このエントリーをはてなブックマークに追加

マルチバトルについて | マルチバトル一覧


このページでは「HIGH LEVELマルチバトル」全般について
「○○をしたいけど、何のマルチバトルに挑めばいいの?」「どれぐらい強くなればこのマルチに参加していいのか?」という疑問や
マルチバトルに参加してできることをマルチバトル別に説明しています。自分自身のしたいことに応じて、参考にして下さい。

各ボスごとのステータス及び細かい攻略法は各攻略ページを参照。

※ 参加の目安はこのwiki内のマルチ救援掲示板におけるものであり、他のサイトの基準と異なる場合があります。他所ではそちらの目安に従ってください。




HIGH LEVELマルチバトル 参加の目安・目的別TIPS

「HIGH LEVELマルチバトル」は、その名のとおり高難易度のマルチバトル。ランクが101になると初めて挑戦可能となる。

敵には強力なバフ付与・参戦者の通過のたびにデバフ消去が行われるなど、対策必須の行動や他プレイヤーにも影響のある行動があるため、
stamp19.png
などのスタンプやチャットを使ってコミュニケーションを取ることが重要になります。

また、多くのHIGH LEVELマルチバトルは、エリクシール使用不可。(一部のHIGH LEVELマルチバトルでは所属騎空団員が自発した場合のみ1つ使用可能)
「最悪、復活すればいいや」「ワンパンでいいや」という軽い気持ちで挑んではいけません。
1人脱落すると他の参戦者にかかる負担の増加が大変大きく、討伐失敗の可能性が高くなります。
「討伐完了するまで戦闘不能にならずダメージを与え続けられる」ことが参加の最低条件といっていいでしょう。

マグナHL<マグナ武器を★4にしたい>

ティアマト・マグナコロッサス・マグナリヴァイアサン・マグナユグドラシル・マグナシュヴァリエ・マグナセレスト・マグナ の6つのマルチバトル。

  • 参戦可能人数:30人
  • 参戦条件:Rank101以上
    ランク101未満のプレイヤーは救援一覧に表示されない。
  • 自発:1日2回制限。AP50と「マグナ素材」3個を消費(自発するボスに対応した素材。同じ属性の通常マグナからドロップ報酬として入手可能。)
    共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★1枠をタッチして選択する
    「邂逅、黒銀の翼」(プロトバハムート戦)を自発してクリア済みであること
  • NORMALマルチバトルの「マグナ」で入手し★3にしたSSR方陣武器を★4に上限解放するための素材のうち、「○星の輝き」を確定で1個ドロップします。
    マグナ武器そのもののドロップも有り。
  • 下記マグナIIHLの自発用素材「○のクリスタル」を稀にドロップします。

■参加最低条件

一般的に戦力的に何かを言われることはありません。
NORMALマルチのほうのマグナをソロ討伐できる程度の実力があれば十分戦えます。
特殊行動発生のタイミング等で他人に迷惑となる可能性があるため、HIGH LEVELマルチバトル攻略法/マグナHLを読んでおきましょう。
特にリヴァイアサン・マグナHLとシュヴァリエ・マグナHLは全体に影響を与える特殊行動を持ちます。
人数は最大30人に緩和されましたが、基本的に時間のかかるバトルなのでワンパン放置は非推奨。
栄誉の輝きを稼ぐ機会でもあるので、真面目に戦うのが得策です。
(2018/03/10以降、ドロップ報酬に「青箱」が追加されました。
 これは貢献度に応じた確率で入手できるので、ちゃんと貢献度を稼いだ方が得です)10人くらいの参戦者が貢献度13万を稼ぐつもりで戦えば、余裕で倒せます。
攻略情報を必ず確認しましょう。

■上級者目線

人数は多いが基本的にバトル時間が長いので、デバフをきっちり入れて、最後までダメージを与えてくれればそれで良い。ワンパンはNG。
誰かがディスペルを持っていると討伐速度が上がるバトルもある(火力全振りの上級者はディスペルを持っていかないことも多い)。
※最近は個別にかかる強化効果があり、その場合はディスペルはかけた本人のみに効果を発揮し、他の参戦者の役にはたたない

マグナII HL<マグナII武器が欲しい>

シヴァエウロペブローディアグリームニルメタトロンアバター の6つのマルチバトル。
ボスの名称に「マグナ」とはつかないが、マグナと同様に「方陣」スキルの武器をドロップするため、
公式のアナウンスでも「マグナII」「これまでとは別の新しいマグナシリーズ」として紹介されている。

  • 参戦可能人数:30人
  • 参戦条件:Rank120以上
    ランク120未満のプレイヤーは救援一覧に表示されない。
  • 自発:1日2回制限。AP90と「○のクリスタル」1個を消費(○は自発するボスに対応した属性)。クリスタルは同じ属性のマグナHLからドロップ報酬として入手可能。
    共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★3枠をタッチして選択する
  • 新たなSSR方陣武器(マグナII武器)を稀にドロップする
  • マグナ召喚石を★4に、これまでのマグナ武器を★5に上限解放するための素材をドロップする

■参加最低条件
報酬が赤箱・青箱偏重になっており、金箱からは旧マルチの武器と低確率抽選のアニマくらいしかめぼしいものがドロップしない。
(アニマがドロップする金箱は確定ドロップで、その中からアニマが抽選されるためトレハンの意味が無い。)
順位・貢献度によって獲得が左右される赤箱・青箱をいかにして入手できるかが鍵となっているため、強い人にとっては美味く弱い人にとっては不味いマルチ。

上記理由から、赤箱・青箱を上位プレイヤーに献上してくれる弱いプレイヤーは大歓迎されるので参加条件というものは存在しない。
MVP争いをし合う強者同士がお互いを排除し合うようなスラム街になっていたりする。(→キック待ち)
共闘マルチルームでよく見る「ランク○○以下募集」が全てを体現している。
(「俺より強い奴は入ってくるな」、「MVPを全部俺に寄越せ」の意味)

■上級者目線

赤箱・青箱くれ

旧召喚石HL(6人制) <プシュケーが欲しい>

ナタクフラム=グラスマキュラ・マリウスメドゥーサアポロンDエンジェル・オリヴィエの6つのマルチバトル。
最初に登場した6人制HLであることから、今でも通称で「6人HL」と呼ぶ場合はこちらを指す場合が多い。
(後から登場したプロメテウス〜アヌビスも6人制HLであるが、こちらとの区別で鞄HL/高級鞄HLと通称される場合が多い)

  • 参戦可能人数:6人
  • 参戦条件:Rank101以上
  • 自発:1日1回制限。AP80と「真なる○のアニマ」1個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★2枠をタッチして選択する
    • 対応属性のマグナHLを自発してクリア済みであること
      例:ナタクHL(風属性)ならティアマト・マグナ[HIGH LEVEL](風属性)
  • アサルトタイム適用外
  • エリクシール使用1回まで可(自発者及び自発者と同じ騎空団に所属している参加者のみ)

防御係数が通常の敵と比較して約2倍あるため、与ダメージが普段の半分程度になる。
難易度に見合うように報酬は通常マルチよりも豪華になっている。

  • 対応属性のプシュケーとアニマが必ずドロップ。
  • 通常のドロップ以外にディールが発生する。自発者と同じ騎空団に所属している場合のみ参加可能。
  • 召喚石マルチHLは通常同様各種オールド武器やマグナアニマ、その他素材目当てで参加することが多い。

■参加最低条件

対応した有利属性の★2〜★3のマグナ編成(スキルレベルは全て10)。は整えておきたい。
初めて参加する場合は、攻略に必要なカット、マウント、クリアなどの要素を持つSSRキャラクターを揃えて挑もう。
高ランクの慣れている人が多ければ高速討伐もあるが、全員が最低限の装備だと、キャラ編成と敵次第では後半の攻撃が激しくなるあたりで失敗する可能性が高い。
HIGH LEVELマルチバトル攻略法/旧召喚石マルチバトルHLは必読。

6人しかいないため、ワンパン放置は失敗に直結します。
最低限の戦う気がある人を集めるため、マルチルームを使う場合が多いです。
自発時は、自分が低RankだろうとRank指定を高めにしておいた方が上級者としては有り難かったりします。
(寄生根性丸出しと蔑まれる可能性もあります)

ローズクイーンHL(6人制) <ローズクリスタル武器・ローズクリスタルが欲しい>

上記の旧召喚石HLと同時に登場した6人制HLマルチバトル。
共闘のカテゴリ分けでは旧召喚石HLと一緒になっているが、自発素材や報酬等異なることも多い。

  • 参戦可能人数:6人
  • 参戦条件:Rank101以上
  • 自発:1日1回制限。AP90と「虹星晶」10個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★2枠をタッチして選択する
    メインクエストを第50章まで進めること
  • アサルトタイム適用外
  • エリクシール使用1回まで可(自発者及び自発者と同じ騎空団に所属している参加者のみ)

防御係数が通常の敵と比較して約2倍あるため、与ダメージが普段の半分程度になる。
難易度に見合うように報酬は通常マルチよりも豪華になっている。

  • 通常のドロップ以外にディールが発生する。自発者と同じ騎空団に所属している場合のみ参加可能。
  • 「ローズクリスタルの欠片」「ローズクリスタル」を入手可能。(ローズクリスタル武器や各ジョブの証に交換できる)
  • 英雄武器(ジョブマスターピース)のレプリカを入手可能。
  • 銀天の輝きが稀にドロップすることもある。

■参加最低条件

HIGH LEVELマルチバトル攻略法/ローズクイーンHLを必読。
よく分からなければ火のマグナ編成。武器のスキルレベルの平均7以上。
ソーン入りの光麻痺パは慣れている人用。
Class.IVを早く取りたい気持ちは分かるが、少なくとも立ち回りは完璧に予習しておきたい。

■上級者目線

最低でも全武器のスキルレベルを上げてから入ってきてほしい
火力を出せないなら下手に火力職を使わずにしっかりとデバフを入れてほしい(その方が早く終わるため)

高級鞄HL(6人制) <召喚石の★4上限解放をしたい・ハイグレード武器が欲しい>

プロメテウスカー・オンギルガメッシュバイヴカハヘクトルアヌビス の6つのマルチバトル。
こちらも「6人制HL」ではあるが、SRカーバンクルと類似の召喚効果を持つSSR召喚石ボスとのバトルであること、従前の「6人制HL」シリーズとの呼び分けから、
通称「高級鞄HL」と呼ばれることが多い。

  • 参戦可能人数:6人
  • 参戦条件:Rank101以上
  • 自発:1日1回制限。AP80と「真なる○のアニマ」1個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★4枠をタッチして選択する。
    対応属性の6人制HL[HIGH LEVEL]を自発してクリア済みであること
    (例:プロメテウスHL(火属性)ならフラム=グラスHL(火属性))
  • アサルトタイム適用外
  • エリクシール使用1回まで可(自発者及び自発者と同じ騎空団に所属している参加者のみ)
     
  • 他の「召喚石マルチ」と同様に、ボスに対応した召喚石の★4上限解放とドロップする素材・武器目当ての討伐が多い。
  • 該当属性のプシュケー、ボスに対応したアニマをドロップ
  • 稀にボスに対応した属性のマグナ武器・オールド武器・ハイグレード武器のドロップあり

基本的にはナタクHL〜オリヴィエHLまでの旧召喚石HLと同じように挑むことになる。
しかし、それらにはない複雑なギミックや厄介なデバフが多いため、全体的な難易度は段違いに高い。
旧召喚石HLと比較すると難易度が跳ね上がっているので、他人任せにして参加することはせず、しっかりとした準備の上で挑むことが必要。

このシリーズは全体を通して特徴が2つある。
1つめは、防御力が従前の6人制HLと比べると低く(マグナボスと同程度?)、体力の割には比較的柔らかい。
2つめは、真の力解放で弱体耐性が跳ね上がる傾向にあり、デバフ全般、特に累積耐性の影響も強く受ける麻痺や魅了の2回目以降はミスしやすい。
総じて厄介な行動が多く、従前の6人制HL以上にプレイヤー同士の緻密な連携が要求される。

十分な連携を取ることができれば、防御力の低さや麻痺が入る関係で全く歯が立たないことは無いだろう。
特に最終上限解放済みの十天衆ソーンによる麻痺+延長効果を活用することで難易度が激変する。

邂逅、黒銀の翼HL(プロトバハムートHL)<バハムートウェポンをフツルス化したい>

  • 参戦可能人数:18人
  • 自発:1日1回制限。AP90と「バハムートの角」1個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★5枠をタッチして選択する
    「邂逅、黒銀の翼」(プロトバハムート戦)を自発してクリア済みであること
  • エリクシール使用1回まで可(自発者及び自発者と同じ騎空団に所属している参加者のみ)

18人用だが、6人用HLの上位に位置するマルチ。救援ならばランク101以上であれば参加はできる・・・が、
Rank101に上がりたてでは全く戦力にならない高難度。
終盤は常時ダメージカットをしないと瞬殺されるほどの理不尽な火力を持つため、武器はもちろんダメージカット用の召喚石も準備する必要がある。
通常のドロップ以外にディールが発生する。自発者と同じ騎空団に所属している場合のみ参加可能。

  • バハムートウェポンのフツルス化に必要となる「バハムートの紫電角」をドロップする。
  • バハムートの角、バハムート武器もドロップする
  • 赤箱から稀に「ヒヒイロカネ」も出る

■闇鍋参加の最低条件

「放置しない」「最後まで戦えるカット手段がある」「最低限の装備を整える」だけを指定している →18人プロバハHL募集板/救援ID募集の闇鍋
条件は緩いがプロトバハムートHLは自発者がおいしいため、人がそれほど入ってこないので注意。
最低限の装備:光マグナ3凸編成+メイン用武器(四天刃・真等)+3凸闇鞄+アテナorかばう(ホリセ)。シュヴァリエソード・マグナは武勲で確実に手に入る1本で良いが4凸必須。

■闇鍋以外の参加目安

光属性の★3マグナ編成完成〜★4への移行段階以上が目安。
戦力として貢献したいのであれば光マグナ★4完成を強く推奨します。
Rankとしては120〜130辺りを最低戦力ととらえている場合が多く、マルチルームではそれくらいのランク以上の制限が多いです。
(立ち回りさえ分かればよいという心が広いプレイヤーは闇鍋に多く、それ以外には少ない)
「最後まで戦えるカット手段がある」「とにかく死なない」のは当然として立ち回りを理解して「特に危険がないときはしっかり火力を出す」ことが重要です。

初挑戦の人にはスパルタ枠が推奨されています。
「ファランクスつかいます」(チャット定型文)→stamp19.png(スタンプ)
で、他人とファランクスがカブらないように配慮します。予め6人HLで慣れておきましょう。

とは言え、最近は麻痺→延長によりHP50%以下を一気に駆け抜ける場合も多いです。

※自発素材のバハ角の価値の低さに対して、赤箱からのヒヒイロカネドロップ率がが約1%と高いため自発者の供給過多になりがち
 自発者側で麻痺延長を用意しておかないと参加者を集めるのに30分以上かかることもままある

■上級者目線
上級者になり討伐を何回も行うとバハムートの紫電角は有り余っているため、参戦の目標が変わります。

神撃、究極の竜HL(アルティメットバハムートHL)

  • 参戦可能人数:6人
  • 自発:1日1回制限。AP100と「星の欠片」1個を消費。共闘ロビーでは、HIGH LEVELの★6枠をタッチして選択する。
    「神撃、究極の竜」(アルティメットバハムートNORMAL)を自発してクリア済みであること
  • エリクシール使用不可
     
  • オメガユニットを入手しやすい
  • 銀天の輝き、ダマスカス磁性粒子、究竟の証のドロップあり。
  • 稀にヒヒイロカネのドロップもあり。

現状最難関のクエスト。非常に難易度が高く、参戦者全員に高い理解と装備が求められる。
Rank130に上がりたてでは全く戦力にならない。

■初参加目安

●Rank
全体HPupが取得可能な155以上必須
全体HPupIIが取得可能な185以上推奨
●キャラ
かばう(主人公不可) or 敵対心UPキャラ1人以上
●HP
主人公30000以上、仲間25000以上
●召喚石
メイン×サポート:神石×神石or属性130(140)石
サブ石:トール、アテナ
  • 全体的に火力が高く低HPではとても耐えられない。特にシリウス(無属性割合30%ダメージ4発)が非常に厄介で、低HPだとその後が壊滅的になる。
    HP確保のため、参戦ランクは主人公のリミットボーナスで「全体HPup」を取得できるRank155以上必須、「全体HPupII」を取得できる185以上を推奨される。
    慣れて立ち回れるようになれば、かばう持ちで攻撃を吸って使い捨ての盾にするなどが出来るため要求HPは大分下がる。
  • HIGH LEVELマルチバトル攻略法/アルティメットバハムートHLの完全理解
    「天地鳴動」を1人が発動させた時点で参戦者が全員強制即死のほか、デバフリセットが多数あり、ミスると盛大に足を引っ張る

練習部屋目安

特に条件は無い。
失敗前提で成功したらラッキーくらいなので、動きを練習させてもらうために活用しよう。
アルバハHLは慣れがとにかく重要なので、何回か練習してコツをつかもう。

コメントフォーム


ミラーサーバーでは書き込みはできません。書き込みをするには、このリンクを押してマスターサーバーに移動してください。

コメントはありません。 コメント/HIGH LEVELマルチバトル攻略法


TOPに戻る


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-24 (木) 14:38:36