このエントリーをはてなブックマークに追加

「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン (SR)

季節ボイス集 > バレンタイン ( SSR | SR | R | その他


+ 関連ページ

 
「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン
 

 


 

このページについて

季節ボイス集キャンペーンのレア度別一覧表となります。
当ページは「HAPPY VALENTINE!」キャンペーン の会話を収集しまとめたページです。
協力して下さる方は、下の各キャラ名の下に直接編集で会話内容を追加するか、コメント欄に書き込んで下さるようお願いします。

期間中、「ルリアノート」や「リスト」などの詳細画面に「イベント会話用のボタン」が表示されます。
イベント会話用のボタンをタップすると、会話シーンが再生されます。

季節ボイスの概要や開催期間については、季節ボイス集のページを参照お願いします。

※当ページには会話内容等のネタバレが含まれていますので苦手な方は閲覧注意です。

台詞一覧(贈り物を貰えるキャラ)

あ行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
アウフスタ#1「見て、(団長)!
 バレンタインやけん、チョコ作ったと!
 ビィとルリアちゃんにあげるっちゃん。」
「えっ、(団長)のぶん……?
 あ、ごめん、それは……
 そのー……」
「なーんて、うっそ〜! ちゃんと
 (団長)にも作っとるよ。
 ……て、おっ、ちょっと拗ねとーと?」
「ごめんごめん!
 (団長)のこと好いとーよ。
 一番おっきいの作ったけん、許して?」
#2
アステール#1「バレンタインなのですよ、
 (団長)さん!」
「あの、アステールもチョコを
 用意したのです……
 も、……貰ってほしいのですよ……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタインデー!」

「バレンタインなのですよ、団長さん!
 あの、アステールもチョコを用意したのです……
 も、……貰ってほしいのですよ……」
#2「ひっく……ぐすっ……
 ……あうぅ……」
「……あっ!
 (団長)さん、ダメなのです!
 見ちゃダメなのですよぅ!」
「うぅ……いっぱい、
 練習したのですが……本番で、
 失敗してしまったのです……」
「(団長)、さんに……
 美味しい、お菓子……
 あ、あげたかっ……たの、です……」
「……あぁっ!
 ダメなのです、
 美味しくないのですよ!」
「……アステールの気持ち、
 いっぱい入ってるの……
 伝わった、のです……?」
「ふぇえっ……
 あう……ぐすっ……違うのです、
 これは……嬉し、涙で……!」
「次は、失敗しないよう
 頑張るのですよ……だから、
 受け取ってほしいのです……」
ミルクチョコケーキ
#3「(団長)さん、
 ハッピーバレンタイン、なのです!」
「今年は、ばっちりお菓子作りの
 準備をして、本番も成功したのです!」
「ですけど、そのぅ……
 少々、作りすぎてしまって……」
「(団長)さんの味の好みを
 考えながら作っていたら、
 いつのまにやら……」
「た、たくさんあるのですが、
 大丈夫でしょうか?」
「ほっ……よかったのです!
 えへへ……」
「(団長)さん、いつも
 ありがとうございます、なのです!」
アニラ(SRver)#1(SSR版と同一)(SSR版と同一)(SSR版と同一)
#2
#3
アビー#1「はい、これー!
 森でとれた果物をチョコレートと
 一緒に固めてみたの! あげる!」
「へへへー!
 たぶん、すっごい美味しいよ!
 はい、ムンちゃんのもー!」
「って、あれ?
 ムンちゃん用の虫のチョコ掛けと
 混ざっちゃったみたいだな〜」
「ま、いっか! アタシは食べないし!
 それじゃ、ムンちゃんと
 分けっこして食べてね!」
ラズベリーチョコケーキ
#2アビー
 「ふんふ〜ん♪
  (団長)! (団長)!
  今年のチョコは特別製だよーっ!」
 「採れたてのカカオの実を
  たっぷり使ってみたんだ!」
 「(団長)、食べて、食べてっ!
  ねぇねぇ、どーお?」
 「あははは!
  やっぱり苦かった?
  でも身体にいいんだって!」
 「あ、そうそう!
  ムンちゃんには、後でカカオの実を
  丸ごとあげるからね!」
ムンちゃん
 「ムンムン……
  (実だけって、
  せめて加工してくれよ……)」
アリーザ#1「ハッピーバレンタイン!」
「はい……これ……
 (団長)に……
 チョコレート……」
「えっ……意外、だって?
 あ、あたしだってチョコぐらい
 作れるんだから!」
「どーせただの格闘バカだと
 思ってたんでしょ!
 ふーんだ! ふーん!」
ラズベリーチョコケーキ
#2「(団長)。
 もしよかったら食べてくれないかな。
 あたしからのチョコレート……」
「今まで食べたチョコレートの中で
 一番おいしいってスタンが
 言ってくれたんだー!」
「……な、なに笑ってんの?
 べ、別に、スタンに褒められたから
 喜んでるんじゃなくて……」
「もうっ、変に勘ぐらないでってば〜!」
アルシャ#1「(団長)さんっ!
 あの、これ!
 貰って下さい!」
「そのぅ、チョコレートのお菓子を
 手作りしてみたんです。
 お口に合うといいんですが……」
「レシピって、
 どれも読むと美味しそうだし
 すっごくわくわくするんですけど……」
「でも私、実のところ
 そんなに器用じゃないので、
 レシピ通りの味にできたかどうか……」
「買った方が安心ですけど、
 でも気持ちのこもったものを
 (団長)さんにお渡ししたくて。」
「あ、もし美味しくなかったら
 正直にそう言ってくださいね!
 次こそ頑張りますからっ!」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン!」

「えーっと、この本が初心者にはいいのかな? ん〜でも、もうちょっと手の込んだ物を……」
#2「(団長)さん!
 これ、よろしければ
 受け取ってください!」
「チョコレートのお菓子、
 今年も手作りしたんです。」
「去年より美味しく作りたくて、
 色んな本を読んだんですけど……」
「やっぱり実際にやってみると
 難しくて……上手にできているか……」
「でも、私の気持ちはたくさん
 こもっていると思います!」
「食べてもらえたら、
 嬉しいです……ふふ。」
アルメイダ#1「ななな、なあ……
 (団長)はチョコとか好きか?
 好きだろ、知ってんだぞ。」
「……やるよ、ほら。
 そ、その、破廉恥な意味じゃないぞ!
 女子としての礼儀的なもんなんだぞ!」
「あぁ、クソぅ……
 冬なのにヘンな汗かいちまった……
 他の男共には緊張しないのになぁ。」
ラズベリーチョコケーキ
#2「な、なあ、(団長)……
 今年もやるよ、その、ほら。
 女子としての礼儀的なアレだ。」
「「アレって何?」って……
 わ、わかるだろ、そんなもん。
 どうせ貰い慣れてんだろうし。」
「「わからない」?
 だ、だったら箱を開ければいいだろ!
 なんであたいに言わそうとすんだよ!?」
「あぁもう、セクハラだ〜! 覚悟しろ、
 はれんち罪で訴えてやる! 女に
 チョコって言わそうとした重罪だぞ!」
アンジェ#1「ハッピーバレンタイン!」
「………………え!?
 今日はレディが
 チョコレートを贈る日だろう?」
「だって僕は王子様になりたくて……」
「むぅ。そんな顔をされては仕方ないな。
 今回だけ特別に(君)に
 チョコレートを用意するとしよう。」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「団長からチョコレートを
 貰えるとばかり思っていたんだけどな……
 ハハ、まだまだ僕には
 王子様力が足りてないってことか。」
#2「実は……
 バレンタインはちょっと苦手なんだ。」
「だってレディのために
 あるような日だろう?」
「でもそんな事にこだわって
 (団長)に感謝を伝えるチャンスを
 みすみす逃したくはないし……」
「だから、これ……」
「女の子としてじゃなく、僕からの
 (団長)への感謝の気持ちとして
 受け取ってくれるかい?」
アンジェ
(ハロウィンver)
#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
アンチラ(イベントver)#1(SSR版と同一)ミルクチョコケーキ(SSR版と同一)
#2(SSR版と同一)
#3
アンナ(SRver)#1(R版 初登場verと同一)(R版 初登場verと同一)
#2
#3
アーミラ#1「君、これあげる。
 教会の女に渡された。」
「私は食べないで、大事な人達に配れ
 と言っていた。 だから君が食べろ。
 でもお母さんの分は駄目。」
「じー……」
「……美味しそう……」
「私も食べる!」
ラズベリーチョコケーキ
#2「ふふ!
 今年も教会の女にもらってきた!
 チョコレート!」
「ほら、(君)も食べろ。
 私と半分こ。」
「ふふふ、バレンタイン、美味しい!
 ホワイトデー、待ち遠しい!」
#3
イオ#1(特別イラスト有)
「ふぅ、できた!
 う〜ん、自分では
 美味しくできたと思うけど……」
「バレンタインのチョコレートを
 ちゃんと作れたの、
 これが初めてなの。」
「……ね、味見してくれない?
 ちょっと自信なくて……」
「あっ!
 ちょっとだけだからね!?
 たぶんちゃんと美味しいし!」
「あ〜!?
 な、なんで笑うのよ!」
「いいから!
 もぅ、早く受け取ってよ!」
「……美味しいと、いいんだけど……
 だってほら、やっぱり食べてもらうなら
 喜んでほしいもん。」
「あっ! よ、喜んでほしいのは、
 師匠になんだからね!
 勘違いしないでよ!」
イオのチョコレート「ハッピーバレンタイン」

「あ、あるわよ? チョコレート……
 で、でも義理だからね!?」
#2(特別イラスト有)
「な、なによ(団長)……
 ……チョ、チョコ?
 ふ、ふーん……欲しいの?」
「えっ……要らないの……?」
「な、なによっ!
 もーっ!!
 からかわないでよねっ!?」
「そ、そんなに欲しいんだったら
 あげる!
 ほら、受け取んなさいよ!」
「いつもお世話になってるから、
 そのお礼! お礼よ!」
「もぉっ!
 黙って受け取りなさいよぉ〜!!」
#3(特別イラスト有)
「はい、これ……(団長)にあげる。」
「な、なによ!
 チョコ一つで、そんなに喜ぶ?」
「そんなに素直に喜ばれちゃうと
 なんだかこっちが、
 照れくさくなっちゃうじゃない……」
「顔が赤い? お、大きなお世話よ!
 もぉ……(団長)ったら、
 デリカシーがないんだから……」
ヴァンピィ(SRver)#1(SSR版と同一)(SSR版と同一)
#2(SSR版と同一)
#3
ヴィーラ#1「嗚呼……この燃え上がるような想いは
 チョコレートなどという脆いものには
 込めきれません……!!」
「お姉様に……最高の、
 特別なチョコを……」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン♪」

「嗚呼……この燃え上がるような想いは
 チョコレートなどという脆いものには
 込めきれません……!!」

「お姉様に……最高の、
 特別なチョコを……」
#2「(団長)さん……
 実は折り入って、
 お願いしたいことが……」
「今日がバレンタインであることは、
 (団長)さんもご存知ですね?」
「そこで、季節に合わせ、
 お姉様と一緒にチョコレート作りを
 楽しみたいのですが……」
「どうにも毒見役……
 あ、いえ、味を見る方が、
 いらっしゃらなくて……」
「報酬は、私からのチョコレートと、
 お姉様手作りチョコレートです。
 ふふ……断る理由はありませんね?」
#3「ねぇ、(団長)さん……
 私は貴方をとても大切に思っています。」
「自身の属する騎空団の団長として……
 いいえ、
 それ以上の感情を貴方には抱いている。」
「そう……言うなれば戦友として……
 かけがえのない戦友として、
 貴方を想っているんです。」
「――はい、というわけで
 今年もこの季節がやって参りました。」
「もちろん、報酬の用意はありますし、
 今年も私とお姉様のチョコ作りに、
 味見係として協力して頂けますね?」
「まさか、(団長)さんは、
 大切な戦友を置いて、
 逃げたりなんてしませんよね……?」
エジェリー#1「んっんーんんんぅ!
 (ハッピーバレンタイン!)
「んん、んんんん……ん、んんんぅ……
 (えっと、
 チョコ作ってみたんですけど……

あ、ごめんなさい、
 味見はしてないです……)
ミックスチョコケーキ
#2「んん、んんぅ……
 (あの、(団長)さん……
 こ、これ……どうぞ!)

「んん、んんん……んぅ……
 (バレンタインですから……また
 今年も味見はできなかったんですけど)

「んぅ……んん……
 (あの……匂いは
 おいしそうでした!)
ミルクチョコケーキ
#3「んんん、んんぅ……
 ((団長)さん、これ……
 バレンタインのチョコです!)

「んん、んんっん、んんんんんん……
 (私、味見ができないから……今年は
 買おうかなとも思ったんですけどね)

「んん、んっんん……
 (でも、やっぱり
 手作りにしました!)

「んんぅんんんん、んん、んん……
 ((団長)さんへの感謝の気持ちを
 沢山込めたかったから……)

「んん……
 (えへへ……
 喜んでもらえたら嬉しいです!)
エリン#1「(団長)、少しいいかしら?
 あなたに受け取って欲しいものが
 あるのだけど……」
「人間はバレンタインという日に、
 日ごろの感謝をこめてチョコレートを
 渡す……そう、聞いたのよ。」
「だから、これ、
 受け取ってもらえないかしら。」
「……美味しいかどうかは知らないわ。
 本に書いてある通りに
 作っただけだもの。」
「ええ、一応、手作りよ。」
「そう……美味しいの。
 なら、よかったわ。」
「……それにしても、何かしらね。
 ただ、感謝を伝えているだけなのに、
 なんだか、気恥ずかしいわね……」
ミックスチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「それにしても、
 チョコレートを贈る日、ね…。
 私も用意はしたけど、
 どうやって渡せばいいのかしら?」
#2「(団長)。
 今年もチョコレートを用意したの。
 受け取ってくれるかしら?」
「ええ、今年はチョコレートで
 細工を作ってみたの。」
「去年と同じものを送るだけじゃ
 感謝の気持ちが
 伝わらないと思ったから。」
「別に難しくはなかったわ。
 氷細工を作るのと
 ほとんど同じだったもの。」
「ふふっ、どうかしら?
 自分ではうまくできたと
 思うんだけど……」

か行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ガイーヌ#1「え?
 ハッピーバレンタイン?」
「って、何ですの、それ。
 聞いたことない
 フレーズですわね……」
「ふむふむ、なるほど……
 年に一度? 女性が男性に?
 チョコレートを贈る日、ですか……」
「ええ。理解しましたわ。では、私は
 (団長)さんにチョコレートを
 差し上げないとダメってことですわね?」
「はい、どうぞ。」
「え、何故、知らなかったはずなのに、
 チョコレートを用意していたのか、
 ですって?」
「えーっと……それは……」
ミルクチョコケーキ
#2「今日はバレンタインですわね。」
「女性が男性にチョコを贈る日と、
 昨年お伺いしましたが……」
「私からは、チョコの代わりに
 剣舞をプレゼントしますわ!」
「……という訳にも参りませんわよね。
 ふふ、冗談ですわ。」
「そんな顔をなさらなくとも、
 昨年同様、手作りのものを
 用意しておりますの。」
「え? 昨年はバレンタインを
 知らなかったはず、ですって?」
「……過ぎたことを蒸し返すのは、
 よくないのではないかしら?」
カタリナ#1(特別イラスト有)
「ふう、できた! 完成だ!
 はは! どうだ、見事なものだろう!」
「言っただろう?
 チョコレートを作ったのは
 一度や二度ではないと。」
「こほん。
 さて、それでは……
 受け取ってくれ、(ー)。」
「ふふ……
 自分の気持ちを伝える日か。
 やはり、いいものだな。」
「どうしても
 感謝の気持ちを伝えたかった。
 ルリアと……(君)に。」
「君達を守るつもりでいたが、
 逆に私の支えとなってくれている。
 ありがとう、本当に。」
「ん? どうした? 下なんか向いて。
 というか……受け取ってくれないのか?」
「ハッ……!
 ま、まさか!
 食べさせて欲しいのか!?」
「ままま待て! そう慌てるな!
 慌てて否定されると……
 わ……私まで照れるじゃないか!」
「くっ……仕方ない!
 他ならぬ……その、君の頼みだ!
 ほ、ほら! 早く口を開けてくれ!」
カタリナのチョコレート
#2(特別イラスト有)
「ハッピーバレンタイン!
 (団長)、お待ちかねの
 チョコレートだ。」
「私からの感謝の気持ちだ。
 受け取ってくれるな?」
「ん……?
 どうしたんだ、ほら。
 遠慮しなくていいんだが……」
「……もしかして、また
 あ〜んしてほしいのか?」
「……コホン。
 し、仕方ないな。
 キミが望むのであれば……」
「ほら、あ〜ん。」
#3(特別イラスト有)
「手作りチョコを考えていたんだが、
 どうも台所が込みあっていてな……」
「既製品のチョコだが、
 人気のあるものだそうだ。
 受け取ってくれ。」
「どうしたんだ?
 そんなにもホッとした顔をして……」
「いや……そうじゃないな……
 もしかして、照れているのか?」
「その……なんというべきか……
 (団長)にそんな顔をされると、
 私まで照れくさくなるじゃないか。」
「長い間一緒に旅をしているのに、
 不思議なものだな……ははっ。」
カタリナ
(水着ver)
#1「ハッピーバレンタイン!」
「このチョコレートは、
 私からの感謝の気持ちだ。
 受け取ってくれ!」
「どうした、震えたりして。
 手作りチョコがそんなに嬉しいのか?」
(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3カタリナのチョコレート
カリオストロ(イベントver)#1(SSR版 初登場verと同一 ※特別イラスト有)
#2
#3
カルテイラ(SRver)#1(R版と同一)「にしししし……団長はん、
 砂糖の値が棒上げの大天井や〜
 ほんま、今日っちゅう日はええ日やで〜」
#2(R版と同一)
#3
カルバ(SRver)#1(R版と同一)
#2(R版と同一)
#3
カレン#1「……うん? 何その目!
 何か期待してんの?
 今日ってなんかあったっけー?」
「……あはは冗談!
 はい、チョコレート!」
「オイゲンにも一応渡しておこっかな、
 チョコレート…… だってほら、
 あたしの家族と話つけてくれたし。」
ミックスチョコケーキ
#2「(だ〜んちょ)!
 ふっふっふー
 これなーんだ?」
「え? 焦げたパン?
 失礼なこと言うわね!」
「これは、ブラックチョコレートで
 作ったガトーショコラ!
 ほんと(団長)って子ども〜!」
「なによー
 文句言うならあげないわよ?」
「ふふん。わかればいいのよ。
 はい、ちゃんと全部食べてよね?
 美味しくできてるんだから!」
スイートガトーショコラ
#3
カレン(イベントver)#1「……うん? 何その目!
 何か期待してんの?
 今日ってなんかあったっけー?」
「……あはは冗談!
 はい、チョコレート!」
「オイゲンにも一応渡しておこっかな、
 チョコレート……だってほら、
 あたしの家族と話つけてくれたし。」
※テキスト上の差異
#2(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#3「あ、(団長)いたいた!
 ごめんね、呼び出しちゃって。」
「今年も渡しときたかったからさ〜
 ちゃんと作ってきたんだよ、
 バレンタインのチョコ!」
「はい、あーん。」
「え? だって、
 普通に渡すのも面白くないじゃん?
 だから、ほら。あーん。」
「そうそう、そうやって
 口あけてくれればいいから。」
「…………」
「くくく……ごめん、その顔、
 ちょっと面白かったから焦らしてみた。」
「あはははは!
 ごめんごめん、怒らないの!
 はい、どうぞ!」
ミルクチョコケーキ
ククル#1「(団長)、 (団長)!
 ククルお姉ちゃんがチョコをあげよう!
 ほいっ!」
「…………
 ……どぉ?
 …………嬉しい?」
「はぁ〜……!
 良かったぁ! 要らないって言われたら
 どうしたもんかと思った!」
「あはは、ククル姉ちゃんにも
 怖いモノはあるのだよ。
 真顔で対応されるとかね?」
「……うん! キミの笑顔もらって、
 ククル姉ちゃんも元気出た!
 お礼はこれで十分だよ!」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピー、バレンタイーン!
 …いやー、ちょっと盛り上げすぎ?
 ハッピーバレンタイン♡
 いやいや、ダメでしょ…」

「クム坊、
 お父ちゃんにあげるチョコレート、
 準備できた?
 一緒に渡しにいこっ!」
#2「(団長)っ!
 はいっ!
 バレンタインのチョコだよ!」
「……ほっ。
 受け取ってくれて良かった〜」
「いやいや、ククル姉ちゃんだって
 こういう時は緊張するよ!
 花も恥らう乙女だからね!」
「も〜、からかわないの!
 来年、チョコレートあげないぞっ!」
「……なーんて、嘘だけどねっ!
 ククル姉ちゃん、君の笑顔が好きだから、
 あげないわけにはいかないのだ!」
クムユ
(水着SRver)
#1(R版 初登場verと同一)(R版 初登場verと同一)
#2
#3
クラウディア#1「菓子類はドロシーのほうが
 得意なのですが……」
「一応、私もチョコを
 用意いたしましたので、
 ご、ご賞味いただければ幸いです……」
ラズベリーチョコケーキ
#2「今年もまた、義理チョコを
 ご用意させていただきました。」
「……いえ、買って参りました。
 私が作るよりも、その方が
 味を保証できますので。」
「しかし、わざわざ用意したという
 ……その意味はご理解ください。」
「そして一か月後のこと……
 どうぞ、どうぞお忘れなきよう。」
#3「どうぞ。例によって義理チョコで
 ございます。一ヶ月後のことを
 その心に留めて頂き……」
「うん? 高級なチョコに見える、
 でございますか?」
「失礼、そちらはルリアお嬢様用でした。
 ……貴方には、この素朴な板チョコを。」
「もしも誰にも本命を貰えず心が折れたら、
 そのチョコを折ってみると良いでしょう。
 多少は気が晴れるかと……」
板チョコ
グレア#1「アンと一緒に……
 あなたが喜びそうな
 チョコレート作ったんだ。」
「口に合わないかも……
 ……それでも嬉しい?」
「……ありがとう。
 私も嬉しいよ。」
「(団長)さん、
 いつも、本当にありがとう。」
ラズベリーチョコケーキ
クロエ(水着ver)#1(R版と同一)
#2(R版と同一)

さ行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
サラ#1「ハッピーバレンタイン!
 あの、チョコレートお好きですか?」
「もしよければ、その……
 一緒に、おやつ……
 食べませんか……?」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」

「ハッピーバレンタイン!
 あの、チョコレートお好きですか?
 もしよければ、その……
 一緒に、おやつ……
 食べませんか……?」
#2「あ、あのぅ……
 そのぅ……(だ、団長)さん……
 えぇと……うぅぅ……」
「これ!
 受け取って、ください!」
「バレンタインの、
 チョコレート……なんです……
 ボレミアと一緒に作った……」
「ボ、ボレミア、
 お料理上手ですから!
 美味しいです! 本当です!」
「……あの、お邪魔、でしたか?
 ……そうですか?
 良かった……」
「えへへ……(団長)さんへの、
 大好きって気持ち……
 いっぱい込めました!」
ミックスチョコケーキ
#3「あ、あの……(団長)さん!
 これ……バレンタインの、
 チョコレートです!」
「ボレミアと一緒に作って、
 味見もしたので、
 美味しいはずです……!」
「ほっ……
 ありがとうございます、
 貰ってくださるんですね!」
「……(団長)さんのこと
 大好きなのは、
 いつだって変わらないのに……」
「こうやって形にすると、
 少し恥ずかしいのは……
 なんでなんでしょう……?」
サラ
(水着ver)
#1(初登場verと同一)
#2
#3
白蛇のナーガ#1「ハッピーバレンタイン、(団長)。」
「(団長)、
 このチョコレートどうかしら?
 なかなかウマいわよ。」
「イケるですって? ふっ……当然よ!
 このナーガ様が作った物が
 マズいはずないじゃない!」
ミルクチョコケーキ
サーヤ#1「(団長)さん、
 今日はなんの日かご存知ですか?
 そう、バレンタインデーです!」
「ふふふ! 私の推理と洞察力を
 フルに活かして、(団長)さんの
 好きそうな物を作ってみました!」
「食べてくださいね!」
「団長さん、
 今日は何の日かご存知ですか?
 そう、バレンタインデーです!」

「ふふふ! 私の推理と洞察力を
 フルに活かして、団長さんの
 好きそうなものを作ってみました!
 食べてくださいね!」
#2「(団長)さん、
 ハッピーバレンタイン!」
「むむむ……
 その手にあるのはすでに数多の女性から
 受け取ったチョコレートですね?」
「その寝癖……結ばれていない靴の紐……
 そして無造作に出ている洋服の裾……
 それらのヒントから推測できるのは……」
「ズバリ! 朝、寝ているところを
 起こされてから、バレンタインの
 チョコレートラッシュに遭って――」
「部屋に戻るタイミングがない、
 という状態ですね?
 ……当たりですか?」
「ふふふ!
 人気者はつらいですね!」
#3「ふふふ。やはりここにいましたか、
 (団長)さん。」
「去年の(団長)さんの状態を見るに
 今年も団員さん達の
 チョコレートラッシュに遭って……」
「状況が落ち着いた後に
 この休憩室でぐったりしているで
 あろう事は予想がついていました。」
「それじゃあ、
 私のチョコも受け取ってください。
 ずっと待ってたんですよ。ふふ……」
「え? どうして待ってたのって……
 せっかく渡しても印象に残らなかったら
 ちょっと嫌だなと思っちゃって。」
「ふふ。私だって、探偵である以前に
 ひとりの女の子ですからね!」
ミルクチョコケーキ
サーヤ(光属性)#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3
ザーリリャオー#1「「これ、故郷から送られてきた素材で、
 ぜひ食べてください」」
「……ああっ、わざとらしいかな……
 って(団長)殿!?
 いるなら言ってください!」
ミックスチョコケーキ「バレンタインですかぁ……。
 昔は、よく女の子から
 チョコレートをもらっていました。
 ……ふふ、多分、
 何か勘違いしていたんでしょうけど」
#2「つ、ついに来ました、
 バレンタインデー……!」
「こ、こ、今年こそ、きちんと
 (団長)殿に感謝の気持ちと
 ちょ、ちょこれーとを……」
「って、今年は……
 二度も同じ手は食いませんよ!」
「そこにいるのでしょう、
 (団長)殿!
 隠れても無駄です!」
「それ、ハッピーバレンタイン!
 ちょ、ちょこれーと大作戦です!」
ミルクチョコケーキ
#3「(団長)殿、
 ハ、ハハ、
 ハッピーバレンタイン、です!」
「こ、今年は、
 その……正面突破で……」
「(だ、だ、団長)殿!
 こ、これを受け取ってくだひゃい!」
「い、痛いです……!
 思い切り噛んでしまいました……」
「で、でも……
 ちゃんと渡せて、
 嬉しかったです……へへ……」
「ひ、日頃の感謝の想いを
 こめていますので……
 味わって食べてください!」
ジェシカ#1(新規特別イラスト有)
「ハッピーバレンタイン。」
「(団長)さん……
 はい、これ、チョコレートです。」
「私の好きな味に作ったんですけど……
 気に入ってくれると嬉しいです。」
ミックスチョコケーキ
#2(新規特別イラスト有)
「(団長)さん、
 甘いものはお好きですか?」
「バレンタインの
 チョコレートを作ってみました。」
「そんなに喜んでもらえると
 私も嬉しくなっちゃいます。」
「ふふ……懐かしいな。
 バレンタインはいつも
 弟に作ってあげていたんです。」
「あ、そうそう、食べ終わった後は
 歯磨きを忘れちゃだめですよ?
 虫歯になっちゃいますから。」
ミルクチョコケーキ
#3(新規特別イラスト有)

(主人公)は騎空艇の甲板で
追いかけっこをする人影に気付く。

ジェシカ
 「こらー! ダメですよ。
  返してください。
  あなたにはもうあげたでしょう?」

ジェシカがイタズラを働く団員を
追いかけている所だった。

ジェシカ
 「そのチョコレートは
  (団長)さんに渡す物です!」
 「いい加減に返さないと、
  ぶん殴りますよ?」

にこやかに脅すジェシカ。
団員は即座に持っていたものを
ジェシカに返す。

ジェシカ
 「ほっ……
  分かってくれたならいいんです。
  もう悪戯したら駄目ですからね?」
 「……あ! (団長)さん、
  よいところへ!」
 「ふふ。これを(団長)さんに
  お渡ししようとしていたんです。」
 「はい、ハッピーバレンタイン。」
 「え? どうしましたか?
  そんな固まって……」
 「ふふ。変な(団長)さん。」

「普段穏やかな人ほど、怒ると怖い」
という言葉が浮かぶ
(主人公)なのだった。
ジェシカ
(水着ver)
#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3ミルクチョコケーキ
ジェシカ
(ガチャver/土属性)
#1(初登場verと同一)
#2
#3
シグ#1「やぁ、(団長)!
 あんたを労ってやろうと、
 チョコってもんを作ってやったよ!」
「レシピはドゥルガ漁団流さ!
 旬のヒラメラーノにチョコを塗して……
 って、なんだい、その微妙な表情は?」
「さぁ、食べとくれ。
 あたしが見ててやるから。
 残さずぜ〜んぶ平らげるんだよ!」
ラズベリーチョコケーキ
#2「う〜ん、どうしたもんか……
 あぁ(団長)、ちょうど良かった。
 実は謝んないといけない事があってね。」
「ドゥルガ漁団流のチョコに必要な、
 旬のヒラメラーノが不漁なんだよ。
 代用のカレイドスも駄目みたいなんだ。」
「ってことで、すまないね。
 今年は普通のチョコで我慢しとくれ。
 来年はしっかり準備するからさ!」
「……うん?
 なんだい、ホッとした顔して。」
#3「ふふふっ!
 (団長)、心の準備はいいかい。
 今年のバレンタインは強烈だよ?」
「ほぅら、ダイマオウイカの肝臓さ!
 深海のスウィーツとも呼ばれててね。
 まるで高級チョコみたいに甘いんだ。」
「見た目は、まぁ……
 ちょっとハードボイルドだけどさ?
 気にしない、気にしない!」
「なんだったら、
 あたしが食わせてやるよ。」
「さぁ、
 しっかり目ぇ閉じて口を開けてな!」
シグ
(ガチャver)
#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3
ジャスミン(SRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3ミックスチョコケーキ
シャルロッテ(イベントver)#1(SSR版 初登場verと同一 ※特別イラスト有)
#2
#3(SSR版 初登場verと同一)
シャルロッテ(水着ver)#1(SSR版 初登場verと同一)
#2(SSR版 初登場verと同一)
#3
ジャンヌダルク(SR)#1「ハッピーバレンタイン!
 こちらをどうか
 受け取ってもらいたい。」
「ふふ、
 いつもお世話になっているからな。
 そのお礼だ。」
「口にあえばいいんだが……
 ……手作りなんだ、それは。」
「もし気に入ったら教えてほしい。
 沢山作ってあるんだ、
 お代わりしてくれ!」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン」
スフラマール
(水着ver)
#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3
スーテラ(風属性)#1「ハッピーバレンタイン!
 日頃、お世話になっている方に
 チョコをあ〜んする日だそうですね!」
「(団長)さん、
 あ〜んしてください、ほら
 あ〜ん! ですよ!」
ミックスチョコケーキ
#2「(団長)殿〜!
 (団長)殿、
 少々お時間をいただけますか?」
「申し訳ありません!
 前回のバレンタインは、
 私がしきたりを間違えていました!」
「聞けば、遠くから殿方の口へ向け
 チョコレートを投げ入れ、成功した
 距離の長さで絆の強さを測るとか。」
「(団長)殿と私の絆、
 如何に強いものであるか
 確かめさせてください!」
「お任せください!
 投擲は割合得意なのです!」
「……参ります!
 そぉ〜れっ!」
ミルクチョコケーキ
#3「あら、(団長)。
 こんなところにいたの?
 探しちゃったじゃない。」
「え?
 そんなの決まってるでしょ。」
「貴方にアタシのト・ク・ベ・ツを
 アゲルためよ♡」
「え? なあに、欲しい?
 ふふ、いいわよ。
 貴方のために用意したんだもの。」
「じゃあ、口を開けて……
 あーん……」
「いかがでしたでしょうか!
 (団長)殿!」
「スーテラは上手なバレンタインを
 出来ていましたでしょうか!?」
「あ、はい、姉様に教えて頂きました。
 姉様に筋がいいと誉めて頂き、
 自信をつけて臨むことが出来ました!」
「(団長)殿にも誉めて頂き
 大変うれしく思います!
 来年もたくさん練習致します!」
スーテラ(火属性)#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3
スーテラ(イベントver)#1(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3
セシール#1
#2
ゼタ(イベントver)#1(SSR版 初登場verと同一)(SSR版 初登場verと同一)
#2
#3「お待たせ。
 バレンタインの、持ってきたよ。」
「ん? 何? なんか気になる?」
「ああ、そうそう。
 今年のはハートつけてみた。
 ……はぁ? あたしのガラじゃない?」
「くくく……確かに。
 言われてみれば、ハートって
 キャラじゃない……けど。」
「ちょっと(団長)、笑いすぎ。
 あんま笑ってるとあげないよ?」
「わかればよろしい。
 ほら、さっさと食べなさい!」
※テキスト上の差異
セレフィラ#1「バレンタインね。
 ……あなた、甘いもの、好きかしら。
 ……そう。」
「……よ、良ければ、今から私とおやつを
 食べない? お菓子を作っておいたの。
 お茶も淹れるわ。 ……どう?」
ミルクチョコケーキ
#2「いつもありがとう、
 感謝のしるしだから……
 うん、感謝のしるし……」
「ひゃうぅっ!?
 も、もう(団長)!
 後ろから急に声をかけないで!」
「あっ……えっと、待って!
 お願い!」
「その、あの……こ、これ!
 バレンタインデーのチョコレート!
 あなたに!!」
「感謝のしるし、感謝のしるしだから!
 だからその、う、受け取ってくれたら
 嬉しい……けど……」
「……迷惑だった?
 (団長)は、沢山貰うわよね……?
 甘くないものにすれば良かった……」
「……ありがとう、受け取ってくれて。
 ……口に合うといいんだけど。」
#3「あ、あの……(団長)。
 きょ、今日はバレンタインね。」
「それで、その……
 こ、これ! 作ったの!」
「ラズベリーを使った、
 チョコケーキなんだけど……」
「いつもお世話になってるから。
 よ、よかったら……」
「……ほっ。ありがとう。」
「実はね、このラズベリー
 私が自分で育てたものなの。」
「ケーキを作る時だけじゃなくて、
 ラズベリーを育てるところから、
 き、気持ちをこめた、から……!」
「だから、きっと……
 結構、甘いと思うわよ。」
ラズベリーチョコケーキ
セン#1「あ、(団長)さん!
 ハッピーバレンタインです。」
「今日は、日頃の感謝を込めて、
 贈り物をする日だって聞いて……
 だから(団長)さんにこれを。」
「本当は熊とか猪とか……大きな
 ものをとってきたかったんですけど
 そういうのはやめた方がいいって。」
「ビィくんがそう言ったから。
 だから小さなものなんですけど……
 喜んでもらえたら嬉しいです。」
ラズベリーチョコケーキ「ハッピーバレンタイン……にゃ」
#2「(団長)さん、これ……」
「あの、今日はバレンタインなので!
 その……!」
「……今年は手作りなんです。
 ルリアちゃんと一緒に
 がんばって……」
「喜んでもらえたら、
 嬉しいです、……にゃ。」
セン
(クリスマスver)
#1(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
ソフィア(SRver)#1(SSR版と同一)(SSR版と同一)
#2(SSR版と同一)
#3
ゾーイ(イベントver)#1(SSR版 水着verと同一)
#2(SSR版 水着verと同一)

た行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ダエッタ(SRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3
ダヌア#1(特別イラスト有)
ダヌア
 「バレェ……」
ヘンゼル
 「今日はバレンタインデーだな。
  ダヌアから(団長)に
  渡したいものがある。」
 「さぁ、心置きなく受け取ってくれ。」
ダヌア
 「ちょこぉ……」
グレーテル
 「アタシもダヌアに協力して、
  一生懸命作ったんだゼ!
  さぁ、心して食いナ!」
ミルクチョコケーキ「バレェ……」

「ちょこぉ……」
#2(特別イラスト有)
ヘンゼル
 「(団長)。
  今、少し時間はあるか?」
グレーテル
 「時間が無くても関係ないけどナ!
  とりあえず、面かせ!」
ダヌア
 「わたぁ……」
ヘンゼル
 「うむ……うむうむ……
  ダヌアが(団長)に、
  渡したいものがあるそうだ。」
グレーテル
 「まぁ言わなくても大体分かるよナ!
  バレンタインのプレゼントだヨ!」
ダヌア
 「あーん……」
ヘンゼル
 「あーんだ。
  (団長)。」
グレーテル
 「今年はダヌアが一人で
  作りたいって、聞かなくてナ!」
ヘンゼル
 「だが、我々は味見をしていない。
  人形なのでな。」
グレーテル
 「出来は知らねーケド、
  愛情はたっぷりこもってるはずだゼ!」
ダヌア
 「どおぉ……?」
#3(特別イラスト有)
ヘンゼル
 「(団長)、ちょっといいか?
  ダヌアから渡したいものがあるそうだ。
  さぁ、ダヌア。」
ダヌア
 「(だんちょ)……」
 「あーん……」
ヘンゼル
 「今年のプレゼントも手作りだ。
  味わって食べてほしい。」
グレーテル
 「それからもうひとつ、ダヌアは
  とっておきの気持ちを伝えたいそうダゼ!」
ダヌア
 「きゃふふ……
  (だんちょ)………………ちゅ……」

ダヌアは口づけをした自分の指先を
(主人公)に向けて
フゥと息をかけた。

ヘンゼル
 「投げキスというのだそうだ。
  ダヌア、練習した甲斐があったな。」
グレーテル
 「ハハハ!
  (団長)、今日は特別だゾ!
  ありがたく受け取れヨ!」
ターニャ
(水着SRver)
#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3ミルクチョコケーキ
ターニャ
(ガチャSRver)
#1(R版と同一)
#2(R版と同一)
#3
ディアンサ#1「すぅ……すぅ……んん……」
「あ……ええっ!?
 も、もう朝!?」
「あ……(だっ、だだ、団長)さん!?
 もしかして見ちゃった?
 私が今何隠したか見た?」
「……見てない? ほんとに?
 わかった。じゃあ、受け取って?」
「えへへ、ほら……今日、
 バレンタイン……でしょ?」
「ちょっと時間なくって、
 遅くまで作ってたんだけど、
 ここで寝ちゃったんだね、私……」
ミルクチョコケーキ「すぅ……すぅ……んん……」

「えへへ、ほら……今日、バレンタイン……でしょ?」


「ふあぁぁ……
 あ、ごめん団長さん、今日寝不足なんだ。
 いろいろ準備してて……」
#2「(団長)さんっ!」
「はい、チョコレート。どうぞ。」
「ふふふ……また寝てるとこを
 見られないように、今年は頑張ったよ。」
「……くぁ……」
「え……目の下にクマできてる?
 嘘!? ちゃんと隠したのに……!
 う、う、ううん、なんでもない!」
「あ……ち、ちょっと忘れ物!
 とってくるね!」
(急いでメイク直さなきゃ……)
「お、おまたせー! え……えっとね、
 チョコレートの包装に……
 リボンを追加……したんだ……」
「うん? 私の顔がどうかした?
 いいの。そっちは気にしないで。」
「はい、チョコレート。どうぞ。」
ティナ#1「はい、(団長)さん。
 今日はバレンタインデーでしょう?
 チョコを作ってみたんだけど……」
「実はね、あんまり自信ないの。
 お菓子は旅に必要なかったし、
 母さんが作ってたの思い出しながら……」
「え、美味しい?」
「良かったぁ……!
 すごいホッとしたよ……」
ミルクチョコケーキ
#2「あのね、(団長)さん。
 今年も作ってみたの。
 チョコレート。」
「去年、(団長)さんが
 喜んでくれたのを思い出して、
 また作りたくなって。」
「……嬉しい。本当に嬉しい。
 こんな風に、普通の、女の子らしい事で
 誰かに喜んでもらえて。」
「材料を選ぶのも、チョコレート作るのも
 楽しくて、幸せ。
 ありがとう、(団長)さん。」
ミックスチョコケーキ
#3「(団長)さんっ!
 今年も、バレンタインのチョコ
 作ってきたの!」
「魔法とか、お料理とか……
 私の得意な事で喜んで貰えるのは
 やっぱり嬉しいから。」
「あのね、今年は少し細工を
 頑張ってみたんだ。
 ふふ……よくできてるでしょ?」
「お店を見て回ってたらね、
 専用のナイフが売ってたから、
 買っちゃった。」
「こういう物を買うの初めてで、
 作るのが楽しくなっちゃって……」
「兄さんのぶんも作ったんだよ。
 あとで渡しに行くんだ。」
ティナ(バレンタインver)#1
#2
#3
テレーズ(水属性)#1「えっと、今日、その……
 バレンタイン……ですよね?」
「ま、街のお店で、
 買ってきたんですけど……」
「うう……道に迷って、
 こんな時間になっちゃいましたけど……」
「そ、その……フィーエが作ったら、
 きっとすぐできたんですけど……」
「た……食べてくださいっ!」
ミックスチョコケーキ「えっと、今日、その……
 バレンタイン……ですよね?」

「た……食べてくださいっ!」
#2「あ……(団長)さん……
 少し、いい……ですか……?」
「えっと……はい……
 バレンタインの……
 チョコレート……です……」
「また道に迷わないように、
 昨日、買いに出かけたんです……」
「あ、あの……!
 う、受け取ってくださいっ!」
「あわわわ……
 い、言っちゃいました……っ!」
#3「あ、あの、(団長)さん……
 ちょこっと、お時間いいですか……?」
「チョコだけに……
 ちょこっと……お時間……」
「…………」
「あうぅ……! 駄目じゃないですか、
 シェロさ〜ん……!
 ち、ちっとも緊張が解けません……!」
「はぁ……
 という訳でチョコです、どうぞ……」
「どうしたら緊張せずに
 渡せるんだろ……?」
ミルクチョコケーキ
テレーズ(火属性)#1(初登場verと同一)ミルクチョコケーキ(初登場verと同一)
#2「あ、あの……チョコ……どうぞ……」
「この衣装ですか……?
 はい、クリス様に……
 着て、渡してきなさいって……」
「きっと(団長)さんも
 喜ぶからって言われちゃったら……
 もう、断れないじゃないですかぁー!」
「うう……
 やっぱり、見られるのは
 ちょっと恥ずかしい……」
#3「あ、あの……
 例によって、今年も……
 バニーでチョコ、どうぞ……」
「あうぅ、だってクリス様が……
 『バニチョコ』で
 渡してきなさいって……」
「初めて聞きました、バニチョコ……
 ほ、本当に
 流行ってるんでしょうか……?」
「でも、その……
 (団長)さんが喜ぶなら……
 恥ずかしいけど、がんばります……」
ドロシー#1「ハッピーバレンタイン☆」
「ご主人様……
 ドロシーが心を込めて作ったチョコ、
 受け取ってもらえますか……?」
「ご主人様は、
 食べたいチョコレートはありますか?
 ドロシー、なんでも作っちゃいます☆」
ミックスチョコケーキ
#2「ご主人様☆
 今年も、心を込めてチョコを
 作ってきました☆」
「この一年で、もっともっとご主人様の
 ことを知れたので、去年よりずっと
 お口に合うはずです☆」
「ふふっ……
 喜んでもらえると嬉しいです☆」
ミルクチョコケーキ
#3「ご主人様、ご主人様☆
 今年もチョコを作ってきました!
 食感しっとり、愛情たっぷりですよ♪」
「あとチョコクッキーと
 チョコケーキ、チョコムースなども
 作ってみました☆」
「そうそう!
 本日のティータイムは、
 チョコラテで宜しかったですよね?」
「えっ、チョコばっかり?
 すみません、言われてみると確かに……」
「ちょこっと、作り過ぎちゃいましたね☆」

な行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ナルメア(バレンタインver)#1
#2
#3
ナーヴェ#1「こ、コホン……
 (団長)さん、ちょっとええかな?
 チョコ作って来てんけど……」
「ボクのチョコ、食べてくれへん?
 ……って、私の話し方、変ですよね?
 これなら恥ずかしくないかなって……」
「ロベルティナさんに教えて
 貰ったんですけど……えへへ。
 え、変じゃない? チョコ美味しい?」
「ふふふ、ほんまにぃー?
 (団長)さんにそう言われたら、
 ボク、めっちゃ嬉しいわぁー♪」
「ほな、あーんしてみて?
 恥ずかしがらんと、ほら、
 あーんやで、あーん?」
ミルクチョコケーキ
#2

は行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
パメラ#1「え、えと、(団長)さんっ!
 チョコ作ってきたんですけど、
 もし良かったらいかがですかね……?」
「ふ、深い意味はないっちゃよ?
 お世話んなった感謝さ伝えてえから……」
「あんだが皆の(団長)さんなの
 わかってる!」
「あぁもう、やんだ〜……
 ただの季節の贈り物なのに、
 顔あづ……チョコも溶けっぺよぅ。」
ミルクチョコケーキ
#2
ファスティバ#1「ふふっ、ハッピーバレンタイン!
 アタシの愛のように熱く、あまぁ〜い
 ホットチョコレートを作ったのよ!」
「是非飲んでちょうだい!」
スイートホットチョコレート
#2「ふふ〜ん……
 あ〜ら(団長)さん!
 丁度いいところへ。」
「丁度今包み終わったのよぉ!
 はいっ! どうぞ。」
「んふっ! ファスティバ特製、
 愛情たっぷりのチョコレートよ!」
「(団長)さんはいつでも、
 なんにでも一生懸命に向き合って
 頑張っているわよね。」
「そんな(団長)さんを
 いつだって応援しているわ!
 チュッ!」
ラズベリーチョコケーキ
#3(新規特別イラスト有)
「はい、(団長)さん。
 バレンタインのチョコレートよ!」
「日持ちがするように甘くしたから、
 好きな時に食べてね。」
「甘いものを食べると、
 疲れてる時や悲しい時でも
 なんだか元気が出ない?」
「(団長)さんは頑張り屋さん
 だけど、その分他の人に頼るのが
 ちょっと苦手かもしれないから……」
「少し元気を出さなくちゃいけない時、
 このケーキが役に立ったら
 アタシとしても嬉しいわ。」
「それと、
 沢山元気を出さなきゃけないな、
 って、時はひとりで無理をしないこと!」
「アタシだったら
 いつでも話を聞くし手伝うわ。
 そのことを忘れないでね。」
ファスティバ
(クリスマスver)
#1(初登場verと同一)
#2スイートホットチョコレート
#3
ファラ
(イベントSRver)
#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3ミルクチョコケーキ
ファラ
(ガチャSRver)
#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3
フィーナ#1「うげぇ……ごめんね、(団長)。
 天才フィーナちゃんとしたことが……」
「チョコを作ろうと思ったんだけど、
 塩と砂糖を間違えちゃってさ……
 ゴブリンも引っくり返る味に……」
「え、それでも食べる?
 ど、どうなっても知らないよ?
 ……そっか、うん、ありがとう。」
ミックスチョコケーキ
#2「(団長)!
 これ、なーんだ?」
「えへへっ! なんと!
 フィーナちゃんお手製の
 生チョコだ〜!!」
「ふっふーん♪
 天才フィーナちゃんにかかれば、
 こんなの造作もないっていうねー♪」
「で、どうなの?
 おいしい?
 おいしいでしょ?」
「当然、おいしいに
 きまってるよねー♪
 また来年も作ってあげる!」
ミルクチョコケーキ
#3「はい、(団長)!
 バレンタインのチョコ!」
「ふふふー
 アタシからバレンタイン
 貰えて嬉しいでしょ?」
「なによ、
 嬉しいなら嬉しいって
 言いなさいよっ!」
「まぁ、最強カワイイフィーナちゃんに
 貰って嬉しくないわけないだろうし?」
「面と向かってだと
 照れちゃって言いづらいってのは
 わかるけどねー!!」
「というわけでホワイトデーのお返し、
 メチャ期待してるからっ☆」
フィーナ(クリスマスver)#1(初登場verと同一)
#2
#3
フェリ#1(特別イラスト有)
「(団長)……今日はバレンタイン
 だったな? これ……私も
 チョコレート、作ってみたんだ。」
「料理には……自信があるんだけどな。
 ただ……バレンタインチョコを
 作ったのは、初めてなんだ……」
「し、仕方ないだろ!
 長い間、渡す相手もいなかったし……
 ペット達にチョコは厳禁だしな。」
「初めてなりに、一生懸命作ったんだ……
 大切に食べてくれ。」
ミックスチョコケーキ
#2(特別イラスト有)
「(団長)……!
 こ、今年もチョコを作ったんだ……
 受け取ってくれないか?」
「皆と一緒に練習したからな……
 きっと、去年よりも
 美味しく出来ていると思う……」
「ふふ……
 初めてチョコを渡した相手が、
 (団長)で本当に良かった……」
「こうして毎年、チョコの出来を
 (団長)に見てもらえるからな。」
ミルクチョコケーキ
#3(特別イラスト有)
「……(団長)、
 その……今年もチョコを作ったんだ。
 受け取ってくれないか?」
「ありがとう。
 それと……今年のチョコは
 私一人で作ってみたんだ。」
「だから、その……
 もしかしたら、去年よりも
 美味しくないかもしれない。」
「え、どうして、一人でって……
 その……私なりに(団長)への
 感謝をこめたかったんだ。」
「え、心が籠ってて嬉しい?」
「ありがとう。
 そう言ってもらえると助かる。」
「さて、それじゃ、私は行くな。
 ペット達にもプレゼントを
 あげないといけないからな。」
フェリ
(ハロウィンver)
#1(初登場verと同一)
#2
#3
プレデター#1「(団長)、どうした?
 手なんか差し出して……
 もしかして……チョコの催促?」
「あー、ごめん。
 用意してないんだ。
 アタシには縁遠い日だったからさ。」
(……そっか、世話になってるのに
 何も用意してないとか、
 それはそれで失礼だったよね)

「(団長)、
 もしよかったら……
 少しだけ待っててくれる?」
「今からお礼の意味も込めて、
 チョコレートを作らせてもらうよ。
 今日いっぱいはバレンタインだからね。」
ラズベリーチョコケーキ
ベアトリクス
(ハロウィンSRver)
#1(SSR版 初登場verと同一)ミルクチョコケーキ
#2
#3
ベス#1ベス
 「ぎゃうぎゃうー!」
ヴァンピィ
 「ハッピーバレンタイーン!」
ベス
 「ぎゃうー……
  ぎゃうぎゃー」
ヴァンピィ
 「あははっ!
  ベスちゃん、アンタに
  ふるーつあげたいんだって!」
ベス
 「ぎゃうーぎゃうー!」
ヴァンピィ
 「あはっよかったねっ!
  アンタはベスちゃんにとって
  特別みたいっ!」
ベス
 「ぎゃうーぎゃうー!」
ヴァンピィ
 「ヴァンピィちゃんにもくれるの?
  えへへー! ありがとーっ!」
ベスの野菜
#2ベス
 「ぎゃうぎゃう〜」
ヴァンピィ
 「えへへ、今年はお野菜じゃなくて、
  チョコ、作ったんだって!」
 「ヴァンピィちゃんも
  作るの手伝ったんだから、
  よーく味わってたべなさいよね!」
ベス
 「ぎゃう〜
  ぎゃうぎゃう〜♪」
ミルクチョコケーキ
#3ヴァンピィ
 「ベスちゃんのベストクッキングー♪
  ぱちぱちぱちぱちー!
  ほらけんぞくぅも拍手してー!」
ベス
 「ぎゃうぎゃう!!」
ヴァンピィ
 「ベスちゃんシェフー!
  今日は何を作ってきたのー?」
ベス
 「ぎゃっふっふっふ……」
 「ぎゃぎゃーんっ!!」
ヴァンピィ
 「わぁ! お野菜チョコ!?
  お野菜の形したチョコだー!」
ベス
 「ぎゃふふふ……」
ヴァンピィ
 「ふぇー!? ほんとー!?
  食べたら、
  そーんなことになっちゃうの!?」
ベス
 「ぎゃっふん。」
ヴァンピィ
 「あははっ、そーだね!
  食べてからのお楽しみだね♪
  ふふふふ♪」
ベスの野菜
ヘリヤ(SRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
ペンギー#1「ハッピーバレンタイン☆」
「ダンチョー☆
 ボクのアイジョーチャージしたげる!」
「はい、チョコレート召しめしませませー☆」
ミルクチョコケーキ
#2「ハピハピバレンタイン☆」
「はい、コレあげる!」
「アイジョーましまし
 チョモランマグランデ
 ショコリキサーだよ☆」
「ターゲット発見!!
 チョコレートロボ発進いぇーい☆」
「ぺぐ……ぺへへ。」
ミックスチョコケーキ
#3「ぴっかー☆
 (ダンチョー)!
 いつもありがとかっこハート☆」
「(ダンチョー)がボクのこと
 見ててくれるの
 サイコー☆に感謝してる〜」
「それから……」
「ラカムにぃやんとオイゲンぬとぉ
 ビィ☆
 それからそれから〜……」
「この艇のみんなにも
 ペンギーのハートプレゼント
 しちゃうやーう☆」
ペンギー(ガチャver)#1「ハッピーバレンタイン☆」
「(ダンチョー)☆
 ボクのアイジョーチャージしたげる!」
「はい、チョコレート召しめしませませー☆」
※テキスト上の差異
(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3
ボレミア(SRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2

ま行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
マイシェラ#1「果物でも食うか?
 そうか、いらぬか。」
「では、菓子でも食うか?
 コンペイトウなるものを
 仕入れたぞ。ほれ。」
「何を驚くことがある?
 今日はバレンタインなる日であろう。」
「子供に菓子を食わす日に
 菓子を勧めて何がおかしい?」
「さぁ、遠慮はいらぬ。
 たんと食え。」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「今日はバレンタインではないか!
 甘い物を用意せねばな。」
#2「そうら。
 バレンタインの贈り物だ。」
「これはだな……ある薬草……」
「ああいや、なんでもない。
 あはは、気にせず受け取れ。」
「うん?
 なんだ、その顔は?
 怪訝そうな顔をしおってからに。」
「なに? わらわの贈り物が
 受け取れない?
 何か言いかけていただろうと?」
「ほぉ……
 なかなかに察しがよいの。」
「とはいえ、美容によいとされる薬草を
 特殊なやり方で調合し
 チョコレートに混ぜただけのこと。」
「これをお主が属して現れた効能を
 研究の参考にしようと思ったのだ。」
「お主は美しくなり、
 わらわは研究がはかどる。
 一石二鳥ではないか。のう?」
マイム#1「な、なんだ、(団長)。
 こんなところで、
 何をしていたんだ?」
「こ、これか? いや、これは何でも
 ないんだ。べ、別に(団長)の為に
 用意したわけでは……」
「って、ま、待て、待て!
 すぐにどこかへ行こうと
 するんじゃない!」
「えっと……なんだ、その……
 えーっと……これは、だな、
 その……だから……う……」
「う、受け取ってくれ……」
「た、他意はないぞ、他意は!
 べ、別に日頃世話になっている
 その礼だと思ってくれればいいんだ。」
「じゃ、じゃあな!
 渡したからな!」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「ミイムとメイムに
 チョコ作りを手伝ってもらおうとしたが、
 何も進まなかった……
 やれやれ。地道に一人で頑張るか。」
#2「(団長)!
 日頃、世話になっている礼だ!
 受け取ってくれ!!」
「そ、その、これはあの……あれだ!
 いつも団をまとめる団長に、
 副団長として、感謝の気持ちだ!!」
「例の如く、た、他意はないぞ!
 他意は!!」
「べ、別に
 バレンタインだからといって――」
「へ……?
 う、嬉しいか。
 そうか……」
「それは、こちらこそだ……」
「えっと……
 そんなに気に入って貰えたのなら、
 ら、来年も、作ってこよう……」
マキラ(イベントver)#1(SSR版と同一)
#2(SSR版と同一)
マライア#1「ハッピーバレンタイン!」
「ね、チョコ買いに行こうよ!
 ひとつくらいなら奢ってあげるよ?」
ラズベリーチョコケーキ
#2「これ、あたしから(団長)に。
 感謝の気持ち、
 形にしたくってさ。」
「姉さんの仇のことも……
 あたしの命を拾ってくれたことも、
 本当にありがとう。」
「(団長)やルリア、
 アステール達に会えなかったら、
 あたしは今ここにいなかった。」
「……はは、バレンタインに
 湿っぽいかな?
 ごめんね。」
「でも、機会を逃したら
 言わずに終わっちゃうかも
 しれないから、さ。」
「あっ! 中身は
 買ってきたお菓子だから!
 美味しいの選んできたからね!」
#3「(団長)。
 これ、受け取って欲しいんだ。
 今日、バレンタインデーでしょ?」
「う〜んと、実はそれ、
 あたしの手作りだったりして。」
「いやね、何を買おうか迷ってさ……
 で、迷うくらいなら作っちゃおう!
 ……って、思ったんだけど……」
「あはは、うまくできたか
 ちょっと自信ないや。」
「でも、あたしにしてはたくさん
 考えたし、感謝の気持ちは
 こもってると思うから。」
「味わって食べてくれたら……
 嬉しいかな。」
マリー(SRver)#1(R版 初登場verと同一)(R版と同一)
#2(R版 水着verと同一)
#3
ミニゴブ#1「お願いがあるゴブ!
 チョコの作り方、教えてほしいゴブ!」
「……材料はこれでいいゴブ?
 飴と、粘土と、茶色の葉っぱゴブ。
 一生懸命、集めたんだゴブ!」
「えへへ〜! おいしいの出来たら、
 フィーねーちゃんと
 (団長)にあげるゴブ!」
ミルクチョコケーキ「バレンタインって、なんだゴブ?」

「えへへ〜! おいしいの出来たら、
 フィーねーちゃんと
 団長にあげるゴブ!」
#2「んとね、(団長)!
 今日はチョコをあげる日なんだゴブ!
 去年より美味しいの作ったんだゴブ!」
「甘いの、いっぱい乗せたゴブ♪
 飴と、蜂蜜と、牛乳と、きなこと、
 いちごと、おいもと、キャベツと……」
「玉子と、酢豚と、角煮と、
 パンと、できたてのパンと、
 お花の香水と、茶色い葉っぱゴブ!」
「えへへ〜!
 はい、どうぞゴブ!」
#3「(団長)、チョコあげるゴブ!
 あと、今年は他にも
 甘いのあるんだゴブ!」
「フィーねーちゃんに
 教えてもらったゴブ。」
「んとんと……
 (団長)の瞳に乾杯ゴブ♪」
「甘かったゴブ?」
「あ、あとあと……えっと、
 (団長)今日も遅刻なのかゴブ〜?
 でも許してあげるゴブ!」
「甘かったゴブ?」
「えへへ〜!
 甘いのいっぱいだと幸せゴブ♪」
ミムルメモル#1「バレンタイン? ……爆発しろ。」
「義理だ。」
ミックスチョコケーキ「バレンタイン? ……爆発しろ。」

「義理だ。」
#2「バレンタイン? ちっ……」
「本命だとでも思ったのか?」
「……ぷぉん♪」
ミルクチョコケーキ
#3「板チョコをやる。
 本命を貰えなかったヤツの
 心の隙間に、ピッタリのサイズ感だ。」
板チョコ
ミムルメモル&切り株#1ミムルメモル
 「チョコをやる、私に食わせろ……」
切り株
 「かたじけねェ。
  お嬢は板チョコを割る力もねェんだ。
  余ったのは持って帰っていいからよ。」
#2ミムルメモル
 「チョコをやる……
  溶かしてムースを作って、食わせろ……」
切り株
 「かたじけねェ。お嬢は
  チョコを噛む気力もねェんだ……
  ふわふわで濃厚なヤツを頼む。」
(初登場verと同一)
ミムルメモル&パンプキン#1ミムルメモル
 「ん〜……?
  ここにもない、どこにいった?
  義理に塗れたチョコがないぞ。」
パンプキン
 「ご、ごめんなさい……! 口の中に
  あったから飲み込んじゃって……
  切り株センパイに怒られる〜!」
ミラオル#1「今日はバレンタインね。」
「渡しておくわ、これ。
 ふと思い出したの。
 昔はこんな事もしてたと。」
「親友とチョコレートを贈り合ったりね。
 その子もハーヴィンで、
 優秀な弓兵だった。」
ミックスチョコケーキ
#2「これ、渡しておくわね。
 チョコレートよ。」
「何故って、今日はバレンタインだもの。
 日頃お世話になっている雇い主に感謝を
 示すことがそんなに不思議かしら?」
「うん。それでいいの。
 これはただの気持ちなんだから
 そんなに畏まらないでちょうだい。」
「……別に照れてなんかいないわ。」
ミルクチョコケーキ
#3
ミリン#1
モルフェとヴェトル#1ヴェトル
 「(団長)さん。
  ……他に……誰もいない……よね?」
 「……あのね、これ……
  うん、バレンタインのチョコレート……」
 「私、(団長)さんのこと……
  大好きだから。
  だから、あげる……」
 「私のこと、お友達って……
  言ってくれて、ありがとう……
  ……連れてきてくれて、ありがとう。」
 「うん……これからも、
  ずっと一緒にいてね……」
ミルクチョコケーキ
#2ヴェトル
 「(団長)さん、
  (団長)さん……
  うん、こっちに来て。」
 「あのね……
  (団長)さんに、渡したいの。」
 「バレンタインのチョコレート。
  ……とっても甘い、チョコレート。」
 「どうして、とっても甘いのかって?
  ……だって(団長)さんのこと、
  大好きって気持ちを込めたから。」
 「大好きって、不思議。」
 「(団長)さんのこと
  考えてるだけで、
  なんだか幸せな気分になるの。」
 「……(団長)さんが、私のこと
  お友達って、仲間だって
  言ってくれたから……」
 「だから、こんな気持になれるの。
  ……ちょっとでも、お返ししたい。
  チョコレート、美味しく食べてね。」

や行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ヤイア#1「えへへ……
 あのね、なぞなぞー!
 きょうはなんのひでしょうかー?」
「ヒントは〜……さいしょはバレンで、
 さいごはタインだよ!
 ちょっとむつかしいかなー?」
「……わあ、せいかい!
 すきなひとにチョコあげるひなのー!
 ヤイアがつくったの、たべてたべて!」
ミックスチョコケーキ
#2「……わあ!
 おにいちゃん、おにいちゃん!
 こんなところにチョコがあるよ?」
「だれがつくったんだろー?
 いっしょうけんめいつくってるねー?
 きょねんよりおいしいにおいするなー?」
「えへへ……
 せいかいは、ヤイアのチョコでした!」
「ビックリした?
 たべてたべて〜!」
ミルクチョコケーキ
#3「ねえ、おにいちゃん!
 あのね、あのね、まいごのチョコが
 おうちをさがしてるよ〜?」
「どこにかえりたいのかな〜?
 おにいちゃんのおくちのなかかな〜?
 かえりたいよー、かえりたいよー」
「そして、まいごのチョコが……」
「ヤイアのてにつままれて
 おにいちゃんのおくちに
 とびたちましたー! ぶーん!」
「ぶーん……」
「おにいちゃん、とどかないよー!
 おくちあけてしゃがんでー!」
ユエル(イベントver)#1(SSR版 初登場verと同一)
#2
#3

ら行

キャラクター種別台詞貰えるものマイページ台詞
ラグナ#1「ハッピーバレンタイン。」
「全空には様々なチョコがある。
 生チョコ、板チョコ、
 ミルクチョコ……などなど。」
「私が知り得るだけでも、
 その数は10、20を超える、
 種類が豊富な甘味だ。」
「それで、
 お前はどんなチョコが食べたい?
 好きなチョコを言ってくれ。」
「お前が食べたいチョコを
 作らせてほしいんだ。
 (団長)。」
ミルクチョコケーキ
#2「心癒される甘いチョコレートも
 素晴らしいものだ。」
「しかし今回は、
 また違ったアプローチを
 してみようと思ったんだ。」
「今回は、
 ダークチョコレートという、
 特殊なものを使用してみた。」
「病気の予防や疲労回復など、
 様々な効能があり、
 身体にとても良いと聞く。」
「だが、これはとても苦い。
 苦くて思わず顔をしかめてしまう。
 そこで……」
「私特製のホットミルクだ。
 これを一緒に飲むといい。
 苦味が和らぐはずだ。」
「よく味わってくれ。
 どちらも私の想いがこめてある。」
「ふふ……いつも世話になってるな。
 ありがとう、(団長)。」
ラムレッダ#1「ハッピーバレンタイーン!
 (団長)きゅんに
 チョコを作ったにゃ〜」
「これでも修道院では、
 料理上手だったにゃ〜」
「ん?
 お酒は入ってないから
 安心するにゃよ?」
ミックスチョコケーキ
#2「(団長)きゅん……
 ちょ、ちょっといいかにゃ?」
「(団長)きゅんのために、
 お姉ちゃん……心を入れ替えて
 チョコを作ってみたにゃ?」
「これが……あたしの……
 ホントの気持ち……にゃ?
 受け取って……欲しいにゃ?」
「……え?
 なんかいつもとキャラが違う?」
「そ、そんなことないにゃ!
 これがお姉ちゃんの素にゃ!」
「………………ごめんにゃ。
 ホントは無理してるにゃ……」
「わかったにゃ……
 少し間をおいてから、
 自然体でやり直すにゃ〜」
#3「はっぴぃ〜ばれんらいん……」
「ふぎゃあっっ!!!」
「(団長)きゅん、
 ちょーどいいとこれ……
 受け止めてくれれぇ、ありがろにゃ〜」
「チョコつくっらにゃ〜
 感謝の印にぃ、あげるにゃ〜!」
「んにゃ? なに鼻つまんれんの?」
「ふえぇ、あらし酒くしゃい?
 ごめんにゃ……」
「チョコわらすの、緊張する……
 つい、お酒に頼ってしまったにゃ。」
「ごめんれ〜
 酔いを醒ましてまた渡しにくるにゃ。」
「ダメなお姉ちゃんらけど……
 チョコ、受け取ってくれるにゃ?」
ミルクチョコケーキ
ラムレッダ(水属性)#1(初登場verと同一)
#2ミルクチョコケーキ
#3(初登場verと同一)
リタ#1「今日、バレンタインでしょう?
 食べる? チョコレート。
 ええ。手作りよ。」
「こんな物が作れたのかですって?
 簡単よ。ちょっと魔術を使えばね。」
「たまには、
 こういう事するのもいいでしょう?」
「……家族ごっこは久しぶり。
 懐かしいわね。」
「なんでもないわ。気にしないで。」
ミルクチョコケーキ「ハッピーバレンタイン。」

「みーんなアンタのこと探してたわよ。
 幸せ者ね。」

「死人が作ったものを食べると、
 後戻りできなくなるって話、
 聞いたことある?」
#2
リナ=インバース#1「ハッピーバレンタイン、(団長)!」
「あたしも商売人の娘だし、
 こういう時には愛想ってもんを
 振り撒いとかないとね!」
「ふふ、はいチョコレート!」
ミルクチョコケーキ
リリィ
(イベントSRver)
#1(SSR版と同一)(SSR版と同一)
#2「あのね、あのね……
 リリィ、今年もチョコを作ったの!」
「前より美味しいのにしたかったから、
 リリィが好きな物も一緒にしたんだぁ☆」
「はい、チョコをレタスに
 挟んでみました!」
「甘いのに、
 とってもみずみずしいんだよ♪」
「ルリアおねえさまにも
 褒めてもらったの。」
「……どうですか、美味しいですか?」
「本当?
 わあいわあい、
 来年もがんばるの〜!」
ミックスチョコケーキ
リーシャ#1「あ、あのっ! チョコ……
 作ってみたんですけど、半分くらい、
 モニカさんに食べられちゃって……」
「で、でもその! モニカさんも
 美味しいって言ってくれて……」
「だからその……
 味の感想、教えてくれたら嬉しいです!」
ミルクチョコケーキ
#2「チョコレート、今年は自分でも
 美味しく出来たと思うんです。
 だから、受け取ってもらえませんか?」
「それで、えっと……
 へ、変な意味はないですよ?」
「あ、あくまで私の中では、
 バレンタインは
 感謝を伝える日なんです!」
「お世話になっている人に、
 きちんと感謝を伝えるのは、
 大切なことですからね。」
「本当に……
 いつもありがとうございます。
 (団長)さん。」
#3「……はあ……どうしよう……」
「……あ、(団長)さん!?」
「こ、これはその、
 バレンタインのお菓子……
 の、予定だったものです。」
「うう……実は、今年は少し難しい
 レシピに挑戦したんですけど、
 失敗しちゃって……」
「自分の実力に見合ったものを
 作らないといけませんね……
 精進がたりませんでした。」
「来年はこんなことがないように……」
「って、
 (団長)さん!?」
「ダメですよ、
 それは失敗作で、
 美味しくないんですから!」
「……え?
 つ、作るところを見ていたんですか!?
 頑張ってたのは知ってるって……!」
「そ、そんな、
 でも、だからって……」
「……わかりました。
 (団長)さん、
 言い出したら聞かないから……」
「ふふ、無理して……
 ちょっと涙目になっていますよ。」
「……ありがとうございます。
 いつも。本当に。」
リーシャ(水着ver)#1(初登場verと同一)
#2(初登場verと同一)
#3ミルクチョコケーキ
ルドミリア#1「あははは、(団長)、
 これを受け取ってくれないだろうか?
 ふふふっ……」
「くふっ、今日はバレンタインだからな。
 だから、私もチョコを用意したんだ。
 あはははっ!」
「くはっ、あはははっ!
 (団長)には、色々と世話に
 なっているからな。」
「だから、感謝の気持ちだ……ふふふっ。」
「(団長)、
 これからもよろしく頼む。
 あはははっ!」
ラズベリーチョコケーキ
ルリア(イベントver)#1(ルリア (その他)と同一 ※特別イラスト有)(ルリア (その他)と同一)
#2
#3
ロザミア(SRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3ミルクチョコケーキ
ロゼッタ#1(特別イラスト有)
「綺麗に包んで、これで完成。」
「こんなに頑張ったのって
 いつ以来かしらね。ふふふ……」
「どうして頑張ったのかって?
 嫌ね、貴方にあげるために
 決まっているじゃない。」
「長く一緒にいるほど
 想いを言葉で伝えるのは
 難しくなるものだから……」
「受け取ってくれるかしら?
 私の気持ち。」
「ふふふ……
 どうしてこんな風に
 チョコレートを渡すのかって?」
「チョコレートを蕩かしている時に
 手を火傷してしまったの。ドジね。」
「火傷が痛くて手で持てないから……
 こうするしかないでしょう?
 ふふ……」
「ほら、受け取ってちょうだい。」
ロゼッタのチョコレート
#2(特別イラスト有)
「ふふ……そんなに欲しいの?
 チョコレート。
 それとも……」
「チョコレートよりも、
 もっと良いものがいいかしら……」
「あら、ダメよ(団長)さん。
 そんなに物欲しそうにしちゃ、
 貴方の方が食べられちゃうわ?」
「もっと上手くおねだりできるまで、
 良いものはお預けね?」
「……代わりに、はい。
 美味しい美味しい
 チョコレートをどうぞ?」
#3(特別イラスト有)
「(団長)さん、見ーつけた。
 今日は女の子から引っぱりだこで、
 とっても忙しいみたいね。」
「となると……
 アタシがチョコをあげても
 ありがたみがないわよね。うーん……」
「あら? それでも欲しいの?
 どうしようかしら……
 他の誰かにあげても――」
「ふふ、冗談よ、冗談。
 (団長)さんのために
 用意したチョコだもの。」
「はい、ハッピーバレンタイン。
 味わって食べて頂戴ね。」
ロベルティナ#1「なぁなぁ(団長)、
 おやついるかおやつ?」
「ん? これはいつものおやつかって?
 …………そうや、チョコおやつや。」
「これはバレンタインのチョコかって?
 な、なんでそんなん気にすんねん……
 別にええやん、渡したからもう行くで。」
「なんやねん……その目は?
 ……あぁもう!そうやって!
 バレンタインのチョコやって!」
「たまにはその……なんか……?
 特別な……おやつをと思て……」
「……って何言わせとんねん!
 めっちゃハズいやんかーもう!
 からかうんも大概にしーや。」
ミルクチョコケーキ
#2
ロボミ#1「(団長)、
 バレンタイン用チョコレートの
 購入に成功しました。」
「バレンタイン用チョコレートの
 摂取を要請します。 どうぞ。」
ミックスチョコケーキ
#2「(ー)、機体性能の改善に伴い、
 バレンタイン用チョコレートの
 作成に成功しました。」
「冷却が完了次第、
 (団長)の口腔内への
 一斉射撃を開始します。」
「口を開けたままの体勢を保ち、
 待機していてください。」
ミルクチョコケーキ
#3「ハッピー、バレンタイン、
 (団長)。」
「この日に備え、
 シロウが私の装備に
 改造を施しました。」
「指先端のノズルから、液状化した
 高温のチョコレートを噴射可能です。
 (団長)、口を開けてください。」
「噴射、開始します。」
「…………」
「以上、シロウが入力した
 一連の冗談を終了します。」
「私から(団長)へ、贈り物を。
 チョコレートの受け取りを要請します。
 どうぞ。」

わ行

現時点では無し

 

 

台詞一覧(チョコを渡せるキャラ)

あ行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
アイル(水着ver)#1(SSR版と同一)
#2
アルベール#1(SSR版と同一)
#2
#3
アレク#1「え、こいつをオレに?
 いいのか?」
「こ、こんなもん貰ったことねえから
 オレ、どうしていいのか
 わかんねーよ……」
「バ、バカ、そんな簡単に
 食えるわけねーだろ!
 とっとくんだよ、大事に!」
#2「なあなあ、(団長)、
 チョコくれよ。」
「え? 今日って、良い子にしてたら
 チョコがもらえる日じゃねえのか?」
「は? でも、艇のみんなは
 そう言ってオレにチョコくれんぞ。」
「え? え?
 違うって、どう違うんだ?」
「……ええええ!?
 女の子が? 好きな人に?
 チョコを渡す日ぃぃぃ!?」
「いや、ちょっと待て!
 だったらオレ、もう……」
「(団長)にチョコくれとか
 言えなくなっちまったじゃねえか!」
#3「なあなあ、(団長)!
 見てくれよ!
 チョコたくさんもらったぜ!」
「あのさ、(団長)さ……
 前に……チョコってのは、好きな人に
 あげるもんだって言ってたよな?」
「じゃあもしかして、みんな……
 オレのこと好きってことなのか!?」
「ええっ? 違う?
 最近は友達にあげるのが流行ってる?」
「へー、友チョコって言うのか?
 そっか……そういうのもあるんだ。
 ちぇ、期待して損したぜ……」
「えっ? もしかしたら
 本命もあるかもだって?」
「嘘だろ、そんなのどうやったら
 わかるんだよ?」
「え?
 本人に直接聞かなきゃ……」
「って、そ、そ、そんなの、
 聞けるわけねえだろ!
 からかうんじゃねえよ、バーカバーカ!」
アーサー#1「あれ? (団長)さん?
 これってひょっとして
 バレンタイン?」
「ありがとう! 嬉しいです!
 (団長)さんのことだから、
 騎空団の皆にも配ってるんですよね?」
「へへっ、院にいた時にも
 毎年シスターが用意してくれてたんだ。」
「こういうのって……なんか
 胸がふわってあったかくなるなぁ。
 ありがと、(団長)さんっ!」
「お返しは期待しててくださいね!」
イッパツ(SRver)#1(R版と同一)(R版と同一)
#2
#3
ウィル#1(R版と同一)
#2
#3
ヴェイン#1「ええっ!? 俺にもチョコくれるの!!
 チョッコレート! チョッコレート!」
「信じられん!
 本当にありがとうございます!」
「ええっ!? 俺にもチョコくれるの!!
 チョッコレート! チョッコレート!
 信じられん!
 本当にありがとうございます!」
#2「あぁ……またこの日がやってきたか……
 さすがにゼロチョコってのは、
 男としてへこむよなー、うん……」
「いよし! こうなったら……
 自分で作ったチョコを
 女子から貰った体で食べるぞ!」
「あれだな……梱包がちょっと地味だから
 もうちょっと可愛いやつに変えてと……
 後は……シチュエーションかぁ……」
「いきつけの八百屋のお婆さんの……
 いや、お婆ちゃんにお孫さんはいない。
 じゃあ、肉屋の旦那さんの娘さんか……」
「うわっ! なんだよ(団長)!
 きゅ、急に入って来たから驚いたぜ!
 ん……何、渡したいものが……ある?」
「こ、これはもしやチョコレイトでは!?
 今年も恵んでくれるんですか俺にぃ!?
 あ、ありがとうございます!」
「……不肖ヴェイン……今年も一年、
 このチョコレイトを生きがいにして、
 励む所存でございますぞ!」
#3「(団長)、聞いてくれよ!
 さっきランちゃんの部屋を掃除してたら
 何があったと思う?」
「チョコだよ! チョコ!
 女の子からもらったんだよ!」
「あ〜、やっぱりランちゃんは
 モテるよなぁ〜」
「幼馴染として鼻が高いなぁ……
 ランちゃん、喜んだんだろうなぁ〜
 はぁ〜、俺も幸せ……」
「むぐっ!!!
 ちょっと、(団長)!!?」
「もぐもぐ……ん?
 これ、チョコレートか?」
「うえぇぇ!?
 バレンタインのプレゼント!?
 お、俺に……? マジ……?」
「うっわ……ありがとな!
 わははは! すっげー嬉しいよ!」
「でも、すっげー驚いたぜ?
 なんで急に?
 ……へ? (団長)???」
ヴェイン(ガチャver)#1(初登場verと同一)
#2
#3
ヴェリトール(SR)#1(R版と同一)
#2
ウェルダー(イベントver)#1(R版 初登場verと同一)
#2
#3
ウラムヌラン#1「ん? この包み、くれるの?
 おひねりだね!
 ありがと(団長)!」
「……えっ? 違う?
 ……バレンタイン?」
「わわっ! ありがとう!!
 大事に食べるねっ!
 ……ホワイトデー、期待しててねっ!」
「ハッピーバレンターイン!」

「わわっ! ありがとう!!
 大事に食べるねっ!
 ……ホワイトデー、期待しててねっ!」
#2「ワーオ!
 これ、貰っちゃってもいいの?
 今日バレンタインでしょ?」
「あはは、冗談、冗談!
 ありがとう、貰えてとっても嬉しいよ。
 本当だってば。」
「大道芸人だってね、
 冗談以外も言うもんだよ?
 こういう特別な時には、ね。」
「ま、ウラっちがどれだけ真剣かは
 ホワイトデーのお返しで
 思い知ってよ。あはは!」
#3「あ、(団長)。
 うん。公演が終わって、
 戻ってきたところだよ。」
「……これをウラっちに?
 ありがとう!
 すごく嬉しいよ!」
「へぇ、塩チョコレート……
 ちょっと珍しいね!」
「なるほど。ウラっちがみんなから
 甘いチョコをもらうと読んで、
 塩気のあるものにしたんだね?」
「あはは、(団長)ってば、
 素晴らしいパフォーマーになれるよ!」
「だって、相手の喜ぶものを考えるのって
 とっても大切な心構えだからさ。
 うん、ウラっちも見習わないと!」
「本当にありがとう。
 ホワイトデーを楽しみにしててね!」
エシオ(SR)#1(R版と同一)
#2
エゼクレイン#1「なんの真似だ、それは?」
「バレンタイン……?
 ……ふん。受け取っておこう。」
「なんだ、その顔は。
 お前が寄越してきたんだろう。
 俺を鬼畜とでも思っているのか?」
「……お前の厚意を無下にする様な
 真似はしない。」
「もう、用件は済んだのだろう?
 俺も暇じゃないんでね。
 失礼するぞ。」
「ハッピーバレンタイン。」
#2「なんの用だ?
 ……チョコレート?
 あぁ、バレンタインか。」
「お前も律儀な奴だな。
 団員全てに渡すとなれば
 準備も大事だろうに。」
「礼は言っておく。
 厚意を無下にする程
 不調法な人間でもないんでな。」
「……気を遣うのはいいが、
 無理をするんじゃないぞ。」
「無理される方が
 却って迷惑というものだ。」
エゼクレイン(イベントver)#1(初登場verと同一)
#2
エルタ#1「え? 僕にプレゼントですか?
 わぁ嬉しいです!
 ありがとうございます。」
「まさか(団長)さんからバレン
 タインのチョコレートを貰えるなんて。
 ふふ。僕も男ですから。嬉しいです。」
「え? ぎ、義理!?
 あ、はい、そ、そうですよね……
 はは……で、でも嬉しいです……」
「え? じょ、冗談かも?
 ど、どっちなんですか〜」
「(団長)さんも、
 い、いじわるなところが
 あるんですね……」
「ハッピーバレンタイン。」

「わあぁ……甘い匂いがしますね。
 いい匂いだなぁ……」
#2「今年も僕にプレゼントを……?
 あ、ありがとうございます!」
「こ、今年は義理……
 なんて言わないですよね?」
「あはは、よかったです。
 とっても嬉しいです。」
「実は、貰えたらいいなぁって、
 ちょっと思っちゃってたんです。」
「ふふ、
 ホワイトデーのお返し、
 楽しみにしていてくださいね!」
エルモート#1「なんだァ?
 料理をしたいから
 火を起こせだって?」
「ったく、しょうがねェな、
 俺はオマエの道具じゃねェんだぞ。」
「あァ? なんだコレ? ……って、
 お、お前の手作りのチョコだと!?」
「ま、まぁせっかくだからもらってやる。
 あ、ありがとよ。」
「ハッピーバレンタイン。」

「なんだァ?
 料理をしたいから
 火を起こせだって?
 ったく、しょうがねェな、
 俺はオマエの道具じゃねェんだぞ。」

「あァ? なんだコレ? ……って、
 お、お前の手作りのチョコだと!?
 ま、まぁせっかくだからもらってやる。
 あ、ありがとよ。」
#2「おいおいおい……! 焦げくせェぞ。
 何やらかしてやがンだ!?」
「これは……チョコレート?
 こんなモン焦がして
 何やってンだ?」
「あァ? 俺に渡そうと……?
 って、チョコ作ってたのか!?」
「おま……なンだよ、
 バ、バレンタイン……!?」
「ったく……
 いじけてンじゃねェぞ。
 ほ、ほら。よ、寄こせ。」
「あァ!?
 俺に寄こそうとしてたンだろ?
 貰っとかねェと損するじゃねェかよ……」
#3「おいおいおい……台所がクセェと
 思ったら、今年もかよ……
 またチョコが盛大に焦げてンぞ?」
「ちょっとは勉強しろ、勉強。
 去年の失敗を活かしてよォ?」
「だいたい買って来りゃ
 いいじゃねェか――」
「はァ……?」
「オ、オマエ、なんで泣いてンだよ!?
 謝るようなことじゃねェだろ!」
「こんなモン失敗でもなんでもねェ!
 いいか見てろ、
 いただきますってなァ……」
熱ッ!?
 あァ畜生、最高にクソ美味いぜ……!」
「ってオマエ、
 泣きながら笑うなコラァ!?」
エルモート(水着ver)#1(初登場verと同一)
#2
#3
炎獄先生エルモート#1(初登場verと同一)
#2
#3
オイゲン#1「お、今日はバレンタインじゃねぇか!」
「甘いモンは嫌いじゃねぇぜ?
 どれどれ……こりゃ酒にも
 合いそうだな。 ありがとさん!」
「お、今日はバレンタインじゃねぇか!」

「甘いモンは嫌いじゃねぇぜ?
 どれどれ……こりゃ酒にも
 合いそうだな。 ありがとさん!」
#2「おいおい、なんてこった。」
「うん? こんなジジイにまで
 用意してくれたのかよ?」
「くはははっ、まいったなこりゃ。」
「お? お?
 アポロに見つかるとうるさいからよ、
 内緒で頼むぜ、(団長)。」
「ははっ!
 ありがとうよ、ハッピーバレンタイン。」
#3「最初は照れちまったけどよ、
 こう、毎年貰えると……照れくささを
 通り越して嬉しくなっちまうな。」
「しかもだ。
 (団長)から貰うチョコは、
 これがまた格別にウマくてよ……」
「しっかし、あれか?
 準備するのも大変だったりするのか?」
「いや……気を遣わせてたとしたら、
 申し訳ねぇじゃねぇか。」
「……甘党のオレに喜ばれるチョコを
 探すのが大変だと?」
「くははっ!
 おいおい、何を
 プレッシャー感じてんだよ。」
「(団長)から貰うチョコが格別に
 ウマいってのはな……」
「お前さんから貰うって
 意味合いの方が強ぇんだよ。
 だから、味は二の次だ。わかったか?」
「まぁ、もちろん……
 チョコもウマいことに
 越したことはねぇがな! くははっ!」
オイゲン(水着ver)#1
#2
#3
オーウェン#1「え、チョコレート?
 私にですか?」
「い、いえ、まさか
 私などが頂けるとは
 思っておりませんでしたので。」
「その……ありがとうございます。」
「…………」
「そ、その……こういった行事は不慣れ故、
 少し気恥ずかしいものを感じますね。」

か行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
カイン#1「プレゼント? 俺に?
 あ……あー……なるほど。」
「今日みたいな日に、
 改まってプレゼントってのは、
 その……期待してもいいんですかね。」
「まぁ、その……
 何が、とは言わないけどさ!
 いや、流石に言えるわけないし……」
「ありがとう……
 これ、中身……チョコ、だよな。」
「そっか……へへっ。
 な、なぁ、顔赤くなってないか?」
「良かった……
 うん、改めてありがとう。
 大切にするぜ。」
ガラドア#1(R版と同一)
#2
#3
ガンダゴウザ(水着ver)#1
#2
#3
キハール#1「おぉ(団長)殿、
 吾輩にもバレンタインの
 チョコレートをくれるのであるか!」
「(団長)殿は吾輩にとって、
 尊敬すべき騎空団団長であると同時に
 可愛い後輩騎空士でもあるのである。」
「そんな相手からの
 気持ちのこもった贈り物が
 嬉しくないはずがないのである!」
「ンハハ!
 大切に食べねば!」
「もちろん、お返しも
 忘れてはおらんのである。
 お楽しみに、であるな!」
「ハッピー!バレンタイン!」
#2「これはこれは(団長)殿、
 今年も吾輩はチョコレートを
 頂けるのであるか!」
「いやいや、(団長)殿の
 気持ちを疑っていた
 訳ではないのであるが……」
「なにせ、(団長)殿の周りには
 チョコレートを貰うに相応しい
 御仁が沢山いるのであるから。」
「ンハハハ!
 (団長)殿の人柄が
 あってこそであるな!」
「……さて、このチョコレート
 大切に食べさせて貰うのである。」
「(団長)殿の
 気持ちであるのだから!」

さ行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ザザ#1「今日は……最愛の人に
 甘味を渡す日だそうだな。
 ふふ……みんな幸せそうじゃないか……」
「……私にこれを?
 ああ、嬉しいとも……
 ありがとう……我が愛する朋よ……」
#2「この日は……
 とても、いい日だな……
 人々の、愛を感じる……」
「愛を感じることも……
 確かめることも……
 私の村には、戦いしかなかった……」
「……だから今日という日は、
 本当に新鮮で……平和で……
 愛するに値する日だ……」
「……朋よ。
 君から頂いたこの甘味。
 大切に食べさせてもらうぞ……」
「ありがとう……」
#3「今年も私に……
 甘味をくれるのだな。
 心より感謝するぞ……」
「しかし、今年は……
 私も甘味を作ってきた……」
「ふ……
 私も、甘味にこめて、
 届けたくてな……」
「……朋よ。
 ぜひ、私のものも
 受け取ってほしい。」
「……お返し?
 互いにお返しをしあえば、
 問題ないだろう。」
「ふふ、今から一月後が
 楽しみだ……」
サビルバラ#1「おぉ、こいつをわしにくれるのか!
 ふむ、バレンタイン?」
「…………
 ……あぁ〜!
 そんなもんもあったぜよ!」
「……はは、妹を思い出すのう。
 大事に食うとするぜよ、(団長)。
 ありがとう。」
「はっぴーばれんたいん。」
#2「わしにこいつを?
 おぉ、バレンタインか!
 ありがたくいただくぜよ!」
「……バレンタインと言えば、
 妹から貰う程度だったしのう。
 はは、……」
「……いや、
 何事につけ昔を思い出すのは
 (団長)にも失礼ぜよ。」
「人を思う、想われる、ちゅうのは
 尊いことじゃき。
 それを忘れてはいかん。」
「まっこと、ありがとうさん。
 必ずお返しするぜよ、待っちょってくれな。」
J・J#1「……え、マジかよメーン。
 オーマイゴッドメーン。」
「そんなもんオレにくれるなんざ、
 オメエも物好きだぜメーン。」
「……でもよ、マジ感謝だぜ。
 マジリスペクトだぜメーン。」
「Yo! Yo! 団長Yo!
 何シケたツラしてんだYo!
 いつまでもそんな顔しってっとよお、
 テメーにはくれてやんねぇZo!
 ほぉれよ!ベリースゥィートな
 チョコレートだぜYo!
 Yes! Give you! Happy valentine's dayだYo!」
#2「チョコメーン、
 ラブメーン、
 ハピバレメーン!」
「おうよ、こいつかませば
 どんなfoxyちゃんもイチコロだぜ。」
「って、まるで信じてねーな。」
「いいぜメーン。
 だったらオレが試してやんぜ。
 見てろよメーン?」
「チョコメーン、
 ラブメーン、
 ハピバレメーン!」
「…………」
「……って、あれ?
 (団長)メーン?
 あのさ……その……」
「そろそろ? オレに、めーん……?
 チョコめーん……?
 あげたく、めーん……」
「めーん……」
#3「You say ハッピーバレンタイン?
 言いにくいぜメーン」
「ハピバレメーン!
 イルいぜメーン」
「Bitter bitter chocolate
 Sweet sweet love date」
「(団長)がくれる chocolate
 Danger Danger どどめ色」
「J・Jオレにとどめ刺す
 Danger Danger chocolate」
「魅惑のchocolate……」
「ってWait! Wait!
 (団長)、ノー! ノーdisだ!」
「そいつは段違いの勘違い
 ディスてんじゃねーぜ
 ウゼーぜ(団長)」
「ワックなライムでハピバレメーン
 マイメンのハートにパンチライン」
「マジリスペクト マイ(団長)
 マイメンレペゼングランサイファー」
J・J(水着ver)#1(初登場verと同一)
#2
#3
シャオ#1「おやぁ?
 これを僕にくれるんですか?
 バレンタインというやつですね。」
「嬉しいですよ、ありがとうございます。
 チョコレートには興味があって……
 はい、そうです。効能について。」
「カカオの成分は薬としても注目されてて
 一度ちゃんと調べてみたかったんです。
 だからこれを……」
「……冗談です。
 そんな顔しないでください。
 ちゃんとおいしくいただきますって。」
「ハッピーバレンタイン」
#2「おやおや、これは
 バレンタインですね?」
「今年もわざわざ僕にまで
 下さるんですね。
 ありがとうございます。」
「あなたのことです、騎空団の
 皆さんに配っているんでしょう?
 大変じゃないですか?」
「……しかし、あなたのそういうところに
 皆さん惹かれるのかもしれませんね。」
ジャミル#1「チョコ、ですか?
 ありがとうございます。
 このような物、初めて頂きました。」
「正確には母からもらいましたが……
 修行の一環で多種多様の毒が混ざり、
 本当の味を知らないんですよ。」
「あぁ、嬉しいなぁ。
 本当のチョコが食べられるなんて……」
「ハッピーバレンタインですね。」
#2「ありがとうございます、主君。
 頂いたチョコレート、
 大切に食べます。」
「……一口にチョコレート、
 と言ってもいろいろと
 種類があるのですね。」
「甘いもの、苦みが強いもの、
 中に木の実を入れたもの……」
「毒を盛っても
 気づかれにくそうですね!」
「……あっ! あの、主君が
 チョコレートに毒を仕込むとは
 思っていませんから! 本当です!」
ジャミル(闇属性)#1(初登場verと同一)
#2
シロウ#1「いや〜……参ったな、はは……」
「あ、(団長)。見てくれよ!
 マリエさんが
 チョコレートくれたんだぜ!」
「って(団長)も俺にくれるのか!?
 おいおい……
 今年の俺は一体どうしちまったんだ……」
「はははっ!
 ありがとな、(団長)!
 大事に食べるよ!」
「ハッピーバレンタイン。」
#2「お……(団長)、
 今年も俺にくれるのか?
 たはは……ありがとうな!」
「しかし……
 ひとつ気になっているんだが……」
「いや、去年(団長)から貰ったのを
 マリエさんに報告したら
 えらい機嫌悪くしちゃって……」
「何か俺、まずい事を……」
「……って(団長)、
 なんで溜め息なんかつくんだ!?」
「そんな、頭まで抱えちまうなんて……
 やっぱ俺か? 俺が悪かったのか?」
ジン
(砂神の巫女ver)
#1「今日はバレンタインか。
 なるほど、それで先ほどサラ殿と
 ボレミア殿が菓子をくれたのか。」
「……何?
 (団長)殿まで某に……!?
 これはかたじけない!」
「ハッピーバレンタイン。」

「今日はバレンタインか。
 なるほど、それで先ほどサラ殿と
 ボレミア殿が菓子をくれたのか。」
#2「は?
 某に、バレンタインの
 チョコレートを……?」
「いや、はは、
 なんというか……かたじけない。」
「嫌? まさか!
 そんなことがあるものか。
 ありがたく頂戴する。」
「いやだが、若い女性から
 こういったものを頂くのは
 なかなか面映ゆいというか。」
「……申し訳ない。
 ……大人なりの照れというものだ。
 堪忍してくれ。」
#3「なんと、某に
 バレンタインのチョコレートを!?
 これは……かたじけない。」
「日頃こちらが
 お世話になってばかりなのに、
 こんな贈り物まで頂くとは。」
「ああ、いや、申し訳ないと
 思うばかりでは
 却って失礼というものだな。」
「(団長)殿、ありがとう。
 その気遣いが大変嬉しい。
 大事に食べさせてもらう。」
ジン
(薫風、白波を蹴立てるver)
#1(砂神の巫女verと同一)
#2
#3
ジン
(盛夏、来りてver)
#1(砂神の巫女verと同一)
#2
#3
ジン(滝行ver)#1(砂神の巫女verと同一)
#2
#3
スィール#1「ハッピーバレンタイン!
 えーとその、……バレンタインだね!
 ううんと、ほら、……」
「……くれるの!? 本当に!?
 わああい! ありがとうっ!」
「ハッピーバレンタイン!
 えーとその、……バレンタインだね!
 ううんと、ほら、……
 ……くれるの!? 本当に!?
 わああい! ありがとうっ!」


「ハッピーバレンタイン!
 アジトでは、アル兄が毎年
 ココアを入れてくれてたんだ。
 甘いものは珍しいから、
 嬉しかったなぁ」
#2「あの、そのぅ……
 ね、ねえ(団長)……」
「えっ、うん!
 そ、そうだね、
 バレンタインデイ、
 だよね! うん!」
「そ、それでね……
 ……うぅう……」
「…………!
 そ、それっ! チョコレート!
 ……だよね?」
「わあああい! くれるの!?
 ありがとう、(団長)!
 すっごく、すっごく嬉しい!!」
#3「…………」
「……(団長)っ!
 あのね、今日……その、あの
 バ、バレンタイン……でしょ。」
「オレ、(団長)からの……
 チョコレート、欲しいな、なんて……」
「う、うぅ〜……
 だ、だって欲しいんだもん……
 (団長)のチョコレート……」
「……!
 それ、くれるの!?
 ホントに?」
「わぁい、やったやったー!
 (団長)からのチョコレートだぁ!
 すーっごく嬉しい! ありがとう!!」
スカル#1「なぁなぁ、オレ様にチョコくれんだろ?」
「知ってるんだぜぇ?
 オレ様にくれるんだろぉ? なぁなぁ!」
「……おっ、ほんとにくれるのか!
 へへっせびってなんだけど。」
「いざ貰うとなんつーか……
 ハズいな! つーか最高に嬉しいぜ!」
「ひゃっはっ!
 ありがとなぁ! (団長)!!」
「…………
 ……へへへ。」
「イィィィィヤッハァァアアァ!!」
「ハッピーバレンタァァイン!」

「なぁなぁ、オレ様にチョコくれんだろ?」

「いざ貰うとなんつーか……
 ハズいな! つーか最高に嬉しいぜ!」
#2イィィィィヤッハアアアアッ!!
 今年も俺様にくれるだなんてよぉ!
 めちゃめちゃ嬉しいぜぇ!!」
「もうこれははしゃぐしかねぇな!
 走り回るしかねぇな!!
 騒ぐしかねぇな!!」
「あぁ〜〜しかし、
 どれだけ騒いでも……
 嬉しさと興奮がおさまんねぇな!」
「まぁ、いっか!
 とりあえず騒ごうぜ〜〜〜!!
 ヒャッハアアアアアアアッ!!
#3「チョッコォォォ!
 チョコオオオオオオッ!!
 イイイイィイヤッハァアアアッ!」
「テンション爆アガりだぜ!!
 これで何回目だ!?
 何回目のチョコだっ!?」
「えーっと……確か……
 あー……3? 10?
 100……?」
「……とにかく、
 いっぱい貰ってるな!!
 ハハハッ!」
「なんつーか……俺様、
 本当に幸せモンだな……」
「お返しに! (団長)のことも
 絶対に幸せにやるからなぁ!!
 覚悟しておけよぉ!」
「へへっ……!」
スタン#1「ハッピーバレンタイン。」
「俺にこれを?
 ははっ、ありがとう……」
「本当に嬉しいよ。
 チョコだけじゃなくて、
 お前の気持ちが貰えたようで。」
「必ず、お礼をしよう。
 ああ、手作りだ。
 俺の気持ちを込めよう。」
「ありがとうな。
 (団長)。」
「ハッピーバレンタイン。」
#2「お、おい……本当か?
 これ……アリーザから……?
 そうか……ははっ……」
「泣いてないって。目にゴミが入った
 ――えっ!? じょ、冗談だって!?
 アリーザからじゃない?」
「あのな、(団長)、
 ふざけていいことと
 悪いことってのがあってな……」
「ちょっと待てよ……
 じゃあ、このチョコレートは一体……
 え……(団長)から?」
「なんだ、そうならそうと最初から
 言ってくれればいいのに!
 (団長)、本当にありがとう!」
「現金なヤツだとか思うなよ?
 本当に嬉しいんだからさ。」
セイラン#1「騎空団のみなさんへ、
 感謝をこめてチョコレートを用意しました!」
「(団長)さんのは特別ですよ。」
「わぁ……
 (団長)さんからもチョコレートを
 頂けるなんて、とっても嬉しいです!」
#2「私に鑑定依頼……ですか?」
「ふむふむ……チョコレート、ですか。
 ふふ、これはなかなか難しい品ですね。」
「うーん……どうやら
 いろんな気持ちが
 込められているようですね……」
「では、これから
 たーっぷり時間をかけて
 鑑定していきますね。」
#3「見てください、(団長)さん!」
「赤やピンク、ハートにリボン。」
「バレンタインの飾りつけで
 町並みがとても可愛らしいですね。
 見ているだけでワクワクしちゃいます。」
「ふふ。
 もちろん(団長)さんも
 負けてませんよ。」
「(団長)さんを見ていると
 まるで……」
「掘り出し物の骨董品に
 出会ったときみたいに胸が高鳴ります!」
「って、あれ?
 あの……どうしました?
 わ、私、なにか変なこと言いましたか?」
ゼヘク#1(R版と同一)
#2
#3
セワスチアン#1「ハッピーバレンタインですね、
 (団長)殿。」
「(団長)殿もどなたかに
 甘いチョコレートをお贈りする
 おつもりですか?」
「ならば私めが、秘伝のレシピなど
 お教えしましょう。」
「え……なんと、そのチョコレートを
 私に、ですか?」
「ほほほ、お戯れを……
 私など老いぼれに左様な気遣いは
 無用でございます。」
「……などと、野暮を口にするほど
 私は恥知らずではございません。」
「ふふふ、いかなご馳走も霞みますね。
 ありがたく頂戴させていただきますよ。」
ソリッズ#1「おう、
 今日はバレンタインなんだってな。」
「お……俺にもくれたりするのか?」
「あ、いやぁ……女の敵っつー
 自覚はあるんだが、どうにも
 そわそわしちまっていけねぇな……」
「俺が若ぇ頃にはもう、騎空艇いっぱいに
 チョコをもらったもンよ!」
「おう、
 今日はバレンタインなんだってな。」

「お……俺にもくれたりするのか?
 あ、いやぁ……女の敵っつー
 自覚はあるんだが、どうにも
 そわそわしちまっていけねぇな……」
#2「お、おう……?
 こいつ、俺にくれンのか……」
「……もしかして、
 バレンタインのチョコ、
 だったりするのか?」
「そうかぁ……ああいや、
 要らねぇンじゃなくてよ、
 むしろ逆なンだよ。」
「エロジジイだのクソジジイだの、
 まあ散々言われて
 ちったぁ自覚もあるからよ。」
「ありがてぇ……
 ありがてぇなぁ……
 大事に食うぜ……!」
#3「ふぃ〜……緊張するぜェ……
 ……チョコ、貰えっかなァ……」
「……お、おう!
 (団長)じゃねぇか、
 俺になンか用か?」
「……チョコか。
 …………くれンのか?」
「おぶっ……うぅう……」
「おォ、すまねェ……
 なンつーか感動しちまってよ……
 貰えるたァありがてェなァ……」
「きっちりお返しすっからな!
 期待しといてくれよなァ!」
ソリッズ(光属性)#1(初登場verと同一)
#2
#3

た行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
タイアー#1「ややっ! (団長)殿!
 もしやその手の中の包みは
 バレンタインのチョコレートでは……?」
「何も言わずとも良いのです!」
「このタイアー、
 (団長)殿が贈り物を渡す
 お手伝いをいたしましょうッ!」
「人払いはお任せくださいッ!
 それとも意中の方を
 呼んで参りましょうか?」
「…………えっ。」
「なっなななななっ、
 (ちょ、たっ、え、だ、団長)殿!?
 こ、これを自分に!?」
「な、なんということだ……!
 チョコレート……
 チョコレートだぁあああ!!」
「あ、ありがとうございますッ!
 本当にありがとうございますッ!!」
ダーント#1(R版と同一)
#2
#3
デリフォード(SRver)#1(R版と同一)
#2

な行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ノア#1「そのチョコを僕に?
 ああ……今日はそういう日だったね」
「(団長)さんも物好きだね。
 わざわざ僕に渡そうなんて……」
「でも気持ちはすごく嬉しいな。
 ありがとう。
 チョコは大切に食べることにするよ。」
「ハッピーバレンタイン」

「そのチョコを僕に?」
#2「うん? なんだい、
 (団長)さん。」
「チョコレート……?
 ああ、そうか、
 今日はバレンタインだったね。」
「ありがとう。
 ふふ……どうりで。
 ようやく納得がいったよ。」
「なんだか今日は、
 艇が幸せな空気に包まれていてね。」
「(団長)さんから
 こんなプレゼントをもらってしまったら、
 確かに嬉しい気持ちを隠せそうにないな。」
#3「ありがとう、(団長)さん。
 そうだね、今日はバレンタインだね。」
「ふふ……去年と同じで
 艇が幸せな空気に満ちていたからね。
 すぐにわかったんだ。」
「僕も星晶獣として、
 永い時を過ごしてきたけれど……」
「たくさんの人を幸せにできる人、
 というのは、
 本当に稀有な存在なんだ。」
「そんな(団長)さんから、
 チョコレートもらえる僕は、
 間違いなく幸せ者だね。」
ノイシュ(光属性)#1「(団長)殿が
 私のためにチョコレートを……
 お気遣い、感謝致します。」
「誰かからチョコレートをもらうなど、
 少し前の私には考えられませんでした。」
「ハッピーバレンタイン。」

「団長殿が
 私のためにチョコレートを……
 お気遣い、感謝致します。」
#2「これを……私に?
 ええと……」
「なるほど、バレンタインでしたか!
 お気遣い痛み入ります。」
「アイルストの滅亡をこの目にした時、
 このような穏やかな日々は
 二度と来ぬものと思っていました。」
「禍福はあざなえる縄の如し……
 と言うには犠牲が大きすぎましたが……」
「それでも、
 この結末に辿り着けたことを、
 幸運に思います。」
#3「バレンタインの贈り物……ですか?
 私にまでいただけるとは。
 感謝します、(団長)殿。」
「……周囲の方に気遣っていただく度、
 その気持ちに深く感謝します。
 いつか恩義に報いたいと。」
「ですがまず最初に、
 自分を大切にしなくては
 周囲の方の心を傷付けてしまう。」
「恩義に反せぬよう、
 そのことを忘れずにいたいと
 そう思っています。」
ノイシュ(火属性)#1(初登場verと同一)
#2
#3

は行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
バウタオーダ#1「バレンタインですか……」
「あまり興味はありませんが、
 思いを無碍にするのは
 正しいとは言えませんね。」
「ありがたく頂戴させていただきます。」
#2「これを私にくださるんですか?
 ……ああ、
 今日はバレンタインでしたか。」
「去年に引き続き、貴方は律儀ですね。」
「しかし、どうにも嬉しいものです。
 ありがたく頂戴させていただきます。」
#3
パリス#1「ヴェローナでも、うら若き乙女達が
 意中の人にチョコレートを渡す光景が
 多く見られた。」
「ふっ……人々の間に催しごとを楽しむ、
 心の余裕が生まれてきた
 ということだな。」
「ん……? な、何!
 私にもチョコレートを用意してくれて
 いたのか?」
「い、いや……まさか(団長)が
 私にまでチョコをくれるとは
 思わなかったので、正直驚いた。」
「……ありがとう。
 (団長)の気持ちを
 有り難く頂いておく。」

「ハッピーバレンタイン。」

「ヴェローナでも、うら若き乙女達が
 意中の人にチョコレートを渡す光景が
 多く見られた。」


「団長は、チョコレートは好きか?
 私は甘いものの中でも、
 チョコレートが格別に好きだ。」
#2「今日はバレンタインなのだな。
 私も城の淑女達から貰った。」
「こんなに沢山貰ったことは今まで
 例にないことだ。
 一体、何があったのか……」
「ん? 最近私の雰囲気が
 柔らかくなった?」
「だから渡したいと思う人が
 増えたのではと……
 うむ、そうか。」
「それは(団長)と出会った
 お陰かもしれない。
 私はお前から多くを学んだからな。」
「お前も私に
 チョコレートをくれるのか?」
「では、遠慮なく受けっ取っておこう。」
「私なりに敬意を表して、
 お前のチョコレートは一番に食べると
 約束しよう。」
バロワ#1「馬鹿な……
 今日はバレンタインだというのか!」
「まさか(団長)君から
 チョコレートを貰えるとは……」
「このバロワの頭脳をもってしても
 見抜けなかった事実!
 いや、参ったな! はっはっは!」
※テキスト上の差異
#2(R版と同一)
#3
パーシヴァル#1(SSR版 初登場verと同一)
#2
#3
フェザー#1(R版と同一)
#2
#3
ヘイゼン#1(R版と同一)
#2
#3
ヘルナル#1「えっ、嬉しいなぁ!
 俺にチョコをくれるのかい?」
「はむっ……うんうん!
 俺が今まで食べたチョコの中で、
 一番美味しいよ!」
#2「みんなの恋人ヘルナルの参上さ。
 ははは、わかっているとも、
 みなまで言うな子猫ちゃん。」
「俺が来るのを心待ちにしてたという事は
 ちゃんとわかっているさ。……それで?
 俺に何かくれるんじゃ……?」
「……お、おおおお! 君から
 手作りのチョコを貰えるとは……!!
 感激だよ!!」
「ちょっと、忘れられてるんじゃないかと
 ハラハラさせられたけど、それも君の
 計算の内だったってことだね?」
「まったく、悪い人だ……
 それも君のキュートな魅力でも
 あるけれどね!」
「おっと……ここで一つ訂正しておこう。
 さっき俺はみんなの恋人だと言ったね?」
「けれど……今はこう言わせてほしい。
 ”君だけの゛ヘルナルだ、と。」
「このチョコは後でじっくり、味わわせて
 もらうとするよ。」
「うんうん。その冷たい視線も俺にはこの
 チョコの様にとびきりスウィートさ!」
#3「(団長)、もしかして
 その手にあるのは、
 俺用のチョコだったりする?」
「はは、やっぱりそうだった?
 期待半分で聞いてみたんだけど、
 とても嬉しいよ。」
「こうして贈り物をもらえるってのは
 単純に嬉しいものさ。
 (団長)からのものなら何よりね。」
「このチョコは、そうだな……
 君のことを考えながらじっくり、
 味わわせてもらうことにしよう。」
ヘルナル(水着ver)#1(初登場verと同一)
#2
#3

ま行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ミュオン#1「ん? (ー)、
 どうかしたか?」
「これ、俺に……?
 バレンタインか……!」
「…………いや、ちょっと
 びっくりしたっつーか……
 別に照れてるわけじゃねぇよ!」
「バレンタインって、毎年ファンから色々
 送られてきてて、もちろんそれも
 ありがたいと思ってたけど……」
「(お前)のは
 それとまた違って……」
「なんつーか、特別に思えて……
 うん、嬉しいよ。ありがとな。」
「ハッピーバレンタイン。」

「バレンタインの時はさ、エルが間違って
 チョコを食べちまわないように、
 いつも気をつけてたな。」
#2「これってバレンタインの……?」
「…………」
「はぁーーー……
 そうか……」
「いや、その……
 今年はもらえなかったら
 どうしようかと思ってて……」
「あーもう!
 悪い!
 こっち見ないでくれ!!」
「……ありがとな。」
モルフェとヴェトル#1モルフェ
 「なんだか皆さん
  そわそわしてませんか?
  今日って何かあるんでしょうか……?」
 「バレンタイン……
  好きな人にチョコレートを贈る……?
  えええっ! そうなんですか!?」
 「ど、どうしよう……
  僕、(団長)さんのための
  チョコレート用意してないです!!」
 「今から街に行って来ます!
  すぐ戻って来ますから……
  ……えっ。」
 「ぼ、僕がこのチョコレート、
  頂いていいんですか?
  うわぁ……! ありがとうございます!」
 「僕も(団長)さんが大好きだから
  (団長)さんから大好きって、
  言ってもらえて嬉しいです!」
#2モルフェ
 「わぁ……!
  ありがとうございます!
  (団長)さん。」
 「(団長)さんの『好き』の中に、
  僕が入っていて
  とってもとっても嬉しいです!」
 「だって、
  僕は(団長)さんが大好きで……」
 「大好きな(団長)さんと一緒だと
  すっごく幸せだなって思うから……」
 「(団長)さんもそんな風に
  僕のこと、感じてくれてたら
  もっともっと嬉しいなって……」
 「……えへへ。」

や行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ユーリ#1「チョコレート? バレンタインの……?
 自分にでありますか?」
「あ、ありがとうございます!
 はは……参ったな……」
「(団長)殿、
 バレンタインのお返しには
 何かご希望はありますか?」
「いや……男ばかりの隊にいたせいか、
 あまりこういった事は…
 その、慣れていなくて。」
#2「あ……は、はい!
 (団長)殿!
 何のご用でゴザルか!」
「す……すみません、
 妙な返事を……」
(く……落ち着け!
 今日があの日だからって
 俺が渡されるとは限らないんだ!)

(難しい……!
 意識しないよう努力しているつもりが
 かえっておかしな態度に……!)

「い、いえ! なんでも!
 何か、魔物の討伐でしょうか?」
「あ……ば、バレンタインの……?
 じ、自分にでありますか?」
「はは……!
 あ、ありがとうございます!」
#3「こんにちは、(団長)殿。
 今日はどうされましたか?」
「はは、そういえば今日は
 バレンタインデーでしたね。」
「今年も自分にまで
 用意していただけるとは……
お気遣い、痛み入ります。」
「…………」
(落ち着け落ち着け落ち着くんだ俺よ!
 今まで潜り抜けた戦場を思い出すんだ!
 少なくともこの場に命の危険はない!)

(整えろ呼吸と表情を! 俺は軍人だ!
 冷静沈着寡黙でそして強い! そう俺は
 軍人だッ! 心頭滅却心頭滅却……!)

「あ……はは、いえ、なんでも……
 その、ええと……ありがとうございます
 (団長)殿。」
ヨハン#1「甘い物を食べると考え事も
 はかどるんですが……」
「おや、そういえば今日は
 バレンタインデーでしたね。」
「バレンタインデーのお菓子ですか?
 本を読みながらお菓子を食べると
 虫が出て嫌なんですが……」
「ふふふ、頂いておきます。」
#2「んー……この記述の意味が
 どうしてもわからない……
 やはり前のページが抜けているのが……」
「……おや? (団長)さん。
 何かご用ですか?
 今研究がちょっと……ん?」
「……甘い匂い……ああ、
 今年もまた、僕にチョコレートを
 くれるんですか?」
「……ふふ。それをいただいて、一息
 つくのも悪くないかもしれませんね。
 ……ありがとうございます」
#3「ああ、(団長)さん。
 それはバレンタインの……?」
「ありがとうございます!
 これでやっと落ち着くことができます。」
「ふふふ、実はバレンタインが
 近づいていると思うと、
 どうにもそわそわしてしまって……」
「研究に身が入らず困っていたんです。
 でも、これで心置きなく
 没頭できますよ!」
「では、読みたい文献があるので
 僕は行きますね!」
「あ、(団長)さん。
 チョコレートありがとうございました!」
ヨハン(ガチャver)#1(初登場verと同一)
#2「んー……この記述の意味が
 どうしてもわからない……
 やはり前のページが抜けているのが……」
「……おや?
 (団長)さん。何かご用ですか?
 今研究がちょっと……ん?」
「……甘い匂い……ああ、
 今年もまた、僕に
 チョコレートをくれるんですか?」
「……ふふ。それをいただいて、
 一息つくのも悪くないかもしれませんね。
 ……ありがとうございます」
※テキスト上の差異
#3

ら行

キャラクター種別台詞マイページ台詞
ライアン#1(R版と同一)
#2
#3
ラインハルザ#1「ほお……
 オレにチョコレートとは、
 お前もつくづく変わった奴だな。」
「オレももうガキじゃあねぇ。
 いまさら惚れた腫れたで
 騒ぎはしねぇが……」
「まぁ、このチョコレートは、
 日頃の感謝くらいに思って
 受け取っておくさ。」
「ありがとな。
 こう見えて
 甘いものは嫌いじゃあねぇんだ。」
ラカム#1「ハッピーバレンタイン……?」
「ん? オレにもチョコくれんのか?
 へへっ、なんか照れちまうな!」
「ハッピーバレンタイン……?」

「ん?オレにもチョコくれんのか?
 へへっ、なんか照れちまうな!」
#2「おっ! 待ってました……
 なーんてな。」
「お前さんが準備してくれたんだ。
 ありがたく頂くぜ、チョコレート。」
「……まぁ、真面目にやると
 照れくさいっていうか
 なんていうか。」
「大人のプライドってことで、
 まぁ見逃してくれや。」
「ははっ、まぁせいぜい
 お返しは期待しといてくれ!」
#3「おっ? (団長)……
 へへっ、ありがとさん。」
「でもよ、今年はやたらと
 チョコがデカいじゃねーか……
 どうしたんだ?」
「世話んなってるからってお前……」
「そりゃ俺だってそうだ。
 (団長)のお陰で俺は……」
「あー、いや……
 照れくせぇこと
 言いそうになっちまったぜ。」
「お前の気持ち、
 ありがたく受け取っとくぜ。」
ラカム(クリスマスver)#1(初登場verと同一)(初登場verと同一)
#2
#3
ランスロット#1「うう……
 あ……ああ、もう来ていたのか。
 すまない、少し眠っていたようだ。」
「え……? 俺に……チョコレート?
 あ……今日はバレンタインか。
 ありがとう、嬉しいよ。」
「疲れた身体には
 甘いモノがいいっていうからな。
 はは、ほんとに気が利くな。」
#2「ん……なんだって?
 俺にチョコレートの
 差し入れが届いている、だと。」
「……そうか、今年もまた
 バレンタインデーの季節が
 やってきたのか……」
「どれどれ……
 さっそくチョコを頂くか……
 っ!?」
(こ……これは……
 チョコレートの中から、
 糸鋸が出て来たぞ……)

そうか! この糸鋸で
 俺を縛り付ける全てを
 断ち切れということか!)

(ふっ……さすがだな……
 ああ、俺は必ずここを
 抜け出して見せる!)

「待っていてくれ……
 どれだけ時間がかかろうとも、
 必ず逢いに行く!」
#3看守
 「…………」
ランスロット
 「ん? 差し入れ……
  差出人は(団長)か。」
 「中身はチョコ……? あ、そうか。
  バレンタインの時期か。
  また一年をここで過ごしたんだな……」
 「はむ……ふふっ、美味しい。
  もう一つ、はむ……もぐもぐ……」
 「(ん? 箱の底に何か
  書いてあるぞ?)

 「これは……脱出経路!?
  (団長)、俺の為にそんな
  危険を冒さなくてもいいのに。」
 「もぐもぐ……うん、ごちそうさま。
  さて、美味しかったって
  手紙を出さないと。」
ランドル(SRver)#1
#2
ルシウス(闇属性)#1「ふっ……なに、台所に立つ、
 母さんとティナの背中を思い出していた。
 俺はいつも味見係だったがな……」
「……なに? これを俺に?
 ……あっ、ありがとう……
 後でいただいておく。」
「ハッピーバレンタイン。」

「ふっ……なに、台所に立つ、
 母さんとティナの背中を思い出していた。
 俺はいつも味見係だったがな……」

「……なに? これを俺に?
 ……あっ、ありがとう……
 後でいただいておく。」
#2「バレンタイン……?
 この俺に贈り物だと?」
「い、いや迷惑などと
 断じて思ってはいない。」
「……あ、ありがとう。
 まさか、貰えるとは
 思っていなかったからな。」
「大事に頂こう。
 感謝する。」
#3「(団長)か。
 なに? また、俺に
 バレンタインの贈り物を……?」
「そうか……ありがとう。」
「うん? これは……なんだ?
 何が入っている……?
 妙な香りが……」
「ベジタブルスイーツ……!?」
「これなら食べられるか、だと……?
 フン。勘違いするな。
 姿かたちを変えたとて、野菜は野菜だ。」
「俺は野菜を認めていない。
 俺の血や肉になるなど断じて認めん!」
「が……」
「ぐっ……お前が……
 寄越すものならば……!
 いただくことにし、よう……」
ルシウス(火属性)#1(初登場verと同一)
#2
#3
レッドラック#1「(団長)じゃねえか。どうした?
 ん? これを俺にくれるのか?
 この匂いは……チョコだな。」
「ああ! バレンタインか!
 なんだ、てっきりフードファイトを
 挑まれたのかと思ったぞ!」
「……だはははっ、冗談だ。
 ありがとうな、(団長)。」
「ハッピーバレンタイーン!」
#2「お、(団長)。ひょっとして、
 今年もバレンタインの贈り物を
 くれるのか?」
「……ん?
 だはははっ!
 量なんて気にするな!」
「俺は確かに大食いだが、
 ここでもそんな情緒のないことを
 言うつもりはねぇよ。」
「今は、何よりも
 (団長)の気持ちが嬉しいぞ。
 ありがとうなぁ!」
ロミオ#1「……これを僕に?
 そ、その気持ちは嬉しいが……
 ぼ、僕にはジュリエットが……」
「な、何を笑っているんだ!
 え? 友情の証だって…?」
「…………くっ!
 それなら、受け取らないわけには、
 いかないな……あ、ありがとう……」
#2「ん……(団長)か、
 今年もまた、僕の為に
 チョコを用意してくれたのかい?」
「ふふ、有り難くもらっておくよ。
 えっ? ……今年のチョコは、
 正真正銘の本命だって?」
「受け取るってことは……
 それなりの覚悟をして欲しい?」
「いや、で、でも!
 僕はジュリエット一筋で、
 (団長)のことはその――」
「好きだけど、それは
 友達としての、好き、であって……
 というか、覚悟って何だよ!?」
「……んなっ? じょ、冗談!?
 あ、あはははは……まったく
 (団長)は人が悪いなぁ……」
「……でも、元気の無い僕を
 心配して、元気づけようと
 してくれたんだろ?」
「いつも心配してくれて、
 ありがとう、(団長)。」
#3「僕にもチョコをくれるのか?
 (団長)も懲りないな……
 嬉しいよ。ありがとう。」
「ふふふ、美味しい。
 これだけの腕前なら本命の相手が
 現れた時も心配ないだろうな。」
「え? これは本命チョコだって?
 その手には騙されないぞ。
 一度使った手には乗せられないさ。」
「(団長)……? 急に顔を覆って
 どうした? も、もしかして、
 本当に本命チョコだったのか!?」
「ど……どうしよう?
 なんて声をかけたらいいか……」
「あれ? (団長)、
 もしかして笑ってるのか……?」
「なんだ、今のは嘘か……
 ……びっくりしたよ。
 本気で心配したじゃないか。」
「んなっ? そこまで笑わなくたって
 いいだろ? そりゃあ、また同じ手に
 乗せられたのは僕の方だけど……」
「ふふふ、また気を遣わせてしまった
 みたいだな。ありがとう。
 僕なら大丈夫だから。」
「チョコ、大事に食べるよ。」
ローアイン#1ローアイン
 「…………」
エルセム
 「ぅ……あ……ダ、ダン……チョ?」
トモイ
 「わか……てたッス……
  キャタ……さんのチョコは……」
エルセム
 「でも、男には……
  食わなきゃなんねー……時が……」
 「……グボるふぁ!」
トモイ
 「エ、エルっちぃぃぃ……!」
ローアイン
 「…………」
トモイ
 「う……うぅ……
  あ、ダンチョもチョコを……?
  あざ〜……す……」
#2ローアイン
 「はぁ……はぁ……!
  クソぉ、体が震えて動かねえ……
  俺は一体Doしちまったんだ!?」
トモイ
 「まさか防衛本能ってヤツか……?」
 「ローアインの体が自分の命を
  守るために、キャタリナさんのチョコを
  拒否ってんだ!」
エルセム
 「なんてこった……今年は特に
  ヤバババレンタインってこと?
  ちょっと様子見しね?」
ローアイン
 「本能……?
  ヤババ、だぁ……?」
 「そんなもんなぁ……!
  俺の固い意志の力で
  乗り越えてやんよぉ!
トモイ
 「なッ……!?
  震える腕でチョコを掴んだ……!」
エルセム
 「が、ガンバレ!
  あとちょっとだ、口に放り込め……!」
ローアイン
 「うおぉぉぉ……!
  い、いッただッきまぁぁぁす!」
 「……石?」
エルセム
 「ローアイィィィン!?
  な、なんか
  喉にブッ刺さってんだけど!?」
トモイ
 「意志より硬い石、か……」
 「あ、(団長)。
  え、今年もチョコもらえるんスか!?
  あざ〜ッス!」

わ行

現時点では無し

コメントフォーム

雑談・感想板

+ 「雑談・感想板」のコメントを見る

セリフ情報提供板

+ 「セリフ情報提供板」のコメントを見る

TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 22:58:55