このエントリーをはてなブックマークに追加

「メリー・クリスマス!」キャンペーン (SSR)

季節ボイス集 > クリスマス( SSR | SR | R | その他


+ 関連ページ

 
news_xmas2016_8.png
 

 


 

このページについて

季節ボイス集キャンペーンのレア度別一覧表となります。
当ページは「メリー・クリスマス!」キャンペーン の会話を収集しまとめたページです。
協力して下さる方は、下の各キャラ名の下に直接編集で会話内容を追加するか、コメント欄に書き込んで下さるようお願いします。

期間中、「ルリアノート」や「リスト」などの詳細画面に「イベント会話用のボタン」が表示されます。
イベント会話用のボタンをタップすると、会話シーンが再生されます。

季節ボイスの概要や開催期間については、季節ボイス集のページを参照お願いします。

※当ページには会話内容等のネタバレが含まれていますので苦手な方は閲覧注意です。

台詞一覧

あ行

キャラクター種別台詞
アイルマイページ
#1「チッ……
 どこもかしこも騒がしいな。
 今夜は眠れそうにねえ。」
「(団長)も
 向こうに行ったらどうだ?」
「アンタには
 明るい場所が似合ってる。
 オレは適当に訓練でも……」
「あぁ?
 だ、誰が寂しそうだって?
 ……真っ赤なサンタにしてやるよ。」
#2「ん……?
 なんだよ、また来たのか。
 去年の聖夜もオレといたよな。」
「わかんねえヤツ……
 まあ、その辺で好きにしてろ。
 訓練の邪魔はするなよ。」
「あぁ?
 「追い払わないの?」だって?」
「う、うるせえ。
 別に許可した訳じゃない。
 アンタは言っても聞かないから……」
「ああ、クソ……」
アオイドスマイページ「メリークリスマス、団長」
「白い雪、清い夜、アオイドス……
 あぁ、世界はこんなにも神々しい」
#1「……あぁ、(団長)か。
 今、この時期に相応しい曲を作ってた。
 まだ詞の段階だが、感想をもらえるか?」
「静かなる夜に粛清を……
 背徳のツリーに優しい罰を贈ろう……
 粉雪に咲いた赤い薔薇、この胸に……」
「どうだ?
 率直に言って構わない。
 ……おい、待て、どうして逃げる?」
#2「フ……
 先ほどアカイドスと街に出たら、
 想像していなかった事態が起きたよ。」
「子供達が俺を指さして、
 最近GIGで披露したばかりの、
 新曲のタイトルを口々に叫んだんだ。」
「まさか、こんなにも反響があるとは……
 子供には難しい楽曲だと思っていたが、
 むしろ柔軟な感性にこそ馴染むようだ。」
「……新曲のタイトルか?
 あぁ、「Thunder Cross」だ。
 そうだ、白い袋も担いでいたぞ?」
「おいおい、興味津々だな。
 OK、君にも聴かせてやろう。」
アギエルバマイページ
#1「メリークリスマス!」
「アルドラたんに
 プレゼントを用意したんだが、
 両腕じゃ抱えきれなくてな……」
「悪いが、
 運ぶの手伝ってくれねぇか?」
#2「よぉ、(団長)!
 クリスマス楽しんでるか?」
「なんだなんだぁ!?
 (団長)もアルドラたんに
 プレゼントを用意してくれたのか?」
「ありがてぇ!
 どれどれいったい何を……」
「おい……おいおいおい!
 こりゃあ、ちょっとアルドラたんには
 お姉さん過ぎるだろう!」
「こんな……ミニのワンピースなんて
 おとたん心配ッ!!」
アザゼルマイページ
#1「フン、何がメリークリスマスだ!」
「ふざけろ、悪魔が聖者を祝ったりなど
 するものか。」
「人間どもの笑顔、装飾、賛美歌、
 何もかもに虫唾が走る……」
「お前とて同じことだ!
 にやにやと話しかけてくるな。」
「おい、(主人公)、
 聞いているのか!
 俺に料理を勧めてくるなと言っている!」
「フルーツポンチも、チキンも、
 パンも、ハムも、シチューも、
 ケーキも……」
「なっ、ケーキ、だと!?」
「クッ、お前がそこまで勧めるなら
 やぶさかではない……!」
「だが忘れるな! 俺は祝福などしない!
 歓喜も感謝もしない。魔族が復活する
 その時まで……」
「もぐ、もぐもぐもぐ……」
「フン、まずい飯だ。もっと寄越せ!」
アニラマイページ「メリークリスマス! くふふふ・・・・・・街も人も皆、聖なる夜に浮き足立っておるようじゃのう!」
「お役目に着くまでは、毎年、聖夜は家族と共に過ごしていたんじゃ。
 苺のケーキが大層美味だったのを覚えておる・・・・・・
 ん? べ、別にケーキを用意しろと催促してるわけじゃないぞ!」
#1「メリークリスマス! くふふふ・・・・・・
 街も人も皆、聖なる夜に
 浮き足立っておるようじゃのう!」
「お役目に着くまでは、毎年、
 聖夜は家族と共に過ごしていたんじゃ。」
「苺のケーキが大層美味だったのを
 覚えておる・・・・・・」
「ん?
 べ、別にケーキを用意しろと
 催促してるわけじゃないぞ!」
#2「そなたと過ごす聖夜も
 これで二度目じゃのう。」
「さぁ、今宵は正装して
 街へ繰り出そうぞ。」
「くふふふふっ……
 こうして我とそなたが並ぶと
 なんじゃ……その……」
「ええい!
 なんでもない!」
「ん……なになに?
 イチゴのスイーツが有名な
 店を予約してあるじゃと!」
「そ、それはまことか! そなた……
 もしかして、去年の我の
 戯言を覚えておったのか?」
「もぉ〜! その様な大事を
 何食わぬ顔でしれっと言いおって!」
「くふふふふっ! 愛い奴め〜!
 そなたには頬ずりの計じゃ〜!
 うりうりうりうり〜♪」
#3「ここが(そなた)の
 この時期イチオシの場所なのだな?」
「よいではないか。
 小高い丘から見下ろせる
 仄かな明かりの灯る街並み……」
「雪化粧もしてなかなか幻想的じゃ。
 我はとても気に入ったぞ。」
「ん? この後もう一つ行きたい
 場所がある?
 いちごのスイーツのお店とな。」
「そなた、まさかとは思うが、我には
 いちごのスイーツを与えておけば
 満足すると考えてはおらぬか?」
「そのまさかじゃ。
 くふふふふ〜〜!!」
「嬉しいのう〜!
 そなたのような愛いやつには
 頬ずりの刑じゃ。」
「うりうりうりうり〜♪」
アリーザマイページ
#1(SR版と同一)
#2
アルタイルマイページ
#1「……今日の艇は
 随分と賑やかですね。」
「(団長)殿、
 いったい何事です?」
「なるほど、聖夜のお祝いでしたか。
 ……それにしても、
 随分と賑やかな聖夜ですね。」
「あなたの故郷の
 過ごし方なのでしょうか?」
「郷に入っては郷に従え。」
「私も(団長)殿と過ごす聖夜を
 楽しませて頂くとしましょう。」
#2「こら、ビィ! よしなさい!!
 私のメガネはおもちゃではありません!」
「ビィ、悪ふざけもたいがいに……!」
「まったく、ビィには困ったものです。」
「あろうことか、私のメガネを
 ツリーに飾り付けるなど……」
「(団長)からも、ひと言
 注意してください。」
「…………ん?」
「なにを笑っているのです。
 え? 私が話しかけているのは……」
「(団長)ではなく……
 クリスマスツリー……」
アルベールマイページ「メリークリスマス」
「今日はクリスマスか……
 お前は今夜、誰と祝うんだ?」
#1「今日はクリスマスか……
 お前は今夜、誰と祝うんだ?」
「もし良かったら……
 俺も一緒に祝わせてくれないか?」
#2「聖夜の祝い?
 そうか……俺も準備を手伝おう。
 これを運べばいいのか?」
「フッ……仲間の為に何かをしようという
 (団長)の思いに共感している
 んだ。旅に危険はつきものだが……」
「こんなふうに、つかの間の時間でも
 皆が笑って居られるのは(団長)が
 力を尽くしているおかげだろう?」
「俺は、(団長)のその器の広さと
 温かさが……少し羨ましくも思うよ。」
「フッ……なんでもない。
 さぁ今夜は盛り上がろう。」
#3「今年も無事に
 聖夜の祝いができて、
 喜ばしい限りだな。」
「フッ……
 だが、今宵の祝いは
 今までとは一味違う。」
「(団長)、
 ツリーのほうを見てくれ。」
「……はっ!」
「どうだ? このツリーの煌めき。
 皆で(団長)に
 隠れて準備をしていたんだ。」
「俺が電気を流すと、
 色とりどりに光るようになっている……」
「各々が好き勝手に
 飾り付けたのだが……
 思いのほか綺麗な仕上がりだろう?」
「さぁ、聖夜はまだまだこれからだ。
 この宴を共に楽しもう。」
アルルメイヤマイページ
#1「メリークリスマス、
 (団長)。
 今宵は何か予定があるのかな?」
「もし良ければ、この聖なる夜を
 君の隣で過ごしたいのだけど……
 いいかな?」
「聖夜は親しい者達が集い、
 穏やかに語りあうものなのだから。」
#2「今宵は聖夜、
 親しき人々と集い
 晩餐と団欒を楽しむ日。」
「冬のように冷たく厳しい運命も、
 他者との絆と団結があれば
 乗り越えられる、ということさ。」
「逆に言えば、
 ヒトというものは
 独りきりでは弱いもの。」
「それは(団長)、キミのような
 強い心を持つ者も、私のように
 未来を見通す者も変わらない。」
「ふふ、何を言いたいのかと
 訊きたい顔をしているね。」
「つまり……今日という日を、
 共に過ごそうということだよ。」
「ふふ、親しい人の枠には
 入れて貰えるつもりだけれど……
 それとも、私の勘違いかな?」
「キミと過ごす穏やかな時間……
 その記憶があれば、私も未来の困難を
 乗り越えられるというものさ。」
#3
アルルメイヤ(クリスマスバージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3「メリークリスマス、(団長)。
 聖夜というのは幾つになっても
 心が躍るね。」
「今年も料理好きの団員達が
 厨房で腕を振るっているようだよ。
 私も少し手伝ってきたんだ。」
「島によって聖夜の晩餐に出される
 料理やお菓子は異なるからね。
 テーブルがまるで見本市さ。」
「料理を囲んで皆でお喋りする……
 ふふ、夜が本当に楽しみだよ。」
「ただ、君の隣の席に座るのは
 少々難しそうだね。
 それだけ、少し残念……かな。」
アンマイページ
#1
アンスリアマイページ
#1「メリークリスマス……」
「ええ……賑やかなのは好きよ。
 でも、今は静かに過ごしたいわ。」
「だって、大切な貴方と
 二人きりなんだから……」
「ね、今日はこのまま、
 ずっと二人きりで……」
「ふあっ!?
 い、いいの?
 ほ……ホントに?」
「ううっ、や、やっぱり、だめっ!
 そ、そんな事、恥ずかしすぎて……え?
 からかっただけ?」
「も、もう!
 あまり年上をからかわないで!」
#2
アンチラマイページ「メリークリスマス。」
「今日はみんなで、パーティする日でしょ?」
「うふふっ。今日はなんかもっくんも、ご機嫌みたい!」
#1「メリークリスマス。」
「今日はみんなで、
 パーティする日でしょ?」
「高い所の飾りつけは、
 ボクともっくんに任せて!」
「ん……もっくん?
 どうかしたの……って
 あはは、くすぐったいよ!」
「うふふっ。
 今日はなんかもっくんも、
 ご機嫌みたい!」
#2「今日は聖夜でしょ?
 (君)は
 どこか出かけるの?」
「うん……?
 なんでそんなこと聞くのって、
 ま、ボクもちょうど暇なんですけどー」
「その、良かったら今夜ご一緒に
 どうかなーと思いまして……?」
「えっ?
 ボクと一緒にいてくれるの?」
「やったぁやったぁ!
 これがデートてやつだね?
 わーい! デートだデートだぁー!」
「(団長)とデートだぁ!
 ふふふ〜今夜はどんなお洒落して
 出かけよっかな〜!」
アンリエットマイページ
#1「クリスマスソングと言えば、
 貴方は何を思い浮かべるかしら?
 人によってそれぞれあるわよね。」
「若い人だと明るい曲とか、
 ご老人だと荘厳な曲とか……
 え、私は何を思い浮かべるかって?」
「そうね……じゃあ、
 ちょっと奏でてみるわ。
 私のクリスマスソング、貴方のために。」
#2「今日は聖なる夜……
 神様も満足するような、
 聖き旋律を奏でるわね。」
「……えっ?
 ホールケーキを作った?
 苺は全員分ないかもしれない?」
「…………」
「はい、聖き旋律おしまい。
 ケーキは食堂にあるのかしら?
 ……じゃあ、ちょっと失礼するわね。」
#3
アーミラマイページ
#1「サンタクロース……?
 何、それは?」
「そのじじいはヘルヘイムへの近道、
 知ってるのか?」
「そのじじい、捕まえよう!
 私、ヘルヘイムに行ってお母さんに会う!」
#2「今年もじじい探した。
 願いを叶えるじじい。
 でも、やっぱり見つからない。」
「だから、教会の女に伝言を頼んだ。
 きっと伝えると言ってた。」
「それで今日、じじいから返事が来た!
 いい子にしてれば、
 きっとお母さんに会えるって!」
「だから私、いい子になる!」
#3「(団長)、(団長)は
 例のじじいに会ったことがある?
 願いを叶えるじじい。」
「あのじじいは、いい子の願いを叶えると
 噂で聞いたから。いい子といえば
 (団長)だと、ラカムが言ってた。」
「ラカムは、いい子になりたければ
 (団長)をよく見て学べとも
 言ってた。」
「だから私、(団長)をよく見る。
 私がいい子になるまで、
 私のそばにいて。」
イオ(水着バージョン)マイページ
#1(SR版と同一)
#2
#3
イオ(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(SR版と同一)
#2
#3
イシュミールマイページ
#1「家の暖炉にはいつも火が
 点けられていたの……」
「みんなが寝静まった夜に……
 誰にも気づかれないように
 暖炉の前に行くの。」
「私は暖炉が大好きだった。
 暖かくて……心地よくて……」
「暖炉の前に居ると……
 その温もりに守られているような……
 そんな気持ちになれたわ。」
「その頃の私には……
 たった一つの安らぎだった……」
「もう……何十年も前の話よ……」
#2「こんばんは。(団長)……
 どうしたの?
 私に何か用かしら?」
「そう、今日は聖夜なのね。
 お祝い……?」
「特別な日に、こうして私の元へ
 来てくれて嬉しいわ。
 ありがとう、(団長)。」
「貴方は暖炉の様な人……
 温かくて……優しくて……」
「寒い夜も、
 こうして貴方と居られるのなら、
 幸せね……」
「好きよ……(団長)。」
イシュミール(水着バージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
イングヴェイマイページ
#1「この艇は聖夜にパーティをするのか?
 俺には考えもつかなかったことだな。」
「なに?
 俺の騎空団では何をしてたかって?
 あぁそうだな、あの頃は確か……」
「知らん。
 団なんか放っといて女といたからな。
 毎年毎年、副団長にキレられてたぜ。」
#2「よぉ、(主人公)。今年も
 聖夜のパーティーをするんだろう?
 艇に立派なモミの木を運んでおいたぜ。」
「ジジィの俺には慣れない文化だが、
 郷に入れば郷に従えってヤツだな。
 せいぜい余生を楽しませてもらうさ。」
「まぁモミの重量で艇が少々傾いてるが……
 気にするな、ラカムの腕なら捌けるだろ。
 はっはっは!」
ヴァイトマイページ「メリークリスマス」
「雪、か……初めて見るよ。ああ、なかなか美しいな」
「団長サン!僕にクリスマスプレゼント、くれるんだよね?フフ」
#1「メリークリスマス。」
「今日は聖夜だね。
 団長サン。」
「といっても、
 ヴァンパイアには
 こういった文化はない。」
「まったく……
 人間は祝い事が好きだな。
 だが……フフ。」
「別に不快ではないな。
 さぁ、団長サン。
 今日を楽しもうか。」
#2「今日は騎空団の全員で
 パーティーをするらしいね。」
「確か、
 人間は聖夜にご馳走を
 食べるんだっけか。」
「チキンにケーキ、
 それにシチューやパイ。」
「なるほど、こうやって
 考えると人間はかなり、
 食の文化が進んでいるな……」
「フフ、楽しめそうだ。
 だけど少し残念なのは……」
「(主人公)サンの血が、
 ご馳走の一つに
 入ってないこと、かな。」
「フフフ、なんて冗談だよ。
 無理に血は吸わないさ。」
「(主人公)サンが
 吸わせてくれるなら……
 別だけど、ね。」
ヴァンピィマイページ
#1「メリークリスマスー!! みてみてー?
 街がぴかぴかひかって、
 とってもキレイだよねーっ!」
「みんなも笑ってとっても楽しそうっ!」
「ヴァンピィちゃんと一緒に
 過ごせて楽しいよねっ?」
「(アンタ)はヴァンピィちゃんの
 けんぞくぅ、なんだから、
 一緒に楽しまないとダメなんだからねっ!」
#2「う〜さむいよぅ〜
 ね〜けんぞくぅ〜……」
「はやくあっためてよぅ〜!
 ぼーっとしてないで!
 ヴァンピィちゃんをあたためて〜!」
「(アンタ)はヴァンピィちゃんの
 けんぞくぅなんだよ?」
「あっためてくれないなら〜
 かぷかぷかぷってしちゃうんだから!
 だから、はやくはやく〜♪」
#3「けんぞくぅ〜!
 ね〜、こっちきてぇ!」
「も〜、おっそーい!
 ほら、ヴァンピィちゃんのこと
 抱っこして!」
「だってこのままじゃ、
 ツリーの上の方に
 手が届かないんだもん!」
「ほらほら早くぅ!
 抱っこして〜!
 もっとキラキラにするんだから!」
ヴィーラマイページ
(Sレア版と同一)
ヴィーラ
(水着)
マイページ
(SR版と同一)
ヴィーラ
(リミテッド)
マイページ
#1
#2
#3
キャタピラとヴィーラマイページ
#1カタリナ
「今夜は聖夜らしいな。ふっ……
 もう、こんな体になってしまった
 今では、寒さも何も感じないな……」
ローアイン
「キャタリナさん、
 ちょっといいっすか?
 失礼しまっす!」
カタリナ
「な、何をするんだ、
 ローアイン!?」
「きゃっ……!」
ローアイン
「この、俺の温もりも、
 何も感じないっすか?」
「俺は、キャタリナさんの温もり
 すっげー感じまくり
 マクリスティっすけど?」
カタリナ
「ローアイン……
 君という男は……」
エルセム・トモイ
「イッツァラァァァァヴ!!!」
ヴェインマイページ
#1(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
ウーノマイページ
#1「メリークリスマス、団長。」
「ふふ……今日は年に一度の素晴らしい夜だ。」
「団長は知っているかな?実は聖夜について、こんな逸話がある……」
「かつてあるところに、長きにわたって争い合う二つの国があった。」
「両国の戦争は幾年もの間続いていたが……」
「聖夜の、その夜だけは、お互いに武器を収め、祝いの歌を歌ったそうだ。」
「本当は誰も争いなど望んでいない……聖夜はそのことを、思い出させてくれたのかもしれないね。」
#2
エッセルマイページ
#1「メリークリスマス。
 昔はね、賑やかに飾り付けられた
 街を見ると、少し寂しかったんだ。」
「ん……
 今は、そんなことないよ。
 キミもいるしね。」
#2「(団長)達と一緒に、
 聖夜を過ごせて嬉しいよ。
 みんないい人ばかりだもの。」
「……昔はね、
 飾り付けられた街を見ると
 胸が苦しかった。」
「どうしてあのキラキラの中に
 自分達はいられないんだろう、
 って考えてしまって。」
「ん……今は、
 私もカトルも星屑の街の子達も
 みんなキラキラの側にいる。」
「とっても、幸せだなぁって……
 ……うん、思うんだ。」
「……本当なのかな、って
 時々疑ってしまうくらいに……」
#3「メリークリスマス。
 聖夜を祝うために、星屑の街の
 街路樹の飾り付けをしているんだ。」
「弟妹達も楽しそうだし、
 私もなんだか嬉しくて。」
「……昔は、聖夜のキラキラした空気は
 私達みたいな子にとって
 別世界のものなんだと思ってた。」
「でも……今は、こうやって
 自分達の手でキラキラを作れる。」
「……なんだか不思議な気分なんだ。
 でも、うん。悪くないよ。
 ……悪くない。」
オイゲン(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(Sレア版と同一)
#2
#3
オクトーマイページ
#1「ふむ、今日は聖夜か。
 童は早く寝よ。」
「……ぬ?童ではない、とな
 ……これは異なことを申す。」
#2「古くより、聖夜には
 童は早く眠ると決まっておる。
 うぬもそれに習うがよい。」
「……我が童であった時、とな。
 ふむ……どうであったか……
 忘れてしもうたわ。」
「……例え忘れようと、
 ヒトの身に等しく時は過ぎる。
 空恐ろしいことに、な。」
「重ねた時がヒトなるものを
 形作るのであれば、
 忘却とは如何なる意味を持つか……」
「今に至りて、未だ我にも
 解らぬことばかりよ。」
#3「む?
 なんだ、まだ起きておるのか。
 聖夜であるぞ、童は早く眠れ。」
「童は良く育つ為に
 良く食い、良く寝よ。
 良く遊び、良く学ぶはその後よ。」
「達人なる者の成長よりも
 童の成長は格段に速い。
 それを支える為の土台作りを怠るな。」
「童でなくば手に入らぬものもある。
 童の時分には解らぬだろうがな。」
「……最早、童ではない、とな。
 クハハハハ、如何にも童の言い分よ。」
オリヴィエ(リミテッドシリーズ)マイページ
#1
オーキス(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(オルキスと同一)
#2
#3

か行

キャラクター種別台詞
ガウェインマイページ
#1「フン……
 どいつもこいつも浮かれやがって……
 クリスマスだか何だか知らんが……」
「なに? 祝いの席を用意しているだと?
 チッ……仕方ないな、
 今日だけは付き合ってやる。」
#2「おい、(団長)。
 何か欲しいものは無いのか。」
「か、勘違いするんじゃないぞ。
 クリスマスとはそういう日だと、
 小耳に挟んだだけだ!!」
「ほら、はやく準備しろ!
 町へ買い物に行くぞ!!」
#3「プレゼントだと? はっ、
 去年渡してやったのを忘れたのか?」
「今年は貴様がよこせ。
 俺達は対等な関係だろう。」
「そうだな……時間だ。
 貴様の時間をよこせ。
 なに? 一緒に過ごしたいのかだと?」
「ば、バカなことを言うんじゃない!
 ほら出かけるぞ! 貴様の貴重な時間を
 浪費してやるか! 覚悟しろ!」
カタリナ(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(Sレア版と同一)
#2
#3
カタリナ(闇属性)マイページ
#1(Sレア版と同一)
#2
#3
カトルマイページ
#1「メリークリスマス。
 今夜は星屑の子供達と一緒に
 ツリーを飾りつけながら、
 サンタクロースを待つんですよ。
 どうです?あなたも一緒に
 飾りつけを手伝ってくれませんか?」
#2「ん……欲しいプレゼントですか?
 星屑の街の平穏な暮らしが守られれば、
 他には望みません。」
「思い入れのある物が増えれば
 それだけ動きが鈍くなります。
 僕の望むところではありません。」
「でも……そうですね。
 しいて言うなら僕の代わりに、
 街の子供達にお願いします。」
「え……
 僕の姉にも一緒にプレゼントを
 渡したいんですか?」
「そうですね……でしたら
 ぬいぐるみ、はどうでしょうか?」
「いえ……確信はないのですが。
 きっと、喜ぶはずです。」
#3「今夜は星屑の街の子供達と
 聖夜のパーティーをするんです。」
「パーティーと言っても、
 豪華なご馳走を囲んでとは
 いきませんが……」
「え?今年も子供達にプレゼントを
 持ってきてくれたんですか?
 ありがとうございます。」
「僕の分もある?
 僕は子供ではないので
 遠慮しておきます。」
「とにかく開けてみてほしい?
 ……そこまで言うなら
 仕方ありませんね。」
「これは……キラキラの三角帽子?
 パーティーグッズですか。」
「確かに、僕だけいつもの格好では
 子供達も盛り上がりにくいですね。
 ありがたく頂いておきます。」
「(主人公)さんも、都合が合えば
 パーティーに来てください。
 子供達もきっと喜ぶと思います。」
カリオストロマイページ
#1「メリークリスマス☆」
「ねぇねぇ☆
 サンタさん、カリオストロの
 ところにも来るかなぁ☆」
「良い子にしてたら、
 きっと来てくれるよねっ☆」
#2「ああ、(団長)。
 今日は夜更かししてないで、
 さっさと寝ろよ。」
「今日は聖夜だろ?
 ちょっとサンタの伝説に
 興味が湧いてな……」
「お前のところに来るサンタを捕まえて、
 話でも聞かせてもらおうかと……」
「なに? そんなこと言われたら、
 気になって眠れないだと?」
「ったく……
 じゃあ、寝かしつけてやるから、
 ベッドに入って待ってろ、いいな?」
#3「ね、ね、(団長)さん☆
 あのね、今夜はカリオストロに
 付き合って?」
「いや、なに。
 今夜の聖夜はオレ様が
 サンタになってやろうと思ってな。」
「なんでって……
 聖夜の主役はサンタだろ?」
「そして、主役に最もふさわしいのは、
 世界で一番可愛い美少女の
 このオレ様だ。」
「となれば、
 オレ様がサンタをやるのは
 道理だろ?」
「というわけで(団長)も手伝え。
 サンタにはトナカイが
 つきものだからな。」
「ありがたく思えよ。
 美少女であるこのオレ様のサンタ姿を
 一番近くで、見られるんだからな。」
カリオストロ(ハロウィンバージョン)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3
カリオストロ(闇属性)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3
カルメリーナマイページ
#1「メリークリスマース!
 今日のディナーはちょっと
 豪華にしてみました!」
「お城のディナーには
 敵わないけどねー。
 んふふふふ……」
#2「わぁ、ごちそうがいっぱい!
 えへへ、お城のディナーもいいけど
 こうしてみんなで食べるのもいいよね☆」
「だって領主さんご飯食べたりすると
 気を遣ったりするでしょ?
 昔の仲間もお城じゃ笑わなかったし!」
「でも……
 いつか大道芸で評判になって、みんなで
 お城にお呼ばれしてみたいよねっ!」
「あはは!私、頑張る!
 ルリアちゃんも楽しみにしてるからね!」
#3
ガンダゴウザマイページ
#1「メリークリスマスであるッ!
 っと、何をせん。何だこれは。」
「赤い靴下、赤い帽子、赤い服……
 だから違うと言っておろうに……」
「ワシは、ワシは……
 還暦ではなあああいッ!」
#2「うむ、年に一度、今宵こそ、
 この、古今無双流ガンダゴウザが
 最も光り輝く日であああるッ!」
「ぬぅあっはっはっはっは……
 ワシが大きな布袋を担いでおるとな、
 何故か童どもに好かれてしまうのだ。」
「いかにも、我こそは……
 童どもに夢と贈り物を配る大拳豪!
 ギフト贈呈流開祖……」
「サンタゴウザで
 あああるッ!」
#3
キャサリンマイページ
#1「メリークリスマス。」
「いい日よね。みんな幸せそうで……
 楽しそうで。」
「あなたは一緒に過ごす人、
 決まった? ……私と?」
「バカね。10年早いわよ……
 ふふっ、でも嬉しいわ。」
「……ね。今日ぐらいは私の名前、
 呼んでくれても……
 ……いいわよ。」
#2「ね。(団長)。
 なにか欲しいものある?
 盗って来てあげるわよ?」
「対価はそうね……
 一緒に過ごしてくれれば、
 それでいいわ。ふふふっ。」
「……冗談よ。
 ふふ……」
「対価のほうは……
 ちょっぴり、
 本気かもしれないけど、ね。」
クラリスマイページ
#1「メリクリっ☆」
「(団長)っ、クリスマスって
 予定あいてる?
 も、もし良かったらなんだけどさ……」
「うちと……一緒に……」
「あーもーハズイなぁ!」
#2「あっ、(団長)……!
 えっとさ、その、今日、聖夜だけどさ、
 忙しい……よね?」
「そ、そーだよねーっ☆
 (団長)、色んなとこから
 引っ張りだこだもんねっ☆」
「いやぁ〜
 人気者はお辛いですなぁ〜☆」
「うん、それじゃ、クラリスちゃん、
 部屋戻るねっ☆ (団長)も、
 今夜はほどほどにして……」
「も、もし時間あったらさ!
 ちょっとでいいから、
 二人で過ごしたいなぁー……なんて。」
#3
クラリス(クリスマスバージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3「ねぇねぇ、(団長)。
 今日は聖夜だよっ☆」
「だから、後で一緒にお祝いしようよ。
 聖夜のお祝いっ☆」
「って、やっぱり、ダメ……かな?
 (団長)、
 忙しそうだし……」
「え、いいって……本当っ!?
 冗談でした……とか、
 なしだよっ!?」
「えへへ、うん、約束だよ☆」
「え、みんなも誘おうって……」
「も、もちろん、
 最初からそのつもりだよっ☆」
「じゃ、じゃあ、
 ちゃんと場所は用意しないとね。」
「みんなも呼ぶなら、
 うちの部屋とか(団長)の部屋って
 ワケにはいかないし……」
「それじゃ、クラリスちゃん、
 ご飯とか色々、
 準備してくるよっ☆」
「また後でね、
 (団長)っ☆」
クラリス(光属性)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3
クリスティーナマイページ
#1「メリークリスマス!
 子猫ちゃんはサンタクロースから、
 プレゼントをもらったか?」
「ハハ! 冗談だ。
 そこまでお子様じゃないだろう。」
「サンタクロースの代わりに、
 アタシが子猫ちゃんを
 楽しませてあげるとしよう。」
#2「サンタクロースは嫌いじゃない。
 一方的に贈り物をするって辺りは
 押しつけがましいと思うが。」
「とはいえ、貰った方が
 損するわけでもないしな。」
「サンタクロースの方では
 子供の笑顔と贈り物、それで
 収支は釣り合ってるんだろうさ。」
「まぁ、悪くはない。
 WIN-WINなんじゃないか?」
「精々、不審者として
 捕まらないことを祈るとするか。
 サンタクロースに良き聖夜を!」
グレアマイページ
#1(Sレア版と同一)
黒騎士(リミテッドシリーズ)マイページ
#1「今宵は聖夜……か。
 オルキスとサンタクロースを
 待ったことを思い出すな。」
「……懐かしいものだ。
 彼女との記憶は私に
 前へ進む力をくれる。」
「あの頃の私達のように、島々の
 子供達はサンタクロースを
 心待ちにしているのだろう。」
「サンタクロースの真のプレゼントとは
 贈り物それそのものではなく……
 喜びの記憶なのかもしれんな。」
#2
ケルベロスマイページ
#1ケ「メリークリスマス♪」
ミ「聖夜って何わん!
  ごちそう食べる日かわん!」
コ「サンタとかいうジジイを
  ぼっこぼこにして
  色々いただく日なのかわん!」
ケ「せいかーい!
  ごちそうとプレゼントの日よ♪
  とっても楽しいんだから♪」
ミ「ガウウ!
  ごちそうはどこわん!」
コ「グルル!
  ジジイはどこに逃げたわん!」
ケ「ふふ!アッチに聖夜はないし、
  今日は思いっ切り楽しんじゃおっかな♪」
#2
コルワマイページ
#1「メリークリスマス、(団長)!
 ふぅん、騎空団で聖夜の
 パーティーを開くの?」
「だったら、いつもの服じゃダメ。
 もっとお洒落しなくちゃ!
 シーンに自分を合わせるの。」
「服っていうのはね、
 単に見た目の問題だけじゃない。
 着ている人の心も変えるのよ。」
「だからめいっぱい聖夜を
 楽しむために、お着替えしましょ!
 私が選んであげるわ。ふふっ!」
#2「メリークリスマス、(団長)!
 ……さて、その格好について
 なにか釈明はあるかしら?」
「もうっ!
 シーンに自分を合わせる、って
 前にも言ったわよね?」
「折角の素材を台無しにしないの!
 むしろ見せつけるくらいの
 心意気でバーンいきなさい!」
「はい、鏡の前に立つ!
 私が見立ててあげるから。
 聖夜のプレゼントってところね。」
「ほらほら、パーティーまで
 時間がないんだから急いで!
 ……腕が鳴るわ!」
コルワ(水着バージョン)マイページ
#1(通常版と同一)
#2

さ行

キャラクター種別台詞
サラマイページ
#1(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
サラーサマイページ
#1「メリークリスマス!」
「なぁなぁ!
 サンタのおっさん
 狩りにいこーぜ!」
「プレゼントはあたしらで総取り……
 え? そういうイベントじゃない?」
#2「なぁ、聞いたか! 〇〇!
 クリスマスツリーのてっぺんには、
 星飾るんだってな!」
「すげーよなー……
 みんな自分で星用意してるって……」
「まぁ、でも、安心しろ〇〇!
 〇〇には、
 あたしが居るからな!」
「ちゃんと星は手に入れてやる!」
「じゃあ、あたし、
 頑張って星落としてくるな!
 ちょっと待っててくれ!」
#3
サルナーン(光属性)マイページ
#1「聖夜を迎えるごとに、
 ハニーの転生に向けた
 想いは強くなります。」
「数々の苦難を乗り越え、満を持して
 人間の肉体を得るハニー……」
「そしてふたりは……
 ついにロマンティックな
 聖夜を迎えるのです!」
「響く鈴の音、舞い降りる雪、
 聖夜を彩る全てに祝福されて
 互いに手と手を取り合い!」
「あぁぁ!!」
#2「ああ、
 今年も聖夜を迎えてしまった……」
「このロマンティックな夜には、
 より強くなるのです!
 ハニーへの想いが!」
「聖夜の澄んだ空気の中、
 手と手を取り合い温めあうふたり!」
「冷たく吹く風さえものともせず!
 儚く舞い散る雪はふたりの熱に溶け!」
「何者も私達の愛を阻む事などできない!
 それが証明される、夜!」
「ああぁ!」
#3「はっくしょい!」
「ズズ……ええ、大丈夫ですよ。
 少し夜風にあたりすぎました。」
「さっきまで、聖夜に舞い散る雪を
 ハニーと眺めていたのです。」
「最初は寒かったのですが、雪の舞う
 夜空をバックに佇むハニーがあまりに
 美しく、時間を忘れて見とれました。」
「私は風邪を引きましたが
 ハニーは寒さが平気なようです。
 さすがは美しく力のある精霊ですね。」
「人と精霊の違いを実感するたび
 乗り越えるべき壁の高さに
 一瞬だけ尻込みする事もありますが……」
「しかし! このような壁は
 打ち破ってこそ! 私とハニーは
 強固な愛でこれを乗り越えるのです!」
「あぁあ!」
サルナーン(闇属性)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2「団員達と過ごす聖夜は賑やかですね。
 この雰囲気、
 ハニーは嫌いじゃないようです。」
「どちらかと言えば、
 私はハニーと
 ふたりで過ごせた方がいいのですが。」
「しかし、機嫌の良さそうなハニーが
 見られるのなら、些細な事でしょう。」
#3「メリークリスマス、(団長)さん。
 ええ、私とハニーも
 聖夜を楽しんでいますよ。」
「私が望む、聖夜の贈り物……
 今日何が欲しいか、ですか?
 ふむ……」
「……」
「ふふ、驚きました。
 特に思いつかないんです。」
「こうしていつものように、
 ハニーとふたりで……
 しかし特別な日を過ごせている……」
「渡しにとっては、これが何よりの
 贈り物なのかもしれません。」
ザルハメリナマイページ
#1「メリークリスマス!」
「(団長)さん、今日は
 お仕事を早めに切り上げましょうね。
 早く寝なくてはいけないもの。」
「ふふ、だって今日は
 サンタクロースさんが
 いらっしゃるでしょう?」
「あらあら、
 そんなに子供じゃない、ですか?」
「うふふ……それはどうかしら?
 朝、枕元を見て、
 確かめてみることにしましょうね。」
#2「まぁ、どうしたんですか?
 お台所に何かご用かしら。」
「ふふ、すごいでしょう?
 料理好きの団員さん達と
 聖夜の晩餐を作っているんです。」
「もうテーブルに置くところが
 なくなってしまいそうで……
 ……あらっ!」
「もう、(団長)さんったら。」
「つまみ食いはメッ、ですよ?」
「ふふ、後で皆さんと……ね?
 一緒にテーブルを囲めば、
 心も体も温かくなりますもの。」
「たくさん食べて、お話もして
 満足したらベッドで
 サンタクロースさんを待ちましょうね。」
サーヴァンツマイページ
#1
シエテマイページ
#1「メリークリスマス!」
「今年こそは十天衆の奴らを
 集めてパーティーでもって、
 思うんだけどねぇ……」
「アイツら集まるかなー」
#2「やあやあ、(団長)ちゃん。
 いい所にいたね。
 ところで、今夜の予定って空いてる?」
「お、空いてるんだー そかそかー
 じゃあさ、その貴重なキミの時間、
 俺にくれない?」
「……なんでって、やだなぁー
 そんなの決まってるじゃない?」
「秘密だよ、ヒ・ミ・ツ!
 たまには頭目すごいんだぞー
 ってところを見せてあげるから。」
「ふふっ……それじゃ、また今夜。
 お出かけの準備、よろしくね?」
#3「俺にも聖夜の思い出ぐらいあるよ。
 昔、サンタさんの赤いソリに乗って
 全空を飛び回ったっていうね。」
「え? やだなー、本当だって。
 はっきり覚えてるよ。
 トナカイの毛がモフモフだったことも。」
「証拠? そういうの要求しちゃう!?
 子供の頃のあったかーい思い出なのに!?」
「ま、まぁそこまで言うなら
 見せてあげてもいいんだけど、
 家に置いてきちゃったんだよねー」
「じゃあ、サンタさんに
 手紙で聞いてみるって……?
 あははー、その手があったかー」
「じゃあ、書き終わったら俺に渡して。
 俺、返事をもらってくるからさー」
「なんでって、そりゃあ
 俺はサンタさんとお友達だからねー
 今でも聖夜は毎年会ってるんだよー」
「まぁ、とにかくさ、俺に任せてよ。
 返事必ずもらってくるから。
 (ふう……なんて書くか考えないと。)」
シスマイページ
#1「メリークリスマス。」
「サンタクロースといえど、
 カルムの里に易々と足を
 踏み入れられるわけがないからな。」
「別にプレゼントを貰えなかったことを
 恨んでいるわけではない。
 決して……!」
#2「聖なる夜に俺の元を訪れるとは……」
「ふん……
 つくづく、物好きなやつだ。」
「生憎だが、聖夜に浮かれるほど
 おめでたくは無いのでな。」
「……聖夜の団欒など、
 俺とは縁のないものだ……」
#3「お前も懲りないやつだな。」
「聖夜の団欒など俺には無縁だと
 言ったはずだ……」
「皆が待っている。
 お前は仲間達の元へ戻れ……」
「ああ……そんな顔をするな。
 お前が俺を仲間だと思っている事など
 とうに知っている……」
シャノワールマイページ
#1「メリークリスマス。」
「雪は美しい。
 いずれ、消えてしまうものだからね。」
《今年は暖冬のため、聖夜に雪が
 降らないという知らせを聞いて
 密かに落胆する(主人公)。》
「フフ……もしかして、
 団長も雪が好きなのかな?」
《こくりと頷く(主人公)。
 すると、シャノワールは
 (主人公)を誘って部屋を出た。》
《二人で騎空艇の甲板を訪れると、
 そこには一面の雪景色が広がっていた。》
「どうだい?驚いたかい?
 こんなこともあろうかと、
 こっそり雪を調達しておいたのさ。」
「さぁ、団長。
 どっちが先に大きい雪だるまを
 作れるか、勝負と行こうか!」
#2
シャリオス17世マイページ
#1「今日は聖夜だ。
 故に私の城にて
 盛大なパーティーを開く。」
「お前達も存分に楽しむがいい。
 それとプレゼントも
 用意しておいてやったぞ。」
「遠慮することはない。
 普段の働きに対する礼だ。」
「プレゼントの中身だと?
 ふっ、それを言っては
 面白くなかろう?」
「安心しろ。
 変なものは入れておらん。」
「中に入っているのは
 余が考えうる最高の品だ。」
「故に期待するがいい。」
シャルロッテマイページ
#1「メリークリスマス!
 であります!」
「クリスマスの飾りつけは
 楽しいのでありますが……」
「ぐぬぬ……
 お星様を飾ろうにも、木の上に
 手が届かないのであります……」
#2「む?
 (団長)殿、
 今日は聖夜でありますが……」
「(団長)殿は
 まだ寝ないのでありますか?」
「夜はこれから……?
 まったく……
 何を言っているでありますか。」
「聖騎士たるもの、早々と床に就き、
 夢枕にサンタクロース殿を待つのが、
 聖夜のマナーであります!」
「自分は既にケーキを頂き、
 歯磨きも済ませたのであります!」
「では、(団長)殿。
 自分はお先に失礼するであります。
 (団長)殿もどうぞ良い聖夜を。」
#3
シャルロッテ(ハロウィンバージョン)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3
ジャンヌダルク(光属性)マイページ
#1「メリークリスマス。」
「賑やかに過ごすのも楽しいが、
 厳かな一日を送るのも悪くない。
 君に良き聖夜が訪れんことを!」
#2「私も小さな頃は、
 サンタクロースさんの訪れを
 楽しみに待っていたものだ。」
「あの頃に頂いたぬいぐるみ、
 実は全て実家の部屋に
 とっておいてある。」
「ふふ……どの子も愛着があって、
 どうしても手放せなくてな。」
「サンタクロースさんは
 贈り物を通して、
 温かい思い出を沢山くださる。」
「私が幼い頃そうだったように……
 今幼い子供達にそれが届いているかと
 思うと胸が温まるな。」
#3「(団長)、
 メリークリスマス。
 聖夜の街は実に賑やかだな。」
「それにしても、いつもより
 男女のアベックが多いような……」
「……そ、そうなのか。
 聖夜は恋仲を深める日でも
 あると……なるほど……」
「す、すまない。
 そういった話題には疎くてな。」
「祝福すべき聖夜だ。
 大切な人と過ごせるならば、
 それに越したことはない。」
「私も、(団長)達と
 聖夜を祝えることに、
 感謝しなければならないな。」
「随分と冷える聖夜だが……
 ふふ、心は暖かい。」
ジャンヌダルク(闇属性)マイページ
#1「メリークリスマス、(団長)。
 聖なる夜……などというものは、
 今の私には似合わないが……」
「……ふふっ、君は優しいな。
 そんな悲しそうな顔を見せないでくれ。」
「今の私には、君の笑顔が
 一番のプレゼントだ。
 それ以外なら……そうだな。」
「抱きしめて、私を温めてくれないか?
 ふふふ……いいだろう?」
#2「聖なる夜……か。
 私には、そぐわないものに
 なってしまったな……」
「けれど、雪はいい。
 全てを白く染め上げ
 覆い隠してくれる。」
「……いっそ私の心も
 雪に包まれ凍りつけば
 この苦しみから逃れられるだろうか……」
「……いや、それだけでは……
 罪とその罰から
 逃れることだけはできない。」
「……例えいつか、
 この苦しみの中で私が
 狂気に落ちようとも……!」
ジュリエットマイページ
#1「え? 聖夜の思い出……ですか?
 ええっと……そうですねぇ……
 あ、ひとつ思い出しました!」
「私がまだこれぐらい小さかった頃、
 恥ずかしながら、夜が怖くて
 一人では寝られなかったのです。」
「ですが、ある聖夜にお父様から
 クマのぬいぐるみを頂いて、
 それから一人で眠れる様になりました。」
「だから、もし(団長)さんが
 眠れない夜は、遠慮なく
 私のクマを借りに来て下さいね。」
「ちなみに名前は
 『熊ねむねむ』です!
 とっても愛らしいですよ〜」
#2「(団長)さん、見てください!
 街の子供達からこんなに沢山、聖夜の
 グリーティングカードを貰ったんです!」
「どれも可愛らしいですよね。
 聖夜のワクワクが伝わってきて、
 見ているだけでほっこりします。」
「あら? (団長)さんも私に
 グリーティングカードを?
 わぁ、とっても嬉しいです!」
「ふふふ、(団長)さんの
 優しい心が伝わってきます。
 子供達のカードと一緒に飾りますね。」
「今夜はお時間ありますか?
 もしよろしければ、我が家の晩餐を
 召し上がっていってください。」
シルヴァマイページ
#1「メリークリスマス。
 もう大人になって久しいのに、
 聖夜というのは何となく胸が高鳴るな。」
「……もう少し、ツリーに
 飾りを足してもいいか?」
#2「雪なんて、狙撃手としては
 厄介なものなのにな。
 聖夜の雪となると心が躍るよ。」
「しんしんと降り積もる雪が、
 まるで親しい人と過ごす団欒を
 守ってくれているようで……」
「ふふ、ちょっと
 ロマンチストに過ぎるかな?」
「今回の聖夜は雪が降るだろうか?
 ……降らなかった場合に備えて
 ツリーに綿の雪を増やそうか。ふふっ。」
#3「今晩はこの島の聖夜か。
 サンタクロースさんは
 今夜も忙しいんだろうな。」
「……ふふっ。
 サンタクロースさんの話をすると、
 小さな頃のククルを思い出すよ。」
「ククルはサンタクロースさんに
 姉と妹が欲しい、と
 お願いしたそうなんだ。」
「それからクムユが養女になって、
 私が銃工房の居候になって……
 夢が叶ったと言っててね。」
「……少し大きくなってから、
 ククルに謝られたんだ。」
「自分がサンタクロースさんに
 お願いしたから、私が故郷の島に
 帰れなくなったんだ、って。」
「……そんな訳、ないのに。
 ……そんな優しいところも含めて、
 あの子は私の大切な妹なんだ。」
ジークフリートマイページ
#1「メリークリスマス。
 サンタクロースが来るが、
 良い子にしていたか?」
「……そうか、
 もう子供ではない……か。」
#2「ふふふ……そうだ。
 もちろんクリスマスにも
 一切の妥協はせんぞ?」
「イベント事を前にして、
 自分はもう大人だからと
 斜に構えるのは簡単だ。」
「だが……
 俺はこれから子供達に
 プレゼントを配りに行く……」
「なぁに……心配するな。
 もちろんこのじじむさい鎧は脱いで、
 さんたくろうすにとなかいで臨むさ。」
「この一年、良い子にしていた
 (団長)の元にも必ず行こう。
 ふふ、今から楽しみにしていてくれ。」
#3
ジークフリート(浴衣バージョン)マイページ
#1
#2
#3
スカーサハマイページ
#1
スツルム(リミテッドシリーズ)マイページ
#1
#2
#3
ゼタマイページ
#1「メリークリスマス!
 ねえねえ、
 今日はご馳走用意するのよね?」
「聖夜のお祭りで
 みんな浮かれてるわねぇ……」
「……こういう平和を守るのが、
 あたし達の仕事。」
#2「で、(団長)サン。
 今年の聖夜はどうすんの?」
「うん。団の女子は聖夜のごちそう、
 結構期待してるみたいよ?」
「あはは。
 こういう時にビシッと決めなきゃ
 モテないぞ、(団長)クン!」
#3
ゼタ(水着バージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3「ねー(団長)。ケーキ食べない?
 調子に乗って買いすぎたわ。
 いいよ、好きなの選んで。」
「え、あ、ここですぐ食べちゃうの?
 いや、まあ……いいけどさ。」
「じー……」
「なんでガン見してんのって?
 いや、ケーキ頬張ってんの見てると
 普通に子供に見えるなーって。」
「……っていうかさ。
 パーティーの前に食べて平気なの?
 料理お腹に入らなくなるよ?」
「忘れてた、って……」
「あはは、あんた、こういう時だと
 ホント抜けてるねぇ……」
ゼタ(闇属性)マイページ
#1
#2
#3
セルエルマイページ
#1「メリークリスマス。」
「我が祖国アイルストでも、
 この時期は街中が
 活気に溢れています。」
「ですが、この様に仲間と祝うのは、
 父王が健在だった頃以来ですね。」
「さぁ、やるならやるで、
 徹底的にお祝いしましょう。
 中途半端は許されません。」
#2「まだ父王が健在だった頃の話ですが
 姉上とノイシュとある雪の夜に
 街を歩いたことがあります。」
「寒く暗い夜も、聖夜は温かい光が
 街のそこかしこに灯されていて……」
「たったそれだけのことですが、
 いやに楽しく思えたものです。」
#3「騎空艇が騒がしいと思えば、
 今日は聖夜でしたか。
 晩餐の準備中、というわけですね。」
「……どんちゃん騒ぎも程々に。
 貴方は早く寝なくては
 ならないでしょうからね。」
「フッ……
 子供はサンタクロースさんを
 楽しみにするものでしょう。」
「私……ですか?
 さて、幾つまで楽しみにしていたか
 もう忘れてしまいましたね。」
ソシエ
(水属性)
マイページ
#1「今日は、クリスマス……だね。
 え、えと、その……うう〜〜っ……」
「な、何でも、あらへん……」
#2「せ、聖夜、やね。
 な、なぁ(主人公)はん。
 今日な、そ、そのな……」
「う、うちと、
 そのっ、あの……」
「い、一緒に!
 一緒に居てほしいんよ!
 あ、あかん、かな……?」
「えっ、ええのん!?
 ほんま!?ほんまに……?」
「えへへ……
 嬉しいわぁ……」
#3「あ、(団長)はん……
 え、えと……あ、あれ……
 おかしい、な。」
「さ、さっきまで、な。
 寒かったんやけど……」
「(団長)はんに会ったら、
 な、なんやろな……
 熱く、なってきてもうた……」
「えへへ……やっぱり
 (団長)はんは、
 不思議な人やわ……」
「そ、それで、なんやけど……
 こ、今年の聖夜は……
 一緒に、何しよっか……?」
ソシエ
(火属性)
マイページ
#1
#2
#3
ソフィアマイページ
#1「メリークリスマス!」
「私もサンタさんの様に、
 子ども達を笑顔に
 できるようになりたいです。」
#2「サンタクロースさんは
 今夜は、ここへも
 来るでしょうか?」
「この騎空団には、プレゼントを
 心待ちにしている
 子供たちもいますから!」
「え?
 私が……欲しいものですか?」
「私は、聖地巡礼の旅をする僧侶の身。
 煩悩を抱くことはありません。
 と、いうよりも……」
「私には、皆さんの幸せそうな
 顔を見ることが、
 この上ない贈り物なのです。」
「ふふ。(団長)さん、
 私のことを気遣ってくださって
 ありがとうございます。」
#3「メリークリスマス!
 艇の子供たちのもとに
 プレゼントが届いたようですね!」
「嬉しそうな笑顔を見ていると
 胸がいっぱいになりました。
 子供たちの笑顔は宝です。」
「サンタさんってすごいですよね。
 一晩で全空にいる子供たちに
 プレゼントを配って、笑顔にして。」
「私もゼエンの教えを広めて、
 あのように沢山の人を幸せにできる
 立派な僧侶になりたいです。」
「さて、パーティーの準備をしなければ!
 今日は皆さんを笑顔にできるように
 お料理、頑張りますね!」
ゾーイマイページ
#1「メリークリスマス。」
「なぁ、今日はどんな日なんだ?
 みんな幸せそうにしている。」
「……大切な人と過ごす日。
 そうか、なるほど。
 うん、ならば(君)と過ごそう。」
「(君)は間違いなく、
 私にとって大切な人だ。
 ……む、なんだ……」
「妙に、胸が高鳴るし頬が熱い……
 風邪……か?
 いやでも私は風邪などひかないし……」
「まぁいい。すぐに治るさ。
 さ、一緒に過ごそう。
 メリークリスマス、(団長)。」
#2「今日は大切な人と過ごす日だ。
 知っているぞ。ふふ、去年、
 キミに教えてもらったからな。」
「もちろん今年も、
 キミと過ごすつもりだが、
 問題はないだろうか。」
「うん。そうか。
 嬉しいよ。とても嬉しい。」
「……む?」
「まただ……また、
 胸が高鳴り始めた。
 去年と同じだ……」
「心なしか、
 身体も……熱いな。
 こんなにも外は寒いのに……」
「だけど、うん……不思議だ。
 全く不快じゃない。
 ……心地よくすらある。」
「ふふふ。さぁ、
 何をして過ごそうか。
 (団長)。」
ゾーイ(水着バージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
ソーンマイページ
#1「団長、団員同士で
 クリスマスプレゼントの
 交換はしないの?」
「ね、しようよ!」
#2「ねえ、知ってる?聖夜に大きな
 パーティーを開く人もいれば、
 静かに過ごす人達もいるみたい。」
「今年は団員達とパーティーをするから、
 来年は静かな夜を過ごしてみたいな。」
「そうね。(主人公)さんとルリアちゃんと……ロウソクの火を囲んで、
 色々なお話を、たくさんするの。」
「え、気が早かった?
 だって楽しみなんだもの。
 ふふふ。」
#3「暖かい部屋で過ごす、静かな聖夜……
 穏やかな気持ちになれて、素敵。」
「ねえ、団長はどっちが好き?
 賑やかなパーティと、
 特別な人達と過ごす静かな時間。」
「私は……ふふ、選べないわ。
 どちらも私にとって大切だもの。」
「……大切な貴方達のために、
 プレゼントを用意してきたわ。
 あとで交換しましょう?」

た行

キャラクター種別台詞
ダヌア(水着バージョン)マイページ
#1(SR版と同一)
#2
#3
ダヌア(ハロウィンバージョン)マイページ
#1
#2
#3
ディアンサ(水着バージョン)マイページ
#1
#2
ドランク(リミテッドシリーズ)マイページ
#1
#2

な行

キャラクター種別台詞
ナルメアマイページ
#1「団長ちゃん、メリークリスマス!」
「今日はとっても冷えるから、一緒にあったまって過ごしましょ?」
「お姉さんと一緒に、暖をとってあったまろ?ほらほら、こっちへおいで。ふふっ。」
#2「(主人公)ちゃん!
 (主人公)ちゃん!」
「メリークリスマス!」
「去年は一緒に暖を取って
 暖まって過ごしたから……」
「今年は一緒に街へ行こっか?
 ふふ、ほら、手繋ごっ♪」
「ふふっ♪
 今日は(主人公)ちゃんに
 たっぷり甘えちゃうから♪」
#3「お姉さんね、雪山に籠って、
 鍛錬をしてた頃があったんだ。」
「その時は……雪なんて、
 ただ白くて冷たいものにしか、
 みえなかったの。」
「けど、今は全然違う。
 こんなにも幻想的で……
 ドキドキするものだったんだね。」
「きっともう一人じゃないから……
 大切な人と一緒だから……かな?」
「ね、ねぇ団長ちゃん。
 ぎゅってしても……いい?」
「ふふふ……♪
 ずっとこのままで居たいな……♪」
ナルメア(水着バージョン)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3
ニオマイページ「メリークリスマス。」
「今日はクリスマスね。街には幸せそうな旋律が溢れているわ。」
#1「今日はクリスマスね。
 街には幸せそうな旋律が
 溢れているわ。」
「……でも、なんだか
 嫌な音も混じってる。
 止めてくるわね。」
#2「聖夜の街に流れる旋律は複雑なの。」
「聖夜を好む音、好まない音。
 色々混ざっているけど、
 不協和音ではないわ。」
「私が聖夜をどう思っているか……?
 私はうるさいのが嫌い。宴会とか。
 だからあまり好きではなかったの。」
「でも、うるさい音の中、貴方の隣で
 静かにしているのは好きよ。」
#3「ふん、ふふん……♪」
「……ふふ、楽しい。」
「聴こえてくるのは、雪の降る音と、
 (あなた)の心の旋律だけ。」
「今は、ぜんぶ独り占め。ふふ……」
ニーナ・ドランゴマイページ
#1
ネツァワルピリマイページ
#1「メリークリスマス!!」
「はっはっはっ!
 先ほど空で恰幅の良いご老人と
 ぶつかってしまったぞ!」
#2「はっはっは! (団長)殿、
 素晴らしき余興だったな!
 聖夜の寒さも吹き飛ぶというものだ!」
「なに? 次は我の出番だと?
 そうか、そうか、
 宴は盛り上がってこそである!」
「よし。ここはひとつ、
 この場に相応しい余興を
 お見せしよう!」
「皆の者、括目せよ!
 はっはっはっは!」
#3「今宵の宴で行われる余興だが……
 (団長)殿、我と手を組まぬか?」
「はっはっは! 確かにそうであるな。
 まずは何をするのか
 話をせねばいかんな。」
「我が一族に伝わる歌を共に歌い、
 そして舞おうかと思うのだ。」
「それにはやはり、ひとりよりもふたり。
 ふたりよりも3人……いや、
 100人以上は必要だろう。」
「はっはっは!
 心配などいらぬ! 宴までまだ
 半日以上もあるではないか!」
「いっちり稽古をすれば問題ない。
 さぁ、我と共に団員達の
 度肝を抜こうぞ!」
「次は、団のおなごを誘いにゆくぞ!
 舞いには華が無くてはならんからな!
 はっはっは!」
ネモネマイページ
#1「メリクリメリクリ〜」
「実はね〜、ネモ姉、
 サンタさんなんですよ!」
「ただ、一回もサンタとして
 行動したことないんだけどね?
 ソリにも乗ったこと無いし。」
「てことで初仕事ってわけだぜ!
 にへへ、(団長)は何がほしー?」
「あ、でもお金を払うのは
 (団長)だぜ?
 にひひっ♪」
「ま、冗談はさておき〜
 今日は暖かくして一緒に仲良く
 すごそーぜー♪」
#2「ん〜ど〜した(団長)?
 さむそーだね?」
「そんなときはこれ!
わたしさんの斧についてる
 なっが〜い布〜!」
「これがまた便利なんだよね〜♪
 いろーんなことに使えるんだよ〜♪」
「こーやってねー?
 マフラーみたいに
 ぐるぐる巻いちゃえば〜完璧っ♪」
「って、わたしさんまで
 一緒に巻いちゃったよ〜!?
 にひひ、二人マフラーだ♪」
「でもでも〜これなら、
 ちょー温かいでしょ〜?
 にゃふふ……♪」

は行

キャラクター種別台詞
バウタオーダマイページ
#1
#2
#3
バザラガマイページ
#1「かつての騎空団で
 聖夜を祝ったこともあった。」
「これか?
 聖夜に開ける
 祝いの酒という奴らしい。」
「エルーン族の作った物だそうだが、
 団長、お前も飲むか?
 ……まだ飲める歳ではなかったか。」
#2「団員が増えて、聖夜の宴も
 賑やかになったものだな。」
「こんな時に団の成長を実感するか?
 ……俺もそうだった。」
「さぁ、行くぞ、(主人公)。
 豪勢な料理も、
 食いそびれてしまえばそれまでだ。」
#3
ハレゼナマイページ
#1「ヒァアア!!
 メリークリスマスゥッ!!」
「サイコーにメリクリィッ!!
 今日はサイコーにメリクリィッ!」
「なーなー!!
 サンタになに頼むかきめたかぁ!?
 ぼくはまだきめてねー」
「だってよぉ! ……おまえと
 出会えたからよぉ……
 なんか満たされてさ……」
「ひゃあ!! しおらしぃぃ!
 一緒にサンタになに頼むか、
 決めよーぜ! 〇〇!」
#2
パーシヴァルマイページ
#1「クリスマス、か……幼い頃は、
 兄弟そろって仲よく祝ってた……
 そんな時もあったな……」
「やれやれ……
 こんな大人数で聖夜を祝うのは、
 騎士団に居た頃以来だ。」
「ふん……たまには
 こういうのも悪くないかもな。」
#2「ゴホッゴホッ、む、風邪でも引いたか?
 今夜は聖夜の喧騒から離れて、
 ひとり平穏に過ごすとするか。」
「ん……(団長)か? 何の用だ。
 ぼっちは……良くない、だと?
 ま、待て! それ以上近寄るな!」
「ち、違う! お前に風邪がうつる
 と言っているんだ! 話を聞け!
 ん、なに……なら看病するだと?」
「……だが、お前は団員達と夜景を
 観に行く約束をしていただろう?
 俺はいいから早く行け。」
「……主に逆らうとは、強情なヤツめ。
 まぁいい、俺の体調が戻った暁には、
 とびきりの夜景に連れて行ってやる。」
#3「ふん……
 こんなに吹雪いてしまうとは。」
「店も料理も完璧だというのに
 折角の夜景が台無しだ。
 自然の気まぐれとはいえ無念だ。」
「ふっ、さすがお前は前向きだな。
 お前が望むなら、
 いずれまた連れてきてやる。」
「天気は生憎だが、ここの料理は一流だ。
 さぁ、聖夜の食事を
 楽しもうではないか。」
「ん? 聖夜の思い出?
 いや、話すのは構わんが、
 そうだな……」
「この吹雪を見て思い出したことがある。
 昔、こんな荒れ模様の聖夜に母上が
 俺達兄弟に本を読み聞かせてくれてな。」
「俺達は物語に夢中になってしまって……
 続きを読んでほしいと駄々をこねて、
 母上を困らせたものだ。」
「ふっ……こんなところか。
 さぁ、次はお前の思い出を
 聞かせてくれ。」
パーシヴァル(水着バージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
フィーナマイページ
#1(Sレア版と同一)
#2
#3
フェリマイページ
#1(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
フォルテマイページ
#1「…………」
「何故だろうか。今日は妙に……
 胸が高鳴るんだ。」
「なんとなく、貴様が傍に来れば……
 治まると思ったのだが……
 逆だな。……よりひどくなった。」
「仕方ない……まだ貴様は
 咲かぬ花だが……」
「刃を交えるしかあるまいなぁ!
 さぁ、武器を構えろッ!!
 (団長)!!」
#2「聖夜、か。
 ……良い子にしていれば、
 贈り物が貰えるらしいな。」
「ふん、甘い考えだ。
 実にくだらない。
 ……くだらない、のだが……」
「……(団長)。
 貴様にこれをやる。」
「勘違いするな!
 貴様が良い子だったから
 渡すわけではない。」
「……私は貴様を買っている。
 これからの成長に期待している
 という意志表示にすぎん。」
「何をニヤついている……
 ええい! 不愉快だ!
 武器を構えろッ!!」
フュンフマイページ
#1「メリークリスマース!
 ねえねえちょっと手伝って!」
「今回こそはサンタクロースさん
 捕まえたいんだよ〜!」
#2「むむむ……じっちゃでも
 捕まえられないなんて、
 サンタクロースさんすごいな〜!?」
「でもでも、あちし諦めないんだ!
 だって、サンタクロースさんの
 ソリ、乗りたいんだもん!」
「(団長)だって
 乗ってみたいでしょ、お空を飛ぶソリ!
 きっと気持ちいいよ〜?」
「だから、ね〜!
 サンタクロースさん捕まえるの、
 手伝ってよぉ〜!お願〜い!」
#3「あちしね!決めたんだ!」
「サンタクロースさん捕まえるの、
 ガマンする!」
「だって、サンタクロースさん捕まえて
 他の子のところにサンタクロースさん
 行けなかったらダメだもんね。」
「あ〜、でもお空を飛ぶソリには
 乗ってみたかったな〜」
「うん、そりゃあちしは
 魔法で飛べるけど……
 それとは違うの! ロマンなの!」
ベアトリクスマイページ
#1「メリークリスマース。」
「……はぁ。
 ん……居たのか。(団長)。」
「いや……
 この日はあんまり好きじゃなくてさ。」
「昔、ちょっとあってね。
 あんまりいい思い出じゃない。」
「……アンタは楽しんできな。
 私に付き合う必要はないさ。」
「ん……どうした?
 一緒に居る……? そ、そっか……」
「……あ、ありがとうな……」
#2「ふふん!!
 今年は事前に今日がどういう日か、
 調べてきたからな!」
「今日は大切な人と一緒に
 過ごす日なんだろ?
 どうだ? あってるだろ?」
「…………」
「あ、いや……えっと……
 だから、その……(団長)と
 過ごしたいな……なんて……」
「い、いいのか……?
 そっか……やった……ふふ!」
「よっし! それじゃ今日は
 私がたくさん料理を作ってやるからな!
 楽しんで過ごせよな!」
ベアトリクス(水着バージョン)マイページ
#1
#2
ぺトラマイページ
#1(レア版と同一)
#2
#3
ヘルエスマイページ
#1「お祈りをして、温かくして、
 早くお眠りなさい。
 サンタクロースさんが来る前に。」
「……子ども扱いするな、ですか?
 ふふ、私から見れば子供ですとも。」
「良き聖夜が貴方に訪れんことを。
 メリークリスマス!」
#2「(団長)殿、仕事は終わりましたか?
 もしまだ済んでいないものがあれば、
 私にお渡しなさい。」
「ふふ、今日は特別です。
 サンタクロースさんが
 いらっしゃるでしょう?」
「プレゼントを楽しみにして、
 早めにお眠りなさい。」
「子供扱いは止めてほしい、ですか?
 ふふ、大人ぶるのが子供の証ですとも。」
「そうですね……では、
 私の子守唄で眠らなければ
 大人、ということにしましょうか。」
「さぁ、冷えないように
 ベッドへお入りなさい。
 お祈りを忘れてはいけませんよ。」
#3「(団長)殿、
 仕事の進みはどうです?」
「今日ばかりは早く休まねば。
 サンタクロースさんが来る前に。」
「私ですか? アルスター伝統の
 サンタクロースへの
 お礼の菓子を作ってきたところです。」
「思えば、初めて作った菓子は
 これと同じものでした。聖夜の前にと
 ノイシュのお母様が教えてくださって。」
「早くに亡くなった母に代わり、
 母の侍女だったあの方には
 様々なことを教わったものです。」
「さぁ、(団長)殿。
 この菓子を枕元に置いて、
 今晩はゆっくりお休みなさい。」
ヘルエス(水着バージョン)マイページ
#1「お祈りをして、温かくして、
 早くお眠りなさい。
 サンタクロースさんが来る前に。」
「……子ども扱いするな、ですか?
 ふふ、私から見れば
 子供ですとも。」
「良き聖夜が貴方に訪れんことを。
 メリークリスマス!」
※テキスト上の差異
#2(初登場verと同一)
#3

ま行

キャラクター種別台詞
マギサマイページ
#1「今夜は聖なる夜ね。
 みんなで賑やかにお祝いするのも
 嫌いじゃないけど……」
「静かな場所で、
 二人っきりでお祝いするのも、
 ロマンチックだと思わない?」
#2「メリークリスマス、
 (主人公)さん。」
「ねえ、今年こそ
 二人っきりでロマンチックな聖夜を
 過ごさない?」
「あら?何を慌てているの?
 だってあなたは私の特別な……
 運命の人なんだもの。」
#3「聖夜には雪が降るとより一層に
 ロマンチックよね。」
「……ふふ、魔法は使わないわ。
 今の私にはわかるのよ。
 魔法を使うのが無粋になる時もあるわ。」
「大切なのは、特別な日を
 誰と、どんな風に過ごすのか、
 だものね。」
「貴方という運命の人と一緒なら
 それだけで、これ以上ないくらい
 特別な聖夜になるわ。」
「さぁ、あとはどんな風に過ごすかね。
 ふふ……貴方はどうしたいかしら?」
マキラマイページ「メリークリスマスです。」
「まさか、七面鳥の丸焼きなんて出さないですよね?」
#1「ふうむ……
 あ、(団長)君。
 貴方も食堂のケーキを召し上がりに?」
「では、少々お待ちを。
 団員さん達全員に行き渡るよう、
 平等に切り分ける数式を考案中でして。」
「今、いいとこまで出来てるんですが……
 どうしても三人分、0.5ミリ少ない。
 この誤差を埋めないといけないですね。」
「ふうむ。
 まずは前提条件の再検討から……」
マリー(クリスマスバージョン)マイページ
#1
#2
#3
マルキアレスマイページ
#1
メドゥーサマイページ
#1
メリッサベルマイページ
#1「メリークリスマス。」
「今日はとっても寒いね……
 君も寒そうだ……
 よし。こんなときは……」
「髪の毛で捲いちゃう……!
 どうかな? あったかい?」
「……あれ? ど、どんどん顔色が
 おかしなことに……!」
「ありゃりゃ……温めようと思って
 張り切り過ぎちゃった……!
 す、すぐ解くから……!」
「ご、ごめんなさい……」
#2「ねえ、(団長)。
 君は聖夜と言えば何を思い出す?」
「私はね……
 とうもろこし畑を枯らしちゃった
 悲しみを思い出すよ……」
「私の故郷の国はね、
 気候が年中とうもろこし栽培に
 適した暖かさで……」
「とうもろこしが育たない
 なんてことはなかったから……
 初めての経験だった。」
「思い出すなぁ……」
「ビアンコと一緒に、
 枯れたとうもろこし畑を
 整地したあの聖夜は……」
「とっても寒かったな、って……」
メルゥマイページ
#1「メリクリー。」
「ねー、ケーキ食べようよ、ケーキ。
 ほら、さっちゃんも
 お腹減ったってー。」
#2メルゥ 「ふんふ〜ん♪
     ふ〜んふ〜ん♪」
メルゥ 「わお。
     キラキラーって街がひかってるねー
     さっちゃんも気に入ったー?」
さっちゃん 「…………」
メルゥ 「うん?(主人公)も
     楽しそうだね。ふっふっふー
     さてはボクちんとのおでかけ楽しい?」
メルゥ 「そっかそっかー、ボクちんも楽しいし
     さっちゃんも嬉しそうで
     それはそれでハッピーだなーこりゃー」
#3「ケーキの匂い……
 団長……おはよ……」
「ふあ〜あ……
 部屋でまったりくつろいでいたら、
 なんとケーキの匂いがするではないか〜」
「これはすぐにさっちゃんと
 ごちそうになりにいかないと〜」
「と思ってやってきた次第なのです。」
「さてさて、そのケーキをボクちんと
 さっちゃんと一緒に食べることに
 しようじゃないか〜」
「え?いいの?
 さすが懐が深いなぁ。」
「それじゃお言葉に甘えに甘えまくって
 さらに甘えまして〜……
 いっただっきまぁす。」
メーテラ(風属性)マイページ
#1「メリィクリスマァス!
 なぁに? プレゼントが欲しいの?
 それじゃあ……ア・タ・シなんてどぉ?」
「……な〜んて冗談よ!
 お子様には刺激が強すぎたかしら?」
#2「あ、(団長)!
 いいからこっち来て。ん……?
 何って、デートに決まってるじゃない?」
「どこに行くかって?
 決まってるでしょ、
 新しい服見に行くの。」
「ほら、つべこべ言ってないで
 お姉さまと一緒に行くぞー?」
「ふふっ……イイコにしてたら、
 後でサンタクロースより
 すごーいプレゼントあげちゃうかもよ?」
#3「……ん?
 ……あら。起きちゃったか。」
「あーあ、
 プレゼントを枕元に置いといて、
 ビックリさせるつもりだったのに〜」
「ふふっ……
 でも、(団長)さぁ……」
「……アナタ、今まで
 寝たフリしてたでしょ?」
「あは♪ アタシが気づかないと思った?
 ガチガチに固まっちゃって……
 んもう可愛いんだからぁ♪」
「……ねぇ。
 聖夜に、部屋まで来たアタシに、
 ナニを期待してたのかなぁ〜?」
「ふふっ……
 アタシが行こうとしたとこで
 目を開けたんだから……ねぇ?」
メーテラ(火属性)マイページ
#1(初期版と同一)
#2
#3

や行

キャラクター種別台詞
ユイシスマイページ
#1「メリークリスマス……で、いいのよね?」
「ええ……
 実は、こういうパーティーって、
 初めてなのよ。」
「家の組では、
 この時期は正月の準備で
 忙しかったから。」
「それにしても、皆、気楽なものね。」
「本で読んだのだけど、
 サンタクロースという名の鉄砲玉が
 深夜にカチコミに来るんでしょう?」
「しっかりと迎え撃たないと……」
「え……違うの?」
ユエルマイページ
#1「なぁなぁ! 今日はええ子がたくさん
 プレゼント貰える日やねんて?」
「赤い服着たおっちゃんが、
 い〜っぱいプレゼントくれる
 って聞いたでっ!」
「ふふ、エラいたのしみやぁ!
 ウチは、全空一ええ子やから、
 い〜っぱい、もらえるんやろなぁ〜!」
「アンタも、たくさん
 もらえるとええな〜!」
#2「今年も聖夜がやってきたで〜!
 なにしようかな〜?
 なにしたろかな〜?」
「あ! ウチの里の伝統芸能にな、
 こんなんあんねん! 教えたるわ!
 ちょっとそこに立ってて!」
「まず、こう……
 朱に染めた服を羽織ってな?」
「ほんで次に、貰ったら嬉しいなー
 って思えるもんをこの白無垢の袋に
 たっくさん入れんねん!」
「よっしゃ、入れたな? もう入らんな!
 ほんなら肩に担いでー……
 仕上げに聖なるヒゲをここに…」
「はーい、できあがりー♪
 ……ん? これでどうするのかって?」
「いま入れたもんあるやろ? それを
 今年お世話になった人に配り歩くねん。
 大切な人の笑顔はプライスレスや!」
「ちゅうわけでぇ〜
 プレゼントちょーだい!
 (団長)〜、あははっ!」
#3「じゃーんっ!!
 一年ええ子にしとった、
 (団長)にプレゼントや!」
「開けてみぃ開けてみぃ!
 ほれほれほれ♪」
「どや? 驚いた?
 一日尻尾モフモフし放題券やで!」
「しかも、なんとウチだけやのうて……
 モフモフ尻尾もっとる奴ら、
 みーんなに使えるんや!」
「あははっ♪ もちろん
 許可はとっとらんから、
 実質ウチにしか使えんけどな!」
「で……? いつ使う?
 いつ使ってまうんや?
 使いどころ間違えんようにな〜?」
ユエル(水属性)マイページ
#1
#2
#3
ユグドラシルマイページ
#1今宵は年に1度の聖夜の宴。
(主人公)達は艇の仲間達と
ご馳走を食べ、夜深くまで騒いでいた。
そんな宴の片隅で、ユグドラシルが
何か言いたげにそわそわしている。

「ーーーー」

(主人公)は、その姿に気がつくと、
仲間達との歓談をやめ、彼女の方へ
ゆっくりと近づき声をかけた。
メリークリスマスーー

「ーーーー!!」

その笑顔が何を伝えんとしているのか、
言葉などなくともよくわかっている。
眼前に咲いたその小さな花に
聖夜の奇跡を見た心地がして
(主人公)は顔をほころばせる。
ユーステスマイページ
#1「メリークリスマス……」
「…………」
「何だ。
 楽しそうに見えるか。」
「こういう日は好きだ。」
「平穏と静寂が訪れている。
 ……良い日だ。」
「お前は、どこにも行かないのか。」
「ならここに居ろ。」
「……特に深い意味はない。
 その方が落ち着く。」
#2「どうした。
 何か用か?」
「いや、用が無ければ
 傍に来てはいけない、
 というわけではない。」
「(主人公)なら、
 いつでも傍に来ていい。」
「……冷えるな。
 今日は共に過ごすか。
 (主人公)。」
ユーステス(ハロウィンバージョン)マイページ
#1
#2
ヨダルラーハマイページ
#1(R版と同一)
#2
#3

ら行

キャラクター種別台詞
ラカム(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(SR版 初登場verと同一)
#2
#3
ラスティナマイページ
#1
ランスロットマイページ
#1「メリークリスマス!」
「子供のころ、サンタクロースに
 会うんだってヴェインと
 夜更かししたのを思い出すよ!」
#2「あぁ……今日は聖夜か……
 わざわざ人混みに出かけるのも面倒だし
 たまには部屋でも片付けるか。」
「……ん?なんだ(主人公)か?
 なに、部屋の片付けを手伝うだと!?
 い、いや……さすがにそれはマズイ!」
「違う!」
「見られて困る様なものはないが、こんな日に、
 (主人公)の手を煩わせるのは
 さすがに気が引けるというか……」
「むぅ……どうしても譲らないのか?
 ……わかった、じゃあこの際だから
 (主人公)にお願いさせてくれ!」
「その代わり、片付けが終わったら
 何か美味い飯でも食いに行こうな!
 ふふっ……何が良いかな〜」
#3
ランスロット(風属性)マイページ
#1
#2
#3
リリィマイページ
#1「ふふふ〜ん♪
 聖夜といえば、ケーキなの!
 ケーキといえば、イチゴなの!」
「そしてそして〜……
 イチゴといえば、リリィなの!」
「どうしてかって?
 えとね、リリィはイチゴが好きです!
 きっとイチゴも、リリィが好きです!」
「ふたりは、相思相愛なの。
 だからおっきなケーキほしいなあ……☆」
#2「(主人公)さま!
 あのね、さっき街の人達に
 褒められたの!」
「聖夜のツリ−がないおうちに、
 冷気で氷のツリーを
 作ってあげたんだぁ。」
「そしたら皆、
 「うちにも作って!」って!」
「リリィ、がんばったの!
 褒めて褒めて、すりすり〜……」
リルルマイページ
#1「メリークリスマス!」
「ほらほら、プレゼントですよ〜
 どうぞ開けてみてください♪」
「え、中身がないですか?」
「えーーー!?
 こんなにいっぱいなのに
 どうして見えないんですか!?」
「もー、リルルの気持ちですよ。
 日頃の感謝をいっぱい込めて、
 リルル、あなたのために歌います……」
「サンタクロースを忘れないで……」
#2「ハピハピ♪
 メリークリスマスですよ、
 (団長)さん。」
「今年もまた、来ちゃいましたね、
 リルルと過ごす聖夜が……」
「はい、リルル、オン・ザ・ステージ!
 単独ライブ、あなたが独占です♪」
「リルルは歌いますよ。
 歌い続けます。」
「全てが幻だとしても、この歌声だけは、
 あなたの中で残りますように……」
「聴いてください……
 『グッナイ・サイレントベル』」
#3「ハピハピ〜♪
 メリークリスマスですよー、
 (団長)さん。」
「今年もまた、始まりますね。
 リルルと過ごす特別な聖夜が……」
「リルル、オン・ザ・ステージ!
 単独ライブです♪」
「さあ、リルルは歌いますよ。
 歌い続けます。」
「触れれば溶けてしまう
 はかなく淡い雪だとしても、
 確かにそこにあったんです。」
「リルルは信じて歌います……
 『ホワイトスノウ・メモリーズ』」
リーシャ(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(Sレア版と同一)
#2
#3
ルシオ(リミテッドシリーズ)マイページ「メリークリスマス」
「君に我が主の祝福があらんことを」
#1「今日のような日の過ごし方、ですか?
 そうですね……」
「よく、高いところで
 島々の灯を数えていましたね。」
「この時ばかりは
 誰もが、大切な者のために
 祈りを捧げーー」
「まるで世界が和らぐように感じられる……」
「本当に、すばらしい日だと思いま……
 はい?」
「ええ、もちろんひとりで、ですが……
 (団長)?
 なぜ、私の手に、料理の皿を……?」
「お気持ちはありがたいのですが、
 これは、ビィ様に
 お持ちいたしましょう……」
レディ・グレイマイページ
#1「我が家のクリスマスは教会で
 息子の賛美歌を聴くのが恒例でした。」
「そう、あの頃の私はまだ賛美歌を
 心地よく聴けていた……」
「また、そのような日が
 来ることを祈っております。
 メリークリスマス。」
#2「うふふ……
 素敵な聖夜ね、(団長)さん。」
「あら、どうかして?
 私が笑っているのが
 そんなに可笑しい?」
「ふふ、賛美歌は苦手だけど……
 キャンドルの灯りは
 とても気に入っているの。」
「この静かで優しい灯火を
 見つめていると、
 心が落ち着き、深く安らぐ……」
「うふふふ、とっても素敵。」
「また今年も貴方と共に
 この神聖な夜を過ごせることに
 心より感謝を……」
「メリークリスマス……」
#3「うふふ、(団長)さん……
 貴方も感じるかしら?」
「そう、この不思議な感じ……」
「いつもと同じ夜なのに
 何かが違う特別な感じ……」
「これを、昔の人は
 夜を満たす聖なる力と
 呼んだそうね。」
「うふふ、無理しなくてもいいの。
 そこまではわからなくて当然。」
「それがわかるのはきっと、
 私が降霊術に手を染めた
 魔女のような存在だから……」
「ええ、相性の問題ね。
 他人よりも少しだけ
 敏感に感じてしまうから。」
「それだけに、いつもの夜より
 少しだけ心細くも感じてしまう。」
「この夜を満たす聖性のせいで、
 今宵は夫も息子も
 私の傍に寄り添ってくれない……」
「ねえ、(団長)さん、
 ふたりの代わりに
 私を守ってくれなくて?」
「ホーリーナイト、
 メリークリスマス……」
レナマイページ
#1「聖夜って素敵ねえ……
 みーんな、幸せそうな
 顔をしているもの……」
「だれかと一緒に過ごす時間を
 喜べるって、とっても大事な事でしょ?」
「こんな日が、ず〜っと続いてくれたら
 なんて素晴らしいのかしらねぇ。」
「ふふふ……
 私、(団長)さん達と
 旅ができて本当に幸せよぉ。」
#2「♪〜」
「あら(団長)さん、
 どうして機嫌がいいのかって?」
「だって、
 今日は誰かの幸せのために
 何かをする日だものね?」
「私もサンタさんにならって
 頑張っちゃおうかしら。」
「ああ、楽しくなってきたわぁ。
 久しぶりに、お花を配って
 歩こうかしら?」
「(団長)さん、
 よかったら一緒にどう?」
「みんな、私のお花の香りで
 幸せな笑顔になってくれるのよ♪」
レ・フィーエマイページ
#1「クリスマスプレゼント……
 懐かしいですわね。」
「私が幼いころ、お父様が私に
 まるで雪の夜空を閉じ込めたような、
 美しい宝石をくださいましたの。」
「それはいまでも私にとって、
 一番大切な宝物ですわ。」
#2「街が宝石のように美しく飾られて、
 とても心躍りますわね。」
「なんだか……この景色をモチーフに
 一つ、新たな装飾品を
 作りたくなってきましたわ……!」
「インスピレーションは大事ですの!
 忘れないうちに、
 作業に取り掛かりますわ!」
「聖なる夜の魔力に磨き上げられた宝石は
 唯一無二の輝きを誇るんですのよ。」
「出来上がった暁には、
 (団長)さんに
 一番にお見せ致しますわね。」
#3「できましたわ!」
「あ、(団長)さん、
 見てくださいまし!
 私の渾身のオーナメントを!」
「雪の結晶を模した宝石で
 作ったんですのよ!
 美しいでしょう?」
「え、その……
 確かにお値段は張りましたけど……
 でも、別にかまいませんわ。」
「だって、今日は聖夜ですもの!
 こんな日ぐらいは
 ぱーっと楽しみませんと!」
レ・フィーエ(水着バージョン)マイページ
#1(初登場verと同一)
#2
#3
レ・フィーエ(土属性)マイページ
#1
#2
#3
ロザミアマイページ
#1(レア版と同一)
#2
#3
ロゼッタ(クリスマスバージョン)マイページ
#1
#2
#3
ロゼッタ(リミテッドシリーズ)マイページ
#1(Sレア版と同一)
#2
#3
ロミオマイページ
#1「やあ、(団長)。
 …うん? ああ、今日は聖夜だな。」
「ん、僕を誘いに来てくれたのか?
 ははは、騎空団の皆も
 いつも以上に賑やかだな。」
「この日を幸せそうに楽しむ
 人々を眺めるだけでも
 温かな気持ちになるが……」
「確かに、自分で楽しむことも大切か。
 ありがとう。
 君の気持ちをとても嬉しく思うよ。」
#2「(団長)、メリークリスマス。」
「見てくれ、雪が降ってきた。
 どうりで冷えるわけだ……」
「……白い雪を見ていると
 ヴェローナに降る、
 白い花弁を思い出すよ……」
「……季節はまるで違うのにな。」

わ行

現時点では無し

コメントフォーム

雑談・感想板

+ 「雑談・感想板」のコメントを見る

セリフ情報提供板

+ 「セリフ情報提供板」のコメントを見る

TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 23:32:45