共闘について | Normal攻略 | Hard攻略 | Extra攻略


共闘とは

解禁条件:Rank 10 以上
当初は「共闘クエスト」と呼ばれていたコンテンツ。
ルームを作成し、参加したメンバーまたは1人でクエストに挑戦する。
現在はマルチバトルのルーム機能が追加され、
共闘(従来の共闘クエスト)」タブと「マルチバトル(のルーム) 」タブとの2つで構成されている。

以下は主に「共闘(従来の共闘クエスト)」についての説明を行い、その後「マルチバトル(のルーム) 」についても軽く触れておく。
読むのが面倒でも、「暗黙の了解・不文律」「共闘のメリット」は目を通しておきたい。




自発について

共闘は自発者しか消費がない仕様上、
自発であれば多少の失敗許されるので、物怖じせず自発してみよう。
ストレートに言って、「自分が思ってるほど、他人は自発者に興味なんかない」し「APタダでやれるうっほぉぉぉい」ぐらいにしか思ってないぞ。

むしろ上級者は、1回攻撃ボタンを押しただけで敵が消し飛んでしまうので、いつ攻撃しようと悩んでるぐらいだ。

共闘−「共闘」(従来の共闘クエスト)概要

ルームを作成し、自分1人〜最大4人のメンバーで専用のクエストに挑戦する。
クエストにはNORMALHARDEXTRAの3つのSTAGEがある。
今では上級者が一瞬で吹き飛ばしてしまうが、対策を講じないまま挑むとクリア不可能になるSTAGEも存在するので禁止行動の早見表を見ながら挑もう。

参加方法は、自分でルームを作成するか、他プレイヤーの作成したルームに入れてもらうかの2択。
他の人が作成したルームに参加する場合は、「共闘」タブのクエスト画面右下の「ルームを探す」から

  • 直接ルームIDを入力して参加する。ルームIDに大文字・小文字、全角、半角の区別はない。
  • 募集リストから選択して参加する。

ルームの作成

クリア済みのクエストに挑戦する場合は、対象のクエストを表示し「募集する」をタッチすると、募集画面が開く。
未クリアのクエストに挑戦する、または先に仲間が集まっている場合などは、「共闘」タブの左下「ルームを作成する」で先にルームを作成することも可能

ルームの制限時間は1時間。超過すると強制解散。
戦闘中に制限時間を超えた場合はその戦闘終了まで。

ルーム作成時に「募集を騎空団チャットに投稿する」と「募集リストに掲載する」の両方を非点灯状態にすると、ルームIDを直接入力する以外では誰も入ってこれないルームとなる。
1人きりで共闘バトルを行いたい時や、特定の相手にルームIDを伝えて身内だけで戦いたい時などに活用しよう。

ルームを作成した人の権限

ルームを作成した人がルームオーナーとなり、以下はルームオーナーのみが行える。

  • ルーム情報の変更 ルーム説明文の変更・途中退出者があった場合の再募集等。
  • ルームメンバーの強制退出 メンバーの画面の下にある「強制退出」ボタンをタッチして、退出させたいメンバーを選ぶ。
  • ルームの解散 右下の「解散」をクリックするとルームを解散できる。

仲間を集める方法

所属騎空団の団員に来てもらいたい場合:
「騎空団チャットに掲載する」を点灯状態にする。
騎空団チャットに自動でコメントが送信され、団員はそのコメントにタッチするとルームに入室できる。

誰でもいいから来てもらいたい場合:
コメント欄にルームの目的をはっきり書き、「募集リストに掲載する」を点灯状態にする。
「どのクエストに」「何回挑戦」という情報を具体的に書いた方が参加者は来やすい。
募集リストに表示されるコメントは全角17文字まで。それより長いと「…」で省略される。

  • 人が来やすい例「H1-1を2回」、「サジタリウス周回」、「デイリー 2回」、「パンデモ4層一周 主弱」、「岩爆順貼り1時間」など
  • 人が来にくい例「手伝ってください」、「初心者です」、「たすけて」、何も書かないなど
    特定ステージのみを探している人、高難易度のクエストへ行きたくない人、2〜3戦だけ参加希望の人には内容が曖昧だと敬遠される。
  • クエストを選んで「参加する」が実装されたため、デイリー対象などは何も書かなくても人が入ってくるようになった。
    ただし、不親切であることに変わりない。

再募集したい場合:
一度ルームに4人が入り枠が埋まると募集リストには表示されなくなる
途中退出などがあって再募集を行う場合は、ルームオーナーが以下の手順をふむことで募集リストに再掲載することができる。

ルーム情報確認画面を表示(中央あたりにあるルームIDが書かれている部分をタッチする)
  ↓
募集リストの欄の「掲載しない」を「掲載する」に変更する

「参加する」機能を使って目的のクエスト以外は即抜け、というプレイヤーも多いので、1回ごとに別々のクエストを攻略していく場合は頻繁に再掲載した方が良い

ゲーム中の「騎空団チャット」「募集リスト」に投稿する以外の方法:
ルームIDを入力して入室してもらう形になる。募集の投稿には「どのクエストに」「何回挑戦」「ルームID」を明記しよう。

  • TwitterやLINEで募集
  • 本Wikiの共闘募集板
  • 公式サークルの共闘募集トピ
  • 2chの共闘募集スレ

参加する

参加する方法は以下の通り。

  • クエストを選んで「参加する」を押す → 任意のルームへ入る(特定クエストのルームのみ表示)
  • やや下にある「ルームを探す」を押す → 任意のルームへ入る(クエストは選べない)
  • やや下にある「ルームを探す」を押す → ルームIDを直接入力

なお、共闘EXのRank制限は自発者のみにかかる。
身内でプレイする場合、ルームIDを教えて貰うことで、Rank未到達のクエストを開始・周回することが可能。
ただし、自発可能でないのでクリア扱いにはならない。
(例:Rank120未満でパンデモニウム最終層へ挑み、アイテム等を得ることができるが、Clearマークはつかない)

クエストの開始

Normal、Hard、Extraからクエストを1つ選択する。
ルーム作成時に先にクエストを選んでいる場合は、選んだクエストが表示されていることを確認しよう。
クエストは、ルームオーナー(ルームを作成した人)以外の参加者も設定(自発)することができる。

「共闘」でAPを消費するのはクエストを選択した自発者のみ。
クエスト自発者以外の参加者はAPを消費しないが、クエストをクリアしたことになる。(自発可能Rankに達していないExtraクエストを除く

  • 共闘クエスト専用アイテムの効果はそのルームを解散するまで。
    使用する場合は、ルームを作成した直後、クエストの開始前に。クエスト挑戦中には使用できないので注意。
  • 騎空団のアサルトタイムは奥義ゲージのみ適用されない。
    騎空団サポートとアサルトタイムの獲得EXP・ルピ増加は適用される。
    共闘クエスト専用アイテム、軌跡の雫と重ねても効果があるので活用しよう。

参加者の全員が編成を終え「準備OK」をタッチすると、自発者には「開始」ボタンが表示される。
「開始」をタッチするとクエストが開始される。

全滅すると「撤退」の代わりに「離脱」を選ぶことができるが、これを選ぶとルームから退出することになる。
ルームオーナーが離脱した場合は、バトル終了と同時にそのルームは解散となる。

目的のクエストがすべて終了したら、
ルームオーナーは、右下の「解散」をクリックするとルームを解散できる。
ルームオーナー以外の参加者は、右下の「退出」をクリックするとそのルームから退出することができる。

編成の変更

共闘ルーム入室後に編成を変える場合は「クエスト準備」ボタンから変更。ルーム外の編成画面からパーティを変えても共闘には反映されない。

サポーター召喚石は、共闘に参加した他メンバーの設定したものから選択となる。

  • サポーター召喚石を選択した後に選択した石の所有者が退出した場合は、全員準備OKの表示が出ていてもクエスト開始できなくなる。
    誰かが退出した場合はサポーター召喚石の設定を再確認しよう。
  • 1人の場合もクエスト開始は可能だが、サポーター召喚石がない状態で戦うことになる。

暗黙の了解・不文律

  • 共闘クエストではコメント欄に特に何も書いていない限り、ルームオーナーがクエストを自発するのが一般的。
    したがって他人の立てたルームに参加すると、APもBPも消費せずにバトルに参加できて、ドロップアイテムや経験値を獲得したり、共闘クエストデイリーミッションの条件を満たすことができる。
    • 周回などでAPをルームオーナー以外にも負担してもらう場合は、部屋名に「順貼り」「15分ごと」などのコメントが添えられている。
      「順貼り」は、クエスト1回ごとにプレイヤー1→プレイヤー2→プレイヤー3・・・と順番にクエストを貼る(=クエストを自発する)形。
      「時間ごと」は、15分ごとであれば、最初の15分はプレイヤー1が自発、次の15分はプレイヤー2が自発、と時間を区切って分担する形。
  • ルームオーナー以外の参加者は大きなメリットが受けられるが、それゆえに募集リストに表示されたルームはすぐに満員になってしまう。
    あきらめずに何度も入室を試みよう。
    最近は1人でクエスト進行することが可能になったため、一覧の募集はかなり減少している。
  • 他の参戦者の迷惑になるので瞬殺は厳禁である。全員が少なくとも1回殴れるだけの時間的余裕を与えることが望ましい
  • 貢献度がゼロの参戦者はクエストをクリアしたと判定されず、ドロップ報酬やEXP・RPも獲得できないため
  • 入室・退室時などのチャットスタンプによる挨拶は、やってもやらなくても良い
    (挨拶をしなかったくらいで気分を害するようなプレイヤーはごく稀である)
  • ルームに「120↑」と書かれていたなら、Rank120以上を求めているということである。(システム的に90制限までしかできないため。)
    (稀だが)↓で書かれていたらそのRank以下を募集している。
  • チャットでスパ(スパルタの略)のようにジョブを示したり、
    ト 50(トールを50%で撃つ係をやるの略)のような略語が使われることもある。

共闘のメリット

  • デイリーミッションをクリアすることで得られる「ミッションポイント(MP)」で、レジェンドガチャチケットなど多数の報酬と交換できる。
  • デイリーミッションを3つともクリアすると、入手手段が少ない「碧空の結晶」を入手できる。
  • 大量の換金用アイテムが手に入るので、最も効率が良いルピ稼ぎの場である。
  • やり方次第では、数十分~1時間で大量のEXPやRPを稼ぐことができる(俗に「スラ爆」「◯◯爆」などと呼ばれる)。
  • エリクシールハーフ、ソウルシード等の回復アイテムも比較的多く入手できる。
  • ジョブ獲得に必要な「戦士の信念」と「魔導士の信念」を、最も効率よく入手できる場である。(EXステージのみ)
  • 英雄武器の「エンブレム」を作成するために必要な「アスタロトのアニマ」を入手できる唯一の場である。
  • 他人の立てたルームに入った場合、上記の恩恵をAP・BPを消費せずに受けられるので、完全に丸儲けとなる。

デイリーミッション

日替わりで設定されるミッション。自発・参加を問わず、対象のミッションをクリアすればOK。
毎朝5:00に切り替わる。

達成報酬
ミッションを1つ達成するごとに、「ミッションポイント」を1ポイント獲得できる。ミッションポイントは指定のアイテムと交換可能。
1日に出題された3つのミッションを全て達成すると、コンプリート報酬として「碧空の結晶」×1を獲得できる。

出題内容
デイリーミッションは毎日3つ出題され、出題内容は全プレイヤー共通

  • 「共闘クエストで5回勝利する」が毎日1つ固定。
  • 「(クエスト名)を1回クリアする」「(トレジャー名)を○個獲得する」「(共闘専用アイテム)を○回使用する」から2つ。
    「1回クリア」の対象クエストはNormalステージとHardステージから選択されるため、Hardステージをクリアしていないプレイヤーに未クリアのクエストが出題される場合もある。

出題内容・達成状況の確認
画面上部の丸いアイコンまたは画面下部の「ミッション」をタッチすると、本日のデイリーミッションの出題内容と達成状況が表示される。

  • 「(クエスト名)を1回クリアする」の画像部分をタッチすると、そのクエストをすぐ設定できる
    別のクエストが設定されている場合は取り下げ選択ができる。取り下げた後に再度画像をタッチすると良い。
  • 「(共闘専用アイテム名)を◯回使用する」の画像部分をタッチすると、そのアイテムをすぐ使用できる。
  • 「(トレジャー名)を◯個獲得する」の画像部分をタッチすると、どこで手に入るのか表示される。

共闘専用トレジャー

共闘でドロップする以下のトレジャーは共闘専用となっており、通常のクエストやマルチバトルでドロップするものとは異なる。
それぞれ入手できるステージが異なり、集めたトレジャーは

  • 共闘クエスト専用アイテム」との交換に用いる(幽光の岩、赤銅の古紋以外)。
  • 売却してルピを入手することができる [ショップ]→[トレジャー交換]→[トレジャー売却]から売却可能。
    (「赤銅の古紋」→50ルピ、「白銀の古紋」→300ルピ、「黄金の古紋」→1000ルピ、「雄風の葉」「烈火の岩石」「麗水の珊瑚」「豊沃の琥珀」→各5000ルピ)
入手できるステージトレジャー名
(木箱ドロップ)
トレジャー名
(銀箱ドロップ)
トレジャー名
(金箱ドロップ)
Stage 1 (Nomal/Hard)k20041.jpg 幽光の羽k20042.jpg 泡影の風羽k20141.jpg 雄風の葉
Stage 2 (Nomal/Hard)k20011.jpg 幽光の砂k20012.jpg 泡影の火砂k20111.jpg 烈火の岩石
Stage 3 (Nomal/Hard)k20021.jpg 幽光の水k20022.jpg 泡影の水流k20121.jpg 麗水の珊瑚
Stage 4 (Nomal/Hard)k20031.jpg 幽光の岩k20032.jpg 泡影の岩砂k20131.jpg 豊沃の琥珀
どこでもk20001.jpg 赤銅の古紋k20002.jpg 白銀の古紋k20003.jpg 黄金の古紋

ミッションポイント報酬

デイリーミッション達成で獲得できる「ミッションポイント(MP)」と交換できる報酬。
全33種、63個。 全16種、40個。
ちなみにミッションポイントは500以上貯めることができる。

在庫数は、一覧にある報酬をすべて交換し終わるとリセットされて全復活する。
つまり、毎日ミッションコンプリートしていれば、(63 ÷ 3 = 21日)(40 ÷ 3 = 13.33日)ごとに全ての報酬を獲得しリセットを行える。

アイテム名必要
MP
在庫アイテム名必要
MP
在庫アイテム名必要
MP
在庫
20011.jpg レジェンドガチャチケット111333_.jpg アース・ジーン121030099000s.jpg アークエンジェルソード11
jp.jpg 10JP151343_.jpg ウインド・ジーン121030199000s.jpg アークエンジェルナイフ11
lupi.jpg 10000ルピ131353_.jpg ホーリー・ジーン121030299000s.jpg アークエンジェルスピア11
recovery1.jpg エリクシール131363_.jpg ダーク・ジーン121030399000s.jpg アークエンジェルアックス11
recovery3.jpg ソウルパウダー131111_.jpg 赤竜鱗121030499000s.jpg アークエンジェルワンド11
18.jpg ティアマトのマグナアニマ131121_.jpg 青竜鱗121030599000s.jpg アークエンジェルガン11
19.jpg コロッサスのマグナアニマ131131_.jpg 地竜鱗121030699000s.jpg アークエンジェルナックル11
20.jpg リヴァイアサンのマグナアニマ131141_.jpg 風竜鱗121030799000s.jpg アークエンジェルボウ11
21.jpg ユグドラシルのマグナアニマ131151_.jpg 白竜鱗121030899000s.jpg アークエンジェルハープ11
1313_.jpg ファイア・ジーン121161_.jpg 黒竜鱗121030999000s.jpg 大天司刀11
1323_.jpg アクア・ジーン121039900000s.jpg デビルエレメント112030017000s.jpg アークエンジェル11

共闘クエスト専用アイテム

共闘で用いるアイテムはすべて共闘専用となっており、通常のクエストやマルチバトルで用いるものとは異なる。
入手方法は共闘専用トレジャーとのトレジャー交換。交換個数の異なる複数パターンから選択可能。
トレジャー交換は以下の2箇所から行える。

  1. [ショップ]→[トレジャー交換]→[アイテム・装備]→共闘クエスト専用アイテム
  2. 共闘のルームで 「アイテム」タブをタッチ→[トレジャー交換]
アイテム名説明入手方法(以下トレジャーと交換)
1個3個5個
c1.jpg ポーションキットバトル開始時オールポーションを入手
(1個 最大:4個まで持ち込み可)
幽光の水×2
幽光の羽×1
泡影の岩砂×3
泡影の水流×3
泡影の水流×2
泡影の風羽×1
c2.jpg 鍛錬の巻獲得Rankポイント10%UP 最大100%UP
(最大:10個使用)
幽光の羽×5
幽光の砂×5
泡影の岩砂×3
泡影の火砂×3
泡影の水流×2
幽光の羽×5
幽光の砂×5
c3.jpg 修練の巻獲得ジョブEXP10%UP 最大100%UP
(最大:10個使用。キャラの経験値にも反映される)
幽光の水×5
幽光の砂×5
白銀の古紋×1
泡影の岩砂×4
泡影の水流×4
泡影の風羽×2
幽光の水×5
幽光の砂×5
c4.jpg 胆力の薬バトル開始時奥義ゲージ+10% 最大100%
(最大:10個使用。騎空団サポートの奥義ゲージUPがある場合は7個でよい)
白銀の古紋×1
泡影の水流×3
泡影の火砂×3
泡影の風羽×3
黄金の古紋×1
泡影の岩砂×6
泡影の風羽×6
c5.jpg 再生の妙薬バトル開始時再生の妙薬を1個入手 復活時HP10% 最大100%
(最大:10個使用)
黄金の古紋×1
泡影の水流×5
泡影の火砂×5
黄金の古紋×1
泡影の岩砂×6
泡影の風羽×6
c6.jpg 闘気の種実攻撃力が2%UP 最大20%UP
(最大:10個使用)
泡影の火砂×2
幽光の砂×5
豊沃の琥珀×1
泡影の水流×1
幽光の羽×2
烈火の岩石×1
泡影の火砂×2
幽光の砂×5
c7.jpg 強健の種実HPが2%UP 最大20%UP
(最大:10個使用)
泡影の水流×2
幽光の水×5
豊沃の琥珀×1
泡影の風羽×1
幽光の砂×2
麗水の珊瑚×1
泡影の水流×2
幽光の水×5
c8.jpg 風見鶏の羽トレジャーハント効果Lv1を得る 最大Lv9
(最大:9個使用)
泡影の風羽×2
幽光の羽×5
豊沃の琥珀×1
泡影の風羽×1
幽光の砂×2
雄風の葉×1
泡影の風羽×2
幽光の羽×5

禁止行動の早見表

やると詰みかねない行動の早見表

Normal

強い人の攻撃一発で敵が死にかねない。あまり気にする必要なし。

ステージ行動備考
1-1グラビティ強い人が入れば気にしなくてよい
1-2不明
1-3-
1-4-
2-1
2-2DA/TAバフ
2-3特殊技(CT MAX)
2-4-
3-1-
3-2-
3-3
3-4-
4-1各種デバフ?
4-2-
4-3-
4-4-

Hard

行動によって時間がかかってしまうステージがある。注意したい。

ステージ行動備考
1-1攻・防バフ強い人が入れば気にしなくてよい
1-2-
1-3-
1-4-
2-1-
2-2灼熱・腐敗やると面倒なことになる
2-3攻バフ強い人が入れば気にしなくてよい
2-4-
3-1攻防デバフやると面倒なことになる
3-2攻バフ/DA・TAデバフ強い人が入れば気にしなくてよい
3-3-
3-4-
4-1-
4-2攻防バフ/TAバフやると面倒なことになる
4-3-強い人が入れば気にしなくてよい
4-4-

Extra

2層までは詰みかねない。それ以降は純粋に戦力での戦い。

ステージ行動備考
1-1--
1-2火耐性バフ/一部デバフ
1-3-
1-4グラビティ
1-5弱体耐性UP/弱体無効
2-1ディスペル必ず該当ページをよく読め
2-2--
2-3-
2-4-
3-1--
3-2--
3-3-
3-4-
4-1攻バフ-
4-2-
4-3-
4-4-
4-5-
5-1--
5-2-
5-3-
5-4-
6-1該当ページ
6-2該当ページ

共闘−「マルチバトル」概要

通称「マルチバトルロビー」。
マルチバトルを行うために、ルームを作成し自分1人〜最大30人のメンバーで挑戦することができるようになった。
入室後も基本的に従来の共闘と同じだが、以下の点が異なる。

ルーム作成時の注意点

[共闘] → [マルチバトル](タブ) → [ルームを作成] でルームの作成画面が開く。
挑戦するマルチバトルは、ルーム作成時の設定で選択肢を絞る → ルーム作成後に選択枠からひとつ設定 の2段階選択で選ぶ。

ルーム作成時に設定する以下の項目は従来の共闘と異なるので注意!

「NORMAL」「HIGH LEVEL」の設定
[NORMAL][HIGH LEVEL]の2つのグループからどちらか一方を選ぶ。
[NORMAL]と[HIGH LEVEL]で選べるマルチバトルが異なる。ルーム作成後には変更できないので注意。
選べるマルチバトルの種類についてはマルチバトル一覧を参照
連続クエスト設定
連続クエストを設定すると、入室時に参加者から自発用のAP/必要アイテムを徴収するルームとなる。
連戦(参戦者が1人1回ずつ自発し、人数と同じ回数連続で同じマルチバトルを行う)時の寄生を防止できる。
・一度もバトルの討伐を成功させていない状態で部屋から退出した場合、
 消費したAPと必要アイテム(自発素材)は返却されて、自発素材は無期限のプレゼントボックスに入る
 (「バトルを開始せずにオーナーが部屋を解散した」「バトルの開始前に自分で退出した・オーナーによって強制退出させられた」「初回のバトルが討伐失敗しそうなので諦めて退出した」場合などが該当)。
 しかし自発/救援にかかわらず、参戦したバトルが1回でも討伐成功していた場合は、APと自発素材は返却されない。
・途中退出したり強制退出させられると、残り自発可能回数も減ってしまう(以前は減らなかったが2018年3月に修正された)。
・途中退出や強制退出によって部屋の人数が減った場合、追加補充は不可。通常通りの救援を出すことはできる。
参戦人数
設定した人数に合ったマルチバトルのみ選択できる。ルーム作成後にルーム情報の変更で人数を増やすことはできるが、減らすことはできない。
30人マルチを18人部屋でプレイ、といったこともできない。
バトル開始承認
「承認あり」にすると、開始時に確認が行われ、全員が同意しないとバトルが始まらない。
「承認なし」にすると、クエスト権を持つ人が開始すると即スタートするため、途中で編成を変更するなどしている間に開始して討伐が進んでしまうこともある。
30人マルチの場合は「承認なし」を強く推奨する。参戦者が多いのでスタートトリガーは自発者1人にした方がトラブルは少ない。
30人(あるいは規定人数)そろってから7〜10秒後くらいに開始しよう。
プロフィール公開設定の制限
「非公開を禁止する」に設定すると、プロフィール公開設定を「全体に公開する」にしていない人は入室できなくなる。

その他の注意点

  • マルチバトルのルームの制限時間は初期設定で120分。
  • アサルトタイムやAPBP半額期間等は、共闘ルームが混み合って、募集一覧に投稿した募集がすぐ次ページ以降に流されやすくなる。
    あまり後ろの方に流されてしまうと、マルチバトルルームを探しに来た人に気づかれないまま規定人数がそろわずに時間が過ぎていく→
    しびれを切らして参戦者退出→後ろの方まで見に来た人が入室→しかし規定人衆がそろわない→また誰かが退出…
    …というぐだぐだな悪循環になりやすいので、混み合う時は、「再募集したい場合」の募集リストへの再掲載 を十数秒間隔で何度も行うと良い。
    こうする事で見に来た人に発見されやすくなり、集まる時間が早くなる。
  • ルームオーナー以外もマルチバトルを自発することができるが、クエスト権(自発権)の変更はルームオーナーのみが行える。
    ルーム画面下の「クエスト権」から変更したいメンバーをタッチすると変更できる。
  • 自発者以外の参加者は、通常のマルチバトルと同様にBPを消費する。
  • 参戦者の強制退出を行う場合は、ルームオーナーが「強制退出」をタッチ→ルームにいるほかの参戦者の過半数の承認 で強制退出となる。
  • 共闘とは異なり、参戦に必要なRankを満たさないと「参加」でもクエストを開始できない。
    例えば身内でマグナ2HLルームを立てる場合、部屋に120制限をかけないと混乱する可能性がある。
  • これからのグランブルーファンタジー 2018年4月号」において、
    あらかじめ提示していない理由で参加者を強制退室させるなど、利己的に強制退室機能を濫用することは迷惑行為であり、
    悪質なものに対しては違反行為の措置を実施すると明言された。くれぐれも気をつけたい。

ルーム用語

・以下はルームによく書いてある条件、ルームの環境。
・掲示されているに従わないとキックされても文句は言えない。逆に掲示されている条件以外でのキックは迷惑行為。

ルームの参加者募集時

  • 「N〇-〇」「H〇-〇」「E〇-〇」(〇は数字)「アスタロト」「匙」etc
    共闘において、どこのステージに入るかを明記したもの。もしくはボスの名称・略称を記載している。
    共闘のシステム的に、「ステージを指定してそのルームを選択する方法」「全ての立っているルームから選択する方法」がある。
    後者の選び方をするプレイヤーには、共闘ルームがどこに挑もうとしているのか分からない。
  • 「〇(数字)↑」「〇up」「〇以上」
    その数字以上のプレイヤーしか入るなという意味。システム的指定だと150までしか制限不可なため、それ以上のプレイヤーを集めたい場合に使われる。

    ルームが「Rank180↑」などとしていても、自発者自体はRank180を下回っているケースは散見される。
    むしろRank指定が低いと上級者があつまらずグダグダになりやすく、かえって上級者に嫌われる。自分が下回っているからと言って物怖じしない方が良い。*1
    ルーム条件が満たせなくて周回できない場合、自分でルームを立てるのが速い。*2
  • 「〇(数字)↓」「〇down」「〇以下」
    上とは逆に一定以下のランクの人を集めたいケース。
    これをやることで、MVPを上級者が掻っ攫い続けるというケースは減り、同Rank帯の人間で比較的公平な争いとなる。*3
    とりあえず回数をこなしたい層にはウケが良い一方、ランクが低いため時間がかかりやすくもある
    最悪の場合失敗するので制限はうまくかけること。
  • 「〇↑(団員以外)「〇↑(身内あり)」
    一定ランク指定の中で団員や身内だけは例外とするケースで使われる。
    「身内でやろうとしたけれど足りない分は外部から」という場合がほとんど。

    ルームでは「人数が少ないから入らない→人数が少ない→入りたがらない→人数が少ない…」という悪循環に陥りやすい。
    なので、初期人数を水増しして人を集めやすくするという効果もある。
  • 「〇連」
    その名の通り、〇回マルチを行う。
  • 「気長に待ちます」「待ちます」
    募集に時間がかかってもルームを崩壊させずに気長に待つという宣言。
    地味に有効で、人が出ていきにくくなりルームが成立しやすくなる。
  • 「麻痺延長」「喪失」
    最終上限解放したソーン (SSR)の麻痺をかけて延長して一気に倒す、という宣言。
    麻痺で敵を動けなくして倒すため難易度が格段に下がり楽なので、書いた方が人が集まりやすい。同様に、「喪失」は最終上限解放したカトルのアビリティで喪失デバフを狙いますということ。
    もっとも、持ってないのに書くと通報されかねない。
  • 「セージ×」「ダンサー×」
    書かれているジョブの人は入らないでくださいということ。
    基本的に背水を利用して殴り続けるルームでは、セージの回復はご法度となる。
    ダンサーに限らず、MVPを掻っ攫い続けるジョブは嫌われがちのため禁止されているケースがある。
  • 「フレア」「ブリザード」
    フィールド効果を張るという意味。基本的に周回が速くなる。(ただし味方の被ダメージも増えるので上級者向き)
  • 「自発放置」「練習部屋」
    「自発放置」は自発だけしてあとは何もしないで好きに殴ってくださいと放置している部屋、
    「練習部屋」は高難易度のマルチで初心者や慣れていないプレイヤーが立ち回りの練習用で立てる部屋。
    どちらにしても自発者は失敗上等、クリア出来たらラッキーぐらいにしか思ってない。ありがたく練習させて貰おう。
  • 「自発放置募集」
    上級者が集まり、「俺たちが倒してあげるから自発だけしてくれ」という意味。
    主に身内だけで自発できる回数を超えてプレイしたい場合に使われる。
    初心者にとって実力以上のコンテンツを楽にクリアできる、ありがたいルームでもある。

ルーム内

アルティメットバハムートHL

  • 「10」「30」「70」「ト」
    トールをHP〇%で使うという意味。
    アルティメットバハムートHLで使われることが殆どだが、アーカーシャやアスタロトでも稀にみられる。
    なお初期はスパルタ・セージなどのジョブも表していたり、テュポーン持ちも示していたため、以下のような長い略語が飛び交っていた。
     「セト70」 (セージでトールを70%で使用)
     「スト10テ」 (スパルタでトールを10%で使用+テュポーンあり)

ルシファーH

「属性+数字(1〜11)」
試練の何番を担当するよ、の意味。

アップデート履歴

2018/5/21
共闘マルチバトルロビーにおいて、島HARDを選択リストから削除
2018/2/22
・「Extra」 パンデモニウム 第5階層(Rank100以上)、最終階層(Rank120以上)を追加。
 第5階層以降で、ジョブ専用武器の新たな解放に必要なトレジャーをドロップする。
+ 過去のアップデート履歴

コメントフォーム


ミラーサーバーでは書き込みはできません。書き込みをするには、このリンクを押してマスターサーバーに移動してください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 共闘が怖いという感覚が全くわからないんだけど -- {tpw/xLGdC3Q} 2019-04-29 (月) 14:06:46
  • 迷惑をかけないか? タブーを知らずにやって怒られるかもしれないという不安感。 すっげー分かる。 まぁ、動画なんかで詳しい説明もあるから、調べて学習すればいいだけの話だが。 -- {5LZkJBRP8Uw} 2019-04-29 (月) 15:50:36
  • Exジョブ欲しいとか、初クリアしたいですとかコメントに書いておくとみんなわかってくれるから不手際でも叩かないよ -- {WaoilfREoAQ} 2019-04-30 (火) 00:38:19
  • 共闘の趣旨とずれるんだろうど、募集対象・目的に「AP出すので倒してください」てそのままずばりの選択肢が欲しいっす -- {rhSe8feAvwU} 2019-05-01 (水) 00:03:30
  • 木村自ら「共闘しなくてもクラス4取れるようにしたので攻略wikiにそう書いて」と言い出したな
    共闘が怖くてクラス4を諦める勢、けっこう多かったんだろうな -- {v5/CQpHHqkU} 2019-05-01 (水) 16:58:09
  • 俺は共闘のデビューはランク140越えてから。
    周り全員ランク下なのに、俺が1番びびってるw -- {ZnS0SKJeywg} 2019-05-16 (木) 14:53:15
  • 何を怖がっているっ!初心者宣言してAP負担してくれるだけでこっちはうま味しかないからどんどん募集してください -- {TpuP49TZkmg} 2019-05-18 (土) 13:34:48
  • 蹴るのはいいんだけど、条件をコメに書いといてくれないかな。互いに手間だし -- {9k2oJLtMUJs} 2019-06-08 (土) 19:28:09
  • ランク180とかでも武器とかアイテム欲しいから自発してくれる人は大歓迎。ランク低くてもどんどんチャレンジして欲しい。ただ2-3みたいにステージ書いてくれると助かる。 -- {rlF4wFFNthU} 2019-06-08 (土) 21:36:47
  • 共闘で間違えて人呼んじゃったんだけど解散が押せなかった、退出してくれたら押せるようになったけど何で? -- {PPHD0twceqo} 2019-11-26 (火) 00:52:33

TOPに戻る


*1 当たり前だが、Rank180の人から見たら170募集より180募集の方が成功率が高くて選びやすいのである
*2 なお下回っている人はちゃんとキックしないと、出て行ってしまうプレイヤーもいる。中にはランクを満たしていない人を最後までキックせずに人数を水増しし人を集めやすくしておき、最後にまとめてキックするプレイヤーもいる。ルームの条件はよく読むこと。
*3 中には自発者自体はそのランクを越えていて、MVPを取り続けるというものもあるが。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-28 (金) 21:33:45