ジョブ概要 | おすすめジョブ | ジョブ一覧

各種ジョブ詳細Class.I / Class.II / Class.III / Class.IV / EXTRA / EXTRAII

このページでは、クラス4(Class.IV)ジョブのデータを一覧表示しております。
ジョブ評価欄は、執筆したユーザー様の主観が含まれますので、
あくまでジョブを決める上での「参考」としてください。



凡例

赤色攻撃
緑色回復
青色敵にステータス効果を付与
黄色味方にステータス効果を付与
紫色フィールド効果
EXEXアビリティ

ジョブクラス4解放までの手順

クラス3までのジョブの上位となるクラスだが、取得条件がこれまでとは異なる。
どれでもいいのでジョブ専用武器を1つ属性変更まで強化するザンクティンゼルにクエスト「受け継がれる意思」が出現する。

※ジョブ専用武器属性変更までの手順は、武器概要/ジョブ専用武器ページを参照しよう。
また、ジョブ専用武器は、十数種類あり、ショップでどれを選んでいいか悩んだら、
当wikiの武器評価/ジョブ専用武器評価を参考にしてほしい。

選択しているジョブによって内容が異なりこのクエストの主人公ソロでのバトルに勝利すると獲得できる称号と、ジョブ系統の証20個が必要となる。
作ったジョブ専用武器によって解放されるクラスIVが決まるのではなく、このクエストをどのジョブ系統でクリアしたかが解放条件。
一度クエストを出せば消えることなく出続けるので以降のクラス4取得においてジョブ専用武器を作る必要性は無い。

難しいのは、ジョブ専用武器属性変更をするまでに必要な「銀天の輝き3個」と「大量の信念」集めになる。

特に銀天の輝きは団内のグランデ戦でディールをシェアできる場合などはさほど難しくはないが、未所属の場合はなかなか骨が折れる。
自発赤箱から銀天の輝きが確定だが、野良救援を頼る場合失敗の確率がそれなりにある点も考慮するべき。
グランデ自発用のトレジャーは、BP1/2キャンペーンなどを利用すれば、そこそこ溜まりやすいだろう。

17年5月よりジョブの証は1枚/日から30枚/月に変更された。
ジョブ専用武器と同じ証を使用するジョブ以外は栄誉の輝きとJPさえ貯まれば即取得ができるように。
現在はグランデの自発赤箱から確定ドロップになったため入手難度は幾分下がったと言えるだろう。さらにショップのトレジャー交換で1か月に3回銀天の輝きが交換可能*1に。
信念は武勲の輝きで交換可能になった。

【追記】マルチバトルルームが実装されてからは、グランデ戦ルームに何度も入ることで「蒼の羽根」を効率よく集められるようになった(とはいえそれなりの時間はかかるが)
また2017年12月より、蒼の羽根→銀天の輝きの交換を月に3回行えるようになったので、その気になればすぐに銀天3個を手に入れることが可能になった、

取得優先度

こちらのページにまとめました。

Class.IV

固定アビリティを1つしか持たない。
その代わりに他の3つの枠がフリー枠となり、EXアビとリミットアビをそれぞれ2つまで、合計3つまでを自由に組み合わせられる事が最大の特徴である。
(EXのみ3つ、リミットのみ3つというセッティングは不可能。状況次第ではあえてクラス3のジョブを使用したほうがいい場合もありえる)
どうあっても1枠はリミットアビにする必要がある故に、リミットアビリティ取得のため大量のリミットポイントが必要なのが難点。(アビリティの必要LBはジョブアビリティのページを要参照)
過程で必要となる素材には、Rank101以上のみが利用できるコンテンツでないと集められないものが存在していることもありハードルは高い。
クラス4実装前は当然のこと、同時実装された各種コンテンツのどれもがクラス3ジョブで十分クリア可能であるが
各ジョブの1アビ、新たに追加されたリミットアビ、強化されたジョブ自体の補正やマスターボーナスの存在、そして何より
自由度の高いアビリティセットにより、大体の場合で下位職よりも柔軟で使いやすく強い場合が多い。

ただし救援に来てくれたクラスIVジョブは「下位職と同じ役割をしてくれるとは限らない」点にだけ注意が必要。
特に外部(団内、マメに話をするフレンド以外)の救援ではMVPを取るための攻撃重視型も多い。
それ故にソウルピルファー、ディスペル、グラビティなどは外されやすく、この傾向が顕著。

基本的に、クラス4ジョブは同系統のクラス3のほぼ上位互換なので(ハウンドドッグは別)、取れるならば取らない手はない。
しかしクラス4が必須であるコンテンツは今のところ存在しない。
(イベント「ゼノ・ウォフマナフ殲滅戦」は、クラス4であるセージになれるか否かで攻略難易度が大きく違っていた)

ベルセルク

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
100301_sw_0_01.png100301_sw_1_01.png剣、斧攻撃Lv1 攻撃力+2000
Lv5 HP+500
Lv10 攻撃力+2000
Lv15 HP+500
Lv20 攻撃力+2000
攻撃力+2%
HP+1%
2500JP
剣闘士の証 ×20
称号:究竟の剣闘士
sd_100301_sw_0_01.pngsd_100301_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ウェポンバーストIII自分が即座に奥義発動可能/攻撃UP/チェインバーストダメージUP5ターン1ターン
リミットアビリティレイジIV参戦者の攻撃UP(大)/味方全体のダメージ上限UP◆奥義ゲージを30%消費5ターン3ターン
アーマーブレイクII敵に自属性ダメージ/防御DOWN5ターン180秒
ランページII自分の連続攻撃確率UP(大)/防御DOWN6ターン3ターン
サポートアビリティ闘争本能ダブルアタック確率UP/最大HPUP
逆襲稀に敵の通常攻撃を回避して反撃
ジョブ説明理屈を超えた戦いの本能から繰り出される猛撃は、立ちふさがる全ての敵をなぎ払う。攻撃タイプのジョブ。

ベルセルクの評価・運用

ファイター・ウォーリア・ウエポンマスター系列の上位職。
ジョブボーナスとサポートアビリティによる攻撃力、DA率の増加が凄まじい。
見た目の通り、圧倒的な火力を手に入れることが出来る。

なんといっても見逃せない長所は、「一人で防御を下限まで落とせる」こと。
所謂「ディープ枠」(片面防御ダウン持ちキャラ)が必須でなくなり、編成の自由度も増す。
EXジョブ「忍者」に続き、まともに防御下限到達可能なジョブとしての長所を持つ。
しかしエリュシオン、ハウンドドッグでも主人公だけで防御下限に落とせるようになったため、防御デバッファーとしては相対的に価値が下がっている。
エリュシオンと異なり、弱体命中率は高くないジョブであることも向かい風。リミットボーナスなどで補おう。

防御デバフ面で遅れを取り一時的に価値が低迷していたものの、
オメガ剣・イフ斧・アヌビス斧などの登場により全体加速や強化手段を獲得し、奥義ダメージ上限引き上げもあり再び価値が向上。
古戦場HELLなど、特に強敵のソロ狩りにおいて全ジョブ中随一の強さを発揮する。
このため、古戦場上位での起用率も非常に高い。
またウエポンバーストIIIや各リミットアビの性能も抜きん出ており、大火力を活かしたマルチにも向く。

アビリティ解説

アビリティ構成

ジョブ専用武器装備時

ベルセルク・オクス編成参照。

スパルタ

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
110301_sw_0_01.png110301_sw_1_01.png剣、槍防御Lv1 防御力+10%
Lv5 HP+750
Lv10 防御力+10%
Lv15 HP+750
Lv20 防御力+10%
防御力+1%
HP+1%
2500JP
守護騎士の証 ×20
称号:究竟の守護騎士
sd_110301_sw_0_01.pngsd_110301_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ファランクスIII参戦者の被ダメージカット(70%)/弱体耐性UP(40%)5ターン1ターン
リミットアビリティシールドワイア敵にスロウ効果/自身の攻撃UP(50%)・防御DOWN6ターン3ターン
ガーディアン自身の防御UP/敵対心UP◆奥義ゲージを30%消費5ターン3ターン
センチュリオンII味方単体の被ダメージ無効(1回)8ターン3ターン
サポートアビリティイージスブーンかばう使用時全属性ダメージカット(50%)/ファランクスIII使用時攻撃UP
窮地への抗拒確率で全属性ダメージカット(50%)/確率でターン開始時に自分の弱体効果を1つ回復
ジョブ説明卓越した身体能力を持ち、攻守一体の戦闘技術を駆使して勝利を掴む。防御タイプのジョブ。

スパルタの評価・運用

ナイト・フォートレス・ホーリーセイバー系列の上位職。
あらゆる方面の防御能力を持ち合わせた鉄壁のジョブ。
ジョブボーナスでHPと防御力が大幅に上昇。
強化されたファランクスIIIとサポートアビリティの「窮地への抗拒」により弱体効果への耐性も若干ついた。
またホーリーセイバーに続き「イージスブーン」を保持しており、シールドワイアの攻撃アップにより高い攻撃性能を併せ持つ。
これらの能力はマルチHLといった高難易度戦で大いに発揮される。

クラスIVになることでアビリティを自由に選択できるようになり、
ミゼラブルミスト、アローレイン、デュアルインパルス、レイジ、クリアオールといった強力なアビリティをより多く組み込むことができる。
上記のアビリティは参戦者全体に効果が発揮されるものなので、高難易度の多人数戦闘では最高の活躍を見せてくれるだろう。
6人HLマルチでは攻略の要のファランクスを使いつつ、これらのアビリティで参戦者全員を支援可能なことから重宝されている。

専用武器であるスコフニュング、ならびにスパルタン・サイフォスのスキル効果に確率で「かばう」オート発動がある。
「イージスブーン」の50%カットも同時に発動するため、サポートアビリティによる確率50%ダメージカットも運よく発動すれば鉄壁の防御を実現できる。
ただし無属性ダメージ相手でも容赦なく確率で発動するため、ジョブ専用武器を運用する場合は戦闘相手を選ぶ必要がある。
スパルタン・サイフォスの奥義効果では、味方全体に奥義後バリア(2000)とストレングス(残りHPが多い程攻撃UP)効果を付与してくれる。
最終上限解放後のウーノの奥義効果と全く同一のものであり、効果も相互上書きとなっているため、水属性での運用には注意が必要。
シスの被ダメージ防止や背水を発動しづらいシス・オーキスの火力UPに繋がる闇属性、次点で復活や防御系技能が揃う光属性に適性がある。

アビリティ評価

アビリティ構成

ジョブ専用武器装備時

スパルタン・サイフォス編成参照。

セージ

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
120301_wa_0_01.png120301_wa_1_01.png杖、槍回復Lv1 回復力+8%
Lv5 弱体効果耐性+3%
Lv10 回復力+8%
Lv15 弱体効果耐性+3%
Lv20 回復力+8%
回復力+2%
弱体効果耐性+1%
2500JP
聖職者の証 ×20
称号:究竟の聖職者
sd_120301_wa_0_01.pngsd_120301_wa_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ヒールオールIII参戦者のHPを回復(大)5ターン-
リミットアビリティシャイニングII敵全体に光属性3.5〜5倍ダメージ/「ホーリースパイク」付与(最大5000スリップダメージ)7ターン180秒
ディスペル・シージ敵全体の強化効果を1つ消去5ターン-
キュアーフェン味方全体の弱体効果を1つ回復/バリア効果(500)5ターン3ターン
サポートアビリティ希望の光回復効果UP/回復上限UP/リヴァイヴの回復量UPとターン短縮/ヒールオールIII使用時攻撃UP
不屈の説法弱体効果「アビリティ封印」無効
ジョブ説明熟達した癒しの力は仲間を支え、いかなる窮地においても勝利への道を照らし出す。回復タイプのジョブ。

セージの評価・運用

プリースト・クレリック・ビショップ系列の上位職。
とにかく生存力が高く、最高の安定性と回復力を誇るジョブ。
回復力向上に特化したサポアビ「希望の光」と、アビリティ封印を無効化する「不屈の説法」により、
どんな窮地からでもPTの立て直しと維持を可能とする。
特にビショップのリミットアビリティ「ベール」が気軽に積めるようになったことで、マウント役も主人公に任せられるのが非常に大きな強み。

当然ながら、HL戦では最重要クラスのジョブとして需要が高い。
大抵の被害はヒールオールやリヴァイヴで対応でき、アビ封印による事故もない。
睡眠や石化によるアビ使用不能状態までは「不屈の説法」で防げないが、リミットアビリティの「ベール」で対処可能。
ビショップと同様に槍を装備できるため、これまで通りデュアルインパルスによる攻撃支援も可能。
フリー枠を活かせば、デュアルインパルスIIIとIIの併用による常時加速、クリア役とデュアル役の兼任、
はたまたアロレとレイジを積んで攻撃役に回るなど、様々な役割を担当できる。
サポアビ「希望の光」による攻撃力アップ効果が大きく純粋な火力にも期待できるジョブなので、
単なる回復役だけに収まらないポテンシャルを秘めていると言えるだろう。

ヒールオールの回復量が大きいため、ジョブ専用武器のニルヴァーナならびに聖者の行進との相性も良好。
かばうを積み込むことで、敵の特殊技を引き受けつつ蘇生するという盾の役割もこなすことが可能。

アビリティ評価

アビリティ構成

ウォーロック

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
130301_wa_0_01.png130301_wa_1_01.png杖、短剣攻撃Lv1 アビリティダメージ+8%
Lv5 攻撃力+1000
Lv10 アビリティダメージ+8%
Lv15 攻撃力+1000
Lv20 アビリティダメージ+8%
攻撃+1%
アビリティダメージ+2%
2500JP
魔道士の証×20
称号:究竟の魔導士
sd_130301_wa_0_01.pngsd_130301_wa_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
エーテルブラストIII敵全体に4〜5倍自属性ダメージ5ターン-
リミットアビリティチェイサー味方全体に通常攻撃追加ダメージ効果付与7ターン3ターン
エーテルフラップ敵にエーテルフラップ効果5ターン180秒
ブラックヘイズ敵全体の攻撃DOWN/防御DOWN/毒効果/暗闇効果5ターン180秒
サポートアビリティ魔導の達士アビリティダメージUP/フォーカスのアビリティダメージUP/ターン短縮
摂理の彼方アビリティダメージ上限UP(30%)
ジョブ説明他の術者と魔力を束ね、自然すら脅かす破壊力を生む術は人智の極限に至る。攻撃タイプのジョブ。

ウォーロックの評価・運用

ウィザード・ソーサラー・ハーミット系列の上位職。
下位の職とは全く使用感が異なり、リミットアビリティにチェイサーを使い仲間全体に追加攻撃を付けて通常攻撃を強化して戦うアタッカーである。
ジョブ自体の連撃率は低いが、短剣装備可能なので四天刃運用でカバーしつつ、味方の加速も可能。
リミットアビリティのチョークが非常に強力で、仲間全体を素殴りを大幅に強化する最強のバッファー職でもある。
しかしながら、オメガ武器の実装に伴いソロにおける安定性と火力の両立という点では残念ながらカオスルーダーに劣る格好になった。
火力面でも対複数以外ではチェイサー込みでも同等かそれ以下という状況であり、スロウの上限アップもあってアビダメですら劣る形になってしまった。
ただ、あくまでもオメガ武器ありきでの差なので、オメガ武器の完成までは非常にお世話になるジョブだろう。

明確な差別ポイントは高倍率全体攻撃のエーテルブラスト。
2つのサポートアビリティにより強化されたエーテルブラストIIIは、複数ターゲットは勿論単体相手にも強力(サポアビ込みで減衰値55万程度)。
素の減衰はClass.兄と変わらないが、倍率が非常に高いためか、常に高いダメージを叩き出してくれる安定性の高さがウリ。
敵の防御係数が高かろうとホワイトラビット運用時であろうと、信頼できる攻撃アビリティとなっている。

アビリティ評価

アビリティ構成

義賊

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
140301_kn_0_01.png140301_kn_1_01.png短剣、銃バランスLv1 トレジャーハント成功確率+8%
Lv5 オーバードライブ抑制+3%
Lv10 トレジャーハント成功確率+8%
Lv15 オーバードライブ抑制+3%
Lv20 トレジャーハント成功確率+8%
攻撃力+1%
オーバードライブ抑制+1%
2500JP
盗賊の証×20
称号:究竟の盗賊
sd_140301_kn_0_01.pngsd_140301_kn_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ブレイクアサシンIII自分の攻撃大幅UP(敵ブレイク時のみ/1回)/クリティカル確率UP5ターン1ターン
リミットアビリティトレジャーハントIV敵に自属性ダメージ/敵のアイテムドロップ率UP(3回)
◆トレハンLvに応じてダメージ性能UP
5ターン-
ホワイトスモーク味方全体に幻影効果(1回)11ターン-
ルピフリップ敵に無属性ダメージ
◆ルピを消費(1000,3000,10000) ※10万ルピまで
0ターン-
サポートアビリティトレジャーエイムトレジャーハント成功確率UP/トレハンLvが高いほど攻撃UP/ルピ獲得量UP
ラピッドショットデッドリーエイムのトリプルアタック確率UP/ターン短縮
ジョブ説明堪能せし奪取の技術を駆使し、強き者から迅速かつ能率的に奪い取る。バランスタイプのジョブ。

義賊の評価・運用

シーフ・レイダー・ホークアイ系列の上位職。
クラスIVとなったことで、ブレイクアサシンの性能が強化されると共に、アビリティ構成の自由度が大幅に向上した。ブレイクアサシンのみを目的とし、他アビリティをすべて攻撃支援に向けた編成が可能なことも見逃せない長所。
HL戦でのホークアイはブレイクキープを入れることが必須なためExアビを入れる余裕がなかったが、義賊の場合はトレジャーハントIII又はIV・ブレイクキープ以外にExアビを入れる余裕ができる。
(ブレイクキープはトレハンLv依存の効果時間のため、エッセル入り火PTでもない限りトレハンを外すことはできない)
素の連撃率もそれなりにあるため、四天を持ったうえでゲージ持ちの敵ならガンスリやレスラー並みの速度も出せる。

アビリティ評価

トレジャーハントIVは、成功率の高いトレハン判定3回にダメージ効果がついたアビリティ。
十天衆エッセルのインテンスバレット同様にトレハンLv判定後にダメージが発生するため、このアビリティで敵を倒してもトレハンが無駄にはならない。
ダメージ効果があるためトレハンLv9になった後も腐らないが、その代わり使用間隔が5になっている。
ダメージが入るといってもHLマルチで頼りにできるダメージではない。
ブレキ目的なら回転率の高いトレハンIIIよりも、成功率が高いトレハンIVの方が向いている。

ホワイトスモークは、使用間隔は長いが味方全体に永続の幻影(1回)を付与するためコロッサス・マグナの次元断のような単体の特殊技を回避する際に役立つ。
場合によってはトレジャーハントIVを抜いたり、一緒に使用するということもありうる。
背水や渾身の維持にも一役買う有用なアビリティ。

ルピフリップは、ルピを消費する割にダメージがそこまで出ないためネタリミットアビリティの域を出ない。
一応ターン消費なしで連発できる無属性ダメージなので、討滅道中などに登場する極端な高防御・低HP敵の駆除に召喚石を使いたくない場合(ホワイトラビット装備時など)や、HLでの特殊行動トリガーとなるHPまで安全確実に削りたい場合ならば、活用可能ではある。
だが、枠をひとつ潰すほどの価値があるかというと苦しいところ。
いわゆるスラ爆に使えるほどの火力ではない点も惜しい。
特殊な使い方として、十天衆最終上限解放のソロバトルでの起用があげられる。
カトル、エッセルに限定されるが、ルピを消費するだけで確実に高難度のフェイトエピソードを突破できるため、どうしても倒せない場合の奥の手として利用できる。

サポアビの効果のうち、「トレハンLvが高いほど攻撃UP」はトレハンLvと同じ%のダメージ上昇効果(乗算)。「ルピ獲得量UP」の上昇量は10%。

アビリティ構成

カオスルーダー

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
150301_sw_0_01.png150301_sw_1_01.png剣/短剣特殊Lv1 弱体成功率+8%
Lv5 弱体耐性+3%
Lv10 弱体成功率+8%
Lv15 弱体耐性+3%
Lv20 弱体成功率+8%
弱体耐性+1%
弱体成功率+1%
2500JP
魔法剣士の証×20
称号:究竟の魔法剣士
sd_150301_sw_0_01.pngsd_150301_sw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ディレイIII敵に自属性ダメージ/スロウ効果5ターン
リミットアビリティアップリフト味方単体に攻撃力UP/DA確率UP/高揚効果8ターン3ターン
アンプレディクト敵全体に攻撃DOWN/防御DOWN/敵全体にランダムに弱体効果を付与6ターン
カオスフィールドにカオス効果16ターン180秒
アブソーブ味方全体に被ダメージ吸収効果(30%)6ターン2ターン
サポートアビリティデモリッシュ弱体成功率UP/弱体耐性UP
ヘイスティアクションアビリティの使用ターンを1ターン短縮
ジョブ説明非道の限りを極めし技は、ついに戦場をも混沌に陥れる。特殊タイプのジョブ。

カオスルーダーの評価・運用

エンハンサー・アルカナソード・ダークフェンサー系列の上位職。
実装当初はランダム性が高く不安定なジョブだったが、3周年アップデート第2弾で安定性を得た。
Class.轡澄璽フェンサーの役割を遂行しつつ、追加でDATAダウンや累積耐性に影響しない麻痺・恐怖を付与することがある優れたデバフジョブ。
余談だが、クエストクリアの時に武器を地に叩きつけて折るというモーションがある。苦労して鍛えた四天刃を折られて心臓に悪い思いをした人も多いのではないだろうか(モーションで折れるだけであって実際にその武器が無くなったりするわけではないので安心を)。
汎用性の高いオメガ剣の恩恵を受けられ,なおかつ四天刃の存在もあるので(仲間キャラの選定次第だが)安定して高い打力を出せるジョブでもある。
マグナ編成で素殴り打力を伸ばすなら、基本的にオメガ剣の恩恵がありかつ四天をメインで持てるこのジョブ一択。

アビリティ評価

アビリティ構成

レスラー

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
160301_me_0_01.png160301_me_1_01.png格闘、格闘攻撃Lv1 攻撃力+1000
Lv5 HP+150
Lv10 攻撃力+1000
Lv15 HP+150
Lv20 ダブルアタック確率+20%、トリプルアタック確率+10%
攻撃力+1%
HP+1%
2500JP
格闘士の証×20
称号:究竟の格闘士
sd_160301_me_0_01.pngsd_160301_me_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
ナイフハンド・ストライク被ダメージで反撃(3回)/自分の防御UP/敵対心UP5ターン2ターン
リミットアビリティファイティングスピリット自分にファイティングスピリット状態付与◆被ダメージで効果解除8ターン-
マイクパフォーマンス参戦者に高揚効果8ターン3ターン
ツープラトン味方全体がターン経過なしで通常攻撃を実行15ターン
サポートアビリティ受けの美学攻撃UP/一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える
武神の極意羅喉阿修羅陣の奥義ゲージ上昇量UP/ターン短縮
ジョブ説明鍛錬の果てに蓄えた力は、強さのみならず、魅せる美しさをも兼ね備える。攻撃タイプのジョブ。遂に参戦!

レスラーの評価・運用

グラップラー・クンフー・オーガ系列の上位職。
固有アビリティの使用感がまったく違うため、そのままの戦い方は出来ないようになっている。
しかしClassIVになったことによって、火力も速度も素晴らしいのに対応力が無いので起用しづらい、という格闘ジョブの欠点が解消されたことは非常に大きい。
多少1アビの性質は変わったものの、古戦場武器の六崩拳で味方全体の加速・防御・攻撃支援を行うという従来の強力なスタイルに加えて、ソロ用のデバフや特殊技対策の回復を積み込めるように。
これによりソロでもマルチでも気兼ねなく、格闘ジョブ本来の高火力高速度を発揮できるようになった。
余談だが、瀕死時やクエストクリア時などのSDアクションが非常に凝っているため、必見。
奥義も名前や効果は武器のものになるがアニメーションは独自のものに変化する。
攻撃体勢に移るたびに武器をぶち壊すこともよくネタにされる。さらばココミミ……

Class.IV中トップの連続攻撃回数期待値を持ち、奥義効果の強い格闘武器、特に六崩拳と噛み合いが良い。
もっとも、六崩拳はカウンター武器であり、一般的には四天刃をメインにできる短剣ジョブやアビスのあるエリュシオンの方が味方全体を加速力し総火力が出る場合がほとんど。
火力役として運用するのであれば主神石による加速重視の編成はほぼ必須と言える。
サポートアビリティ「受けの美学」による攻撃UPは通常攻刃枠5%。「武神の極意」は通常1.7倍なのが2倍になり、CTが2T短縮される。

アビリティ評価

アビリティ構成

ハウンドドッグ

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
170301_bw_0_01.png170301_bw_1_01.png弓、銃バランスLv1 攻撃力+600
Lv5 アビリティダメージ+10%
Lv10 攻撃力+600
Lv15 アビリティダメージ+10%
Lv20 攻撃力+600
アビリティダメージ+1%
回避確率+1%
2500JP
射手の証×20
称号:究竟の射手
sd_170301_bw_0_01.pngsd_170301_bw_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
チャフリリース敵に8倍自属性ダメージ/敵の全ての攻撃を回避/攻撃UP(特大)
◆回避時追加効果:敵全体に自属性ダメージ/暗闇効果
5ターン1ターン
リミットアビリティタクティクスコマンド任意の二人のポジションを入れ替える20ターン-
ジャミング味方全体の回避率UP/クリティカル確率UP7ターン2ターン
トワイライトゾーンフィールドにトワイライトゾーン効果16ターン180秒
レイショナルショット敵全体に自属性ダメージ/自属性防御DOWN5ターン
サポートアビリティ闇夜の狩人弱体状態の敵に対して攻撃UP/弱体効果「暗闇」無効
ターゲッティングキルストリークのダメージUP/ターン短縮
ジョブ説明並外れた動体視力と予測能力で未来を見据え、合理的な戦術で機先を制する。バランスタイプのジョブ。

ハウンドドッグの評価・運用

レンジャー・マークスマン・サイドワインダー系列の上位職。
強力な攻撃アビリティを主軸としていた下位職とは全く異なるトリッキーなアビリティをひっさげて実装された。

サイドワインダーまでの「マルチボス乱入用のアビリティアタッカー」といった顔はなりを潜め、トワイライトゾーンの存在により「4属性マルチボス戦における強力なサポーター」という側面を得た。
勿論今まで通りの攻撃アビリティを2種積んでの速攻型を組むことはできるが、ハウンドドッグの独自性を活かす場合はタクティクスコマンドとトワイライトゾーンを駆使したフレキシブルなスタイルになりがち。
一方で、敵の行動パターンやプレイヤー自身の所持キャラクターに使い勝手が大きく依存するため、汎用性は望めない。
目玉であるタクティクスコマンドの使用間隔も長いため、状況に応じてメンバーを入れ替えるような臨機応変な使い方は困難であり、編成段階でコンセプトを決めておく必要がある。

2018/03/22より、新リミットアビリティ・レイショナルショットが追加。これによりデバッファー兼アビリティアタッカーという、サイドワインダー時代と同じような役割を取り戻した。
アビリティアタッカー自体は下火と言えるものの、同時にサポーター・バッファーを兼ねることで、ソロ性能の向上と共に柔軟な動きも可能になっている。
各々の目指すプレイスタイルによって、大きく評価が分かれるジョブと言えるだろう。

レンジャー系は数少ない二王弓をメイン装備可能なジョブである。(他は現状侍のみ)
奥義効果により通常攻撃を長期に渡り全体化することが出来るという、ウォーロックに無い独自の強みを持っている。
ただし素の連続攻撃性能は低く装備やアビリティの補助が必要。

アビリティ評価

アビリティ構成

※極めて特殊なアビリティばかりのハウンドドッグには基本と言える構成が無い。

ジョブ専用武器装備時

メース編成参照。

エリュシオン

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
180301_mc_0_01.png180301_mc_1_01.png楽器、短剣特殊Lv1 防御力+6%
Lv5 弱体耐性+10%
Lv10 防御力+6%
Lv15 弱体耐性+10%
Lv20 防御力+6%
オーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少+1%
回復力+1%
2500JP
吟遊詩人の証×20
称号:究竟の吟遊詩人
sd_180301_mc_0_01.pngsd_180301_mc_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
コンクルージョン参戦者の回復性能UP(累積)/自属性攻撃UP★楽器装備時に性能UP7ターン3ターン
リミットアビリティソング・トゥ・ザ・デッド敵全体の防御DOWN/自属性耐性DOWN6ターン180秒
解放の歌声味方全体に死の祝福/活性効果8ターン5ターン
コール・オブ・アビス味方全員の連続攻撃確率UP/奥義ゲージ上昇量DOWN★楽器装備時に性能UP5ターン3ターン
サポートアビリティミステリオーソオーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少/味方全体に弱点属性の敵に対しての弱体成功率UP
アパッショナートソング・オブ・グランデのダブルアタック確率UP/コンクルージョン使用時、参戦者の数に応じて味方全体の攻防UP
ジョブ説明爪弾かれた神秘的な旋律に夢と現実の境界は薄らぎ、聴衆は安穏な幻想に浸る。特殊タイプのジョブ。

エリュシオンの評価・運用

ハーピスト・ミンストレル・スーパースター系列の上位職。メイン武器が楽器だと性能が向上する点はClass.I〜Class.IIIまでと同じ。
汎用性の高い優秀なリミットアビリティの複数習得により、アタッカーからデバッファーまで幅広い役割をこなせる点が最大の特徴。
既存のEXアビリティのソウルピルファー、ソング・オブ・グランデ、チャームボイスIIが優秀なのに加えて、ソング・オブ・グランデと互換性のあるリミットアビリティ「コール・オブ・アビス」、強力な防デバフ「ソング・トゥ・ザ・デッド」とアビリティの選択肢が多い。

特にコール・オブ・アビスの連続攻撃バフが破格の性能で、四天刃の奥義効果を凌駕する30%のTAバフと80%のDAバフをアビリティひとつで得ることができる。
奥義ゲージ増加量35%ダウンのデメリットを消すためにクリアもセットで積みたくなる。
クリアで消去しなかったとしても、再使用5ターンと「ソング・オブ・グランデ」よりも間隔が短くなっているので実際はそこまで気にならない。
が、かなり露骨な減少量ではあるので消せるのがベター。キャラアビのクリアとバアルを併用すればEXアビのクリアを使わなくても毎回解除できるので、HLなどでEXアビに余裕のない時は一考しよう。
奥義→アビス→奥義のサイクルを作りやすくとても優秀なアビリティ。
残りの2枠は安定して奥義を回すためのクリア、35%防デバフのソング・トゥ・ザ・デッド、もしくはソロ定番のミストなどが候補。

HLマルチバトルなどに参加する場合はスーパースター時代に同じく、楽器装備のソウルピルファー+チャームボイスIIが必須
この2つの強力な補助・妨害効果は楽器持ちエリュシオン及びスーパースターにしか出来ない事なので、ジョブとして求められる役割をゆめゆめ忘れないように。ソウルピルファーを持たないエリュシオン=ファランクスを持たないホリセ=ヒールを持たないビショと考えればわかりやすいだろうか。
残りの枠にゲージ加速手段として「コール・オブ・アビス」を入れるのが基本になるだろう。

限定的な話になるが、闇属性SSRの楽器武器である「麒麟弦」との相性が抜群。
ハーピスト系ジョブが楽器との相性抜群なのは言うまでもないが、この「麒麟弦」は、奥義効果である「参戦者の弱体効果を1つ回復」というクリアと同等の効果が得られること、更にスキルの効果で闇属性キャラが「アビリティ封印無効」になり、弱体効果成功率とアビリティダメージの上限が上昇すると嬉しいこと尽くしなのである。
効果時間を1T減らしてしまうが、「コール・オブ・アビス」のデメリットを奥義効果(クリア)で相殺することにより、EXアビリティ枠に余裕ができるのも強み。

最後に余談として、他のクラス4ジョブにも見られた独自アニメーション持ちでもある。
手にした楽器を巨大化させたり、短剣装備中でもアビリティ使用時などではどこからともなく竪琴を取り出したりとなかなかシュールな芸風を見せてくれる。

アビリティ評価

アビリティ構成

アプサラス

画像得意武器タイプLvアップボーナスマスターボーナス取得条件
190301_sp_0_01.png190301_sp_1_01.png槍、斧攻撃Lv1 攻撃力+1000
Lv5 ダブルアタック確率+5%
Lv10 攻撃力+1000
Lv15 トリプルアタック確率+5%
Lv20 ダブルアタック確率+5%
   トリプルアタック確率+5%
オーバードライブ抑制+1%
ダブルアタック確率+1%
2500JP
槍騎兵の証×20
称号:究竟の槍騎兵
sd_190301_sp_0_01.pngsd_190301_sp_1_01.png
アビリティ名称効果使用間隔効果時間
雷光水明敵に自属性ダメージ
槍:ブレイク状態を維持/参戦者のアビリティダメージUP
斧:モードゲージ減少/味方全体の奥義ゲージUP
5ターン2ターン
リミットアビリティ湧水の羽衣自分に幻影効果(2回)/湧水の羽衣効果6ターン3ターン
水鳥の歌詠参戦者の奥義ゲージ上昇量UP
槍:参戦者にクリティカル確率UP
斧:味方全体にHP吸収効果/弱体成功率UP
9ターン3ターン
狂信演舞自分以外の味方に攻撃UP/防御DOWN/自分に献身効果8ターン3ターン
曼珠沙華自分の弱体耐性UP
槍:味方全体にHPが多いほど攻撃UP
斧:味方全体にHPが少ないほど攻撃UP
6ターン3ターン
サポートアビリティ水の中で動くもの、雲の海に生きるもの攻撃UP/防御UP
槍装備時に連続攻撃確率UP
斧装備時に1回攻撃時に自属性追加ダメージ発生
クライシスブロウレゾナンスサージのダメージUP
ジョブ説明宛転たる所作は流れる雲が如く、鴻大なうねりの導く先は輝かしき勝利へと至る。攻撃タイプのジョブ。

アプサラスの評価・運用

ランサー・ドラグーン・ヴァルキュリア系列の上位職。
前職の特徴であった槍と斧で別々の効果を発揮するアビリティが、新リミットアビリティである"湧水の羽衣"の効果によって両方発動することができるようになったのが最大の特徴。
この効果によって全体バフの種類の豊富さでは他ジョブの群を抜いており、また固定アビリティ、リミットアビリティともに参戦者あるいは味方全体に強化効果を撒くものが多く、1アビによるブレイクキープもあるため、マルチ・ソロを問わずバトルを有利に進めるための支援型ジョブとしての活躍が見込まれる。
またフリー枠にデュアルインパルス靴鯑れることで参戦者・味方の連続攻撃率を上げることができ、LVUPボーナスや槍時サポートアビリティによって、自身の連続攻撃率自体も高めとなっているのが嬉しいところ。デュアルインパルス靴麓身の強化効果の数に応じて効果が上昇するため、自身にバフを多く付与できるアプサラスとの相性は非常にいいといえる。フリー枠には積極的に採用したい。

サポアビの内、「斧装備時に1回攻撃時に自属性追加ダメージ発生」はシングルアタック時限定で80%ほどの追加ダメージがつくというもの。
連続攻撃が発生したときの方がダメージは高く奥義ゲージも増え、そもそもボーナスでかなり高めの連続攻撃率になるジョブでもあるので、保険程度に考えておきたい。

ジョブ専用武器のヘルムヴィーゲをメインに装備することによって、アビリティ・サポートアビリティの槍と斧双方の効果を常時受けられるようになる。
湧水の羽衣にアビリティ枠を割く必要がなくなるため、自由度が大幅に増すのが利点。

アビリティ評価

アビリティ構成

コメントフォーム


ミラーサーバーでは書き込みはできません。書き込みをするには、このリンクを押してマスターサーバーに移動してください。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照


*1 グランデからドロップする「蒼の羽根」を「万象の蒼角」と交換し、「万象の蒼角」を「銀天の輝き」に交換するという手順を踏む。

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS