 親分、アタイら、
 一生親分についてく覚悟でさぁ!」
#3
ロザミアマイページ
#1「街が騒がしいと思ったら、
 聖夜とやらで浮かれているようね。」
「クリスマスカード?私に作れと?
 みんな作っているから……?
 そう……ちぎり絵で作ればいいかしら?」
備考:
前回「ちぎり絵を」という文が表示されていたが、
セリフの「ちぎり絵で」に修正された
#2「聖夜のパーティー?
 悪いけれど、
 私は騒がしいのは嫌いよ。」
「料理とかケーキは、
 部屋に持って行って、
 ひとりで食べるわ。」
「……私の部屋で一緒に食べる?
 あなた一体何を言っているの?
 バカなの?」
「……静かにしていられるなら、
 別に構わないわよ。」
#3
ロジーヌマイページ
#1「メリークリスマス、団長さん。
 パーティーの準備にも一生懸命なのね。」
「騎空団のみんなで楽しむために
 頑張ってくれて……
 本当に偉いわ。」
「おばあちゃんにも、お手伝いさせてね。
 お料理は大好きなの。」
「今夜は腕によりをかけてパーティーの
 ご馳走を作りますからねぇ。」
#2「あらあら、
 とっても賑やかですねぇ。」
「みんな笑顔を浮かべて……
 素敵な夜だわ。」
「ふふふ。
 おばあちゃんも聖夜には
 大事な大事な思い出があるの。」
「おじいさんと暮らしていた時にね
 ささやかなご馳走を作って……」
「いつもより少しだけ
 夜更かしなんかしたりして……」
「あの頃はたった2人きりだけど、
 それはそれは
 温かくて幸せな時間だったわ。」
「聖夜というのは……
 たくさんの思い出が
 詰まっている夜よね……」
ローアインマイページ
#1「メェーリィークリスマース!」
「聖夜はお祭り騒ぎで行くんで
 ヨロシクー!!」
#2「実力!」
3人「ふぅわ! ふぅわ!」
エルセム「財力!」
3人「ふぅわ! ふぅわ!」
トモイ「包容力!」
3人「ふぅわ! ふぅわ!」
「あ、団長じゃないッスか。
 メリクリスマース!」
エルセム・トモイ「メリクリーッス!」
「今、古今東西タクロー
 (サンタクロース)から貰いたいモノ
 ゲームやってたッスよ。」
「いや流石にキャタリナさんはナシっス。
 タクローが洗脳したって
 事じゃないスか。マジありえねー的な。」
「………! ちょ待てダチ公!
 今マジピッカンが
 カタストロフィング来てっから!」
エルセム・トモイ「何がよ、的な。」
「とりま聞けや?
 タクロー……キャタリナさん……」
3人「タクローの格好した
   キャタリナさん!?」
エルセム「っべーぞコレ……」
トモイ「マジッベーの降臨してっぞコレ……」
「だべ? これハートにズッキュン……」
3人「来〜る〜よ〜ね〜!」
#3
ローアイン(水着バージョン)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3

わ行

現時点では無し

コメントフォーム

雑談・感想板

+ 「雑談・感想板」のコメントを見る

セリフ情報提供板

+ 「セリフ情報提供板」のコメントを見る

TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 23:40:49